アフターピル 常備。 アフターピル通販|ジェネリック医薬品|個人輸入|お薬ラボ

緊急避妊薬(アフターピル)の種類・効果・副作用 [薬] All About

アフターピル 常備

結論から言えば、日本では法律の関係上、薬局やドラッグストアでアフターピルは販売することができないこととなっています。 要するに、薬局やドラッグストアでは市販されていません。 そのため、アフターピルを入手しようと思ったら産婦人科を受診しなければいけないこととなっています。 アフターピルは、望まない妊娠を避けるために飲む薬ですから、その効果があるとされる時間内に薬を内服しなければなりません。 市販のピルは、通常、子宮内膜への精子の着床を防ぎ、妊娠を回避する薬です。 ドラッグストアや薬局でアフターピルを購入できない場合、薬を予め備蓄しておくこともできないので、性交渉をしてから72時間というリミット内に産婦人科を受診して薬を処方してもらわなければならないことになります。 ピルは、基本的に自費診療扱いとなるため保険証は要りませんが、病院で購入すると、薬剤師による説明を受けた上で購入することができるので安心ですし、しっかりとアフターピルに関するリスクなども説明してもらえるというメリットがあります。 アフターピルは性行為後、一定の時間内に飲まなければ避妊効果を得ることができないため、行為後迅速に薬を処方してもらうことが大切となります。 最近では、新しいタイプのアフターピルが登場し、120時間いない 5日以内 に1錠服用することで、効果を得ることができるようになっています。 アフターピルを処方してもらいたい場合には、婦人科での処方が基本となります。 ただし、扱っていない病院や薬局がある場合もあるので、処方してもらう前に問い合わせを行なうと確実です。 早期に内服した方が効果が高まるので、確実に処方してもらうため、事前に問い合わせた方が良いです。 薬局や医師による処方がメインとなっているアフターピルは、通信販売でも購入することができます。 病院に通院することができない場合でも、通販であれば購入することができるので便利です。 服用方法も基本的に錠剤タイプのものを飲むだけで良いので難しいこともありません。 プライバシーはしっかりと守られますし、迅速に送ってもらえるので、安心して服用することができます。 念のためにアフターピルを常備しておきたいという方も通信販売を使っている場合が多いです。 ピルには様々な種類があり、飲み方を間違えると効果が減ってしまう可能性があるので、同封されている注意書きや説明書きをきちんと読むことが大切です。 通販でなら処方箋なしでも買える アフターピルは市販されていませんが、通信販売を活用することで処方箋なしでも購入することができます。 薬局やドラッグストアで購入する場合には、医師による処方箋が必要となりますが、通信販売の場合にはそのような面倒なこともなく、プライバシーも守られるので、安心して購入することができます。 処方箋をもらうためにわざわざ病院に行かなくても良いということもメリットです。 通販でアフターピルを購入する際に心配なのは到着までの時間です。 大手の通信販売会社が販売しているアフターピルを購入すれば迅速に配送されるので、薬の効果期間内に薬を手に入れることができます。 海外のアフターピルを購入することもできます。 病院で処方してもらうよりも安く購入することができるというメリットもあります。 わざわざ産婦人科を受診する必要もないので、近くに病院がない場合や、病院に行く時間がない場合、何らかの理由で病院に診てもらうことができない場合などでもアフターピルを入手することができるのが、通信販売で購入する最大のメリットです。 最近では、クレジットカード決済、荷物などに商品に関する記載なしなど、送られてくる荷物にも、それとわからないように送られてくるので安心して購入することができます。

次の

緊急避妊薬を家庭の常備薬に!医師が語る理想の使い方と入手法

アフターピル 常備

医療機関を受診して妊娠に異常がないことを確認するなど医師の診察を受けてください。 ヒトの性交は、妊娠の目的だけでなく、コミュニケーションとして行われることがあります。 妊娠を望まない場合は避妊をすることになります。 ただ、さまざまな理由により避妊ができなかったり、コンドームが外れてしまうなどの理由で避妊に失敗してしまうこともあります。 また、それ以外にも、大変残念なことですが強姦などの事件を含め、性交の強要により避妊ができなかったというケースもあります。 何らかの事情で避妊に失敗し、望まない妊娠を避けるために、緊急避妊薬(アフターピル)という薬があります。 このアフターピルには、2つの種類があります。 「緊急避妊薬」という薬で、レボノルゲストレルを有効成分とする薬(SOH-075)のことです。 これは、フランスで開発され、「ノルレボ」という名で約60カ国で販売されていますが、2010年3月現在、日本では販売されておらず、あすか製薬の100 %子会社である株式会社そーせいが治験を終了し承認申請をしている状況です(ただし、2006年4月から強姦事件の被害者は緊急避妊薬を公費で得られるようになっています)。 もうひとつは、「モーニングアフターピル」と称し、緊急避妊薬と同じ効果が得られるホルモン濃度の量の経口避妊薬(ピル)を服用するというパターンです。 これには、製剤に含まれるホルモン量の関係から、低用量よりも中用量の経口避妊薬が使われることがあります。 なお、緊急避妊ピルは、着床成立前に避妊目的で服用する薬剤ですので、着床し妊娠が分かってから行う中絶とは全く目的が異なります。 そして、日本は、先進国として緊急避妊を承認していない唯一の国になっています。 緊急避妊薬の服用法・使い方 まず、前述のような、強姦事件や母体保護法の中絶事由(身体的、経済的な要因など)が前提だと思いますが、避妊ができずに性交に至ったり、避妊に失敗した場合は、すぐに産婦人科を受診しましょう。 電話などで事前に問い合わせておくと確実です。 服用は医師の判断に従っていただければと思いますが、原則的には、避妊できなかった性交後、72時間以内に緊急避妊薬(レボノルゲストレル含有)を1回飲み、その12時間後にもう1度薬を服用します。 または、経口避妊薬の場合は、避妊が期待できるホルモン濃度と同じになるように72時間以内に1回、その12時間後に1回飲みます。 ただし、経口避妊薬で行う場合は、経口避妊薬によって含まれるホルモンとその含有量が異なり、飲む個数や飲む錠剤の部分(経口避妊薬は21錠の中で含有量が異なるものがあります)が変わりますので、きちんと医師に相談して判断を仰ぐなど自己判断は避けるようにしてください。 緊急避妊薬の副作用 主な副作用はつわりのような吐き気や、生理痛のような腹痛。 緊急避妊薬の方が、経口避妊薬で行う緊急避妊より副作用の発症は低いようです。 また、緊急避妊が失敗して妊娠したとしても、胎児には影響がないとの報告がなされています。 理由は、妊娠時には身体から緊急避妊薬の10倍以上の女性ホルモンが分泌されるため。 緊急避妊薬(経口避妊薬も同様)程度の女性ホルモン量では、胎児に与える影響はほとんどないとのことです。 緊急避妊薬は、あくまでも「緊急的な」避妊に用いる薬です。 倫理的にも色々な側面があると感じておりますので、安易に用いず、普段から経口避妊薬や、コンドームなどの方法で避妊することが大切です。 そのためにも、パートナーと色々話しあえるような良い関係を築いてくださいませ。 最後に……日本での薬局での取り扱いをすべきかの賛否 最近、日本でも性交以後72時間以内に服用することで効果を発揮する緊急避妊薬を薬局でも買えるようにするべきかという議論がされています。 実は緊急避妊薬は、ほとんどの先進国において、薬局で薬剤師を通じて買えたり、保健室のようなところで手に入れられるものなのです。 これに関しては様々な見解があると思いますが、望まれない妊娠や体に負荷のかかる堕胎手術のことを考えると、日本でも今よりは手に入れやすい方法が設けられることも、一つの選択肢なのかもしれません。 今後の状況が変わりましたらまた追って情報を更新したいと思います。

次の

アフターピルの通販【1580円~】市販されない緊急避妊薬

アフターピル 常備

私が初めてアフターピルのお世話になったのは、まだ二十代の頃でした。 当時付き合っていた彼との行為の後、 コンドームが破れていた事が発覚! 心配になった私はすぐにアフターピルを出してくれる病院を探しましたが、運悪くそれは 週末の出来事。 私の足で行ける病院はどこも日曜日は閉まっていたのです。 仕方がないので不安な気持ちを抱えたまま月曜日を待って、病院へ行きました。 処方してもらったアフターピルをすぐに飲んで無事に避妊に成功した私でしたが、 もうこんな思いは二度としたくない!とつくづく思いました。 それ以来、私は通販で購入したアフターピルを持ち歩くようにしています。 アフターピルを使った緊急避妊は 時間との勝負です。 通販であらかじめアフターピルを購入しておけば、すぐに対応できて安心です。 通販では アフターピルと妊娠検査薬がセット販売されています。 バラ買いよりもお買い得な上に、ドラッグストアで検査薬を買う手間も省けて便利です。 もくじ [閉じる] [開く]• アフターピルの避妊成功率 アフターピルの避妊成功率は 性行為から時間が経つにつれて下がっていきます。 下記で服用時間ごとの避妊成功率を表にまとめました。 避妊失敗からの時間 成功率 12時間以内 99. 5% 12~24時間以内 98. 2% 24~72時間以内 84% 72時間以降では避妊成功率はガクンと落ちます。 避妊失敗を避けるためにもアフターピルは 性行為から最長でも72時間以内に飲みましょう。 最も高い避妊効果を発揮できる 理想的な服用は、12時間以内の服用と言われています。 本当に急いでいるときは病院に行きましょう! アフターピルは通販サイトを利用すればお財布に優しい価格で簡単に手に入ります。 しかし、通販では商品は海外から発送されるので、アフターピルが 自宅に到着するまでに約10日かかってしまいます。 アフターピルは妊娠の恐れがある行為から長くても72時間(3日)以内に飲む必要があるので、 避妊の失敗があってから注文するのでは確実に間に合いません! もし、今すぐにでもアフターピルを飲む必要があるのなら、迷わず病院に行って処方してもらってください。 服用してから吐いてしまった 現在、緊急避妊用に使われているアフターピルは吐き気の副作用が出にくいように作られていますが、症状の出やすさには個人差があります。 服用したアフターピルの成分が体に吸収されるには 約2時間かかるので、服用から2時間以内に吐いてしまった場合はアフターピルの効果が十分に発揮されず、避妊に失敗する可能性があります。 もしも 2時間以内に嘔吐した場合は、再度服用してください。 最初から吐き気が心配な人は市販の吐き気止めを一緒に飲んでも大丈夫です。 飲んでから生理が来たけれど、避妊に成功したの? アフターピルを服用した場合、 3日~3週間ほどで生理のような出血が起こりますので、それが避妊に成功した印です。 もっと早く出血があった、あるいは3週間たっても出血がない場合は、避妊に失敗した可能性がありますので、病院を受診するか、妊娠検査薬を使用する事をオススメします。 早期妊娠検査薬 妊娠を早期に確認できる検査薬です。 従来の検査薬は、生理予定日の前後1週間で使わなければいけませんでしたが、この検査薬は 受精の時期から約9~12日経過した頃に使用できます。 結果が早めにわかるので、 不安な期間が短くて済むメリットがあります。 万が一のために購入しておいて、常備しておくと安心です。 アフターピル通販なら前もって備える事ができます 病院でアフターピルをもらって服用したあなたへ、ひとまずお疲れ様です。 無事に避妊に成功されたでしょうか? 次はこんな目にあわないように気をつけようと心に決めている頃かもしれませんが、人間誰しも失敗はするものです。 ・ 性行為の途中でコンドームが破れた、あるいは外れた ・ 性犯罪に巻き込まれてしまった ・ その場の雰囲気で避妊しないでしてしまった あなたは、このような失敗や事故にあわないと100%断言できるでしょうか? 次にまたアフターピルを飲まなければいけなくなったときに、病院が休診日のためにすぐに受診できないかもしれません。 もしものときに備えるために、私は アフターピルの通販を利用する事をオススメします。 通販サイトなら 処方せんなしで24時間いつでもどこでもアフターピルを注文する事ができます。 あらかじめ買って手元に置いておけば、万が一必要になったときに病院の診療時間を気にする事なく服用できます。 私は旅行や外出先でもすぐに服用できるように、お守り代わりにアフターピルを持ち歩いています。 病院処方の難点は事前に処方してもらう事はできず、保険適用外なのでとても高額の費用がかかる事です。 オススメのアフターピル 病院では ノルレボというアフターピルを処方してくれることが多いです。 この薬は世界中で広く使われている実績を持ちます。 通販サイトではノルレボを含めて、いろいろなアフターピルを注文できます。 以下の薬は私が特におすすめしたいアフターピルです。 ノルレボ・・・国内でも認可されている。 ナイピル・・・ノルレボとほぼ同じ効果でノルレボより安い。 エラ・・・飲むタイムリミットが長い。 さらに、通販では 妊娠検査薬とアフターピルのセット販売もされています。 アフターピル避妊が成功したかどうか、少しでも早く知りたい方に便利な商品です。 ノルレボ 国内でも処方薬として承認されているアフターピルです。 性行為から12時間以内に飲む事で 99. 5%という成功率で妊娠を回避できます。 通販での価格は 1錠(1箱)で3,000円ほどです。 ナイピル ノルレボのジェネリック医薬品です。 ノルレボと同じ効果を持っていて、 1錠あたりの価格が約700円で購入する事ができます。 ノルレボと比べてかなりお買い得なので、出費を少しでも抑えたい方におすすめです。 海外の薬としてはめずらしく、 小柄な日本人が飲む事を前提として開発された経緯を持ちます。 そのため、副作用が比較的少なくて済むとされています。 エラ 一般的なアフターピルは性行為から服用までのリミットが72時間ですが、エラはそれよりも長い 120時間(5日)以内の服用でも高い避妊の成功率を得られます。 通販での価格は 4,000~5,000円ほどです。 アイピルと妊娠検査薬のセット ノルレボと同程度の避妊効果を持つ アイピルというアフターピルと妊娠検査薬の便利なセットです。 何度もアフターピルを服用してしまう あらかじめアフターピルを通販で購入しておけば、病院でもらうよりも費用を安く抑える事ができて、もしもの時のためにストックしておく事ができます。 しかし、だからと言って避妊の失敗の度にアフターピルを飲む・・・という事を何度も繰り返してしまうのはおすすめできません。 アフターピルは初期の頃の緊急避妊の主流であった中用量ピルよりは副作用が抑えられていますが、あくまで緊急用の薬なので連続した服用は少なからず体の負担になります。 もしもアフターピルを何度も服用してしまう状況の中にいるなら、普段から 低用量ピルを飲んで避妊する方法をおすすめします。 マーベロンという低用量ピルもアフターピルのように通販で購入する事ができるので、気になった方はリンク先のページを参考にしてください。 もしものときの失敗や事故に備えてアフターピルを手元に置く 「コンドームでいつも避妊しているから大丈夫」 そう思っていても、もしコンドームが破れるなどの事故や性犯罪に巻きこまれてしまった場合、どうしたらよいでしょうか。 「避妊に失敗した!アフターピルを飲まなきゃ!」 すぐにアフターピルが必要で手元にない場合は、迷わず病院に行ってください。 もし事前にアフターピルを用意していれば、病院の休診日などを気にすることなく、すぐに服用する事ができるでしょう。 緊急避妊は時間との勝負です。 いざという時、あなたを守れるアフターピルを通販で購入しておく事をオススメします。

次の