王様ランキング 2巻 ネタバレ。 漫画「王様ランキング」2巻ネタバレ!力を求める弟…裏切られる兄…衝撃事件発生!

sva.wistron.com:カスタマーレビュー: 王様ランキング 5巻

王様ランキング 2巻 ネタバレ

人気WEB漫画『王様ランキング』、5巻について語ります! \今ならAmazonチャージで1000ptもらえます!/• 王様ランキング5巻について 収録話・第56話~第68話 ・描き下ろし漫画「ボッジの挑戦」 ・あとがき 王様ランキング5巻 主要登場キャラクター・ ボッジ:この物語の主人公。 冥府から帰還中 ・ カゲ:暗殺一族の末裔。 ボッジといつも一緒 ・ ダイダ:ボッス王により体を乗っとられた。 本人の意識は暗闇の中に幽閉中 ・ 鏡(ミランジョ):ボッスにダイダの体を乗っ取って復活を手引した、鏡の中の存在 ・ ドルーシ:ヒリングの護衛にして、実は四天王最強のスキンヘッド ・ アピス:ミランジョと浅からぬ関係のある、王の槍 ・ ボッス王:ダイダの体を乗っ取り復活。 見た目はダイダだが怪力は生前のボッス ・ ヒリング:ボッス王妃。 ボッジを冥府に突き落としたドーマストホクロに激怒 ・ ドーマス:ホクロによって目が覚めた、ソードマスター ・ ホクロ:ヒリングにボッジのことを話し、処刑されかかる正直者 王様ランキング5巻はこんな内容 王様ランキング5巻では、ボッス王による幽閉されたダイダの意識が印象的に描かれています。 また、謎の多かった「鏡」ことミランジョの正体に触れるような描写もある一方、ボッスとどういう関係性なのか謎は深まっていきます。 第56話 中身がボッス王であることを、ヒリングに告げるダイダ(ボッス王)。 困惑するヒリングに、ボッス王でしかなしえない離れ業を行い、事実であることを証明します。 ヒリング「あなたがボッス様だとしたら ダイダは? ダイダはどこにいるのですか? ダイダ「……わからん」 (引用:王様ランキング5巻より) 受け入れ難い現実のまえに気絶するヒリングを寝室に運び、物思いにふけるドルージなのでした。 第57話 ある日、ボッス王から呼び出された若かりし頃のドルーシ(まだ髪の毛がある!)は、「王の槍」の任を解かれ、 ヒリングの護衛を命じられます。 アピスの前は、ドルーシが王の槍だったのか! 始めはキツイ性格のヒリングに面食らうドルーシでしたが、彼女もまたボッジの継母になりたてで、悪戦苦闘していたのでした。 そして今、ヒリングの命を狙う魔物たちを前に、ドルーシは「必ずヒリングを守る」と心に誓うのでした。 第58話 敏捷な魔物たち3匹を前に善戦するドルーシでしたが、やはり数の勝負。 なかなか倒しきれません。 それどころか連携プレーでドルーシの動きを封じ、ヒリングの部屋を狙う狡猾さも見せ始めます。 重たい鎧を脱ぎ、敏捷さが大幅アップしたドルーシは、決死の覚悟で魔物たちに立ち向かうのでした。 第59話 ドルーシの死を予言するミランジョの言葉を、無言で聞き流すダイダ(ボッス王)。 一方ドルージは、全身に深い傷をおって混濁する意識の中、最後の力を振り絞りとうとう魔物たちを仕留めます。 「まだ気を抜くな……」 そう呟きながら、ドルーシは力尽きて倒れこむのでした。 第60話 ヒリング暗殺の失敗を察知したミランジョ。 その知らせを聞いてどこかホッとした表情を浮かべるダイダ(ボッス王)は、ミランジョを慰めるかのようにダンスに誘います。 ミランジョは人形の中に魔力で入りこんで、ボッス王と踊れるのか…! 一方、朝日で目が覚めたドルーシはベッドの上でした。 ドルーシ「まぶしいっ 私は死んだのか?」 ヒリング「死ぬわけないじゃない 私がいるのに」 (引用:王様ランキング5巻より) ヒリングの治癒により一命を取り留めたドルーシを前に、ヒリングはダイダ奪還のためにボッスと戦うことを宣言するのでした。 第61話 再び魔物集めのために冥府に向かったミランジョ。 一方ヒリングは、正面からダイダ(ボッス王)の元に向かい、ダイダの体を乗っ取った真意を問いただします。 その声は、ボッスの意識を超え、暗闇の中でうずくまっているダイダに届き始めます。 「母上」と叫びながら、暗闇の中で自分を閉じ込めている何かを、必死に殴り壊そうとするダイダなのでした。 第62話 ダイダの叫びに感応したヒリングは、ついにダイダ本人とコンタクトを取ることに成功します。 足元に隠した短剣を抜き、ダイダ(ボッス王)からダイダを助け出そうとしたヒリング。 あわやのところでドルーシに取り押さえられるも、今すぐにでもダイダを取り戻したいヒリングは、どうすればよいのかわからずに錯乱状態になるのでした。 第63話 当て身で一時的にヒリングを気絶させたドルーシに、「次は確実に殺されるだろう」と、国から離れるよう警告するダイダ(ボッス王)。 一方、ヒリングによって活力を取り戻した本物のダイダでしたが、どうすれば暗闇から抜け出られるかわかりません。 何も見えず何も聞こえない暗闇の中で、ダイダは(自分の兄であるボッジもこんな境遇だったのだろうか)と、物思いにふけるのでした。 第64話 幼少の頃のダイダは、ヒリングやボッスから与えられた鏡(ミランジョ)によりプライドが肥大化し、いつしかボッジを見下すようになっていきます。 ある時ダイダに「兄上(ボッジ)は弱者だからと甘えていないか」と問いかけられたべピンは、ソリーとともにダイダを街へ連れ出します。 そこでダイダが見たものは、耳も聞こえず目も見えない中年の男でした。 ダイダ「オレだったら 即 自ら命を絶つ!」 べピン「ならば彼はそれを乗り越え 今を生きている 強者ですな」 (引用:王様ランキング5巻より) 自分が何もかも失ってはじめて、べピンが街で見せたかったものの真意をダイダは悟るのでした。 第65話 ふとどこからか聞こえてきた泣き声をたどっていったダイダ。 そこで見たものは、目の白い人々によって腕を切られ、顔の皮膚を剥がされた少女でした。 「そいつのせいで何百人も殺された」そういって私刑の正当性を訴える人々。 「胸糞悪い奴らめっ!」 激昂し人々を追い払うダイダに、少女が告げた名前は 「ミランジョ」なのでした。 ?! 第66話 自分を助けてくれたダイダから、ミランジョはボッスと同じ雰囲気を感じ取ります。 しかし、「ボッスには子供はいない」というあたり、どうも整合性が取れません。 幼少の頃のミランジョの残留思念なのかな? そんなことも一向に構わないダイダは、ミランジョに「必ず暗闇から連れ出してやる」と告げるのでした。 第67話 アピスの暗殺に失敗し返り討ちにあったべピンは、なんとか一命を取り留めていました。 ボッジがボッス王国に向かっていることを告げるミツマタに、「王の凱旋になるかもな」と呟きます。 一方、義手をつけたドーマスは、ホクロと修行に励んでいました。 ホクロいわく「ドーマスは教えるのが下手」とのこと。 ボッジが強くなれなかったのはこいつのせいかも?! ボッス王より冥府の門の破壊の密命を受けたドーマスは、どうにも嫌な予感が拭えないのでした。 第68話 かつて気弱だったアピスを鍛えあげたのは、ミランジョなのでした。 第42話でミランジョの声を聞いたアピスの態度が一変した理由が、この話で明らかになります。 ミランジョが旅だった冥府の門を護っているアピスでしたが、軍人の直感なのか、迫りくるドルーシの軍勢の気配を察知。 槍を握る手に力がこもるのでした。 王様ランキング5巻まとめ 5巻ではほとんどボッジとカゲは登場しません(読み切り「ボッジの挑戦」ぐらいです)。 そのかわり、ボッス王によって幽閉されたダイダの意識にかなりスポットがあたっています。 この巻でダイダが好きになった読者も多いのでは? また、謎の多かったミランジョについても、ビジュアルを含めてかなり描かれています。 かつてのボッスの恋仲だったのか? とも思うのですが、結婚後のボッス王とヒリングの描写も「偽りの愛」とも思えず、ボッス王が復活した真意も見えてきません。 暗闇でダイダが出会ったミランジョの真相含め、このあたりがどういう風に明かされていくのかも非常に楽しみなところです。 また、存在を一瞬忘れてしまっていた(笑)ドーマスとホクロも元気そうで何よりです。 案外「癒やし枠」としても、今後活躍してくれるのかもしれませんね。

次の

【漫画】王様ランキングの評価・感想まとめ【ネタバレあり】

王様ランキング 2巻 ネタバレ

漫画「王様ランキング」2巻ネタバレ ボッジはベビンに捕らえられたカゲを捜す事に奔走していく。 一方、新国王になったボッジの弟であるダイダが暗躍。 兄の始末を計画。 そして兄を国王にしようと考えたアピス、サンデオといった側近も始末しようと考えていく。 一方、ベビンはダイダの命令でアピスの始末へ。 実力者2人の戦いが繰り広げられていく中、一枚上手であったアピスが勝利を収める。 ベビンの生死は不明だが最後は砂漠の中に吸い込まれていく形へ。 ベビンに勝利したアピスはどうしてもボッジを国王にしたく、ダイダの首を取るため城へと戻っていきます。 王子の旅が開始! 結局、カゲを見つける事ができなかったボッジ。 心機一転、気持ちを切り替えたボッジは旅に出る事を決意。 王妃であるヒリングを呼び出して旅に出る決意を語っていきます。 しかし、ヒリングが旅の許可を出す事はなくボッジを叱責。 諦め切れないボッジはヒリングの目を盗んで城から抜け出そうしますが、尽く失敗。 城内をコソコソと歩くボッジを見兼ねたヒリングは護衛付きでの旅を許可する事へ。 護衛に選ばれたのはボッジの剣の師匠でもあるドーマス。 そしてボッジを慕う兵士であるホクロ。 ちなみに旅はヒリングの条件がつけられる。 ヒリングの実家まで行き、親に挨拶をして旅から帰還して来いといったものであった。 自由な旅ではないが城の外に出られる事でやる気がみなぎっていくボッジ。 ここからボッジの波乱の旅が開始されていきます。 力を求め始める新国王… ボッジが旅立った直後、ボッス王国には王様ランキング協会の人間が視察にやってくる。 彼は各地の王様のランキング付けをする人。 ボッス王国の勢力、新国王であるダイダの実力をチェックした協会の人間はボッス王国のランキングが下降する事を示唆する。 ボッスが国王だった頃の王様ランキングは7位であったが、協会の人間が出した実力試しのゴーレムに負けたダイダ…。 今後の王様ランキングは90位前後になるだろうと伝えられてしまう。 王様ランキング1位を目指すダイダはショックを受け、亡き父親であるボッスの力を得ようと魔法の鏡に相談。 力を引き継ぐ方法はあるらしく、既に準備を始めていた魔法の鏡。 ダイダは城の者、数名しか知らない地下室へと力を求めて足を踏み入れていきます。 師匠の裏切りと友との再会… ドーマス、ホクロを護衛につけて初めての旅に出るボッジ。 初めての外の風景。 野生モンスターや野宿しながらの食事。 初体験だらけながら旅を満喫していくボッジ。 立ち寄った街では物盗りにあったり…。 外界では狩人の生贄にされそうになったり…危なかっしい部分もありながら着実に前へ進んでいくボッジ一同。 そんな中、不穏な雰囲気を漂わせていくのがドーマス。 地獄の門なる場所に辿り着いたボッジ達。 ドーマスはホクロに宿を捜してくるように手配。 ボッジと2人きりになっていく。 地獄の門は大量の炎が巻き上がる危険地帯。 間近で見ようとボッジを誘うドーマス。 その瞬間、ドーマスはボッジの背中を押して地獄の門の谷底へボッジを落としていく事へ。 最初は笑うドーマスであったが罪悪感から突然泣き出す事態へ。 一方のボッジは炎が湧き上がる谷底へ一直線であったが、バッグからクロスボウの矢が射出され谷底へ落ちる事を回避。 ボッジの命を救ったのはバッグに忍び込んでいたカゲであったのだ。 久々の再会に泣いて喜ぶ2人。 実はカゲ…ベビンからボッジの護衛を頼まれていたのです。 そしてカゲはボッジを強くしてくれる男がいる『冥府』に行こうと提案。 強くなった自分を想像したボッジはカゲの提案を受けて2人旅が開始されていきます。 漫画「王様ランキング」2巻の感想 感動もありながら一気に冒険感も出てきて面白さが増した2巻。 ドーマスがボッジを裏切ったかと思えばベビンがボッジの事を気にかけていたり…。 絵柄は子供っぽいのですがストーリーに奥深さがあって本当に面白いし、万人にお勧めできる作品。 ちなみに私は3巻まで読んでいますが、より冒険色が強くなって目の離す事ができない漫画になりました。 頼りない王子なのですが諦めの悪さは天下一品。 感動と冒険心をくすぐるワクワク感を与えてくれる作品です。

次の

漫画『王様ランキング』3巻をzip・rar以外で安全に無料で読む方法!

王様ランキング 2巻 ネタバレ

急いでボッスの元へ赴き「本当のダイダを返しなさい!」と抗議をする。 そこへ微かに聞こえてきたダイダの助けを求める声。 彼はそこでミランジョと名乗る子と出会う。 彼女は仮面をしていて、手が無かった。 どこからか現れた村の民が、彼女を化け物・人殺しと罵る。 村の民は、人殺しのミランジョの顔の皮をはぎ、手を切り落として抵抗できないようにしてやったんだと誇らしげに笑った。 ベビンの使いである大蛇・ミツマタはボッジに命を救われてから、彼に様々なことを教えた。 敵の攻撃のかわし方、読唇術で相手が何を話しているのか知る方法など。 そのおかげでボッジは力こそないものの、どんどん成長していった。 それを見ていたベビンは「あまり喜ばしくないなぁ…」とこぼす。 「オレはダイダ様の方が王の器にふさわしいと思っている」 その言葉にミツマタは「ボッジ様が成長したらきっと多くの者を救うでしょう」と返した。 「そんな気が強くするんです」と。 あの言葉から数年、今、ボッジは修行を終え城へと向かっている。 果たしてボッジは、城で渦巻く闇の中で苦しんでいる人々を救い出すことができるのだろうか。 読み終えて 5巻ではボッス・ダイダ・ヒリング・ミランジョのそれぞれの葛藤や苦しみが描かれていました。 みんなそれぞれ思うことがあって、一概にコイツが悪者だ!と思わせないキャラやストーリーの描き方をする作者が本当にすごいなと思います。 誰一人として憎めないの! 恐らく6巻でボッジが城に到着し、この混戦の中で戦っていくんだと思うんですけど、本当、みんな救われてほしい。 王様ランキングを読み終えると、いつもなんだか優しい気持ちになれるんですよね。 王様ランキングのキャラがみんな、心からの悪ではないこと、それぞれが大事な想いに気づき過ちを犯しても反省し、前に進んでいること、その姿に胸が熱くなります。 まだ読んでない人はぜひ読んでみてくださいね! それでは、山岡とシャケでした!.

次の