パルクール 江戸川 区。 パルクールとは

国内最大規模のパルクール施設MISSION PARKOUR PARK TOKYO「廃工場からパルクールパークへ」

パルクール 江戸川 区

出典 : パルクールとは軍隊の障害物競走が元になってフランスで生まれたスポーツと言われています。 パルクールでは目標の場所へもっとも早く効率的に移動することを目的としていて、その目標の場所に応じて走る・登る・跳ぶなどの複数の動きを組み合わせて行います。 その時には一切補助器具などを使わず、壁や手すりなどを活用してアクロバティックな移動を行います。 パルクールは道具を使わずに移動をするスポーツなので場所の制限はありませんが、一般的に街中で行われることが多いです。 普段見慣れている建物や塀、手すりなどを活用して移動している姿はまるで漫画を見ているようです。 パルクールを行う男性はトレイサー traceur 、トレイサーズ traceuse と呼ばれ、フランス語の「追う」、「進む」という意味の単語である"tracer"が由来となっていると言われています。 発祥の地フランス・パリオリンピック(五輪)正式種目への期待 東京の次に開催予定の2024年のパリオリンピックでの追加種目候補として決まっていて、体操競技の4つ目の種目としての実施に向けて動いているそうです。 ただ、体操競技の枠組みではなく、独立したスポーツという意見もパルクール協会からは出ており、オリンピック実施に向けては少し複雑になっているようです。 出典 : パルクールとは軍隊の障害物競走が元になってフランスで生まれたスポーツと言われています。 パルクールの生みの親とされているのがレイモンド・ベルとその息子のデイビッドです。 もともとフランス軍に所属していたレイモンドは息子のダヴィッドに障害物を利用したトレーニングを教えました。 そしてダヴィッドが父から教えられたトレーニングと学校で習った格闘技や器械体操の技術を組み合わせて、実際の生活で活かせるような形にしていったものがパルクールの元になったと言われています。 そのあとダヴィッドはヤマカシ Yamakasi というパルクール集団を立ち上げました。 その集団を元にした映画「Yamakasi」やドキュメンタリー映画が作成され、その影響を受けた若者がパルクールを広めていきました。 出典 : こんなかっこいい動きができるパルクールですが、いざ始めてみようと思うとハードルが高いと思います。 いきなり街中でやるわけにもいかず、どんな練習をどこで始めたらいいの?という方にパルクールのできる関東の施設を紹介します。 パルクールパーク|MISSION PARKOUR PARK TOKYO(@東京/広島) 国内でいち早くパルクール専用施設の運営をはじめたmonsterpkさんという団体がプロデュース。 大人から子ども、女性までが思いっきりパルクールを楽しめる国内最大規模の全天候型パルクール専用パークとなっています。 レッスンも豊富で、会員にならなくても、ビジターとして気軽に体験レッスンを1,000円から受けられます!プライベートレッスンもあるようなので、パルクール初心者から上級者まで楽しめる施設となっています。 永田町、秋葉原、新宿にそれぞれスタジオを構えています。 TOKYO PARKOUR ACADEMY(@東京) 東京のパルクールスクールです。 活動場所は「玉川上水第三公園 黄色パイプの遊技」、「東京メトロ新大塚駅」などの公園や駅などで場所は毎回違いますが、野外の活動が主になるようです。 自分にあったレベルの講座を選べるので初心者でも始められます。 ALPHA STUNTS GYM(@東京) こちらも東京のパルクール教室です。 活動内容は、パルクール教室だけでなく、バク転教室、ダンス教室や映画のアクションスキルを教えてくれる教室など幅広いことが学べることが目玉となります。 東京・横浜エリアのパルクールパーク 一つ目に書いたGem Stone Gymを運営しているmonsterpkさんがCAMP FIREというサイトで新しいパルクールパークを計画中です。 まだできていない施設なのですが、下記リンクからどんな想いでどんなメンバーが計画しているかが見れるので是非確認してみてください! PKTK community こちらはパルクールの施設ではないのですが、関東圏のパルクールコミュニティの「PKTK community」さんが定期的に練習会を行なっているようなので、こちらに参加してみるのも良いかもしれません。

次の

パルクールとは

パルクール 江戸川 区

address 東京都板橋区板橋2-46-3• TEL 03-6322-6966• address 東京都八王子市松木9-1• TEL 042-657-2524• address 東京都大田区平和島1丁目1-1• TEL 03-6404-9935• access 京浜急行 平和島駅 徒歩10分 そのほか駅からも路線バスあり 京浜急行 大森海岸駅 徒歩10分 ラックシャトーアスレチックジム [タイプ] フィットネスクラブ [ユーロ] なし [アクセス] 最寄駅から徒歩 [駐車場] 市役所駐車場 割引あり [利用時間] なし [予約] なし [定休日] なし [キッズ] なし [注意] なし 東京23区内にあるトランポリン教室です. トランポリン以外にもバック転などの教室もあるようです. 時間や内容にかかわらず1500円で教わることができるようです. 詳しい内容は直接連絡して確認することをお勧めします. 結構遅い時間まで営業しているので、大人のトレーニングに向いています.• address 東京都板橋区前野町6-44-1• TEL 090-5344-7075• address 東京都足立区鹿浜6-35-1• TEL 03-6807-1439•

次の

「MISSION PARKOUR PARK TOKYO(ミッションパルクールパークトウキョウ)」(江戸川区

パルクール 江戸川 区

パルクールとはフランスで生まれたトレーニング方法です。 壁を駆け上がったり Wall-Run 、登ったり Climb-Up 、障害物を飛び越えたり Vault 、正確な着地 Landing 、また、受け身を取る Roll など、 自分の周囲にあるものを使って移動を行い、人間が本来持っている運動能力を自然に養っていきます。 無謀な挑戦や、自分の力量を超え、無理をするなどして身体を痛める行為は、トレーニングとして成立しておらず、パルクールとは認められていません。 単に運動能力を引き上げるだけではなく、トレーニングを通して自分自身を知り、身体同様、精神も鍛えていきます。 そのため、パルクール先進国では教育やリハビリなどの分野でも積極的に取り入れられています。 『弱い自分と理想の自分のどちらとも向き合い、苦手を克服し、強くなるための目標を立て、それに向かって試行錯誤する。 』という全てに当てはまるパルクールの哲学が世界中から注目を集めています。 パルクールを実践する人は『パルクーラー』ではなく『トレーサー』と呼ばれ、獲得した能力は他者を助けるためであり、パルクールの語源はフランス語のparcours 道 という単語の造語であり、『自分の道を作り上げる、自分の道を突き進む。 』という意味が込められていると言われています。 禁止されている場所への侵入や、器物破損、ゴミを放置して帰るなど、他人へ迷惑をかける行為は絶対にお控えください。 まず、 はじめに を読んでから、未成年の方は必ず保護者の方の目の届く範囲でトレーニングを行ってください。 パルクールは、同様にフリーランニング Freerunning という言葉で呼ばれることがあります。 これは英語圏にパルクールが用いられる際に使われた言葉であり、パルクールにアクロバティック要素をより多く含んだもの』という認識がありますが、これは世界的にみてもパルクールの別名という認識に統一されつつあります。

次の