ポケモン剣盾 ヒヒダルマ 育成論 ダルマモード。 【ポケモン剣盾】キョダイラプラスを起点にするダルマモードヒヒダルマ【育成論】

ヒヒダルマ

ポケモン剣盾 ヒヒダルマ 育成論 ダルマモード

特性「ダルマモード」 特性ダルマモードのヒヒダルマは、体力が半分以下になるとダルマモード状態になりフォルムが変化すると共に、種族値も大幅に変化します。 種族値(通常時) HP 105 攻撃 140 防御 55 特攻 30 特防 55 素早さ 95 合計種族値 480 種族値(ダルマモード時) HP 105 攻撃 160 防御 55 特攻 30 特防 55 素早さ 135 合計種族値 540 ダルマモードの種族値は、通常時の種族値と比べて攻撃が20、すばやさが40増加しており、ヒヒダルマの突破力がより高くなります。 ダルマモードヒヒダルマの強さ 高い素早さと攻撃力で制圧 ダルマモードヒヒダルマのすばやさ135という数値は、環境では最速ドラパルトやスカーフ持ち以外は抜き去ることができるため、 攻撃力と共に高い制圧力を誇ることができます。 変化技も活用できる 「ごりむちゅう」ヒヒダルマと比べて、最大の違いは、技が固定されず選択が可能という面です。 変化技も持たせることができる為、「つるぎのまい」「こらえる」などの変化技を駆使して戦うことができます。 「こだわりアイテム」以外を装備できる 「ごりむちゅう」ヒヒダルマは、「こだわりアイテム」以外を持たせる事は可能ですが、特性の性質上、 他の道具を持たせるより、「こだわりスカーフ」や「こだわりハチマキ」を持たせた方が、もともとのデメリットなく使えるので、どうしてもそれが一番強くなります。 他の型があったら教えてください ダルマモードヒヒダルマは、HPが半分以下になると発動するため、他の道具を持たせることができます。 また「こらえる」を同時採用することで、ステルスロックなどで少し削れている場合でもHP1を残して相手の攻撃を耐えれる為、安定してダルマモードを発動できます。 努力値 攻撃252 素早さ228 残りHP すばやさ調整ですが コオリッポ ナイス や1積み準速ギャラドスや1積み準速トゲキッス。 他にも準速ドラパルトなどの主要ポケモンを抜ける為228振りがオススメです。 技構成 「こらえる」 「つららおとし」 「ほのおのパンチ」 +サブウエポン 技構成は「こらえる」+タイプ一致技+サブウエポンです。 ほのお技は反動がない「ほのおのパンチ」、サブウエポンは「こおり」「ほのお」技が通らないポケモンを打点があるものを選択しましょう サブウエポンオススメ 「ばかぢから」「アイアンヘッド」「じしん」 「みがわり」「はらだいこ」「カムラのみ」型 ヒヒダルマは「ごりむちゅう」でこだわりアイテム持ちという認識が強い為、受けられる相手に引いてこられることが多い。 「はらだいこ」「みがわり」を採用し、HP管理をしながらダルマモードを発動していく型。 ヒヒダルマより早いポケモンに対しては役に立たないような型だが、スカーフ持ちの「ごりむちゅう」も必ず考慮に入れなければいけない為、不利対面でも思わぬ仕事をこなすことがあり面白いです。 特防はおくびょうサザンドラのあくのはどうを確定2発の所まで降っています。 素早さは、カムラ発動ダルマモードでスカーフサザンドラ抜き。 こちらは自分のパーティの抜きたいポケモンと相談して調整してください! 技構成 「みがわり」 「はらだいこ」 「ほのおのパンチ」 タイプ一致技2つの攻撃技構成ですが、環境に多い水タイプに通らないため、いまいち使いにくい感覚でした。 ヒヒダルマは「ばかぢから」や「じしん」など威力の高いサブウエポンをたくさん覚えるので、そちらを採用しても良いかもしれません。 ダルマモードヒヒダルマまとめ ごりむちゅうと誤認させろ! 使ってみた感想ですが、「ごりむちゅう」ヒヒダルマと比べて圧倒的に使い勝手は悪いです。 また攻撃力も素早さも「ごりむちゅう」スカーフ持ちヒヒダルマのほうが上なので もうそっちでええんちゃう!?みたいな場面がたくさんありましたが、普段対面で勝てない「であいがしら」持ちのアイアントやオノノクスには「こらえる」を使う事で勝てました。 また先制技にも弱いため選出には注意が必要です。 いかにも「ごりむちゅう」ですよ、同じ技しか打てませんよ。 という偽装が大切です。 起点にしたい受けポケモンなどを見極め、選出できる時のみの選出にしないと、腐ってしまいやすいので気をつけましょう。

次の

【ポケモン剣盾】ガラルヒヒダルマの育成論と対策【ソードシールド】

ポケモン剣盾 ヒヒダルマ 育成論 ダルマモード

フォルムチェンジを伴わないほのおタイプでは最も高い攻撃種族値を持ち、特性によって更に火力が増強される。 かくとう・いわ・じめんタイプのサブウエポンにより、範囲もまずまず優秀と言える。 無補正でも特性が乗ったA252振りフレアドライブの火力指数は実に44928。 火力強化アイテムを持たせれば、等倍での数値受けが不可能なレベルの火力が出せる。 一方で、高HPではあるもののメインが反動技であること、BDの低さから実質的な耐久力は紙同然で、「やられるまえにやる」のが基本戦法となる。 ちからずく対象の技なら反動を打ち消せるいのちのたまや、半端な素早さを補えるこだわりスカーフとの相性が良い。 剣盾では新たにアイアンヘッド、きしかいせい、かみつく、トリック、てっぺきなどを習得した。 特にトリックの習得はスカーフ型と好相性であり、戦術の幅が広がったと言えるだろう。 ニトロチャージ・グロウパンチ・ほえるなどは失ってしまったが、もともと相性が良いほうでなく、順当な強化を得たとみて良い。 リージョンフォームのはタイプが違うだけで種族値はまったく同じ。 あちらも特性ダルマモードの発動でほのおタイプを得ることができ、特性の発動中は素早さでこちらを大きく上回る。 耐性はこちらのほうがいくらか優秀であるものの、あちらはこおり技をメインにする限りタスキが潰れにくく明確な優位点とは言い難い。 技レパートリーもあちらがほぼ上位互換であるため、運用におけるクセの少なさやほのお技の最大火力で勝る点などを活かして差別化していきたい。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 ちからずく 特定の追加効果を持つ攻撃技を使った際に、追加効果が起こらなくなる代わりに威力を1. 3倍にする。 ダルマモードの原種ヒヒダルマは非常に扱いにくいので消去法でこれ。 消去法でなくてもこれで確定。 ダイマックス技には適用されず、追加効果を狙うのに使えるものの、最大火力は素の状態より下がる。 ダルマモード 隠れ特性で、ヒヒダルマ・ガラルヒヒダルマ固有の特性。 原種の場合、攻撃と特攻が逆転、耐久が上昇し素早さが下がるという能力の変化をするが、HPが半分減った状態からではほとんど素早さが落ちるデメリットしか残らない。 ニトロチャージ・グロウパンチも失ったので追加効果狙いでの採用もできなくなった。 発動タイミングがターン終了時であるため、攻撃を受けた直後に特殊技で殴ることもできず、仮にHPが半分以上に回復したとしても元の姿に戻ってしまう。 よって、全く使い物にならないため論外。 ダルマモードの考察はにあります。 最大火力。 反動で大きく耐久を失う。 ちからずくでも反動は無効化できない。 性能安定。 反動は無いが威力は低い。 能力低下が痛い。 撃ち逃げ向き。 威力・命中も劣る。 かわらわり 闘 75 - 100 壁破壊 ちからずくでも壁を壊せる。 デメリットは無いが威力は低い。 きあいパンチ 闘 150 - 100 優先度-3 サブウェポン最大火力。 あくびやみがわりとあわせて。 とんぼがえり 虫 70 - 100 自分交代 攻撃しつつ撤退。 あくび・スカーフと相性がよい。 ダブルでは相手全体攻撃。 じしん 地 100 - 100 - 対岩。 ちからずくならじしんより高威力。 半減範囲は炎と被りがち。 どろぼう 悪 60 - 100 道具強奪 半減フレアドライブと大差無い。 専らピンポイント。 どろぼうよりはマシな威力が出る。 かみくだくは覚えない。 変化技 タイプ 命中 備考 あくび 無 - 流し技。 とんぼがえりやきあいパンチと相性がよい。 ちょうはつ 悪 100 補助技対策。 耐久型に。 交代読みでも撃てる。 アンコール 無 100 こちらも耐久型対策だが交代読みで撃てない。 ビルドアップ 闘 - 攻撃・防御を補強。 使う余裕はあまり無い。 はらだいこ 無 - 攻撃超強化・HP半減。 味方で壁や麻痺撒き等のサポートがあるとよい。 おにび 炎 85 物理アタッカー対策や、タスキ潰しに。 トリック 超 100 こだわりスカーフを押し付ける。 フェアリーの台頭により増えている毒、特にを意識するならいわなだれかばかぢからの代わりにじしんを入れてもよい。 第6世代では意識で耐久調整を施す場合もあったが、第8世代では存在しないため調整の意義は薄い。 あえて努力値を振るとすれば反動ダメージ意識でHP、先制技意識でBだが、特に仮想敵がなければAS極振りが無難だろう。 ちからずく+いのちのたまの補正はすさまじく、こだわりスカーフとは火力が比べ物にならない。 こだわりスカーフなら耐えられると思って居座った物理受けを突破できるのが強み。 苦手な相手やきあいのタスキ持ちにはとんぼがえり、有利な相手にはそのまま突撃する。 単純だがそれ程の凄まじい火力を誇るということである。 性格は基本的にようきだが、交代先への負担を重視するならいじっぱりもあり。 より火力を高めるこだわりハチマキも候補ではあるが、とんぼがえりやフレアドライブ読みで出てきたもらいびなどをサブで潰せるのはいのちのたま独自の利点。 もちろん対面操作には有用なので候補には入る。 繰り出し性能と終盤の抜き性能が高くないだけに出して即流される展開は避けたい所だが、耐久水が鬼門。 A特化@いのちのたまのフレアドライブではB特化が低乱数2と厳しい数字。 とんぼがえりによるサイクル回しと無補正無振りでもH振り(シールド)を確1にできる高い火力が武器。 とんボルチェンに組み込む場合や、特定の相手を確1で落とす必要があるなどの場合に。 対ヒヒダルマ 注意すべき点 A140からのちからずくフレアドライブが脅威。 半減程度ではそのまま突破される。 ほのおタイプなのでおにびも効かず、相性補完のサブウェポンや耐久型対策の補助技も有用なものが揃っている。 こだわりスカーフを持つことで火力と素早さを両立し、相手に行動する隙を与えない。 対策方法 火力が高く、いのちのたま持ちもいるので、後出しから止めようとするのは得策ではない。 水やドラゴンなどで釘付けにして常に身動きできないようにしておくのが望ましい。

次の

【ポケモン剣盾】ヒヒダルマ!意表をつくダルマモードで全抜きを狙え!!【ヒヒダルマ育成論】

ポケモン剣盾 ヒヒダルマ 育成論 ダルマモード

特にこだわりスカーフを持たせると、元々高い素早さを生かして殆どのポケモンから先手を取ることができるため、大暴れしやすくなります。 現環境においては第一候補。 バンギラスを始めとした悪タイプに使える技。 ダイマックス技で攻撃力が上げられるのも利点。 弱点をつきやすくなるものの放つ機会は少なめ。 他の手持ちポケモンの技とのバランスを取りたい場合に。 「ごりむちゅう」の型と異なり技が縛られないことが利点です。 バンギラスが狙いたい相手。 鋼技、ミミッキュを始めとしたフェアリータイプに弱点を突ける。 地面技。 氷タイプと組み合わせると等倍以上で攻撃できる相手が非常に多い。 エスパー技。 ダイマックス時のダイサイコで先制技を封じられるのも利点。 岩技の選択肢。 ダルマモードで素早さは通常時より高いため、先手で打てひるみも狙える。 岩技の選択肢、威力重視。 命中は不安定なもの高い威力によって倒せる相手は多い。 ヒヒダルマ ガラル の役割と立ち回り こだわり系アイテムと特性を活かすアタッカー 「ヒヒダルマ ガラル 」の特性である「ごりむちゅう」は、同じ技しか使えなくなる代わりに攻撃力をあげる「こだわりハチマキ」と同じ効果を持っています。 こだわり系アイテムを持たせると、技の制限をすでに特性で持っていることから、能力を大きく上げる道具として活用できるため、非常に強力なアタッカーにすることができます。 ダイマックスの使い方が重要 「ごりむちゅう」やこだわり系のアイテムの効果は、ダイマックスすると無効化されます。 そのため攻撃力や素早さは落ちるものの、最初に放った技と異なる技を使えるため、ダイマックスを使うかどうかの選択が非常に重要です。 ヒヒダルマ ガラル の対策 受けポケモンで攻撃を受ける 「ヒヒダルマ ガラル 」は物理に特化したポケモンのため、ガラルヒヒダルマでは弱点で攻撃がしにくい、水タイプの受けポケモンを使うと攻撃を止めることができます。 攻撃を1度受けられるアタッカーであれば、ヒヒダルマを倒す事ができます。

次の