ドメスティック な 彼女 257。 ドメスティックな彼女(ドメカノ)257話最新話のネタバレ情報!!

ドメスティックな彼女の258話のネタバレと感想!再び瑠衣に異変!その結末は・・・!?|漫画ウォッチ

ドメスティック な 彼女 257

ドメスティックな彼女 ドメカノ)【276話】最新話ネタバレ! 前回のあらすじ ハルカがヒナの指に指輪をはめる。 ヒナの脳裏に夏生との思い出が走り、ヒナは目を覚ました! ついに最終回!! ハルカが結婚式の会場にいた 結婚するのはもちろんあの2人である。 会場に雅が訪れた。 今では雅はテレビなどではよく見ることが多い女優となっている。 雅はルイと合流した。 今日の料理はルイのプロデュースである。 実は2人はテレビ番組で少し前に知り合っていたのであった。 ルイはヒナがリハビリを重ねて今日の式を上げるまでに至ったことを雅に伝えた。 ルイは回想していた。 ルイが結婚を取りやめたことに憤るひなに対し、自分ではひなの夏生に対する思いにかなわないと告げたのであった。 今日は梶田も料理のプロデュースに参加しているらしい、、、 花嫁の控え室にヒナがいた ひなはウェディングドレスを着ていた。 その姿を見てルイは涙を流すのであった、あまりに幸せそうな光景だったからだ。 2人はそのままだきあった。 結婚式は滞りなく夏生とひなのくちづけで無事に終わった。 数年後、ハルカもすっかり小学生だ。 自分たちをモデルにした小説をナツオは発表したようだ。 作中ではあんまり報われなかった雅が、最終回と単行本の特装版で活躍できてよかった。 まとめ ドメスティックな彼女【276話】のネタバレ|最新話の感想!をご紹介いたしました! 少し前までは 【漫画村】などで漫画が無料で読めましたが今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなってしまっています。

次の

ドメスティックな彼女(ドメカノ)257話最新話のネタバレ情報!!

ドメスティック な 彼女 257

いいこ過ぎる! その日、陽菜はラマンを訪れています。 夏生が小説を書き始めたことを、報告する陽菜。 マスターたちは、話を聞いて拍手をするのでした。 喜ぶマスターは、陽菜に夏生の 疲れを癒す方法を伝授。 蕎麦打ちを教えます。 そして迎えた12月31日。 陽菜は夏生の家を訪れ、手打ちそばを振る舞うのでした。 小説を書くため、家にこもっていた夏生。 その日は実家に帰ることを決めます。 実家に帰った夏生は、久しぶりに会った両親、陽菜と共に初詣へ。 陽菜と2人で引いたおみくじの結果は・・・。 「小吉!」 せーので見せた2人の声が、重なりました。 小吉でも違う内容のおみくじを、見せ合う2人。 そこで、陽菜は恋愛の欄に目が開きます。 『恋愛 叶う』 その言葉を見た瞬間、大きく首を振る陽菜。 話をやめ、くじを結びに向かいました。 「この期に及んで、なに勘違いしそうになってんのよ・・・」 そう自分に言い聞かせるのでした。 夏生に心境の変化はないのかな? さらに時は進み、2月。 陽菜は再びラマンを訪れます。 仕事帰りに店に寄った陽菜は、ある客を見て声を上げました。 「柊さん、桐谷先生!」 2人はラマンで飲んでいたのです。 話に入った陽菜は、夏生が書けるようになったと桐谷に報告。 その話を詳しく聞きたいと答える桐谷は、陽菜を加えて飲み始めるのでした。 ラマンで飲み始めた3人ですが、すぐに陽菜が泣き始めます。 夏生が小説を書けるようになったことを喜んぶ陽菜。 そこに割って入ったのは、陽菜の元彼である柊です。 夏生との関係に進展があったのかを尋ねます。 「彼が選んだのは、私じゃありません」 しつこい柊を黙らせるように話す陽菜。 その言葉を聞いて、柊は怒り始めました。 陽菜を選ばずに、自分のサポートだけさせている。 そう勘違いしたのです。 「小説のサポートは、私がお願いしてやらせてもらってるの」 柊の誤解を解くため、話す陽菜。 そんな陽菜に対し、柊は尋ねます。 「君はそれで幸せなのか?」 夏生の姿を思い浮かべた陽菜は・・・。 「ええ幸せですよ、私今、すごい幸せ」 笑顔でそう返しました。 切ない・・・ その日、ラマンを後にした陽菜。 自宅へと帰る途中・・・。 「ヒナ姉!」 そう声をかけたのは夏生。 陽菜を探して歩いていたのです。 「なんでここに?小説は?」 そう尋ねる陽菜に対し、夏生の答えは・・・。 「完成したんだよ、原稿」 夏生は桃源先生が残した5本の短編を完成させたのです。 完成した原稿を、急いで持って来たと話す夏生。 「ずっと支えてもらったヒナ姉に、一番に読んでもらいたくて」 そう言って、夏生は笑顔で原稿を差し出します。 夏生の言葉を聞き、目を潤ませる陽菜。 涙を堪えきれなくなり、手で顔を覆うと・・・。 「・・・ありがとう」 そう言って、原稿に手を伸ばすのでした。 まとめ 今で十分幸せ。 そう、柊に話していた陽菜。 その言葉は強がりのように見えましたが、最後の涙は本当の幸せを得た涙でした。 これだから夏生はモテるんでしょうね! ここから、瑠衣との三角関係も分からなくなると思います。

次の

ドメスティックな彼女(ドメカノ)257話最新話のネタバレ情報!!

ドメスティック な 彼女 257

ドメスティックな彼女 ドメカノ)【257話】最新話の「 幸せ 」ネタバレ! 前回のあらすじ 桃源先生の意思を継いで執筆再開のナツオでした。 机に向かい、一心不乱に執筆するナツオ せっかくいいシーンだから、ここは煽り文字とかで遊ぶなや。。。 源君物語ならまだしも。。。 気を取り直してナツオは部屋を出る。 足元に弁当箱を発見したナツオ。 ヒナはメモを同封していた。 おめでとうというヒナの文字を見てナツオもありがとうと口にするのだった。。。 そのころ、ヒナはマスターにナツオが執筆再開したことを告げていた。 マスターはそれなら男性の心身を癒すテクニックを伝授してやるとヒナにいう。。 これは、もしかして、もしかしてーーーーー!? マスター直伝、そば打ちテクニック 年越し蕎麦をナツオに振る舞うヒナだった。 しかし、ヒナはまだそば打ちテクニックが不慣れなので麺の太さがバラバラで、山岡家の太麺みたいになっていた。 んで、新年は父さんたちに挨拶しようとヒナは申し出た。 あけましておめでとうございます この注釈も藤村Dばりにおそいが、今年もよろしくお願いします。 ヒナとナツオも初詣に来ていた。 おみくじを引くとなんとふたりとも微妙な小吉(石田ショーキチじゃないよ)! さらにヒナ姉のおみくじの恋愛運を見ると、なんと叶うと書いてあるではないか。 これは大逆転の伏線なのだろうか。 ヒナはおみくじを結んで、ナツオは持って帰ることにした。 あるとき、ヒナは桐谷先生と柊さんにマスターの店であった。 そこで柊にナツオは自分を選ばなかったことを告げる。 柊はカンカンだったがヒナはそれで満足らしい。 帰り道、ヒナはナツオに出くわした。 小説の完成だ。 ナツオは最初の読者にヒナを選んだ。 まとめ ドメスティックな彼女【257話】のネタバレ|最新話「 幸せ 」の感想!をご紹介いたしました! 少し前までは 【漫画村】などで漫画が無料で読めましたが今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなってしまっています。

次の