いじめ 加害者 認めない。 学校におけるいじめ問題に関する基本的認識と取組のポイント:文部科学省

証拠のないいじめ

いじめ 加害者 認めない

平成27年11月、茨城県取手市の中学3年生、中島菜保子さん=当時(15)=が「いじめられたくない」と日記に書き残して自殺した問題で、中島さんへのいじめを認めなかった取手市教委が同年12月に行ったアンケート結果と、それに基づく「いじめは認められない」とした結論を今年5月、およそ2年半ぶりに撤回した。 かたくなにいじめを認めない市教委の姿勢を翻意させたのは、「中島さんへのいじめがあった」と証言した20人以上の同級生の証言だった。 中島さんの父、考宜さん(45)と母、淳子さん(47)が独自に聞き取ったものだった。 (WEB編集チーム 三枝玄太郎) 執拗な「くさい」「くさや」「クソやろー」といった悪口 「いやなクラスになった」-。 3年生に進級したばかりの27年4月、帰宅した中島さんがポツリとこぼしたのを母、淳子さんは覚えている。 5月24日から3日間の修学旅行から帰ってきた中島さんは「楽しかった? 」ときいた淳子さんに「(自宅最寄りの駅からの)帰りのバスが楽しかった」と妙なことを言った。 このとき、中島さんは具体的な何かを口にしたわけではない。 だが、後に両親に渡されたアルバムには「きらい」「うざい」「クソやろー」「うんこ」「クソってる」という同じクラスのA子さんとB子さんによる寄せ書きがあった。 中島さんの自殺から5カ月が経った後、しかも市教委の調査が終わっていた卒業式の日にアルバムが両親に渡され、初めて知ることになるのだが、このころ、すでにいじめの萌芽があったことが分かる。 5月、A子さんらのグループにいた中島さんは、素行が悪かったA子さんから距離をとるような態度を取ったところ、A子さんから「菜保子に無視された」とクラスメートに悪口を言われ、無視されたことがあったのだ。 7月ころからは、クラスメートの前で「きもい」「うんこ」「クソやろー」などと公然と悪口を言われるようになった。

次の

いじめ加害教員の処分逃れの自主退職を神戸教育委員会認めない方針!教員暴力の罪を償い「懲戒免職・起訴・実名報道」を求める声

いじめ 加害者 認めない

今回の記事は 「いじめの特徴」をキーワードとして記事を書いています。 この「いじめの特徴」についていろんなメディアで討論される時に言われる事があり、 ・被害生徒の方にも問題があるからいじめは起きる ・100%被害生徒は悪くない ・加害生徒が悪い ・「見ているだけ」の子も加害生徒と同じ 大きく分けると以上の様な4つのパターンに分かれます。 しかし実際の現場では綺麗に加害生徒と被害生徒または傍観者などには分かれる事はなく、様々な立場が入り交じって成立していきます。 子供の身にこの問題が降りかかるまでいじめ問題について「最近の子供は物騒だなぁ」くらいにしか感じる事が出来ませんでしたが、実際に経験してみて 今のいじめの特徴にはどんなものがあるのかちょっとだけまとめてみましたので良かったら読んでみてください。 「いじめ」が他人ごとでは無く明日は我が子に降りかかる問題であり、風化させない為にも実体験を基に記事にまとめています。 もし、 我が子が不登校になってどう守って行けば良いのか分からなくなった時にも、あわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。 実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので是非1度読んでみてください!!• 最近の「いじめ」の特徴にはどんなものがあるのか!? 我が子が被害に遭った事で実際に相談を受けてみたりこの問題に詳しい専門家の意見を聞いた結果、この問題には 「ある特徴」がある事が分かってきました。 しかも、数ある特徴の中でもこの「ある特徴」が 最近のいじめがなかなか解決出来ない原因になっている様です。 それは 「いじめられっ子(被害者)」と「いじめっ子(加害者)」は常に入れ替わるという事です。 言い換えればこの2つの立場は 「水」の様に形がなく常に流れているような特徴を持っているとも言えます。 一見昔ながらの「ガキ大将」のような体格が良い子供でも「被害者」になるし、逆にどっからどう見ても「ガリ勉君」のようなひ弱な感じの子供でも「加害者」になります。 「格好が良い」からモテるわけでもなく一方的な「被害者」になり得ます。 「いつも独りぼっち」でいるような子でも「裏」では誰と繋がっているか分かりません。 この「被害者」と「加害者」の関係のせいで単純に「加害者だから悪い」と言えず、本当にいじめに対してのキッカケみたいなものが最近では見つけにくい様な気がします。 私たちの意識のもとである「固定概念」に縛られてしまうと、この問題をさらに複雑にしてしまう可能性があるでしょう。 では次に 「被害者」と「加害者」が常に入れ替わる、立場が流動的である事の例を取って見ていきます。 この問題の特徴である「被害者と加害者が常に入れ替わる」事について文部科学省の国立教育政策研究所が研究している「ある調査」が最近注目を浴びています。 その調査とは『』という調査報告書でその内容は 「この問題の特徴」として「立場の入れ替わり」は本当にあるのか 被害者と加害者の「立場の固定」は無いのか を調査したグラフが紹介されています。 ちょっと細かい内容になっているので少しずつ説明しながら見ていきますね。 まず始めに6月に「中学1年生(2013年)」の「週に1回以上」被害を受けている人数が 69人います。 その次に「月に2~3回くらい」が 41人、「今まで1~2回」が 163人、「全然無い」が 361人と続きます。 そして、半年後の11月にはどうなるか... 「週に1回以上」被害を受けている子供の人数は前回の6月に比べると、ちょっと減って 66人になってます。 その他の「月に2~3回」「今まで1~2回」「全然無い」も同様にちょっと増えたり減ったりを繰り返します。 各項目の「数値」だけを見ると件数に変化が見られませんが、各項目の「内訳」を見ると驚きの事実が判明します。 その「驚きの事実」とは何か!? その事実とは、「全然被害に遭ったことない」と言っていた生徒も「週に1回以上」被害に遭ったり、「週に1回以上」被害に遭った生徒が「全然されなくなった」と証言している事です!! この調査結果により「この問題」の特徴として 「被害者」「加害者」の立場は常に流動的で入れ替わる特徴を持っていることがよく分かると思います。 では次から実際にこの特徴を表している事例を紹介していきたいと思います。 立場が入れ替わる具体的な事例から分かる「特徴」 この問題の特徴である「立場」が入れ替わる事例として 我が子がいじめられた事例を紹介します。 その内容は結構酷いものなので詳細はここでは書けませんが、ザックリ言うと 「人の尊厳を傷つける内容」「強制わいせつ」的な感じです。 息子1人に対して相手側は8人。 その内5人に対しては和解が成立しています。 本当に反省している感じがしたので将来を考えて和解しています。 同じクラスに息子と同じ中学校出身の子はいなかったので、相手側との面識は一切ありません。 そして加害者側の関係は中学校のときに一緒だった子が何人かいるようで、いわば敵地に1人だけ乗り込んでいる感じになっています。 初めて相手側の子供のことが分かったのは、和解の直前に一通の手紙が我が家に届いたからです。 その手紙の中身は謝罪の言葉と今まで子供(加害者)が別に被害を受けていたことが4枚綴りの手紙にびっしり書いてありました。 ・中学校の始めあたりに「加害者メンバーの内の1人の子」から被害を受けていた事(その後クラスが別になり落ち着く) ・高校生になり同じクラスになってしまって、かつての恐怖が蘇って「やられてしまう」ことの恐怖に負け、荷担してしまう。 ・本当に「〇〇君」(息子の名前)には申し訳ないことをした という内容が綴ってありました。 手紙を送ってくれた子は学校を自主退学し、今となってはどうなったかは定かではありません。 「被害者」になる事の悔しさ、怖さが骨身に染みているハズなのに加害者の立場になってしまった事の無念を表した内容になっていました。 彼は彼なりに苦悩していた事がわかり複雑な気持ちになった事を覚えています。 またこのケースの他に「加害者側」にいたのに立場が逆転したケースも今では珍しくありません。 この問題の特徴として 立場が入れ替わる事は珍しい特徴ではないのです。 しかも、昔「加害者」だったという事が判明している場合で「被害者」に反撃されてしまった時は、その加害者の子を養護する理由(フィルター)が通用しなくなります。 昔いじめなんてしてたからこんな事になるんだろうし、いじめられっ子にいじめられても誰も文句は言えないでしょうとなります。 実際、この問題は簡単には片付けられない「人間関係」が土台になっている為に解決には苦労します。 では、この「特徴」を踏まえた上でこの問題にこれからどう向き合えばいいのか、我が子のいじめ問題を通して学んだ事を何個か書いていこうと思います。 この「特徴」を踏まえた上で私たちに出来る事は?? 我が子に起きた事件からこの問題における特徴をグラフなどを使って見てきました。 ここから先はこれらの特徴を踏まえて、どうやって問題に立ち向かって行けば良いのか具体的な方法を書いてきたいと思います。 まず始めに前の記事にも書きましたがいじめという問題は見つけにくく、 国で定めた法律「いじめ防止対策推進法」でも「事後対応の内容」が多く定められている事を私たちが知らなければなりません。 このことからもこの問題は簡単な問題ではなく学校や地域、ひいては都道府県や国にまたがる問題である事を表しています。 それに加えて今回の記事でまとめている様に 「立場」の入れ替わりが起きやすい特徴も含んでいます。 そんな難しい問題だからこそ、人1人の行動や家族の何気ない行動が「問題を解く手がかり」になると私は思います。 問題が起こってから行動するのではなく、常に子供の行動や様子を把握する事 大げさに書いていますが内容は何でもOKです。 その日の授業の内容でも良いですし、食べた給食が美味しかったとかでも全然大丈夫です。 関係無い無いようでも構いませんから我が子の学校の様子を聞けるだけでOK。 心の動きを常に把握する事と言葉で書くと難しく聞こえますが、子供の事に興味を持つと言い換えれば少しはやりやすくなると思います。 コレは是非ともお父さんにやってもらいたいですかね! 子供はどうしてもお母さんに懐くと言うか何というか、悩みとかはお母さんに言うことが多いと思います。 特に男の子はお母さんには相談しづらい時期が来ると思います(女の子であればお父さんに対して)。 被害の内容などでも絶対女性には言えない内容とかも平気で行われてしまいます。 自分ではどうしようもない悩みのストレスでいじめに走ってしまう事もあります。 「男性」の意見としてお父さんの立場は凄く重要になるはずです。 普段から学校の様子をチェックしておく 1日の大半を「学校」しかも30~40人くらいの「教室」という密室で過ごす訳ですから、親の立場で普通にしているだけでは何が起きているのか分かりづらいハズです。 授業参観や学年の懇談会に出席しても、本当に子供の事を把握出来るのかは難しい所だと思います。 先生がどういう人なのかを把握するには良いかもしれませんが。 なので子供の事をある程度把握している前提で、少しでも子供の様子がおかしいと思ったのであればすぐに連絡できる様にしておくと言う事です。 暴力とかの「外傷」がある場合ならすぐに異変に気づく事が出来ると思いますが、精神的なダメージを伴うもの(クラスでの不仲など)であればなかなか気づく事は難しいでしょう。 精神的なダメージが伴うものであった場合は、子供の「身の周りのもの」に変化がないかを注意して見てみます。 それとは逆に、家での生活が不規則になってきていたり付き合う友達がガラッと変わったという風な事があった場合は、早急に学校の生活態度はどんな事になっているのか確認しておく方が良い場合があります。 知らないうちに加害者側になっているのかも知れません。 簡単な例を出すとするなら、 小学生であれば服が汚れたとか物を壊したとかの変化はある程度遊びの中で許容されると思いますが、中学生で物が壊されたりイタズラされてた場合は少しの場合でも1度学校の先生に相談してみた方が良いでしょう。 または、月のお小遣いの金額を上げるように何度も交渉して来る場合も非常に危険かも知れません。 その時にはキチンと理由をハッキリしておく必要もあるでしょう。 逆に、見たこともないものが買ってあったり(羽振りが良くなったり)夜中の帰りが非常に遅くなったり、意外と学校早退が多いときにもいじめの加害者になっているサインかも知れません。 また、コミュニケーション系の特徴としてネット環境を使った被害が多くなっています。 これからスマホを持たせようと思っているご家庭は多いと思いますから、スマホを持たせる時には必ず「LINEいじめ」などのコミュニケーション系統のいじめの内容やスクリーンショットのやり方を教えるようにしましょう。 「教室」 「登下校」 「体育館」 「部活」 「放課後」 など「密閉された空間」はいっぱい出あります。 学校の先生でも把握出来ていないのですから、私たちが「いじめの特徴」を知っておく事が問題の解決に一番近い方法だと私は思います。 その特徴を理解した上で、子供の事をいっぱい知っていきましょう。 以上、「この特徴を踏まえた上で私たちに出来る事は??」で2つの具体的な方法 ・問題が起こってから行動するのではなく、常に子供の行動や様子を把握する事 ・普段から学校の様子をチェックしておく を挙げさせてもらいました。 この問題の特徴は 「深刻になるスピード」が以上に早いので今日からでも取り組んでもらえると良いかも知れません。 最近のいじめによく見られる「被害者の特徴」 解決が難しい訳とは まとめ この問題の特徴として ・「被害者」と「加害者」の入れ替わりは常に行われている ・その様子は「水の流れ」の様にクラスの中に浸透していく という特徴を挙げさせてもらいました。 実際に私たちの子供の実体験を例に挙げて、加害者側の子の何人かは前までは「被害者」の立場であった事が判明しています。 しかも、仕方無く加害者側に回ったとも言っています。 いくら仕方無しとしても加害者側に回って良いという事にはなりませんが。 でも、子供からすれば死活問題だし自分を守る為の手段としてせざるを得ない状況だったかも知れません。 親の立場であるのであればこの両方の立場にならない様に「出来る事はやっておく事」が必要になって来るでしょう。 その具体的な方法として ・問題が起こってから行動するのではなく、常に子供の行動や様子を把握する事 ・普段から学校の様子をチェックしておく を挙げさせてもらいました。 実際にやってからなのかどうか分かりませんが子供たちがすすんで話しかけてくる様になりましたし、親(自分たち)と子供の関係も良好の様です。 この問題に関わらす、子供との関係を良好にする事は 「何事にも勝る良薬」になり得ます。 「我が子の出来事」をベースにして「いじめ-ラボ」ではいじめで悩んでいる多くの家族に相談コーナーを作って相談を受け付けています! いじめが起きてから裁判で勝つまでの経験を元に相談コーナーを実施中!! この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。 さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在いじめで悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。 そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く 「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない• 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...• 子供の様子がいつもとおかしい• 宮城県在住の いじめ解決専門家で、 「ひまわり行政書士事務所」を運営しています。

次の

いじめ加害者側の親のリアルな意見

いじめ 加害者 認めない

父親のマットさんのfacebook より 父親のマットさんのfacebook より これはアメリカで実際に行動した親のしつけです。 アメリカのオハイオ州スワントンに住む父親が、いじめの罰として10歳の娘を学校まで数回に分けて歩かせた画像です。 父親がフェースブックにビデオ投稿したのを機に、このしつけ方法の是非が議論になりました。 経緯 学校で娘さん(10歳)は、いじめをしたことをとがめられ、いじめ行為が2回目だったこともあり学校側はスクールバスの利用を3日間禁止としました。 そこで、父親のマットさんは繰り返すいじめをした娘さんに対して、「生きる上で何が大切なのか」を教えることにしました。 寒い日の朝、マットさんは学校までの道のりを一部、娘さんを歩かせることにしました。 そして見守る形で自分は後から車で付いていく事にしたそうです。 地元テレビのWTVGニュースによると、合計8キロの距離は娘さんがスクールバスの利用を禁止された3日間の間で数回に分けて行われ結果、娘さんはその距離を歩ききったそうです。 父親のマットさんはこの様子をビデオで自信のフェイスブックに投稿。 すると1700万回以上再生され、数万件のコメントを集めました。 父親のマットさんのメッセージ マットさんは、• これはビデオと共に「生きる上での教訓だ!!• しっかり学んだ!• 手足はぜんぶ無事で元気で健康。 それといじめについて考えを改めたみたいだ。 当たり前と思っていたちょっとしたものを感謝するようになったようだ。 と… 感想を述べています。 「自分の子供に責任を取らせる」、「いじめをやめろ」のハッシュタグも付けたそうです。 大勢が閲覧し拡散したこのビデオでは、バックパックを背負い学用品を持ったマットさんの娘さんが、道路沿いを歩いています。 (外の気温は2度) 車内では、マットさんは権利やいじめについて語りながら、車で見守りながら後から続いています。 「いじめは許されない」 「いじめは我が家で食い止める。 」 「そのための自分なりの、ささやかな方法」 だと、父親のマットさんはビデオで話しています。 さらにマットさんは、 子供は当たり前のように、車やバスで毎朝学校に連れて行ってもらうのは当然の権利だと思っていて、それを多くの子供が当たり前と考えていると指摘した。 父親のマットさんは、 「私のやることに賛成しない親御さんは多いでしょう。 それは構わない」 「自分の娘に教えるため、そして娘にいじめを止めさせるため、私は自分が正しいと思うことをしているまでだ!」 マットさんはフェイスブックを更新し、自分の教えを娘がしっかりと受け止めてくれたと書いています。 娘さんは更新したこの日、3日間で合計8キロの距離を最後まで諦めずに歩き終えたといいます。 娘さんはWTVGのニュース番組で、こう言っています。 「自分もいじめられたことがあり、今回のことで人に優しくすることを覚えました。 」と話したそうです。 父親のマットさんのビデオには約6万3000件以上のコメントが今回の件でついたそうです。 その多くは肯定的コメントで、いじめた側の子供の親も、いじめられる側の子供の親も、マットさんのしつけに感謝しているという内容のものが多く寄せられました。 一部、ご紹介致します。 肯定的なコメント(一部) 「うちの自閉症の孫は、近所の子供達からいじめられている。 その祖父として拍手します! 何もしない親が多すぎる」 というコメント。 「自分の子供が許されない真似をしたら、親が自分の時間を割いて、自分で自分の子供に責任を取らせるべきだ。 そういう親がもっといたらいいのに」 というコメント。 批判的なコメント(一部) その一方で… 「おしおきされている姿をフェイスブックに投稿して屈辱を与えるなんて。 皮肉だ」 これは父親が娘をいじめているに等しいのではないか? というコメント。 さらに… 「ちょっと待って!あなたの娘が他の子をいじめたの? 娘の説明を最後まで聞いた? この子は自分がいじめられてて、それに耐えられなくなって反応したら、たまたま学校に見つかっちゃっただけでしょ? 公の場で恥をかかせるのがおしおきだというなら、娘がいじめを繰り返したのも、悪くなるのも仕方ないのでは?」 というコメント。 心理学の面から言うと人として正しい反応である 心理学研究者で若者のいじめに詳しい、アメリカフロリダ大学のドロシー・エスペラージ教授は、BBCチャンネルでこう告げています。 「いじめた側の子供の親は、我が子の非を認めない人の方が、ずーっと多い」 「なのである意味、娘の行動を認めて受け入れているこの父親は、正しく反応している」と。 人と言うものは… 自分が何かすればその責で、自分が嫌な目に遭うと分かっていると、特に子供はあまり悪いことはしないものだと教授は言う。 ただし、寒い中を歩かせる以外の方法の方が、望ましいとも話しています。 ドロシー教授は、 「ビデオにコメントを残した多くの人と同様、私もこのいじめについて原因をもっと知りたいと思います。 」 そして、「いじめとその影響について、対話は継続しなくてはならない」と、説明しています。 「こういったたぐいの罰は一過性のもので、いじめを助長している学校やスクールバスの在り方そのものに向き合っていない」 と話されています。 父親のマットさんは地元メディアのニュース5クリーヴランドに対し、ビデオそのものやビデオに付いたコメントをそのまま娘さんや他の子供2人にも見せたところ、当事者である娘さんや他の子供達は、 肯定的・否定的両方のコメントを全部読んで、こう言っています。 「悲しい内容の書き込みも子供達と一緒に読みましたが、とても共感していたようだ」と。 マットさんはさらに、 「多くの親が自分の子供の責任を認め、子供に責任を取らせるようになることを願っている」と加えました。 BBCチャンネル読者の意見 BBCでは、マットさんのしつけ方法をどう思うか?読者に意見を求めた。 「この行動を取った父親を尊敬する。 この人が問題にしているのは、いじめだけではない。 最近の子供は確かに、自分は特別扱いされて当たり前と思っている。 」 (クラウディア・グロットキャンプさん) 「最悪。 自分が一瞬だけ有名になるため、ほめられるため、子供のプライバシーを暴く親なんてゾッとする。 主役は娘さんじゃない。 自分がどれだけいい親か、誉められたいだけ。 かわいそうな子。 」 (ルーシー・ワードルさん) 「親が子供の言いなりなのではなく、子供に言うことを聞かせる親がまだいるのは嬉しい。 」 (ジェニー・へファーノンさん) 「いじめた子供への罰として、これは偽善的だと思う人もいるだろう。 これ自体がいじめに見えるので。 けれども、いじめを罰さずに放置する人間の方が偽善者だ。 自分がしたのと全く同じ仕打ちを受けることこそ、1番効果があるのに。 」 (D・ウェストさん) 「いい手だと思う! うちの息子もいじめられていた。 子育てをちゃんとしてないのは自分なのに、責任逃れして、学校のせいにする親が多すぎる。 」 (ラスマス・ランガードさん) などが読者から寄せられました。 このサイトでもお伝えしておりますが、 あなたは、 「正しい道徳観念」を持っていますか… いじめた側でも、いじめられた側であっても、それが重要なんです。 題: 「聲の形 (こえのかたち)」 こちらは、日本でのDVDによる実写化による いじめの加害者が一転して、被害者になったお話です。 このDVDでは、加害者となった子供の親の対応が描かれています。 いじめ問題を真剣にお伝えしています。 解決の入り口の参考に… 子供がいじめの加害者に… そして親がとった行動関連ページ いじめを受けているが学校や先生がいじめを認めない場合どうしたらいいのか、実際に私がとった対策を実話でお届けしています。 子供が低学年のときに、いじめにあっていたら言葉の使い方が重要になってきます。 いじめられている我が子が上手に説明できるようにする方法をお伝えしています。 もし、いじめを解決する専門の先生がいたらどんなに良い事でしょう。 その先生が存在する県があります。 滋賀県大津市では、全国初の 「 いじめ対策担当教員 」 というものを作り、小 ・ 中学校にて、いじめ専門の教員が配置されています。 ぜひ、全国の小 ・ 中学校に 「 いじめ対策担当教員 」 配置を!! いじめられている子供は意外にも、みんな大人の心を持った子が多いです。 心の成長がきちんと身についていて、順調に成長しているということなのですが、大人の考え方ができる心を持っているために、言葉を選びながら相手を思いやり優しい気持ちで接します。 その優しさがいじめる側からすると、気弱な面として思われ、からかわれる対象になりがちなんです。 子供がいじめをする側(加害者)になっってしまった親御さんは、被害者に対してどのような対応をしたのでしょうか? 「 息子がいじめをしていました… 」 いじめられた側は、いじめた側の(加害者)の、今後を見ておられることでしょう。

次の