民主党 アメリカ。 アメリカの「共和党」と「民主党」はどこがどう違うの?

アメリカ政治ってスゲー!トランプ陣営が作った民主党候補者の偽サイトに大爆笑ww|奥山真司の地政学「アメリカ通信」 #日本 #政治 #アメリカ

民主党 アメリカ

ミネソタ州ミネアポリスで白人警官が黒人男性を死亡させた事件を受け、西部ワシントン州シアトルでは2020年6月10日から11日にかけて、約500人のデモ隊が市街地の一角である市庁舎周辺にバリケードを築き、「キャピトルヒル自治区(Capitol Hill Autonomous Zone)」を設置したと主張する事態となっている。 警察署も占拠し、警察署の建物正面の文字は「警察(POLICE)」が「人々(PEOPLE)」に書き換えられ、「SEATTLE PEOPLE DEPARTMENT」とされた。 報道によると、警察署が緊張を和らげるために一時的に閉鎖したところ、デモ隊がその周辺にバリケードを設けて占拠したという。 大統領「国内テロだ」 FOXニュースによると、自治区設置にはアンティファ(ANTIFA=左派から極左の反ファシズム運動で、トランプ大統領の支持者と対立)が関与しており、彼らもそれを隠してはいないという。 一部の報道では、自治区のリーダーのひとりは、ラッパーのラズ・シモン氏だといわれている。 ライフル銃や拳銃を持ち歩き、我々が「警察」だと主張する人たちがいる。 警察とデモ隊の衝突もあり、シアトル市警は「強奪や強姦なども起きているが、私たちは中に入ることができない」と訴えている。 警官が「自治区」に入ろうとして、デモ隊に阻止される場面もあった。 自治区には住民が住み、商店もあるため、警察のいない状態で何かあった時に、安全を懸念する声が高まっている。 トランプ大統領はこれを、「シアトルを乗っ取った国内テロだ」とし、民主党のジェイ・インズリー州知事とジェニー・ダーカン市長を厳しく非難し、「自分たちの町を取り戻せ。 今すぐだ。 やらないなら私がやる」、「これはゲームじゃない。 醜い無政府主義者をストップすべきだ。 今、すぐにだ」と次々にツイートした。 これに対してダーカン市長は、「(トランプ氏は)ホワイトハウスの地下壕に引っ込んでいなさい」とツイートで応酬。 フロイト氏の死をきっかけに起きた抗議デモ参加者らがホワイトハウス近くに集まった時、トランプ氏が警護隊に付き添われてホワイトハウス地下に退避したという報道を受けたものだ。 また、トランプ氏が、前出のツイートで、ストップをスペルミスでストゥープと記したことを皮肉り、インズリー州知事もツイートで、「統治能力がゼロなのだから、ワシントン州には関わるべきじゃない。 ツイートを『ストゥープ』しろ」と反論した。 民主党市長「この国は抗議することで生まれた」 CNNニュースでは、アンカーのクリス・クオモ氏が、何が起きているのか、どう報道してよいのか、戸惑いを感じている様子だった。 取材を受けたダーカン市長は、「たいしたことはない」という感じで、コロナに感染していたクオモ氏を気遣う余裕を見せたあとで、「街をコントロールできていないように見えるのですが」とのクオモ氏の問いに、こう答えた。 「(占拠されたエリアは)ブロックパーティ(ストリートで行われるコミュニティのお祭り)みたいな雰囲気ですよ。 ここはよくブロックパーティが開かれる辺りなんです。 市民の安全を脅かすようなことは起きていません」 CNNやABCの報道では、無料で食べ物が配られたり、映画を見たり、と穏やかな様子も伝えられている。 クオモ氏がためらった様子で、「ブロックパーティが市庁舎や警察を占拠・破壊することはないはずですが、あなたにこれをコントロールできると思いますか」と問いかけた。 これに対し、ダーカン市長は、「はい。 このところずっと続いていた警察とデモ隊の対立を和らげたかったんです。 全国民がフロイド氏の殺害を目の当たりにし、それが火をつけました。 この国には制度的人種差別(Systematic Racism)があり、それを解体しなければなりません」と答えた。 クオモ氏が「トランプや右派は、『左派、ラディカル、アナキストはあなたの仲間だから、自由にやらせている。 占拠者のなかに黒人はほとんどいないじゃないか』と言っていますが」と問いかけると、市長はこう答えた。 「この国は抗議することで生まれたのです。 集会を持ち、抗議し、政府がひどい時にはそれに立ち向かう。 それが憲法で守られた最も大事な権利なのです。 その権利と市民の安全を守るために、市長として最善を尽くす。 両立するのか。 両立させなければならないのです」 トランプ大統領が、「(シアトルの問題は)簡単に解決できる。 制圧せよ。 (暴動が起きて街が荒れた)ニューヨークのようにさせるわけにはいかない。 命を救うために『思いやりを持って制圧』するんだ」と主張していることに対して、こう厳しく非難した。 「コロナと制度的人種差別という危機に直面している私たちには、この国をまとめ、癒してくれる大統領が必要なのです。 なぜ市民が街に出て抗議しているのか、トランプ氏には理解できないのです。 軍派遣は憲法違反です」 クオモ氏は、「コロナということで言えば今、(人が押し寄せている)シアトルで起きていることも、助けにはなりませんが。 シアトルの今の状況がどのくらい続くと思いますか」と問いかけたが、ダーカン市長ははっきりと答えなかった。 ワシントン州の南に位置するオレゴン州のポートランドでも今、シアトルと同様の動きが見られ始めている。 (随時掲載) ++ 岡田光世プロフィール おかだ・みつよ 作家・エッセイスト 東京都出身。 青山学院大卒、ニューヨーク大学大学院修士号取得。 日本の大手新聞社のアメリカ現地紙記者を経て、日本と米国を行き来しながら、米国市民の日常と哀歓を描いている。 米中西部で暮らした経験もある。 文春文庫のエッセイ「ニューヨークの魔法」シリーズは2007年の第1弾から累計40万部。 2019年5月9日刊行のシリーズ第9弾「ニューヨークの魔法は終わらない」で、シリーズが完結。 著書はほかに「アメリカの家族」「ニューヨーク日本人教育事情」(ともに岩波新書)などがある。

次の

いまさら聞けない民主党|アメリカ大統領選挙2020|NHK NEWS WEB

民主党 アメリカ

あと、高齢者向けの公的医療制度「メディケア」の対象年齢引き下げる! 薬の値段を下げる為、国が製薬会社と協議し開発費を抑えてもらいたいね。 ライバルいない製薬会社はとこはどんどん値段あげてしまうからな。 消費者が他の国から輸入できるようにするのもいいな、もちろんちゃんと安全が保証されているのが前提だが。 私はクリスチャンだが、人工中絶の権利に対して賛成だ。 得意の外交を活かしてオバマ政権のときよりも、もっと突っ込んだとこまで取り組みたい。 スポンサードリンク 私が思うこと これからバイデンさんは政策内容などもっと詰めていくと思いますが、今の時点で私が感じたことを書きますと・・ まず選挙を見ていて思ったのは、ライバルのサンダースもそうでしたが、政策うんぬんの前に私は彼の年齢が気になりました。 もし大統領に選ばれたとしたら、任期中に80歳を超えちゃうんですよ。 政治経験が豊富なので知識や人脈あるし、カンも冴えていると思うのですが、それが故に頭固くなってそうだし、トランプに「スリーピー・ジョー(寝ぼけた老人)」とあだ名付けられるくらいうっかり発言も多いし、健康面も心配だし・・大丈夫かな?という気持ちが湧きました。 党代表選びの選挙ではバイデンは出だしがダメで、全然笑顔が無かったのですが、途中から急に追い上げて、超笑顔になっていたのがとても印象的でした。 最後はサンダースを打ち負かし大逆転した件については、撤退した候補達がバイデンの支持に回ったことが大きいのかなと思うのですが、政治のことはよくわからない私でも、何か密約あったのか?と思えるような展開で、やや不自然さを感じました。 あんなに最初はダメムードが漂っていたのに大復活って感じで、ちょっとビックリな結果でした。 バイデンは副大統領に女性を選ぶこと明らかにしていますが、ついでに若い人だったらいいなあと個人的には思います。 健康保健や大学の学費に関して、アメリカは国があまり介入していないのもあり高額なので、どうにかして欲しいという気持ちが私はあるのですが、バイデンが選ばれたのは、サンダースが考えていた国民全員に医療保険とか、学費無償化とかは実際問題として現実離れし過ぎているという表れなのかなとも思います。 サンダースは自分でも言っている通り社会主義寄りで、もし選ばれたら今までのやり方が急激に変わってしまうわけですし・・。 なのでとにかく党として「トランプに勝てる人を出したい!」というのもあって穏健派のバイデンが選ばれたのかなあと思います。 とはいえコロナコロナで、民主党の候補選びが後回しになって、最後の方は党代表選びはあまり注目されなかったので、これから大丈夫かな? あとトランプ大統領は言葉使いが巧みといいますか、口が悪いといいますか、話術が得意な印象があるけど、バイデンは失言も多いし、ディベートとか得意じゃなさそうなのでそれも大丈夫なのかなあ? 大統領選は現職の大統領が有利と言われますが、オバマさんがバイデンを支持表明しているのもありますし、前回の様に何が起こるかわからなそうですね。 どちらにしても次期大統領はコロナによる経済対策をしていくことになると思うので、大変な任務なことは間違いなさそうです。

次の

民主党バイデンの政策をわかりやすく!アメリカ大統領選挙でトランプ大統領と一騎打ち

民主党 アメリカ

全米各地の綿密なフィールドワークを基にアメリカの社会・政治情勢を研究している渡辺靖・慶應義塾大学環境情報学部教授に大統領選の注目点を聞いた。 アイオワ州の持つ代議員数は全米の約1%にすぎない。 ただ、(民主党の元大統領である)カーター氏やオバマ氏のように、アイオワで勝ってサプライズを起こし指名につなげた経緯があるため、初戦ならではの重要度はある。 民主党の予備選は混戦模様だが、サンダース上院議員が世論調査どおりにアイオワで勝ち、地元に近い次のニューハンプシャーの予備選でも勝てば、7月の党大会まで生き残る可能性がある。 全米レベルの世論調査でリードするバイデン前副大統領は、アイオワで勝てば、非白人が多い次のネバダ、サウスカロライナで強いため、3月3日の(カリフォルニア州など14州で予備選が行われる)スーパーチューズデーでも有利となる。 ウォーレン上院議員も侮れないし、若いブティジェッジ・前サウスベンド市長も「オバマの再来」となるかもしれない。 いずれにしろ、アイオワが重要なポイントになる。 スーパーチューズデーでは(候補者は)3人程度に絞られるだろう。 全米各地を見て回ると、シリコンバレーなどきらびやかなアメリカが注目される一方、大多数のアメリカはかつて日本が仰ぎ見たような豊かさや機会にあふれた国とは言えなくなっている。 すさんだ地域も多い。 授業料の高騰で約3万ドルの借金を背負って大学を卒業しても、今や大学進学率は76%と日本の1. 5倍も高く、高校卒業の意味しかない。 四半世紀前に高卒者がやっていたような仕事を大卒者がやっている。 終身雇用もなくなり、将来を描きにくい。 アメリカンドリームが遠い物語になっている。 若い世代を中心に、「一部のエリートだけがいい学校に入ってエリートを再生産している。 そこに参加できない自分たちは何なんだ」というフラストレーションを強く感じる。 その憤りを拾い上げてくれるのがサンダース氏でありウォーレン氏だ。 政策は過激だが、それくらいやらないと今の社会は変わらないという感覚だ。 ブレのなさという意味ではサンダース氏のほうがウォーレン氏より上だ。 だがエスタブリッシュメント層からすると、新婚旅行でソビエトへ行き、ベネズエラのチャベス氏(故前大統領)を応援するなど、ありえないという感覚。 民主党内でも反ビジネスの主張などやりすぎだという声もある。 その点、ウォーレン氏のほうが教条主義的ではなく、柔軟性がある。

次の