鬼滅の刃 最終回 ネタバレ。 週刊少年ジャンプ鬼滅の刃204話の最終回ネタバレ内容は?再販や感想と続編も!

鬼滅の刃 最終回 205話 ネタバレ 感想 炭治郎のひ孫たち、そして輪廻転生

鬼滅の刃 最終回 ネタバレ

もくじ• 前回(204話)では・・・ 無残との戦いが終わり、平和を取り戻した日常が描かれていました。 鬼のいない世界 鬼殺隊のおかげで鬼のいない日常が戻ってきました。 日本は平和を取り戻し、すさまじく発展し、寿命を迎えることできる人が多い現代の世の中になりました。 鬼殺隊員たちのその後 生き残った鬼殺隊員たちのその後と、最期について語られています。 ・鱗滝左近次 終戦の半年後に死去。 — 🐛蘭太🐜 らんた y83216525 ・煉獄槇寿郎 終戦の3年後に死去。 終戦の25年後に死去。 終戦の5年後に死去。 セブンネットで予約開始! 鬼滅の刃 風の道しるべ JUMP j BOOKS 小説版第3弾が登場! 描かれるのは風柱・不死川実弥の過去の物語! — 鬼滅の刃グッズ情報 kimetsugoods ・富岡義勇 終戦後は鱗滝と暮らしていた。 鱗滝の死後4年後に死去。 絵を描きました。 鬼滅の刃から富岡義勇です。 その後、アオイと結婚して幸せな生活を送った。 終戦の37年後死去。 しかし子供はできなかった。 終戦の29年後死去。 二人の子供と幸せに暮らす。 終戦の9年後、炭治郎と死去。 鬼滅の刃、よく分からない最終回だけど 炭治郎とカナヲ ゼンイツとねずこがカップルで子孫繁栄したことだけは分かった — 26O🐸🔱 Karanogi ・炭治郎 終戦の9年後、カナヲと共に死去。 『鬼滅の刃』第205話「幾星霜を煌めく命」 愈史郎…生きてる…良かった。 平和な時代の様子が描かれています。 現代には、炭治郎たちの子孫や、鬼殺隊の面々の転生後のようなキャラクターが幸せに暮らしていた。 転生後のキャラクターたちには、鬼殺隊だった頃の姿が映し出されています。 スポンサーリンク 鬼滅の刃 最終回 205話のネタバレと感想 鬼滅の刃、最終回! ジャンプ編集部のことだから、現代編とかやらせてでも絶対引き延ばすんだろうなーと思ってたけど、普通に完結した。 — kanna natsumikanRQ 鬼のいない世界は、平和で穏やかな日常です。 平和の素晴らしさ。 現代っ子らしさも出せるし、生死にかかわることなく、安心して「今」を享受できる。 人生を謳歌できる。 幸せの一つの形が、「鬼滅の刃」のラストには描かれていたと感じます。 炭治郎たちが、柱たちが、産屋敷一族が、命をかけて繋いで、鬼のいる世界を終わらせました。 望んでいた明るい平和な未来が描かれていて、ほっとするし、微笑ましい。 命を只終わらせるのではなく、 「繋げていくこと」の大切さを実感します。 命の尊さを実感します。 現代に生まれて、命について突き詰めて感じること、考えることってほぼありませんが、 「鬼滅の刃」を通じて「生きていることのありがたみ」、「命は繋がれているもの」といったことを感じます。 輝いていきるべきだし、いろいろなことに感受性をもって感じるべきだなと。 自分たちが生きる証、生きた証を時代に刻もう。 良い時代であることを実感しました。 終わってしまいましたね!「鬼滅の刃」!!。 あっという迄あった気もがします。 最後はグンっとスピード感がありました。 そして「 NARUTO」や「 BREACH」の終わりのように、最終回が明るく、幸せな感じがとても良かったです! スポンサーリンク まとめ : 鬼滅の刃 最終回 205話のネタバレと感想 鬼滅の刃204話 『時代は現代』!!? どゆこと!? 次回めっちゃ気になる!😣 — ポロわん V9g3aoTDyprbA6a 「鬼滅の刃」は本当にたくさんのことを教えてくれました! 物語はハッピーエンドを迎え、そのまま終わりましたが、今後、外伝もありますし、映画もあります。 今回の終わり方が人気絶頂期で終わっていますので、人気バンドの解散のようにずっと語り継がれるでしょう。 人気はまだまだこれからです。 吾峠呼世晴先生、ありがとうございました!本当にお疲れさまでした!!.

次の

『鬼滅の刃』205話(最終回)ネタバレ感想|幾星霜を超えて出会った魂

鬼滅の刃 最終回 ネタバレ

顔とか、性格とかそのままだからそうなんじゃないかな? なんとも鬼滅っぽい終わり方となりましたね! では、ここからカップリングで誕生した彼らの子孫についてまとめていきましょう! 最終回カップリング続出!炭治郎とカナヲの子孫・カナタと炭彦 画像出典:鬼滅の刃205話より 205話の頭に、竈門炭彦(15歳)とカナタ(16歳)が出てきました。 顔の作りは炭彦は炭治郎、カナタはカナヲにそっくり。 恐らくというか、ほぼ100%この二人は炭治郎とカナヲの子孫ということになりますね。 二人共男の子です。 最終回カップリング続出!善逸と禰豆子の子孫・善照と燈子 画像出典:鬼滅の刃205話より 続いて、泣き虫の我妻善照(17歳)と燈子ちゃん(18)兄弟が登場。 この二人は我妻善逸と禰豆子の子孫ということになります。 善逸、よかったね~禰豆子ちゃんと結ばれて。 あたしゃ嬉しくてたまんないよ。 善照はひいじいちゃんが書いた、鬼を倒したというの嘘小説?を読んで感動して涙しています。 このひいじいちゃんが善逸のことになります。 画像出典:鬼滅の刃205話より その他にも、煉獄杏寿郎の子孫らしき桃寿郎(とうじゅろう) 画像出典:鬼滅の刃205話より 嘴平伊之助の子孫であろう嘴平青葉(はしびらあおば)君などが登場します。 画像出典:鬼滅の刃205話より 最終的に学校を遅刻した桃寿郎君と炭彦君が、遅刻して閉まっている門を飛び越えて学校に侵入。 運動神経はひいじいちゃんさながら、といったところでしょう。 最後は炭彦のお母さんが学校から電話で怒られるシーンで幕を閉じます。 幸せな終わり方でした。 スポンサードリンク 鬼滅の刃【205話ネタバレ】最終回カップリング続出!まとめ 鬼滅の刃は205話で完結となりました。 炭治郎とカナヲの子孫。 我妻善逸と禰豆子の子孫。 伊之助の子孫。 が幸せな学生生活を送っていました。 この子達が平和な毎日を送れているのは、ひいおじいちゃん、ひいおばあちゃんに当たる炭治郎、禰豆子、善逸、伊之助、杏寿郎が鬼を退治してくれたからです。 彼らには、君たちのひいおじいちゃんはすごかったんだぞ! とちゃんと教えてあげたいですね。

次の

週刊少年ジャンプ鬼滅の刃204話の最終回ネタバレ内容は?再販や感想と続編も!

鬼滅の刃 最終回 ネタバレ

もはや社会現象と言っても過言ではなさそうなレベルで人気の漫画『鬼滅の刃』(以下 鬼滅)が、2020年5月18日発売の『週刊少年ジャンプ』24号にて最終回を迎えた。 単行本派の人を除き、殆どもうみんなジャンプをゲットして読んだのではないかなと思う。 鬼滅が毎週月曜日の生きる糧だったという人も多いだろう。 そして今、その終わり方が……賛否両論な感じでSNSを中心にネットをザワつかせている。 絶賛している人も居れば、ブチ切れていそうな人もチラホラ。 筆者としては、否定派の主な主張を全面的に同意していたのだが、ある考え方にたどり着いたことで、 むしろ評価が反転。 読み終わって一瞬微妙に感じたものの、逆転的に 作品と作者への好感度が上昇したのだ。 せっかくなので、終わり方に賛成できず不完全燃焼気味な人に向け、その考え方を紹介したい。 なお、 本記事には最終回のネタバレが含まれるので、読んでいない方は注意してほしい。 ・蛇足 簡単に最終回の概要を書いておこう。 舞台はまさかの現代。 恐らくは炭治郎とカナヲの子孫と思しき兄弟と、善逸と禰豆子の子孫と思しき姉弟が主な登場人物だ。 最終回は、彼らがそれぞれの家から、通っている同じ高校にたどり着くまでが描かれる。 その道中で、先週までに登場していたり、すでに散っていった人たちと 外見や名前が酷似した人々がチラっと登場する。 筆者が読んで気づいた感じだと以下の通り。 もしかしたら他にも何かあるかもしれない。 宇髄と言う名のイケメンな体操選手 2. 美人の女性みたいな顔した嘴平(はしびら)と言う名の男性植物学者が青い彼岸花の研究で失敗して謝罪会見 3. 時透兄弟を彷彿(ほうふつ)とさせる双子の赤ちゃん 4. しのぶさんとカナエさんっぽい顔の女学生 5. 後頭部の下半分が刈り上げなヘアスタイルの、デカい幼稚園の先生 6. 顔立ちがどう見ても伊黒さんと甘露寺さんな夫婦 7. 将棋を指す、桑島さん(善逸の師匠)と鱗滝さんを想起させる外見の老人 8. 産屋敷さんという方が日本最高齢記録を更新(これは輝利哉本人かも) 9. 鋼鐵塚(はがねづか)整備という車?の整備屋がある 10. 蝶屋敷で看病やらリハビリやらを担当してた3人組に似た髪型の小学生女児 11. 顔の傷まで不死川兄弟と同じ外見の、警察官コンビ 12. 富岡さんっぽい顔の義一くんと、錆兎っぽい顔と真菰っぽい顔の小学生のトリオ 13. 「珠代」という名前の女性だけを描き続ける、山本愈史郎という名前の画家(これも本人かも) 14. 煉獄さんに酷似した顔の、桃寿郎という名の少年 15. 村田っぽい顔の教師 明確に血縁だと思われるのは竈家と我妻家くらいなもので、他は全く不明。 ただ 顔の酷似した人々が、現代で理想的な関係で幸せそうに暮らしている感じである。 いわゆる、「転生」的なそういう描写だ。 伏線回収と言えるものは、青い彼岸花が発見され、その特性ゆえに無惨様率いる鬼たちが青い彼岸花を発見できなかった理由が察せられること。 そして、産屋敷さんが日本最高齢更新ということで、無惨様の呪いがちゃんと解けていることくらいだろうか。 青い彼岸花はずっと謎だったので、それなりにすっきりした感はある。 ただ、ぶっちゃけ忘れていた人も多い設定だと思うし、初期の設定がうやむやになるというのは、漫画ではよくあることだろう。 無惨様の呪いについても、わざわざ描く必要は必然ではなかったと思う。 倒されたなら、呪いも解けてるよねって。 そして何より、登場人物がほぼ全て新キャラだが、しかし最終回なので彼らの物語が先に続くことは無いはず。 この最終回があっても無くても、先週までで描かれた内容には驚くほど影響がない。 先週の回でガチに全て終わっていたのだ。 鬼滅最終回に対する批判で最も多いものは、ズバリ 蛇足であるという意見だろう。 それについて否定するのは難しいと思う。 未来が描かれなくても、無惨様を筆頭に鬼が潰えた時点で、その後は平和になるしかない。 しかも、先週のラストは それはそれでいい感じだった。 あえて現代に時間を移してまで平和な未来を描くのは、やっぱり蛇足だと思う。 ・蛇足だが… しかし、4年と3カ月にわたって連載を続けた作者の吾峠呼世晴先生と、担当した編集者である。 言われなくともこれが間違いなくこれが蛇足であることと、出したら蛇足だと批判する人が出ることは 分かっていただろう。 わからず、無意味にしでかした蛇足ではないと思うのだ。 それでも出したのはなぜだろうか。 ここからは全くの推測にして、これこそが「蛇足だけどむしろ良いかな」と思った考え方だ。 まず、わざわざ最後に1回増やしてこの回を描いたのは、やはり吾峠先生が どうしても描きたかったからではないだろうか。 最終回には先週まで活躍していた登場人物たちと酷似した人々が出ているが、ほぼ全て全く無関係な他人だと思われる。 しかも時代も違う。 そんな別人同士で、それぞれの顔のオリジナルたちが願いつつも、 無惨様の活躍で叶わなかった「if」的な展開を実現している。 その結果、本筋のテーマや展開、キャラ設定に 一切の矛盾を生じることなく、ほぼ全ての主要なキャラ達に疑似的なハッピーエンドを与えているのだ。 これは、無惨様によって悲惨な最期を迎えるしかなかったキャラ達を何とか救いたいという、 作者によるキャラ愛の発露だと思うのだ。 それはそれで難しいと思うのだ。 考えてみてほしい。 物語を創作するにおいて、ひとたびキャラクターに設定を与えると、キャラ達はある程度作者の手を離れてしまうものだろう。 キャラに設定が付与されれば、彼らの紡ぐ物語の展開には必然性が生じる。 矛盾の無い物語を作り上げるには、因果に沿った必然性のもとに展開させるしかなくなるはずだ。 簡単に言うと、キャラが勝手に動き出し、 不可避な展開が出てくるということである。 もう少し具体的に述べるなら「このキャラはこういう行動しかできない」とか、「このキャラはどうやってもここで死ぬ」といった、キャラの設定ゆえに避けられない展開である。 これは、物語において神に等しい存在である作者とて、 容易に介入できるものではない。 介入できるものではないが、一応例外も触れておこう。 四六時中作者が介入して、頻繁に設定が無視され、因果も必然性もぶっちぎったキャラクターが無双する物語というのは存在する。 しかし、普通は内容の陳腐さから人気は出ない。 そういうキャラは、全世界共通でメアリー・スーなどと揶揄され、良しとされることはまず無いと思う。 また、急遽(きゅうきょ)大人の都合などで介入が行われ、設定や展開を捻じ曲げざるを得ない例もあると思う。 しかし、そういうどうしようもない事情のあるものとて、表現の自由の問題で炎上したりするものだ。 大抵は介入によって生じた変化と、ストーリー展開やキャラ設定の間に矛盾が生じて、しらけてしまう。 そうなれば、ファンも離れて良い事も無いだろうしな。 まあ、ライヘンバッハの滝から生還したことになったシャーロック・ホームズのように、ファンが望み、商業的にも大成功した介入というものもあるが、 滅多にない例外だろう。 先週までの『鬼滅の刃』における無惨様と主人公たちの戦いの物語には、ご都合主義な介入は無く、メアリー・スーも不在だったように思う。 キャラ達の、受け入れがたい悲惨な最期とて、「悲しいけどそうなるしかないよな」と、 納得できるものばかりだったと思うのだ。 時には自らの推しのキャラが死んで「作者は鬼かよ」と思ったファンもいただろう。 筆者も無惨様の敗北が確定した時にはとても悲しかった。 序盤から終盤まで、数々のハードな展開を経て迎えた最終回はどうだろう。 ゴリゴリに何もかも詰め込んだ、 理想の展開欲張りセット。 上で述べた、作者によるキャラ愛の発露とはこういうことである。 しかも、あえて舞台を現代に移し、「よく似てるだけの、(恐らくは)無関係な他人」ばかりを起用しての理想の実現によって、先週までの内容には 一切影響なしという配慮が見てとれる。 キャラ達への愛だけではなく、読者に対しても配慮に満ちた神による介入。 そう考えると、4年3カ月もハードな展開多めなストーリーを描き続けてきたのだから、たとえ蛇足でも 最後くらいは良いんじゃないかな……と思えないだろうか。 全205話中で、最後の1話だけの愛に満ちた「蛇足」。 誰も悲しく無いし、本筋には何も矛盾しないし、蛇足であることのほかに論理的なマイナス点が見当たらないしな。 むしろ吾峠呼世晴先生が、 キャラ愛がありながらも、ちゃんと死すべき時にキャラを殺せる漫画家だとわかって好感度も上がるのでは。 筆者的には上がった。 こういう考え方、いかがだろう。 参考リンク:、Instagram 執筆: Photo:RocketNews24.

次の