あて に する 漢字。 野菜の漢字一覧表

あて に する 漢字

「お勧め」「お薦め」「お奨め」漢字使い分け|お勧めの意味と使い方は? 「お勧め」は一緒にやろうよという意味がある その時々によって使う漢字が異なる「おすすめ」ですが、よく使われる漢字である「お勧め」は「自分にとってやってみて良かった・楽しかった」と思うことをおすすめするときに使います。 これ使ってみて、ここに行ってみてなど、自分の経験に基づいておすすめしたいときに使われます。 例えばこれ凄く良かったよ~という商品や食べ物などを友人に紹介することってありますよね。 そうした時には「お勧め」という漢字を使います。 自分が食べたものや経験したことなど、自分と同じように相手にも知ってもらいたい、やってもらいたいという意味がある漢字です。 お勧めという漢字は勧誘と同じ字を使っていますよね。 勧誘は「いっしょにやろうよ」という意味があり、お勧めという漢字と同じようなニュアンスを持っています。 そのため相手に強くすすめたいときや、同じ体験をしてもらいたいときに使うと覚えておくと良いでしょう。 分かりやすい例だと、商品レビューでこの商品を知ってもらいたい!というときにこの「お勧め」という漢字を使います。 「お勧め」は自分が体験したことややっていることを勧める漢字 「お勧め」という漢字は、自分が体験したことややったこと、やっていること、そして良かった、試してほしいという時に使う漢字です。 そのため他の「お薦め」という漢字よりも一方的にすすめるというイメージが強いです。 自分がこれをおすすめしたい、是非やってみてほしい、試して欲しいという時に「お勧め」という漢字が使われます。 商品のレビューや友達への紹介の際には「お勧め」という漢字を使うと、他の漢字よりも強くすすめているという印象になります。 「お勧め」の使い方 「お勧め」の使い方ですが、基本的に何かの体験・商品などをすすめる際に使います。 何か明確なものを相手に対してすすめるときに使います。 また「ここの先生はすごく親身に教えてくれるからお勧めです」などこの人のことをどうぞ知ってください、よろしくねといったニュアンスがある場合にも使われます。 自分にとってこれを是非!という時に多く使われる使い方です。 「お勧め」「お薦め」「お奨め」漢字使い分け|お薦めの意味と使い方は? 「お薦め」は他人に自分が選んで良かったものを薦めるという意味がある 「お薦め」という漢字は何かを推薦するときによく使われる使い方です。 他人に自分が選んで良かったものをすすめるという意味がありますが、これだと「勧める」という漢字と同じ使い方では?と疑問に思いますよね。 どちらも同じすすめるという意味がありますが、こちらの「お薦め」という漢字になると、相手に対して「よかったらどうぞ」と控えめにすすめるようなニュアンスがあります。 これもよかったら見て興味を持ってくださいねというイメージです。 「お薦め」は相手に選択することを促すときに使う漢字 「お薦め」は「お勧め」という漢字よりも、相手に選択することを促すときに使われる漢字です。 例えば推薦を思い浮かべてみましょう。 推薦というのは何かに対して「これもどうぞ」「この人は良い人ですよ」とおすすめする言葉です。 しかし強制的なおすすめではなく、「良ければこれを選んでください」という選択肢を与えるものです。 そのため「お勧め」という漢字よりも「お薦め」の方が柔らかく、選ぶのも使うのもあなた次第という意味を持っているのです。 分かりやすいのは学校に対して生徒を推薦する場合です。 何かに対して「どうですか?いいでしょう!」と良さをアピールしたいときに使います。 ここで一つお薦めの記事を紹介します。 以下の記事はお金の勉強について詳しく書かれています。 お金の勉強に役立つお薦めの本や役立つ資格も紹介しているので、ファイナンシャルプランナーなどお金にまつわる仕事を目指しているならとてもお薦めです! 「お勧め」「お薦め」「お奨め」漢字使い分け|お奨めの意味と使い方は? 「お奨め」は良い行いに対して行動を促す意味がある おすすめには「お奨め」とあまり使われない使い方をする漢字も存在します。 この「お奨め」は「お勧め」に置き換えて使われることが多いのですが、実際には「良い行いに対して行動を促す」という意味を持っています。 例えば「これをすると良いことがある」「ここに行くとさらに自分のためになる」など、自分にとってメリットがあるから行ってみてというニュアンスが込められています。 あまり使われない漢字なので、慣れない場合には「おすすめ」や「お勧め」に置き換えても問題ないとされています。 「お奨め」はさらなる向上のための奨励を促すときに使う漢字 「お奨め」という漢字はさらなる向上のための奨励を促すときに使う漢字でもあります。 自分が相手にとって、それが良いものだ、良いことだとすすめるときに使うので、奨励と紐づけて覚えておくと良いでしょう。 これはあなたのためになることよ、と何かの行動や会議、講座などに参加を促す際に「お奨め」という漢字を使います。 お奨めには「頑張ってほしい」という気持ちが隠されています。 そのため勉強会や学会、セミナーなどの参加を促す際に使われることが多い漢字です。 相手にこの勉強会とっても良い勉強になるよ!とすすめることってありますよね。 そうした際には相手に同じように励んでほしい、この勉強でさらなる飛躍を遂げてほしいと願うときに「お奨め」が使われるのです。 「お奨め」の使い方 「お奨め」という漢字を使うときは、何か頑張ってほしいことがあるときに対して使います。 例えば「この学会は君の力になるからお奨めする」「勉強会は君のさらなる飛躍のために必要だ。 だから奨める」といった具合です。 3つの「おすすめ」という漢字の中でも使うことが少ないので、日常的に多く活用するなどのことはあまりないでしょう。 しかし相手に対して励んでもらいたい、これに参加すれば君の未来が開けるといった際にはこの「お奨め」という漢字を使うと良いでしょう。 お勧めという漢字は主に強く相手にすすめたいときに使う漢字なので、自分が相手にとって絶対に選んでみて!行ってみて!食べてみて!というときに使います。 例文にすると「このホットケーキのお店は食べて損をしない。 甘いモノ好きにはたまらないお店だからお勧めです!」となります。 強くそれを推すときに使う漢字なので、相手に使ってほしい・行ってほしいなどのときに使いましょう。 お薦めという漢字は「お勧め」よりも相手に選択肢を与えるときに使う漢字なので、「お勧め」よりも強調性は低いときに使います。 例文にすると「この本はとても面白いです。 主人公が困難を乗り越え、最後には魔王を倒します。 ファンタジー好きな人にお薦めする本です」となります。 推薦と同じような意味を持っているので、使い方が分からないときは推薦とセットで覚えると良いでしょう。 あまり使われない表記であるお奨めは奨励とセットで覚えられることが多く、相手に頑張ってほしいときに何かに参加する・励んでもらうことをすすめる意味を持ちます。 例文にすると「この学会はさまざまな方面からさまざまな学者が集まる。 一つのジャンルにとらわれず、君のさならる飛躍に繋がるので参加を奨める」となります。 奨めるは勧めるにも置き換えることができるので、分からない場合は「勧める」でも通じるでしょう。 また漢字以外にも社会人として知っておくと良いマナーがあります。 ビジネスメールで失礼があっては自身だけでなく会社の評判も落としてしまいます。 それを防ぐためにも以下の記事でマナーをチェックしておきましょう! 「お勧め」「お薦め」「お奨め」はどれもおすすめと読むことができますが、使い分けに悩むときがありますよね。 あまり相手に強要せずにすすめたいときには「おすすめ」とひらがな表記にすることで、柔らかい印象を相手に与えることができます。 おすすめするといっても、相手によってはうっとうしいと感じられることもあるので、相手によって漢字表記とひらがな表記を使い分けることも必要でしょう。 モノや人を強くすすめたいなら「お勧めします」 ひらがな表記でも十分伝わる「おすすめ」ですが、できれば漢字を使い分けた方が社会人としてかっこいいですよね。 そんなときはそれぞれの漢字の特徴を覚えておきましょう。 まず「お勧め」はモノや人を強くすすめたいときに使うと覚えます。 それぞれの漢字では持っている意味やニュアンスが違います。 何かをお勧めしますと言われた際には、相手は自分に対して「これにしてみて」と強く願っていることが分かります。 このように漢字一つでも込められているニュアンスは違うのです。 選んでみてねというニュアンスなら「お薦めします」 「お勧め」と「お薦め」は似たようなニュアンスを持っている漢字です。 そのため自分が相手に対してどのくらいおすすめしたいのかで使い分けると良いでしょう。 強くおすすめしたいときは「お勧め」、これもいいから選んでみてという柔らかいニュアンスなら「お薦め」になります。 どちらも人やモノ、場所、お店などをおすすめするときに使う漢字ですが、「お薦めします」と「お勧めします」では込められた強さが違います。 相手に選んでほしいけど強くはいわないというときに「お薦め」を使うようにしましょう。 励んでね!というニュアンスなら「お奨めします」 他の2つの漢字とは違う意味を持つ「お奨め」は相手に対して励んでもらいたいときに使う漢字です。 しかし「お奨め」という漢字は「お勧め」でも通じる漢字なので、あまり見かけないという人も多いでしょう。 しかしこの漢字も使い分けられるとかっこいいので、勉強会や学会などの参加をすすめる際に使いましょう。 同じ意味を持つ漢字同士であっても、一つ一つを掘り下げれば違ったニュアンスが含まれていることが分かりますね。 状況に合わせて「おすすめ」の漢字を使い分けよう! 普段誰かに何かをおすすめすることってよくありますよね。 しかしいざ漢字に直してみると、どの漢字を当てはめたら良いか分からない人はたくさんいます。 しかしこの「おすすめ」の漢字をそれぞれ使い分けられたら、物知りとして評判も上がるでしょう。 近年ではスマホやパソコンが発達して字を書くことも減ってきています。 しかしいざ漢字で書いてみてと言われた際に、ササッと書くことができたらかっこいいですよね。 状況に合わせて「おすすめ」の漢字を使い分けられるようにそれぞれの漢字の持つ意味を覚えておきましょう!.

次の

実は名前に使わない方がいい漢字197字

あて に する 漢字

「肴」という漢字をみると美味しいお酒と美味しい料理の様子を思い描かく人も多いでしょう。 「肴」という漢字の読み方は「さかな」となり、お酒に合う料理という意味があります。 「肴」と「魚」という漢字はなぜ同じ読み方なのか、お酒の席で出てくる「つまみ」や「あて」との違いは何なのでしょうか。 今回は「肴」という言葉に注目して、さまざまな意味や言葉・読み方の違いをご紹介いたします。 肴の読み方 「肴」という漢字は、訓読みでは聞きなれた「さかな」、音読みでは「コウ」という読み方となります。 「肴」を使った熟語には「佳肴」という言葉があり、読み方は「かこう」と読みます。 「佳肴」とは「おいしい料理」という意味があります。 「残肴」は「ざんこう」と読み、食べ残したお酒の席の料理という意味があります。 肴の意味 「肴(さかな)」とは、お酒を飲むときに添える食べ物を意味します。 お酒に合う食べ物のため、味が濃いものが多い傾向にあります。 「さかな」の読み方から、刺身や魚料理を指すイメージがありますが、お酒に合うものであれば魚以外でも「肴」となります。 また食べ物以外でも、お酒を飲むときに添えて楽しむということで、おしゃべりや噂話、余興なども「肴」という意味があり、読み方は「さかな」となります。 肴の使い方例文5つとつまみ/あて 「肴を準備する」という言葉は、「明日の酒の肴の準備をしよう」のように使用します。 この場合、「肴」の読み方は「さかな」で、お酒に合う食べ物という意味になります。 たとえば、ビールであれば枝豆や乾き物、ワインであればチーズやオリーブなどが挙げられます。 ホームパーティーなど、自宅で数名が集まりお酒を飲む前日などに、おつまみを準備しておこうという時に使用するフレーズです。 例文2:いい肴が手に入った 「いい肴が手に入った」という言葉は、いいおつまみが手に入ったという意味です。 この場合の「肴」はおつまみの中でも少し豪華な食べ物を表わす場合が多い傾向にあります。 たとえば、日本酒に合う鯛を友人からもらった人が「いい肴が入ったから、明日うちで飲もう」のように使用します。 「いい肴」は高価なものに限らず、お酒に特に合う食べ物を入手した場合に使用します。 例文3:肴をもらった 「肴をもらった」という表現の場合も「肴」の読み方は「さかな」となります。 お酒のおつまみとなるような食べ物を誰かからもらったという意味になります。 「昨日友人からワインの肴になるキャビアをもらった」のように使用します、お酒に合う食べ物であればどんな食べ物でも構いません。 お酒の肴になるものをもらったら親しい友人を集めてホームパーティーするのもおすすめです。 例文4:何か肴になるもの 「何か肴になるもの」という表現の場合も「肴」の読み方「さかな」となります。 「何か肴になるもの」とは、何かお酒に合う食べ物という意味となります。 たとえば、仕事帰りに立ち寄った居酒屋で「何か肴になるものある?」という質問をした場合、お店の人は「ビールの肴であれば、枝豆やタコワサなどが比較的早くお出しできます」のような会話となります。 また友人宅に行った際におつまみが欲しいときなどにも使えるフレーズです。 例文5:桜を肴に 春になると楽しみの1つとなるのが「お花見」です。 4月頃になると桜が咲き始め、さまざまな場所でお花見を楽しむことができます。 「桜を肴に1杯やりましょう」とは、桜を楽しみながら皆で飲みましょうという意味です。 この場合の「肴」は「さかな」という読み方で、食べ物以外でもお酒を楽しくしてくれるものに対して使用することができます。 室内もいいですが、たまに屋外でお酒を楽しむのも雰囲気が変わるのでおすすめです。 例文6:歌を肴に 幼馴染や親しい友人とは会話を楽しみながらお酒を楽しむことが多い傾向にありますが、会話以外のことをしながらお酒を楽しむ場合もあります。 たとえば、ビリヤードやダーツなどのゲームをしながら楽しむこともあれば、スポーツ観戦をしながら楽しむ場合もあります。 「歌を肴にお酒を楽しむ」場合は、カラオケなどを楽しみながら一緒に飲もうという意味です。 この場合も「肴」の読み方は「さかな」となります。 つまみとは お酒の席で食べるものに「おつまみ」がありますが、「肴」とは何が違うのでしょうか。 どちらも酒席での食べ物なので、厳密にこれは「肴」で、これは「おつまみ」という区別はありません。 「おつまみ」「つまみ」は酒席で「つまんで食べられるもの」からきています。 このため「つまみ」というと、素手で食べられるものを表すことが多い傾向にあります。 それに対し「肴」は、料理され箸でいただくイメージがあります。 つまみの漢字 「つまみ」を漢字で書くと「摘み」となります。 居酒屋などで「おつまみ」というとほとんどの場合がひらがなを使用した書き方をします。 「摘み」の「摘」とは何かをつまむ際に使用される言葉です。 そのため、焼き鳥やサキイカなど、簡単につまめる食べ物のことを「つまみ」といいます。 ちなみに「肴」と書いて「つまみ」という読み方をする場合もあるので覚えておきましょう。 あて 酒席に出てくる料理に「あて」という言葉もあります。 「あて」は、近畿地方で使われる言葉で「つまみ」や「肴」と同様の言葉です。 「あて」という言い方は、酒席に「あてがう」料理からきています。 「あて」も「肴」との厳密な違いはありません。 イメージとして「あて」は比較的簡単な料理(飲み屋のお通しなど)や珍味など、日本酒や焼酎に合う料理を表していることが多い傾向にあります。 あての漢字 「肴」を「あて」という読み方をする場合もありますが、「あて」という言葉は漢字で使用することがほとんどありません、 「あて」を漢字で表現するとすれば「宛て」となりますが、通常はひらがなかカタカナで表現するのが一般的です。 「あて」という言葉は方言の1つであるため、どこでも通じる言葉ではありません。 お酒を飲む方であればほとんどの人が知っている言葉ですが、「おつまみ」という言葉の方が一般的です。 お酒好きには「おつまみギフトセット」がおすすめ お酒に合う食べ物という意味がある「肴」ですが、「肴」はお酒の種類によっても合う食べ物の種類が異なります。 ビールには「枝豆」、ワインには「チーズ」や「オリーブ」といったように、お酒に合わせた定番の「肴」というものが存在します。 親しい仲間たちで集まってお酒を飲む場合は、お酒と肴をセットで持ち込むと喜ばれるでしょう。 では定番の肴をお酒の種類別にご紹介していきましょう。 ビールに合う肴 ビールに合う「肴」といえば、代表的な食べ物の1つが「枝豆」です。 他にも焼き鳥、から揚げも人気の定番メニューです。 ビール=ドイツのイメージもあり、ウインナー・ソーセージとの相性も抜群です。 また定食屋や中華屋、ラーメン屋などでは「餃子」も人気があります。 フライドポテトやスナック菓子などは、ファミリーレストランやカラオケボックスなどで気軽に準備できる食べ物として好まれています。 ワインに合う肴 洋酒の中でも人気が高いお酒の1つが「ウィスキー」です。 ウィスキーの定番の肴とは、ナッツ類、チョコレートなどが定番といえるでしょう。 またスモークサーモンやスモークチーズといったスモーク系の食べ物とも相性がいいお酒です。 ウィスキーも種類によって味や風合いが異なるので、お酒の味に合わせた肴を選ぶようにしましょう。 焼酎に合う肴 焼酎全般の肴としては、鶏のささみや焼き鳥などが定番とされています。 焼酎は焼酎が作られた場所や土地に合わせた食べ物がよく合う傾向にあります。 鹿児島の薩摩焼酎とさつま揚げ、沖縄の焼酎というべき存在の泡盛と島らっきょう、熊本県の麦焼酎には辛子レンコンなどです。 焼酎には原料が芋・米・麦との違いもあります。 原料の違いや焼酎がどこでできたのかを考えながら肴を選ぶという焼酎ならではの楽しみ方があります。 肴の意味を知り、お酒を楽しもう 「さかな」という読み方をする「肴」という言葉には、お酒に合う食べ物という意味があります。 「肴」は「さかな」という読み方以外に、「おつまみ」「あて」という読み方をする場合もあります。 お酒の「肴」とはお酒の種類によってもおすすめのメニューが異なります。 お酒の席に差し入れなどをする場合は、そこで飲むお酒に合わせた「肴」を持っていくと喜ばれるでしょう。 肴で酒席を盛り上げよう 「さかな」という読み方をする「肴」には、食べ物以外にもお酒と一緒に楽しむものという意味があります。 親しい友人や仲間同士でお酒を楽しむ場合は、季節にあった「肴」を持参し、昔の話を肴に飲むのもいいでしょう。 「肴」には「さかな」「おつまみ」「あて」などのさまざまな読み方があります。 意味や使い方を理解した上で、上手に言葉を使いこなしましょう。

次の

肴の読み方と意味・例文6つ・定番の肴・つまみ/あての漢字

あて に する 漢字

「お勧め」「お薦め」「お奨め」漢字使い分け|お勧めの意味と使い方は? 「お勧め」は一緒にやろうよという意味がある その時々によって使う漢字が異なる「おすすめ」ですが、よく使われる漢字である「お勧め」は「自分にとってやってみて良かった・楽しかった」と思うことをおすすめするときに使います。 これ使ってみて、ここに行ってみてなど、自分の経験に基づいておすすめしたいときに使われます。 例えばこれ凄く良かったよ~という商品や食べ物などを友人に紹介することってありますよね。 そうした時には「お勧め」という漢字を使います。 自分が食べたものや経験したことなど、自分と同じように相手にも知ってもらいたい、やってもらいたいという意味がある漢字です。 お勧めという漢字は勧誘と同じ字を使っていますよね。 勧誘は「いっしょにやろうよ」という意味があり、お勧めという漢字と同じようなニュアンスを持っています。 そのため相手に強くすすめたいときや、同じ体験をしてもらいたいときに使うと覚えておくと良いでしょう。 分かりやすい例だと、商品レビューでこの商品を知ってもらいたい!というときにこの「お勧め」という漢字を使います。 「お勧め」は自分が体験したことややっていることを勧める漢字 「お勧め」という漢字は、自分が体験したことややったこと、やっていること、そして良かった、試してほしいという時に使う漢字です。 そのため他の「お薦め」という漢字よりも一方的にすすめるというイメージが強いです。 自分がこれをおすすめしたい、是非やってみてほしい、試して欲しいという時に「お勧め」という漢字が使われます。 商品のレビューや友達への紹介の際には「お勧め」という漢字を使うと、他の漢字よりも強くすすめているという印象になります。 「お勧め」の使い方 「お勧め」の使い方ですが、基本的に何かの体験・商品などをすすめる際に使います。 何か明確なものを相手に対してすすめるときに使います。 また「ここの先生はすごく親身に教えてくれるからお勧めです」などこの人のことをどうぞ知ってください、よろしくねといったニュアンスがある場合にも使われます。 自分にとってこれを是非!という時に多く使われる使い方です。 「お勧め」「お薦め」「お奨め」漢字使い分け|お薦めの意味と使い方は? 「お薦め」は他人に自分が選んで良かったものを薦めるという意味がある 「お薦め」という漢字は何かを推薦するときによく使われる使い方です。 他人に自分が選んで良かったものをすすめるという意味がありますが、これだと「勧める」という漢字と同じ使い方では?と疑問に思いますよね。 どちらも同じすすめるという意味がありますが、こちらの「お薦め」という漢字になると、相手に対して「よかったらどうぞ」と控えめにすすめるようなニュアンスがあります。 これもよかったら見て興味を持ってくださいねというイメージです。 「お薦め」は相手に選択することを促すときに使う漢字 「お薦め」は「お勧め」という漢字よりも、相手に選択することを促すときに使われる漢字です。 例えば推薦を思い浮かべてみましょう。 推薦というのは何かに対して「これもどうぞ」「この人は良い人ですよ」とおすすめする言葉です。 しかし強制的なおすすめではなく、「良ければこれを選んでください」という選択肢を与えるものです。 そのため「お勧め」という漢字よりも「お薦め」の方が柔らかく、選ぶのも使うのもあなた次第という意味を持っているのです。 分かりやすいのは学校に対して生徒を推薦する場合です。 何かに対して「どうですか?いいでしょう!」と良さをアピールしたいときに使います。 ここで一つお薦めの記事を紹介します。 以下の記事はお金の勉強について詳しく書かれています。 お金の勉強に役立つお薦めの本や役立つ資格も紹介しているので、ファイナンシャルプランナーなどお金にまつわる仕事を目指しているならとてもお薦めです! 「お勧め」「お薦め」「お奨め」漢字使い分け|お奨めの意味と使い方は? 「お奨め」は良い行いに対して行動を促す意味がある おすすめには「お奨め」とあまり使われない使い方をする漢字も存在します。 この「お奨め」は「お勧め」に置き換えて使われることが多いのですが、実際には「良い行いに対して行動を促す」という意味を持っています。 例えば「これをすると良いことがある」「ここに行くとさらに自分のためになる」など、自分にとってメリットがあるから行ってみてというニュアンスが込められています。 あまり使われない漢字なので、慣れない場合には「おすすめ」や「お勧め」に置き換えても問題ないとされています。 「お奨め」はさらなる向上のための奨励を促すときに使う漢字 「お奨め」という漢字はさらなる向上のための奨励を促すときに使う漢字でもあります。 自分が相手にとって、それが良いものだ、良いことだとすすめるときに使うので、奨励と紐づけて覚えておくと良いでしょう。 これはあなたのためになることよ、と何かの行動や会議、講座などに参加を促す際に「お奨め」という漢字を使います。 お奨めには「頑張ってほしい」という気持ちが隠されています。 そのため勉強会や学会、セミナーなどの参加を促す際に使われることが多い漢字です。 相手にこの勉強会とっても良い勉強になるよ!とすすめることってありますよね。 そうした際には相手に同じように励んでほしい、この勉強でさらなる飛躍を遂げてほしいと願うときに「お奨め」が使われるのです。 「お奨め」の使い方 「お奨め」という漢字を使うときは、何か頑張ってほしいことがあるときに対して使います。 例えば「この学会は君の力になるからお奨めする」「勉強会は君のさらなる飛躍のために必要だ。 だから奨める」といった具合です。 3つの「おすすめ」という漢字の中でも使うことが少ないので、日常的に多く活用するなどのことはあまりないでしょう。 しかし相手に対して励んでもらいたい、これに参加すれば君の未来が開けるといった際にはこの「お奨め」という漢字を使うと良いでしょう。 お勧めという漢字は主に強く相手にすすめたいときに使う漢字なので、自分が相手にとって絶対に選んでみて!行ってみて!食べてみて!というときに使います。 例文にすると「このホットケーキのお店は食べて損をしない。 甘いモノ好きにはたまらないお店だからお勧めです!」となります。 強くそれを推すときに使う漢字なので、相手に使ってほしい・行ってほしいなどのときに使いましょう。 お薦めという漢字は「お勧め」よりも相手に選択肢を与えるときに使う漢字なので、「お勧め」よりも強調性は低いときに使います。 例文にすると「この本はとても面白いです。 主人公が困難を乗り越え、最後には魔王を倒します。 ファンタジー好きな人にお薦めする本です」となります。 推薦と同じような意味を持っているので、使い方が分からないときは推薦とセットで覚えると良いでしょう。 あまり使われない表記であるお奨めは奨励とセットで覚えられることが多く、相手に頑張ってほしいときに何かに参加する・励んでもらうことをすすめる意味を持ちます。 例文にすると「この学会はさまざまな方面からさまざまな学者が集まる。 一つのジャンルにとらわれず、君のさならる飛躍に繋がるので参加を奨める」となります。 奨めるは勧めるにも置き換えることができるので、分からない場合は「勧める」でも通じるでしょう。 また漢字以外にも社会人として知っておくと良いマナーがあります。 ビジネスメールで失礼があっては自身だけでなく会社の評判も落としてしまいます。 それを防ぐためにも以下の記事でマナーをチェックしておきましょう! 「お勧め」「お薦め」「お奨め」はどれもおすすめと読むことができますが、使い分けに悩むときがありますよね。 あまり相手に強要せずにすすめたいときには「おすすめ」とひらがな表記にすることで、柔らかい印象を相手に与えることができます。 おすすめするといっても、相手によってはうっとうしいと感じられることもあるので、相手によって漢字表記とひらがな表記を使い分けることも必要でしょう。 モノや人を強くすすめたいなら「お勧めします」 ひらがな表記でも十分伝わる「おすすめ」ですが、できれば漢字を使い分けた方が社会人としてかっこいいですよね。 そんなときはそれぞれの漢字の特徴を覚えておきましょう。 まず「お勧め」はモノや人を強くすすめたいときに使うと覚えます。 それぞれの漢字では持っている意味やニュアンスが違います。 何かをお勧めしますと言われた際には、相手は自分に対して「これにしてみて」と強く願っていることが分かります。 このように漢字一つでも込められているニュアンスは違うのです。 選んでみてねというニュアンスなら「お薦めします」 「お勧め」と「お薦め」は似たようなニュアンスを持っている漢字です。 そのため自分が相手に対してどのくらいおすすめしたいのかで使い分けると良いでしょう。 強くおすすめしたいときは「お勧め」、これもいいから選んでみてという柔らかいニュアンスなら「お薦め」になります。 どちらも人やモノ、場所、お店などをおすすめするときに使う漢字ですが、「お薦めします」と「お勧めします」では込められた強さが違います。 相手に選んでほしいけど強くはいわないというときに「お薦め」を使うようにしましょう。 励んでね!というニュアンスなら「お奨めします」 他の2つの漢字とは違う意味を持つ「お奨め」は相手に対して励んでもらいたいときに使う漢字です。 しかし「お奨め」という漢字は「お勧め」でも通じる漢字なので、あまり見かけないという人も多いでしょう。 しかしこの漢字も使い分けられるとかっこいいので、勉強会や学会などの参加をすすめる際に使いましょう。 同じ意味を持つ漢字同士であっても、一つ一つを掘り下げれば違ったニュアンスが含まれていることが分かりますね。 状況に合わせて「おすすめ」の漢字を使い分けよう! 普段誰かに何かをおすすめすることってよくありますよね。 しかしいざ漢字に直してみると、どの漢字を当てはめたら良いか分からない人はたくさんいます。 しかしこの「おすすめ」の漢字をそれぞれ使い分けられたら、物知りとして評判も上がるでしょう。 近年ではスマホやパソコンが発達して字を書くことも減ってきています。 しかしいざ漢字で書いてみてと言われた際に、ササッと書くことができたらかっこいいですよね。 状況に合わせて「おすすめ」の漢字を使い分けられるようにそれぞれの漢字の持つ意味を覚えておきましょう!.

次の