こどもちゃれんじ 8ヶ月号。 こどもちゃれんじすてっぷ7月号<総合コース>感想・口コミレビュー【2020年度】

【こどもちゃれんじ ベビー】生後6ヶ月から実際に利用した感想・口コミ!評判が気になる方へ

こどもちゃれんじ 8ヶ月号

こどもちゃれんじぷち7月号「届くものはなに?」 今回は、こどもちゃれんじぷち「7月号」で届く 知育おもちゃ・DVDを紹介したいと思います。 こどもちゃれんじぷち7月号は、パパママの気になる「 トイレトーニング」について「トイレちゃん」が知育おもちゃで付きます。 2歳、3歳の本格的なイヤイヤ期の前に、しまじろうと一緒にトイレ習慣を身に付けでいきましょう。 それでは早速、こどもちゃれんじぷち7月号の中身を見てみましょう。 こどもちゃれんじぷち7月号の中身はこんな感じです。 しまじろうパペットの使い方 《クリックで画像が大きくなります》• おしゃべりトイレちゃん 5つの音声(水・うんちの音やトイレに行こうの歌など)が流れます。 おしゃべりトイレちゃんの上にしまじろうパペットを座らせることができるので、「 トイレのごっこ遊び」ができます。 いきなりトイレに連れて座らせると 、 子どもは嫌がったり恐怖心を覚えてしまいます。 親が「 こうするんだよ」って教えるのも「 この教え方で合っているのかな?」と不安になると思います。 おしゃべりトイレちゃんとしまじろうパペットを使えば、 ごっこ遊びで楽しく学べそうですね。 知育うずまきスライダー 2020年度新登場!8月号まで!! お外での水遊びでもお風呂でも使えます。 お風呂のおもちゃがマンネリ化していて、仕方なく遊んでいる感があるので、楽しみにしているエデュトイの一つです。

次の

【こどもちゃれんじベビー】10ヵ月号の教材内容・実際使ってみた感想・子供の反応など体験レビュー!

こどもちゃれんじ 8ヶ月号

この記事の目次• こどもちゃれんじすてっぷ7月号の内容 キッズワーク 今月は総合コースなので、ワーク自体は少なめになっています。 厚みだけで比べてみると、こんな感じです。 カリキュラムは、重点テーマが「促音」。 小さな「つ」の読み方を覚えます。 チビヒメは今年の3月頃には「促音」に興味を持っていました。 そのときには、教えてもうまく理解してもらえず、不思議な読み方をしていたのです。 なつかしい。 7月になった今では、小さな「つ」の読み方もマスターして、ワークも解けるようになりました。 本人的にも理解できて満足な様子です。 具体的なワークの内容は、小さな「つ」は読めればOK。 という、感じでした。 シール貼りで、大小の「つ」を貼り分けたり 条件迷路で、大小の「つ」を選ぶ、2択の問題に取り組みました。 当てずっぽうではなく、きちんと理解できている。 と横で見ていても分かる問題ばかりでした。 絵本(ふしぎはっけんえほん) 総合コースだけに届く教材の絵本。 絵本と言っても、ベビーコースの頃のような「お話」の本ではありません。 図鑑の要素や、シール貼りワークのようなもの、工作も含まれている総合的な知育本です。 去年受講していた「ポピー」みたいな感じです。 今月の内容は、• エデュトイ連動のページ(いきものかんさつゴー)• かんさつアドベンチャー• しまじろうのおてつだいたい• きせつのまど(七夕)• エデュトイ連動ページ(ひらがななぞりん)• 季節の工作(七夕) でした。 DVDとも、連動しているエデュトイ(いきものかんさつゴー)のページ。 7月号で手に入れたカードを一枚ずつ試して、シールを貼るワークです。 チビヒメは絵本関係なく、エデュトイのカードを抜き差しして遊んでいました。 絵本の、エデュトイのページはなかなか見てくれなかったので・・・ ある程度、納得いくまで遊ばせてから、また絵本で取り組むことにしました。 次の特集ページは、いきものかんさつゴーとも連動してますが、動物の観察のページです。 DVDにも出てきた「きりん」が特集されています。 いいなぁ~と思ったのは、イラストと写真が混じっているところ。 子どもがとっつきやすいイラストと、リアルな写真のバランスがとても良いです。 専門の図鑑に比べれば、内容は浅いかもしれません。 興味を持つきっかけになったら良いなと思って受講しているので、これで満足です。 もう少し深く知りたかったら、一緒に動物園行っても良いですよね。 次の特集は「おてつだい」 お手伝いは5月号から8月号にかけて4ヶ月間の連続プログラムになっています。 6月号の知育教材として届くはずだった「おてつだいたいユニフォーム」が7月号でついてきました。 たぶん、6月号は思考力特化コースだから、エプロンがついてこなかったけど 7月号のカリキュラムにエプロンが必要と判断されてついてきたのかな? 公式サイトをみてみると、8月号からの入会セットの写真にも載ってました。 8月号からの入会でもエプロンは手に入るみたいです。 最後は季節にまつわる特集です。 ひとつめは「ひらがななぞりん」を使った短冊つくり。 なぞりんを使って「目標」などを書いて短冊をつくります。 「しかくつなぎ」は、保育園の制作の時間でも同じものを作ったそうです。 このページを見て「やったことある!できる!」と得意気に、折り紙で量産してくれました 笑 エデュトイ「【音声図鑑】いきものかんさつゴー」 入会前から楽しみにしていたエデュトイ。 文字の読み書きや、数のような「お勉強」ではなく、 動物や植物への興味関心を高めてほしいな~と期待して、こどもちゃれんじを受講してます。 だから、とっても楽しみにしていたエデュトイです。 7月号では、いきものカードが20枚ついてました。 「動物」「昆虫」「カエル」「鳥」が5枚ずつです。 4月号がダンゴムシ、5月号がツバメ、6月号がカエル、と特集してきた種類の生き物たちのカードになってます。 7月号は動物(キリン)ですね。 8月号と9月号では、セミと海の生き物カードが5枚ずつ届いて全部で30枚届くプログラムになってます。 8月、9月のどちらかを思考力特化コースにしちゃうと 全部は届かないんでしょうけど・・・ 7月号の20枚でも、ボリューム的には満足な内容です。 本体にはボタンが3種類のシンプルな作り。 ひらがななぞりんと違って、音声が「大・小」調節できる機能がついていて便利です。 遊び方は、全部で3種類。 かんさつ・・・説明を聞けるボタン• いきものクイズ・・・特徴や鳴き声から生き物を探すクイズ• 仲間集めゲーム・・・同じ特徴の生き物を集めるゲーム なかなかおもしろくて夢中になったのが「生き物クイズ」。 特に鳴き声当てゲームは、親子3人で「これかな?」と言いながら当てっこに夢中になりました。 おでかけDVD DVDは隔月で届くものですが、7月号は「7~8月」の2ヶ月分でした。 先取りせずにまずは7月号だけ見てみます。 7月号の内容は• ちいさい「つ」• 観察アドベンチャー• お手伝い などが入ってました。 特にワークと連動している「促音」はリモコンクイズにも連動。 DVDで他の映像を見るよりも先にリモコンクイズに挑戦しました。 タブレットでのアプリも好きだけど、リモコン操作のゲームも好きみたいです。 7がつごう、8がつごうの2問とも挑戦しましたが、どちらも間違わずに取り組めていました。 リモコンゲームは、すごく楽しそうに取り組んでいるので 小学校になったら「チャレンジタッチ」との相性がいいのかもな~と 2年先ですが、家庭学習の方向性を考えさせられました。 こどもちゃれんじすてっぷ7月号-総合コースを受講した感想 今月号のエデュトイをチビヒメがとっても気に入って、 届いてからしばらくは 「いきものかんさつゴー」ばかり触っていました。 総合コースは保護者向けの冊子が薄いと思ってたけど 「しまじろうしんぶん」までが毎月の読み物だったんですね。 どれも面白そう!特に気になったのはこの「バブルロケット」 夏休みとかのお休みの時に試したいと思います。 おばあちゃんちでやろうかな。 ところで、6月号のエデュトイ(エプロン)が、今月号(7月号)で届いてビックリしました。 でも8月号でも届くんですよね。 しかもよく見ると、いきものかんさつゴーのカードの枚数もそれなりに届くみたい。 思考力特化コースを受講していてエデュトイを受け取ってなかったり これから始める新規入会の人も、入会時点で必要なエデュトイは後からでもつけてもらえるシステムです。 新規入会の人はかなりお得に始めることができますね。 こどもちゃれんじは、最低2ヶ月分は受講しないといけませんが 2ヶ月あるから「総合コース」と「思考力特化コース」の両方を試せます! 8月号はお得なので、•

次の

baby(ベビー)8ヶ月号にやられた

こどもちゃれんじ 8ヶ月号

末っ子ちゃんの「こどもちゃれんじbaby 8ヶ月号教材」です。 届いたのは2011年の10月頃ですが、公式サイトで確認したら2013年の8ヶ月号もほぼ同じ教材でした。 2011年と言うと2年前ですね。 もう末っ子ちゃんも2歳4ヶ月です。 まだ私の中では赤ちゃんというイメージですが、4月からは年少さん。 信じられないです。 ベビー8ヶ月号で届いた教材一覧• ゆらゆらふしぎフラワー• 指人形絵本「ママと おさんぽ」• うしといぬのお面カード• 「おやこですくすく」8カ月号 など ゆらゆらふしぎフラワー ゆらゆら揺れる茎部分、リンリンと鳴るお花、自分の顔が見える鏡、 傾けるとカタカタ落ちていくチョウチョ(裏側)、など楽しい仕掛けがたくさんです。 うちの末っ子ちゃんは、顔が覗ける鏡の部分に自分の顔が映るのを不思議そうに眺めていました。 あと、上手に自分の手を使って底のチョウチョをカタカタと落とす遊びも、お気に入りでした。 指人形絵本「ママと おさんぽ」 この絵本は絵本と指人形が一体になっていて、「キャッキャッ」言って 聞いてくれました。 車のポケットに常備していて、機嫌が悪くなると読んであげていました。 こどもちゃれんじ公式サイトへ 入会はこちら.

次の