エアコン 配管 カバー 後付け。 エアコン設置→外壁にネジ留め!?

エアコンの化粧カバーを自分で後付けする方法

エアコン 配管 カバー 後付け

今回は エアコンの化粧カバーの取り付け方法についてご紹介します。 エアコンの配管の化粧カバーは、エアコンの設置時であればプロへ取り付けをお願いすることも可能ですが、取り付け作業はオプションとなって、エアコン設置費とは別で7,000円~10,000円くらいの費用がかかります。 この費用を高いと思うか安いと思うかは人それぞれですが、たいして難しい作業ではないですし、時間もかからず部品もすぐに調達できますので、できれば自分で取り付けを行ってしまいましょう。 こちらでは 室内と 屋外、それぞれの化粧カバーの取り付け方法ご紹介していきます。 室内のエアコンカバーの取り付け まずは 室内側のエアコンの化粧カバー取り付け方法からご紹介します。 室内側は化粧カバーをしていないとホースに巻き付けているテープが剥きだしになってしまい、部屋の印象がとても印象が悪くなります。 化粧カバー取り付け前の様子がこちらです。 とても不格好…。 外の室外機へと繋がる壁はこんな感じです。 このテープで巻いただけの不細工な配管と、粘土丸見えの壁を 化粧カバーで隠して部屋の印象を良くしたいと思います。 エアコンの化粧カバーとして用意するのは、こちらの 「スリムダクト」というもの。 プラスチックでできていて、エアコン設置後でも 後付けできるように縦に半分に割れています。 下の写真のように、はめ込むように2枚を組み合わせると 筒状の状態になり、化粧カバーとして配管を覆う事ができます。 表と裏の組み合わせで1セットとして販売されています。 裏面(片側)だけ仮でスリムダクトを設置してみるとこんな感じになりました。 壁との接地部分は コードを出さないといけないのでやや短めにカット。 短くするのは裏面だけで、表面は計ったサイズでピッタリ切断しましょう。 次に壁に埋められている 古い粘土を剥がしていきます。 粘土を剥がすとキャップが出てくると思いますので、切ったり割ったりして外してしまいましょう。 そして、新しい粘土を壁に詰めてスリムダクトと同じサイズのスリムキャップをはめ込みます。 スリムキャップは突起が出ている方が内側、平面の方が壁側となります。 ちなみに古い粘土をそのまま使用すると、粘土が風化していて固く、隙間ができやすい状態となってしまいます。 小さな隙間であっても風で音が鳴ったりすることがあるので、なるべく新しい粘土を使用し、隙間を完全に塞ぐようにしましょう。 最後に裏側・表側の順で化粧カバーをはめ込んだら スリムダクトの取り付け完了です。 見違えるほど見た目が良くなりましたね。 壁際はこんな感じになりました。 表面のカバーを長くしたので、見た目を損なわずにコードを取り出せています。 所要時間は30分程度。 化粧カバーを取り付けただけですが、部屋の印象はガラっと良くなりました。 屋外のエアコンカバーの取り付け 次は、 屋外にあるエアコンの配管カバーの取り付けについてです。 1階に設置されているエアコンであれば、屋外の配管に化粧カバーをつけるのは難しい事はありませんが、2階の壁から出て室外機に繋がる配管に化粧カバーを取り付ける際は、かなり 長い梯子と、 二人での作業が必要となります。 DIYなどに慣れていない方は十分注意してください。 必要となるのは、 インパクトドライバー・ 長めのビス・ スリムダクト・ ウォールコーナーです。 ウォールコーナーとは、壁から屋外に出てくる 配管の取り出し口に取り付ける化粧カバーです。 粘土だけで塞がれている状態の取り出し口がこちら。 化粧カバーで覆うとこのような感じになります。 ウォールコーナーの取り付け方法は自体は難しくはありません。 左の小さい穴があいているパーツを、ビスで壁に固定。 右側が表面のパーツで、先に取り付けた壁側のパーツに付属のビスで固定するだけです。 写真で見てわかるとおり、2つにわかれていいますから 後付けも可能です。 まずはスリムダクトを必要な長さにカットします。 1本では長さが足りずジョイントを使う場合は、長さを確認してから、先に壁へジョイントを取り付けます。 最初にジョイントの 壁面パーツを壁に固定。 そして、スリムダクトをジョイントの上側から設置していき、後から下側のスリムダクトをはめ込んだら、ジョイントの表面で蓋をして繋ぎ合せます。 必要な長さだけ、この作業を繰り返していきましょう。 (一般的な2階建なら、スリムダクト2本、ジョイント1本で足りると思います。 ) 地面の室外機へ繋がるとこまでたどり着いたら屋外の化粧カバー取り付けは完了です。 プロじゃなくても綺麗に仕上がりました。 エアコンの化粧カバー取り付けのまとめ ご覧いただいたように、エアコンの化粧カバーの取り付けは、パーツもネットで簡単に手に入りますので 素人でも十分に作業が可能です。 費用は安上がりなのに効果は高く、特に室内に化粧カバーを付けると 見た目や雰囲気が格段に良くなります。 エアコンの室内配管が丸見え、というご家庭は、ぜひとも化粧カバーの取り付けをオススメします! ただし、屋外高所の作業は十分にお気を付け下さい。 次はをご紹介します。 こんな記事も読まれています• トイレや洗面、お風呂場などの壁と床が接する部分、ふと見た時に隙間ができていたことってありませんか? 壁と床の間 […]• どの家庭にも玄関には傘立てがある思うのですが、意外と場所を取るので邪魔ではありませんか? 玄関に必ず置く靴には […]• トイレにはスプレーや掃除道具など細かいものが多いにもかかわらず、収納がありません。 トイレに収納があったら便利 […]• インターホンや玄関のドアホンのレンズは、屋外にあるため曇ったり黄ばんでしまうことがよくあります。 特にマンショ […]• 椅子を長年使用していると、座面のカバーが破けたり合成皮革がボロボロになったりして、どうしても劣化してしまうもの […]• 戸建てや建売の境界線に良く使われているワイヤーフェンス。 うちの家の横にもあるのですが、あれは簡易的な境界線と […].

次の

【楽天市場】エアコン配管関連 > エアコン配管カバー:住宅専門金物卸販売 キザイ本舗

エアコン 配管 カバー 後付け

配菅カバーを取り付けると 見た目がキレイ、劣化から配管を守る、エアコンの熱交換の効率がよくなる、などのメリットがあります。 配菅は外部で直射日光や雨・風にさらされているのでテープ巻きの場合は数年で劣化し破れることになります。 配管は断熱のスポンジシートを付けてからテープでしっかり巻かれていますが、テープが劣化して熱がこもるとエアコン自体の機能が落ちる原因にもなりかねません。 配菅カバーを取り付けると 劣化から守り機能の低下も防ぐことができます。 配菅カバーを取り付けると見た目がかなり違ってきます。 外壁や室内の色にあわせて カバーを取り付けられ、 部屋の雰囲気をこわしません。 壁穴には丸いウォールカバーで蓋をするので仕上がりもキレイでおすすめです。 配菅カバーを取り付けるとテープ巻きに比べて費用がかさみます。 なぜかというと 配菅カバーはオプション扱いだからです。 新規の場合はエアコンの取り付け相場の10,000円~18,000円をスタートに、カバーパーツの種類や長さを足していくので 最終的には見積り次第になります。 既存のエアコンにカバーを付ける場合は、新設の2倍以上費用が掛かります。 これはエアコンの取り外し・取り付け工事が必要になるため、どうしても高額になってしまいます。 取り付け費用は家電量販店での価格と専門業者によってもかなり異なります。 家電量販店の取り外し価格を例にすると4,000円くらいですが、エアコン専門業者では2倍の8,000円が相場です。 一般論としていうならば、 エアコン専門業者のほうが技術がしっかりしているのでおすすめです。 劣化した場合に 自分でテープを巻くことも可能です。 用意するのは 粘着テープと非粘着テープの2種類です。 劣化しにくいおすすめのメーカーはセキスイ、トーヨー、因幡、ミリオンのテープです。 日東電工のテープは持ちが良くないのでおすすめしません。 テープの価格は因幡の粘着・非粘着テープで合わせても 1000円前後で購入できます。 巻き方は キャンパステープ巻きにします。 これは粘着テープを配管に巻き付けてから、その上に粘着テープを巻き付け、しっかり保護するやり方です。 最初に非粘着テープが使われているため、上に巻き付ける粘着テープが微調整しやすく、ヨレずに巻くことができます。 巻くときのポイントは必ず 下から上に向かって巻き付けます。 逆にするとホコリがテープの重なり部分に入り込んで劣化を早める原因になります。

次の

エアコンの化粧カバーを自分で後付けする方法

エアコン 配管 カバー 後付け

配菅カバーを取り付けると 見た目がキレイ、劣化から配管を守る、エアコンの熱交換の効率がよくなる、などのメリットがあります。 配菅は外部で直射日光や雨・風にさらされているのでテープ巻きの場合は数年で劣化し破れることになります。 配管は断熱のスポンジシートを付けてからテープでしっかり巻かれていますが、テープが劣化して熱がこもるとエアコン自体の機能が落ちる原因にもなりかねません。 配菅カバーを取り付けると 劣化から守り機能の低下も防ぐことができます。 配菅カバーを取り付けると見た目がかなり違ってきます。 外壁や室内の色にあわせて カバーを取り付けられ、 部屋の雰囲気をこわしません。 壁穴には丸いウォールカバーで蓋をするので仕上がりもキレイでおすすめです。 配菅カバーを取り付けるとテープ巻きに比べて費用がかさみます。 なぜかというと 配菅カバーはオプション扱いだからです。 新規の場合はエアコンの取り付け相場の10,000円~18,000円をスタートに、カバーパーツの種類や長さを足していくので 最終的には見積り次第になります。 既存のエアコンにカバーを付ける場合は、新設の2倍以上費用が掛かります。 これはエアコンの取り外し・取り付け工事が必要になるため、どうしても高額になってしまいます。 取り付け費用は家電量販店での価格と専門業者によってもかなり異なります。 家電量販店の取り外し価格を例にすると4,000円くらいですが、エアコン専門業者では2倍の8,000円が相場です。 一般論としていうならば、 エアコン専門業者のほうが技術がしっかりしているのでおすすめです。 劣化した場合に 自分でテープを巻くことも可能です。 用意するのは 粘着テープと非粘着テープの2種類です。 劣化しにくいおすすめのメーカーはセキスイ、トーヨー、因幡、ミリオンのテープです。 日東電工のテープは持ちが良くないのでおすすめしません。 テープの価格は因幡の粘着・非粘着テープで合わせても 1000円前後で購入できます。 巻き方は キャンパステープ巻きにします。 これは粘着テープを配管に巻き付けてから、その上に粘着テープを巻き付け、しっかり保護するやり方です。 最初に非粘着テープが使われているため、上に巻き付ける粘着テープが微調整しやすく、ヨレずに巻くことができます。 巻くときのポイントは必ず 下から上に向かって巻き付けます。 逆にするとホコリがテープの重なり部分に入り込んで劣化を早める原因になります。

次の