あまねみさ 名言。 【デスノート】ニアの極秘な裏情報と、超クールな名言10選

ミサの壮絶な過去がヤバい!能力や性格、名言まとめ 【デスノート】

あまねみさ 名言

(DEATH NOTE)ミサのその後(ネタバレ) 私は信じていませんがね 2月14日に死んだ… なーんてチラっと見ちゃったわけですよ。 私としてはね! 12巻でも語られず、不明のまま、、謎のまま終わってほしかった そして最後の「キラ様…」のあの女性が誰なのか! という議論も楽しかったのですよ! それなのに、それなのに何でバレンタインに自殺とか書くんだよ… 13巻発売時にはLの本名書いちゃうし… あれは謎だから面白いんだよ!! と思うんですけど、どうですかねぇ ミサはバレンタインデーに自殺したのですか? ああ、この質問をみて、「ちっくしょー!見なきゃよかった!」 とか言ってる人、、ネタバレって書いてますからね… 一番酷いのはネタバレとも書かずに投稿する質問 それとネタバレを意識しないで投稿される回答ですよ。 ふん 13巻にて原作者の大場つぐみさんが、松田あたりがライトが死んだことを ミサにポロっと漏らしてしまい、自殺したのだろうとおっしゃっています。 それに、ミサが後追い自殺する可能性を、本編でもほのめかしているとも。 (「もしライトが死んだら、ミサ生きていけないよ」というミサ自信の台詞) ストーリー解説ページの年表にも、ミサがライトが死んだ約一年後の2月 14日に死亡と、はっきり書いてありますしね。 勘違いなさっている方が多いみたいですが、死神の目取引の対象になる のは、寿命そのものではなくて、その時点での残り寿命なんですよ。 (つまり、寿命-今の年齢=残り寿命。 余命ってわけですね) リュークも、はっきり「残り寿命」だと行っています。 仮にミサの寿命が80歳だとすると、当時二十歳として彼女の残り寿命は 60歳。 一度目の取引時点で残り寿命はその半分の30歳に、二度目の 取引時点で、更にその半分の15歳になる。 この例では、20歳+15歳で35歳までは生きられるってわけです。 「その人間の生死に関わる他の人間の死を操ることで、人間界での本来 の寿命が変化し、伸びることはある。 」 「特定の人間の人間界での本来の寿命を延ばすための死と意識して いなくても、デスノートによる人間の死で、間接的に人間界本来の寿命が 延びる人間は発生してくる。 」 というルールがありますので、ジェラスに助けられた時、ジェラスの寿命 だけでなく、ミサを殺すはずの男が死んだことによっても彼女の寿命は 延びているでしょうから、最初の取引時点では、彼女の寿命はかなり 延びていたと思われます。 ミサが死んだのは、ライトの死んでからまだ一年しか経っていないので、 まだ寿命が残っていた可能性はありますね。 なので、寿命であったとは考えにくいです。 ラストの女性信者ついては、原作者、作画者共に、ミサではないとはっきり 否定なさってますね。 誰でもない、ただの女性信者だと。 作画の小畑先生によると、ラストに綺麗なシーンを描きたかったんですって。 私は、たぶん、ミサは寿命で死んだのだと思います。 死神の目の取引で、2回寿命が半分になっています。 ジェラスとレムの寿命を貰ったからとはいえ、4分の1になってしまった 寿命なのですから、その確率は十分にあるでしょう。 ジェラスも、人間を殺すの苦手っぽいし。 ジェラスの寿命は、 元から短かったのでは?と私は思います。 Lの本名については、個人の感じ方によるのではないでしょうか。 本名カードは、せっかく袋とじになってるんですから、見たくなけりゃ 開けなければいいことです。 最後の信者達は、単なる信者、その他の何者でもありません。 最後の女性は、ミサという迷信にありますが、そんなことはありません。 と私は思います。 キラの正体を知っていることですし、 死んだって知っていて、あんなことするでしょうか。

次の

松田桃太の活躍がヤバイ!特徴や能力、名言まとめ 【デスノート】

あまねみさ 名言

出身 — 京都府 生年月日 — 1984年(実写映画版では1986年、アニメ版では1987年)12月25日 命日 — 2011年2月14日(享年26歳)(アニメは生死不明) 身長 — 152cm 体重 — 36kg 3サイズ — B76・W51・H75 血液型 — AB型 cv — 平野綾 出典: ヒロイン的なポジションで、主人公である夜神月に心底惚れ込んでいます。 ただ、それは夜神月の正体がキラだと知っていたため、月が容姿端麗だったこともあり、更に惹かれたみたいです。 モデルとして活動しており、「ミサミサ」の愛称で親しまれていて、若い世代からの支持は厚いようですね。 (ドラマ版ではアイドル) 月のためなら自己犠牲を惜しまない惚れっぷりです。 キラに心から感謝している 出典: 幼い頃に強盗に押し入られて、両親を殺害されているミサミサ。 犯人を殺したいほど憎みましたが、殺すことはできませんでした。 しかし、キラの裁きによって犯人はこの世から消え去りました。 この事から キラのことを崇拝しており、結果的に仇を取ってくれた月に対して異常なまでの好意を抱いています。 生い立ちはなかなか悲しいものですね…。 月一筋すぎる… 出典: ミサミサは非常に明るい性格なので、普通にしていれば元気で明るい可愛い女の子です。 ただ、嫉妬深く自己中心的な考え方をすることもあり、月も「女を殴りたいと思ったのは初めて」と言うほどです。 また、 ヤンデレな部分も度々話題になり、 Lからも月への愛情は異常すぎる、と評価されています。 「尽くす」という点では、素晴らしい彼女かもしれませんね! 実写映画版ミサミサ 戸田恵梨香 出典: 映画化にあたっていくつか設定は変わりましたが、ある意味人間らしさが増した改変となっています。 ミサミサ役を演じたのは戸田恵梨香で、実写映画化に珍しくその評価は非常に高いものでした。 戸田恵梨香はかなり細く、ミサミサのモデルとしての体型を再現できており、そのビジュアルから髪色は違いますが「最高すぎる」と原作ファンからも賞賛されました。 また、 ビジュアルだけでなく演技力も評価されており、まさに大成功と言える実写化だったのではないでしょうか。 ドラマ版ミサミサ 佐野ひなこ 出典: 実写映画が大成功だったこともあり、実写ドラマ化のハードルはとてつもなく高いものとなっていました。 それはミサミサだけでなく、月やLにも同じことが言えるでしょう…。 キャストだけでなく、「月が天才ではない」「月がドルオタ」「Lが潔癖症すぎる」など、改変が多く入ったので事前の評判は最悪でしたね…。 さて、佐野ひなこ演じるミサミサですが…。 「ブサブサ」というあだ名がつくほど、厳しい結果となりました。 ドラマ自体の評価はV字で回復しましたが、ミサミサの評価はそこまで変わりませんでした。 やはり戸田恵梨香のイメージが強すぎましたね…。 アニメ・映画・ドラマの比較 ミサミサの服装~アニメ~ 出典: さすがのアニメということもあり、原作のミサミサの服装がそのまま再現されていますね!ミサミサはモデルですが、どちらかというと ゴスロリチックで、黒レースにミニスカートが目立ちます。 髪は金髪で、ほとんどこの髪型が多かったと思います。 可愛くないと許されない髪型ですよね! 笑 ミサミサの服装~映画~ 出典: 映画版のミサミサは髪色も落ち着いていて、 ぱっと見のイメージ的には再現度は高くないかもしれませんね。 服装もエロさは皆無で、黒を基調としていますが、そこまでのミニスカートでもありません。 チェック柄やボーダーを取り入れたり、少しカジュアルな印象もありますね! ミサミサの服装~ドラマ~ 出典: 佐野ひなこ演じるミサミサですが、アイドル活動を積極的に行っているため、ライブの衣装はなかなかの露出度でしたね! 髪色やエロさの感じは、映画版より近いかもしれませんね。 普段の服装に関してはけっこう、色々な服装をしていたと思います。 ただ、カジュアルでは無かったですね!服装のイメージは近かったと思いますが、どうしてあそこまで酷評されたのでしょうか…。 監禁シーン~アニメ~ アニメは原作同様、かなりマニアックな縛り方が用いられています。 捜査本部の人間も「ここまでしなくたって…!」と思わずLに苦言を言ってしまうほどですね。 もし第2のキャラじゃなかったら、それこそ裁判沙汰ですよ 笑 ミサミサも記憶を失くしてからは、 ストーカーによる変態ビデオの撮影だと思い込むほど、過激な縛り方と言えますね…。 当時幼かった私も、「あ、これはなんかヤバイ縛り方なんだ」と思いました 笑 監禁シーン~映画~ 出典: 原作やアニメの場合、手が腕組しているような形で固定されていますが、映画は頭の上で拘束されていますね。 戸田恵梨香は本当に細いので、 肉が食い込んでいる感じが一切ありません! 笑 ただ、「殺して」とさすがの演技力を発揮したシーンでしたね! 監禁シーン~ドラマ~ 出典: はい、問題はこちらですね…。 ブサブサと言われた佐野ひなこ演じるミサミサですが、 こちらの絵柄は多数コラ画像が作られるほど…ある意味人気でしたね 笑 ただ、良く見てみてください! こちらの方が拘束具や目隠し、原作やアニメに近いと思いませんか?手もしっかり前で固定されてますよ!…なのに、どうしてこんなに「ドスコイ!」って感じなのでしょうか 笑 佐野ひなこは出るところは出てますが、驚異のくびれの持ち主!なぜかミサミサを演じた時は、批判の声が多く挙がりましたね…。 ミサミサの最期は? 原作と映画版で異なっている 出典: 原作のラストはミサミサは登場しませんでした。 ただ、月が死んだことを知ったミサミサの行動は、なんとなく想像が付きますよね。 公式解説本によると、「松田あたりが月の死をうっかり漏らし、それを苦に自殺」したらしいです。 時間の流れ的には、 月が死んでおよそ1年後に自殺したということになっていますね。 しかし、映画のミサミサは生きていますが、 デスノートの記憶を一切失っており、「何か忘れている」という思いを抱えながら生きています。 ミサミサが映画で復活!? 寿命は大丈夫なの…? 出典: 再び映画の製作が発表された『DEATH NOTE』ですが、なんと 戸田恵梨香が再びミサミサを演じるそうですね!このニュースに喜びと期待を抱えるファンは多く、注目も集まっています!! ただ、時間軸的には「 月とLの対決の10年後」というあたりが気になりますね!ミサミサの寿命は大丈夫なのか?というところです。 ミサミサは死神の目の取引を2回していますよね…。 もしミサミサの 寿命があと60年あったとして…半分の半分…あと15年ということですね!ということはぎりぎり矛盾しない範囲内ということです。 でも、記憶が無い=寿命が短い自覚が無い、ということですよね…。 ミサミサの名言 『ミサ、月の為なら喜んで死ねるよ』 出典: バカップルがよく、「あなたの命の方が大切だから!」なんて言いがながら、いざその場になったら相手を見捨てて逃げ出す…なんてこともありますよね。 ただ、 ミサミサの場合はガチです!本気すぎます! 笑 『アイドルうんちしないもん』 出典: 昔はよく言いましたよね! 「アイドルはうんちしない」って 笑 「そんなわけあるか!!」って感じですが 笑 ミサミサはそういった部分は恥じらいがあるのか…まぁ、うんちって言っちゃってますが 笑 「またミサのオシッコしてるところ見れるよ、楽しくない?この…変態!」 出典: 拘束されている時にデスノートの記憶を失っているため、ミサミサは完璧にLが変質者であり、ストーカーだと思っています 笑 ミサの名台詞というより、Lが絶妙な表情をしていますね 笑 「素敵な殺し方…」 出典:  死神を殺す方法、それは「人間を愛してしまうこと」。 それを知ったミサミサは、「素敵な殺し方」と言っています。 ミサミサの ロマンチストな部分がよくわかるシーンなのではないでしょうか。 Twitterの反応 ミサミサは愛されキャラ! ミサミサがひとり歌うシーンです。 明るくて元気な雰囲気と一転、月のことを想って悲しんでいる感じですね…。 最後に… ミサミサは人気が高い! 出典: 佐野ひなこを批判しているように思えたかもしれませんが、 佐野ひなこ自体はとても可愛いと思います!ミサ役が合わなかったのと、既に戸田恵梨香という強敵が居た、というだけですね! 笑 原作では自殺という悲しい結末なので、映画でその後が見えるというのはかなり嬉しい話です。 映画の完成が待ち遠しいですね!.

次の

ミサの壮絶な過去がヤバい!能力や性格、名言まとめ 【デスノート】

あまねみさ 名言

ニアといえば、デスノートのセカンドシリーズにて登場した、ミステリアスな 天才児です! 真っ白いヘアスタイルと、ブカブカのシャツがトレンドマークの、ふしぎなキャラクターですね。 ニアはデスノートセカンドシリーズで、かつてのLにも匹敵するくらいの 推理力を見せつけ、いっきにファンたちを惹き付けました。 そんなニアには、思わず誰かに教えたくなるような極秘の裏情報や名言などがたくさん存在しています。 ということで、ここでは デスノートのニアの、極秘な裏情報と、超クールな名言10選についてご紹介していきます。 デスノートのニアの、極秘な裏情報5つ セカンドシリーズで登場してから、その天才っぷりを発揮して見せた ニア。 ニアがいなければ、史上最強の殺人鬼である 夜神月を倒すことは、きっとできなかったことでしょう。 そして、この天才ニアには、あまり知られていない極秘な裏情報があります。 スポンサーリンク しかし、実はこのワイミーズハウスは、天才児たちを育成するために建設された 秘密の施設となっていて、孤児院というのは表向きの顔なのです! デスノートファーストシリーズのLも、このワイミーズハウスの出身者です。 多くのファンの方が感じていることとは思いますが、ワイミーズハウス出身者だからなのか、Lとニアはどことなく似ていますよね。 そして、数多くの天才児たちが存在しているこのワイミーズハウスにおいて、ニアはぶっちぎりの ナンバーワン天才児として知られています。 そんなニアは、セカンドシリーズにおいて次のLとなるのかどうか、多くのファンから注目されました。 Lの死後も、デスノートを使って大量殺人を犯す キラの正体を暴くために立ち上げられた組織になっています。 そしてこのSPKの代表者として、死んだLのかわりにキラを追い詰めたのが、他でもない ニアになるわけですね! ニアを含むSPKは、 安全性を確保するために所在地や所属するメンバーなどは一切、公けにしていません。 悪を追う、秘密の特殊組織の代表者をつとめているなんて、なんだかとてもカッコイイですよね。 ちなみに、ニアの本名のネイト・リバーにはきちんと由来まで設定されているのをご存知ですか? 製作陣によれば、天然の才能という意味の ナチュラル natural と、Lから流れ受け継がれるという意味の川 river から名付けられたといいます。 原作とアニメのニアは、男女どちらともとれる雰囲気で、とてもミステリアスでしたね。 ところが、少しすると公式で、原作とアニメのニアは 男の子であるということが判明しました。 そして、2015年に放送開始されたテレビドラマ版のデスノートにおいては、ニアは女の子として登場したのです! これには、原作を知っているファンたちもびっくりして、再び 話題を集めました。 ところが、ニアとメロはお互いライバル視しており、性格も全く違います。 スポンサーリンク けれど、ニアとメロは、やはり心の奥底では同士として 尊敬し合っていて、ちょっぴり複雑だけどステキな関係性になっています。 ニア単体でももちろん素晴らしい活躍を見せてくれていますが、メロという ライバルの存在があるからこそ、ニアの個性がよりいっそう輝いているのではないでしょうか? 感情的で負けず嫌いなメロと、冷徹でミステリアスなニアとのやりとりは、なかなか面白いものです。 デスノートのニアの、超クールな名言5つ 天才児のニアは、キラを追い詰めるために戦っている中で、さまざまな名言を生み出しています! ニアの名言は、どれも ニアらしさがにじみ出ているような、超クールな名言ばかりです。 気持ちが焦ってしまって少し冷静になりたい時や、ちょっぴり自分に厳しくしたい気分の時には、ぜひニアの名言を思い出してクールダウンしてくださいね。 」 普段は、ミスなどが起きるとシビアに対応するニアですが、ときどき 優しい面も見せてくれます。 間違いなど絶対に許さないと言いそうなニアも、こちらのセリフでは「ごめんなさいでいいんです」と言っていますね! どんなに天才といわれているニアでも、人は誰でも失敗や間違いを犯すものだと知っているからこそ、このような事を言えるのでしょう。 完璧主義でクールすぎる天才児のニアがこのように言ってくれると、失敗や間違いを犯してしまっても 大丈夫だと思えちゃいますね。 その前に殺すなんてとんでもありません」 あまりにも辛口なニアのこの言葉に、背筋が凍るような思いをした方も多いのではないでしょうか? 「目の前に証拠を突きつけて負けを認めさせる」というところまでは、勝負に 勝つために必要なことだとわかります。 しかし、そのあとの「惨めさを存分に味わわせてから殺す」という点には、ゾッとせずにはいられませんよね! この衝撃的すぎるセリフは、ニアの ドSな一面をうかがえる名言になっています。 ふだんは超冷静で、あまり他人に干渉しないタイプに見えるニアですが、もしかすると怒らせたら超 怖いタイプなのかも知れません。 追い詰めると決めたらとことん追い詰めるというのが、ニア流のやり方のようです。 しかし、2人ならLと並べる。 Lを追い越せる。 」 あまりにも優れた頭脳を持っているため、 ひとりでも大抵の問題は解決できてしまうニア。 しかし、さすがのニアもキラを倒すためにはかなり苦戦を強いられてしまいました。 全くタイプの違うネロとニアのふたりの 天才が、キラを追い詰めていく様子はとても迫力があります。 それを自覚し 邪魔だけはしないでいただきたい。 」 勝負や、難しい問題に取り組んでいるときのニアは、びっくりするくらいシビアになります。 特にこちらの名言は、うらまれても文句は言えないのではないかと思うくらいストレートで 辛口なセリフです。 何としてでも勝利したいという、ニアの強い気持ちが彼をそうさせているのだと考えられますが、 結果にこだわるせいで時々他人を傷つけちゃうんですね。 ニアは、素晴らしい天才であると同時に、コミュニケーションは 苦手なキャラクターなのだということが、よくわかる名言になっています! しかし、多くの人は他人に気を使って、他人を傷つけない言葉選びをしますよね? それをしないニアは、とらえ方によっては裏表のない素直な人であるということも言えるでしょう。 」 とにかくどんな事件やゲームや問題でも、1度取り組んだなら 絶対に勝たなければ気が済まない!という、ニアの負けん気の強さがわかる名言です。 この名言からは、ニアがなによりも結果を重視しているキャラクターだということが伝わってきますね。 あまりペラペラと 気持ちを話すタイプではないニアですが、彼の行動や表情からは、誰よりも勝つことにこだわっていることが読み取れます。 ちょっぴり厳しめなセリフになっていますが、超クールなニアらしい言葉ともいえるでしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、デスノートのニアの極秘な裏情報と、超クールな名言10選についてご紹介いたしました。 じつはニアの本名は、ネイト・リバーという名前だったり、秘密組織のSPKの代表をつとめていたり、さまざまな極秘の 裏情報がありましたね。

次の