ペール ギュント 組曲。 グリーグ:『ペール・ギュント』第1組曲、第2組曲、シベリウス:フィンランディア、他 カラヤン&ベルリン・フィル : グリーグ(1843

グリーグ:『ペール・ギュント』第1組曲、第2組曲、シベリウス:フィンランディア、他 カラヤン&ベルリン・フィル : グリーグ(1843

ペール ギュント 組曲

1991年結成のアメリカのバンド Kamelot(キャメロット)。 2001年リリースのアルバム「kalma」収録曲「 Forever」で グリーグの「 ソルヴェイグの歌」をカバーしています。 イントロ及びサビに「ソルヴェイグの歌」のメロディを引用しています。 キャメロット Kamelotはパワーメタルのジャンルに入るバンドです。 数回来日した事もあります。 メロディックで管弦楽器やインダストリアルな音もしばしば使用され、映画音楽(ゲーム音楽)のような雰囲気もあります。 ヴォーカルはハイトーンボイスというよりは渋めで色気のある声質であり、それが他のバンドとは一味違う個性となっています。 メロディアスなのに暑苦しくない新鮮なヴォーカルです。 私がとても気に入っているバンドの一つです。 私が一番好きな曲「Sacrimony Angel of Afterlife 」MV。 転調マニアは必聴。 ラストのサビの転調がめっちゃ良いんです。 ぜひぜひ最後まで聴いてください。 女性ヴォーカルをゲストに迎えた北欧メタル風の冷徹感あふれる曲です。 3拍子と4拍子を行ったり来たりします。 ゲストボーカルは2番のブリッジでようやく登場しますが、間もなくその後のサビでコーラスに隠れてしまいます。 間奏の後ラストのサビでようやく全貌を現す女性ヴォーカルですが、そのラストのサビでロ短調から一気に3音上がって変ホ短調に転調します。 そしてサビを1回歌った後再び男性ヴォーカルにバトンタッチしロ短調に戻ってサビのメロディが繰り返されるのですが、この2連続の転調が圧巻です。 こんなかっこいい転調聴いたこと無いっていうくらい一気に別次元に飛ばされる気持ちの良い転調です。 ラストに半音ずつ上がるサビなどはしょっちゅうありますが、一気に3音上がった後に元に戻って繰り返すという展開が斬新です。 しかもその3音下がるラストが一番盛り上がるという。 変ホ短調から3音下がってロ短調に戻る流れも工夫されており、変ホ短調から転調しながら1音ずつ下がって行き、ロ短調の基音である「シ」まで自然に辿り着く流れを作っています。 ラストのサビまでゲストヴォーカルをほとんどまともに使わないという構成も見事です。 そのおかげでラストの展開が最高に劇的になります。 突然のヴォーカルスイッチと、一気に3音上がるうえに使用する鍵盤が全く異なる変ホ短調への転調が、別世界へ突然ワープしたかのような雰囲気を作り出しています。 大名曲です。 「Sacrimony」収録のアルバム「SILVERTHORN」はヴォーカル交代直後のアルバムですが、声質に大きな変化はないため違和感なく聴けます。 19世紀が舞台のストーリーアルバムとなっており、双子の兄弟の片割れが幼馴染の少女を事故で殺してしまい…。 という話です。 ミュージックビデオも物語の冒頭のストーリーを再現しています。 ドラマティックなストーリーにドラマティックな曲。 ソルヴェイグの歌 組曲《ペール・ギュント》は冒頭のフレーズが超有名なピアノ協奏曲と並んで、グリーグの代表曲と言われる曲です。 特に第1組曲の「朝」「山の魔王の宮殿にて」が有名です。 今回引用されている「ソルヴェイグの歌」は組曲《ペール・ギュント》のラストを飾る第2組曲の4曲目にあたる曲です。 「ソルヴェイグの歌」視聴はこちら。 「ソルヴェイグ」というのは、主人公ペール・ギュントが若い頃に故郷の村で出会った女性です。 自由奔放なペール・ギュントは旅に出ます。 「ソルヴェイグの歌」は、ソルヴェイグが旅に出たペール・ギュントを想いながら歌う歌です。 ペール・ギュントは紆余曲折を経て、視力や財産等すべてを失って故郷へ帰ってきます。 そんなペール・ギュントをソルヴェイグは優しく迎え入れます。 ソルヴェイグの子守唄を聴きながら、ペール・ギュントは安らかに息を引き取る…。 という内容です。 「ソルヴェイグの歌」は愛する人を待ちわびる女性の想いと故郷の温かみ、そして離別の寂しさを同時に内包した切なさ溢れる名曲です。 そんな「ソルヴェイグの歌」をKamelotはアルバムのオープニングナンバーとしてカバーしています。 切ない短調のメロディを勇ましさに変えて歌うKamelotの「Forever」は原曲の持つ別の表情を見事に引き出している、とてもドラマティックな曲です。

次の

ペール・ギュントの物語&組曲の演奏曲順

ペール ギュント 組曲

からへの手紙(1874年1月23日) 『ペール・ギュント』はイプセンがに書いた作品である。 元は上演を目的としないとして書かれたが、その後イプセンはこれを舞台で上演することになった。 本来は舞台向きでないこの作品の上演に当たって、イプセンは音楽によって弱点を補うことを考えた。 そこでに、当時作曲家として名を上げつつあった同国人のグリーグに、劇音楽の作曲を依頼した。 グリーグは自分の作風が小品向きであり、劇的でスケールの大きな舞台作品には向かないと考えていて、一旦は依頼を断わろうともしたが、報酬と、民族的な題材への作曲に興味を引かれたこともあり、作曲を引き受けた。 作曲は同年に開始したが難航し、翌に完成した。 『ペール・ギュント』の舞台上演は2月24日、クリスチャニア(現)の王立劇場で初演が行われた。 音楽の指揮はヨハン・ヘンヌムによる。 上演は、イプセンの狙い通りに音楽のおかげもあって成功を収めたが、一方で近代性を備えた風刺的なイプセンの戯曲に対してグリーグの音楽がロマンティックに過ぎることへの批判もあった。 グリーグはその後、再演のたびに改訂を行っており、1885年、1887年から1888年、1890年から1891年、1901年から1902年に改訂されている。 1876年にのみ出版された後、1908年にのから出版されたが、完全な形で全曲版がペータース社から出版されたのは1987年である。 編成 [ ] 、2、2、2、2、4、2、3、、、、、、、、、、、、、、(または独奏)、、独唱、合唱 組曲版でもおおよそ同じ編成であるが、声楽やオルガン、ピアノなどは省かれている。 構成(作品23) [ ] グリーグが作曲した音楽は全27曲(番号付きの26曲と番号なしの1曲)である。 演奏時間では第1幕約8分、第2幕約22分、第3幕約7分、第4幕約28分、第5幕約20分で、計約85分となる。 他にがグリーグのピアノ曲を編曲した追加曲もある。 第1幕• ハリング舞曲(Halling)• 跳躍舞曲(Springar) 第2幕• 花嫁の略奪とイングリ(イングリッド)の嘆き(Bruderovet - Ingrids Klage) 第2幕への前奏曲。 ペール・ギュント「育ちのよさは馬具見りゃわかる」(Peer Gynt: 《Pa Ridestellet skal Storfolk kjendes! ドヴレ山の魔王の広間にて(I Dovregubbens Hall) 男声合唱が加わる。 ドヴレ山の魔王の娘の踊り(Dans av Dovregbbens Datter)• ペール・ギュントはに追い回される(Peer Gynt jages av Troll)• (番号なしの1曲) 第4幕• (、)(Morgenstemning) 第4幕への前奏曲。 盗賊と密売者(Tyven og Heleren) 盗賊と密売者が交互に歌う。 アラビアの踊り(Arabisk Dans) 女声二部合唱と独唱(アニトラ)が加わる。 ()(Anitras Dans)• ペール・ギュントの(Peer Gynts Serenade) ペール・ギュントの歌。 ペール・ギュントと(Peer Gynt og Anitra)• ()(ソルヴェイグの歌、Solveigs Sang) 舞台裏の歌手が歌う。 ペール・ギュントの帰郷、海の嵐の夕方(Peer Gynts Hjemfart. 難破(Skipsforliset)• 小屋でソルヴェイ(ソルヴェイグ)が歌っている(Solveig synger i Hytten)• 夜の情景(Nattscene)• の「祝福の朝なり」(Pinsesalme: 《Velsignede Margen》) 無伴奏のによるペンテコステ(聖霊降誕祭)の賛美歌の。 ソルヴェイ(ソルヴェイグ)の(Solveigs Vuggevise) 女声独唱。 第1組曲 作品46 [ ] による演奏 これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、をご覧ください。 1891年に編曲された。 原曲の第13、12、16、8曲の4曲を選び、声楽のパートや台詞を省き、楽曲の一部を削除している。 第1曲「 (、)」(ホ長調)• 第2曲「オーセの死」(ロ短調)• 第3曲「アニトラの踊り」(イ短調)• 第4曲「 (、)」(ロ短調) 第2組曲 作品55 [ ] 1892年に編曲、翌1893年に改訂された。 原曲の第4、15、21、19曲の4曲を選び、第1組曲と同様に編曲した。 「ソルヴェイグの歌」では歌唱のパートを器楽に置き換えている。 なお、当初は「アラビアの踊り」の代わりに「山の魔王の娘の踊り」(原曲の第9曲)が入っていたが、改訂時に現行の形に改められた。 第1曲「イングリッドの嘆き」(ト短調)• 第2曲「アラビアの踊り」(ハ長調)• 第3曲「ペール・ギュントの帰郷」(嬰ヘ短調)• 第4曲「ソルヴェイグの歌」(イ短調) 使われた作品など [ ]• 「山の魔王の宮殿にて」の一部を原曲にしたものが・の応援ソングとして使われていた。 の楽曲『』にも「山の魔王の宮殿にて」の一部が引用されている。 、のText-To-Speechの「Cellos」は、テキストを「山の魔王の宮殿にて」の旋律を使って読む。 のアルバム『』収録の「Hall of the Mountain King」は「山の魔王の宮殿にて」をアレンジしたもの。 同曲には「朝」の一部も引用されている。 のアルバム『』のリマスター盤にボーナス・トラックとして収録された「Hall of the Mountain King」も「山の魔王の宮殿にて」のアレンジ。 のアルバム『』収録の「In the Hall of the Mountain King」も「山の魔王の宮殿にて」をアレンジしたもの。 同曲にも「朝」の一部が引用されている。 イギリスのプログレッシブ・ロック・バンド、の1stアルバム『』収録の「Synphony No. 2」には一部「山の魔王の宮殿にて」のメロディーが引用されている。 のアルバム『Karma』収録の「Forever」にも「ソルヴェイグの歌」の一部が引用されている。 のアルバム『』収録の「ゴーガー」の間奏部にも「山の魔王の宮殿にて」の一部が引用されている。 の『』にも「アニトラの踊り」と「山の魔王の宮殿にて」の一部がアレンジされ引用されている。 の『』のステージ3で、の「」と合わさる形で「山の魔王の宮殿にて」がとして使用されている。 同じくの『』のステージ9で、の音楽「」と合わさる形で「山の魔王の宮殿にて」がとして使用されている。 から発売されたゲーム『』では「マジンダンサー」という曲名で「アラビアの踊り」をアレンジしたものが使用されている。 監督、主演の映画「」では、ローレ演じる連続殺人鬼が「山の魔王の宮殿にて」を口笛で口ずさんでいる。 「」において、「ソルヴェイグの歌」のメロディに歌詞をつけた「みずうみ」という歌が放送されていた。 歌っていたのは。 の楽曲『Dream A Dream』(「 X2」に収録)で、「山の魔王の宮殿にて」のメロディーが淡々とミニマルで奏でられている。 より系列で放送されている情報番組『』にテーマ曲に、「山の魔王の宮殿にて」の後半部が使用されている。 10月期に系列で放送されていたテレビドラマ『』で、「山の魔王の宮殿にて」がBGMとして、第5話を除く全話で使用されていた。 参考文献 [ ]• の楽譜 -。 として無料で入手可能。 の楽譜 -。 として無料で入手可能。 の楽譜 -。 として無料で入手可能。

次の

グリーグ:『ペール・ギュント』組曲、シベリウス:『ペレアスとメリザンド』組曲 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ベルリン・フィル(1982)(シングルレイヤー) : グリーグ(1843

ペール ギュント 組曲

Suggested by UMG• Song• The Death Of Aase• Artist• Berliner Philharmoniker, Herbert von Karajan• Licensed to YouTube by• UMG on behalf of Deutsche Grammophon DG ; Public Domain Compositions, LatinAutor• Song• Anitra's Dance• Artist• Berliner Philharmoniker, Herbert von Karajan• Writers• Grieg• Licensed to YouTube by• UMG on behalf of Deutsche Grammophon DG ; Public Domain Compositions, and 2 Music Rights Societies• Song• Herensugearen Semealabak• Artist• MAK• Album• Suari Darion Kea• Licensed to YouTube by• The Orchard Music on behalf of Metak-Kontrakalea Show more Show less.

次の