種村 有 菜 同人 誌。 有菜の種 (りぼんマスコットコミックス)

時空異邦人KYOKO

種村 有 菜 同人 誌

かつては私もありなっちのコミックスでのフリートークで 心が離れてしまった読者でしたが、 彼女の原画展に足を運んだことで 久しぶりに本を手にとってみたくなりこちらを購入しました。 たしかにリッチさが垣間見えたり自慢にとられかねない描写もあり 以前の自分なら「またこんなこと描いて!」と思っていたかもしれませんが、 それだけの仕事を圧倒的な技術でこなしていますし、妥当だと思えるようになりました。 むしろ漫画ばかり描いていてろくに休めていないのでは、と心配でしたが 意外と旅行に行ったりエステに行ったり、リフレッシュの時間もうまく とれているようで安心したくらいです。 というか、どうやって取っているんだ。 やっぱりありなっちってすごいな、と久々に純粋に尊敬しています。 作品としても普通におもしろいので、何度も読み返しています。 種村有菜さんという方は、コミックスを読んだ方ならわかると思いますが、漫画はともかく、その性格自体はあんまり良くない方だろうな、と思っていました。 良くも悪くも自分上位な方なんだろうな、と。 こちらのエッセイでは、それが確信に変わってしまったと思える内容になっています。 とりあえず、住居の自慢(タワーマンション32階)。 旅行自慢。 人からこう言われた、などの自慢。 無意識に全てが上から目線になってしまっていますが、こう言っちゃなんだけど、「種村有菜」ってそこまで有名なのか・・・。 種村さん本人が一度自分のコミックスを見返して、色々と見直す時期に入らなくてはいけないのではないか、と思ってしまいます。 自分の言葉で自慢を語っても、それが周囲の評価に繋がるとは限らない。 若くして成功してしまうと、初心を忘れてしまう、という良い見本がここにいると思います。

次の

小学生には過激だった、「愛ゆえの強引さは正当だ」と少女に教え込んだマンガ/種村有菜『神風怪盗ジャンヌ』

種村 有 菜 同人 誌

とある方に譲って戴いたので、読んでみた感想です。 ネタバレを含みますが、ネタバレうぇるかむな方は下へお進みください。 <ここから先はネタバレだぞ 今月蛍丸ちゃん来んねんで。 小学生の時から少女漫画雑誌で読んでいた好きだった作家のBL同人誌読むなんて、あの頃は想像しなかった。 元々この人は単行本のスペースで、私はBLなんて嫌いだけど><友人のお願いで書いたの><なんて書いてやがりましたが、薄々勘付いてたよ。 この人が好きで書いたんだなって。 愛読していたアニメ雑誌でまゆたそののBL絵見た時もビックリしたけど、この人がのBL同人誌書いてたの知った時はもっとビックリした。 好きだって言えないってつらいですね。 作品タイトル。 後ろ手に3つ数えたら タイトル理由は未回収。 てか伏線も山も落ちも無し 感想の前に登場人物をおさらい。 多かれ少なかれセリフ有りキャラ *へし切長谷部 *燭台切光忠 *鯰尾藤四郎 *骨喰藤四郎 *薬研藤四郎 *乱藤四郎 *大 *鶴丸国永 背景のみ。 *小夜左文字 大まかなストーリー。 長谷部はみんなの前で抱きたい抱きたい言う割には、二人きりの時には何も言わない燭台に不満があった。 好きなのか嫌いなのかその真意が図りかね、ずっとモヤモヤしていた。 どうして自分にちょっかい掛けてくるのか分からない。 鯰尾と骨喰はそんな長谷部に、減るものじゃ無いのだから抱かれてみたら良いとアドスするが、長谷部の悩みは決して晴れない。 そんな所へデート帰りの薬研と乱から、大と燭台のツーショットの写真を受け取る長谷部。 二人は主から貰ったという。 長谷部はそこでひとつの事が浮かぶ。 燭台と大はいつも一緒に居て、とても仲が良い。 燭台は長谷部に本気じゃなくて、あくまでただちょっかいを掛けているだけで、本命は大で自分は当てつけなんじゃないかと。 だから二人きりの時は何も言わないんじゃないかと。 それを口にすると、燭台は長谷部を壁に追い詰めて逆に問う。 長谷部は主が好きだと思うから本気で思いをぶつけられない、長谷部は主が好きなのか? それに長谷部は言い淀むが、主に懸想など失礼千万。 そしてアンアンする二人。 両思い。 アンアンしている燭台を待つ大。 鶴丸は可愛い。 寝ないで燭台を待ち続けるが燭台がいざ帰ってくると大は寝たふりをした。 それを見て、燭台は微笑む。 コミュ障と化した大は熟睡した燭台を見て、ひとこと。 つみ つく り… CP カップリング ジャンル。 可愛すぎない? のカメラで撮ったから見難かったらごめんなさい カッコよく決めたいよね!の次にその顔たまらないねは燭台くんイケメンオーラ振りまきまくりセリフとして加入させるべき。 絶対流行らせたい。 イケメンかよ!! 終えた後は読み始めるまで怖かったのに終わったら不思議な気持ちになった。 でも何が言いたかったのかは分からない。 しょくへしキスシーンで、801が読めなくなり久しいのでドキドキして中傷から真剣必殺しそうになったけど読み終えたら何だろう、いつの間に手入れ部屋にいたんだろう。 でも何が言いたかったのかは分からない。 首を傾げてしまった。 主命さんは燭台くんに公開セクハラされているんだけど、それが何故なのか知りたくていたのに二股掛けてそうな燭台くんはからちゃん見て愛しそうに微笑んでいたから今すぐ主の部屋に来なさい。 私があの本丸のさんだったら燭台くんにそう言うこと言うのは止めなさいって止めたい。 先ず第一に、ウチの本丸の燭台くんはあんな事言わない。 短刀ちゃん達の面倒ばかり見て貰ってすまないなあ燭台くん。 私信 好きな子にイタズラしてみたら好きな子が本気で食って掛かって来たから、本気でぶつかってみたら好きな子としっぽりしたけど、他に好きな子いるんだよね〜とか意味分かんないでしょ。 いや好きなのかは分かんないけど。 昔馴染みで兄弟みたいな関係なのかもしれないけど。 ただつみつくりってナニよ。!? 燭台くん分かんないよ ・・;;? ;;; まーもう一回読むか。 その際にまた加筆します。 今は眠い。 起床後推察。 だから、 つ みつくり…ってこと。 意味無し。 azisabateishooku.

次の

アイナナパクリまみれ騒動を見て『まあ種村有菜だしなあ』って思っちゃった件

種村 有 菜 同人 誌

以下は本人の書き込み。 愛してる!) 2010年5月13日~沈静化に至る20日までの期間に、ツイッター上で起きた事件。 5月13日、一読者 仮に〇氏とする が、種村氏本人に宛てたものではない、氏の作品の感想をツイートをした。 この、検索でもしなければ目に止まらないであろう発言を、 何故か作者である種村氏本人が採り上げ、内容に対する反論をツイートをしたことで、〇氏は数千人に晒されたも同然となってしまい、 〇氏はツイッターアカウントを削除する事となった。 おそらく、種村氏の熱狂的な一部読者からの突撃行為があった為と思われるが、推測の域を出ない。 しかし、ツイッター上で事の経緯を見ていた人々が 氏の一連の行為・対応を「酷いのではないか?」と指摘。 すると今度は、この「指摘した人々」に対して、一部ファンによる突撃行為が行われた。 突撃行為を受けた人々が「先生から止めるようにおっしゃって下さい」と申し入れをしているにも関わらず、 種村氏はそれを窘めることもせず、事情説明もせず、放置し続けた。 また、事件が沈静化してきた5月20日未明頃、種村氏の問題のツイートは全て削除された。 2010年8月9日~18日頃までの期間に、ツイッター上で 種村氏と、種村氏の元アシスタント「雪村理子」氏(以降雪村氏)間に起こった騒動。 2010年5月 ちょうど第二次ネット事件が起きた頃 、種村氏は りぼん本誌の原稿に加え、 増刊号の原稿を抱えて、普段よりも漫画家業が忙しい時期であった。 本誌原稿+増刊原稿で80ページ その時期に、アシスタントとして種村氏の作業を手伝っていたうちの一人が 雪村氏である。 雪村氏曰く「地獄の80ページ」の入稿が済んだ後、種村氏と雪村氏の間に何らかのトラブルが発生していた模様。 それが、ツイッターという舞台で表面化し、やがて 一般読者をも巻き込んだ事件に発展していった。

次の