お きっこ 期待 値。 期待値の計算法と意味。その使い方と注意点|アタリマエ!

スナイパイ71|天井恩恵 期待値 ハイエナ狙い目 やめどき 朝一リセット 有利区間

お きっこ 期待 値

相手から思っている以上に期待されて、失望される。 そんなことがありますよね。 僕がコンサルをしている時もそうでした。 そこで期待値コントロールについての本を探したのですが、 めぼしいものはありませんでした。 そこで、私が調べた期待値コントロールの方法について、この記事で紹介したいと思います。 期待値コントロールの方法がわからない人は必見です。 私がコンサルティングファームで働いている時に身につけた手法を余すことなく紹介しますね! 具体的には、• 期待値コントロールとは?• 期待値コントロールの方法3つ• 期待値コントロールを実践出来ないとどうなるか? この記事は5分で読めます。 周りの期待値が高すぎて消耗している人が5分後には、「こうして期待値コントロールすればいいのか!」と納得できる記事にしていますので、ぜひ一読を! 期待値コントロールとは? 期待値コントロールとは何でしょうか? 私が考えている期待値コントロールとは、 相手が期待しているハードルの高さを調整することです。 期待値とは、期間やお金、製品のスペック等様々な部分で人間は自分の過去のデータから『このぐらいだろう』という予想を立てたもの。 つまり両者の「想定」がずれた場合、「期待してたのにいまいち」という評価になってしまうのです。 期待値コントロールのゴール地点は、「 両者の想定ゴールが同じ」となることだと考えています。 そうしないと自分が「100点の仕事した!」と思っていても、相手には0点に写っている可能性があります。 次の章から「両者の想定ゴール」を同じにする方法、すなわち期待値コントロールの方法を紹介していきますね! 期待値コントロールの具体的な方法3つ 期待値コントロールの方法は、三つあります。 明確なゴールを設定する• 相手の知識量を理解する• 無理な場合は断れ! それでは順番に紹介しますね! 明確なゴールを設定する 明確なゴールを設定すると期待値コントロールすることができます。 では、明確なゴールとは何でしょうか?それは「 数値」です。 目標管理などは絶対に数値にするようにしてください。 ダメな例は、「 チームに貢献する」「 仕事を取ってくる」などの抽象的な目標を立ててしまうことです。 良い目標としては「 設計書のレビューを20枚行う」「 案件を10件取ってくる」などですね。 数値で目標管理することが、最初の期待値コントロールになるのではないでしょうか? ちなみに僕がしていた目標管理術は、A目標とB目標の二段階で管理することです。 例えば、A目標は全てがうまくいった場合に達成できること。 B目標は70点でできることを出しておくのです。 A目標は、1週間で 5枚の設計書を完成させる。 B目標は、1週間で 3枚の設計書を完成させる。 のように目標を立てておくことです。 これを上司にそのままいうと「A目標の期待値」が設定されてしまいますよね。 なのでB目標だけ伝えておくのです。 自分のなかの期待値を下げてしまうと、成長が止まってしまいます。 よく見かけるのが絶対達成できる目標のみを掲げて、怠けてしまうことです。 相手と自分の期待値を一致させた上で、自分の目標はもうひとつあるのが成長していく素晴らしい人間ですね。 目標は数値で、明確なゴールを設定すると期待値コントロールができます。 相手の知識量を理解する 相手の知識量を理解して話すことが重要ですね。 なぜならば、相手の知識量を理解していないと、とんでもない期待をしているパターンがあるからです。 例えば、システムエンジニアの要件定義がそうなのですが、サーバーの稼働時間が24時間だと思っている人がいた場合に「深夜帯はメンテナンスで止まります」と伝えると面倒なことになります。 相手を納得させるためには、 なぜそうなっているかの根拠を伝えることが重要ですね。 例えば、富士山の山頂のペットボトルは値段が高いですが、それに文句を言う人はいないですよね。 それは富士山の山頂に輸送するお金がかかるからです。 通常よりもお金をかかることが容易に想像できるからです。 しかし近所のスーパーが富士山の山頂と同じ金額で販売していたらどうでしょうか?間違いなく文句が殺到しますよね。 何で値上げしているかわからないからです。 このように 人は自分の常識、つまり知識から期待値を勝手に築いているものなのです。 相手の知識量を理解して、期待値をコントロールしましょう。 無理な場合は断れ! 無理な相談を持ちかけられたら断りましょう。 絶対に断ってください。 断ったら評価とか落ちそうで嫌なんですけど。 むしろ無責任に引き受けて、完了出来ない方が評価は下がります。 自分が頑張ればどうにかなるものは、引き受けても大丈夫です。 しかし最初から無理だとわかっているものもありますよね。 その場合は「出来るかわかりません」ではなく、「出来ません」と断ってください。 僕の同期はよく「一旦挑戦してみます。 」という言葉を使っていました。 とても上手に物事を進めるタイプだな〜と思った記憶があります。 「挑戦だから出来なくても文句言うなよ」という思いを、言葉の下に眠らせているのです。 出来なくても「挑戦したんだけど、ダメでした。 」というだけで、損にはなりません。 普段難しいことを断っていて気まずい人は「一旦、挑戦してみます」を使ってみると良いかもしれません。 しかし無理なものは、断った方が期待値コントロールとしてはうまくいきます。 期待値コントロール出来ないとどうなるか? ここまで、期待値コントロールの方法を紹介しました。 ゴールを明確にする• 相手の知識量を理解する• 無理な場合は断れ! 三つを実践して、うまく期待値のハードルをコントロールしましょう。 最後に期待値コントロールが出来ないと、どんなことになるか紹介しますね。 上司の評価が低くなる• 顧客からの要求が高くなる• 自分やチームが高すぎる期待に答えようとして消耗する 高すぎる期待に、答えようとしすぎて消耗することもありますよね。 それで残業が多くなり「自分は何をしているんだろう」と思うことがあります。 赤の他人のために、自分が消耗するなんてばからしくないですか?自分の好きな人とかならまだしも、 嫌いな上司や どうでもいい先輩のためなんですよ? でも逃げられないんだもん。。。 そうなんですよね。 「 みんながやっているから」という理由で逃げられない、断れない人はたくさんいます。 それで精神が病んでうつ病になって、休職して辞めて。 そんな人をたくさん見たり、聞いたりしました。 僕のいる業界はとてもハードで「デスマーチ」と呼ばれるとてつもない環境でした。 その時に感じたのは、 上司や先輩が顧客の期待値をコントロール出来てないんですよ。 だから自分の部下に、しんどい思いをさせるような案件しか取れないのです。 今きついのはあなたのせいではないです。 でも逃げ出せないのはあなたのせいですね。 今すぐ逃げることも可能ですので。 まずは期待値コントロールを試みて、 無理なら別の評価される環境で再出発するのが良いでしょう。 逃げる手段を持っておくと気軽に仕事することが出来ますし、仕事を断ることも出来ます。 選択肢を多く持っておきたいですね! あわせて読みたい!.

次の

【完全版】ギャンブル期待値ランキング!公営ギャンブルからパチスロ、カジノの天下一武道会!!

お きっこ 期待 値

「期待値」とは? 「期待値」の表現の使い方• 「期待値」と「確率」の違い• 「期待値」の求め方• ガチャの期待値とは? 「期待値」とは? 「期待値」とは、その施行 行為、購入など によってどれくらいの期待ができるのかを数値で表したものです。 数学的には1回の施行に対する平均値という定義がありますが、一般で使う時には数値とはしないことも多く、例えば、 「そんな期待値で行う気にもなれない」などと使われています。 数学的に使う場合には、 「期待値として2. 5個だから、3個の消費では損になる」といった具合で、これは1回の施行に何かを3個消費する必要があり、それに対して期待できる平均値が2. 5個だという場合の例になります。 「期待値」の表現の使い方 「期待値」の表現の使い方を紹介します。 この言葉を詳しく説明するとなると、宝くじがいい例になります。 つまり、1枚300円の宝くじを10枚 3000円分 購入すると、期待値 金額 としては1350円です。 よって、かなり不利なギャンブルだと言えますが、1等や2等といった大当たりが高額に設定されている為、それらの 「夢」を求めて そのようにうまく煽っていると言えます 購入する人が多いのです。 「期待値」の求め方 具体的に期待値を求めてみます。 この宝くじが1枚200円で販売数が5万枚の場合、売上げ総額 完売時 は1000万円になります。

次の

【パチスロ咲

お きっこ 期待 値

なのに、借金総額は500万円以上。 それでも働きたくない。 働かずに得たカネで、借金を全部返したい……。 「マニラのカジノで破滅」したnoteで有名になったTwitter上の有名人「犬」が、夢が終わった後、短かった闘いを振り返り、喫緊の金策のアイディアを綴っていく当連載。 最終回を見届けられるのが先か、借金で破滅するのが先か……すべては犬次第だ。 オンラインサロンなんかで「高め合う関係」なんて触れ込みで人を集めているのを見て辟易するタイプだったが、その言葉自体は間違っていないのかもしれない。 集団にいれば嫌でも色はつく。 誰が最初に始めたか、誰からともなく流行り始めたパチスロはいつの間にかみんなの食い扶持になり、趣味になり、募金箱になっていった。 パチスロを始めた頃は稼げると思ってやっていたし、当時教えてもらったやり方で実際に利益が上がる理屈も頭でわかっていた。 ことパチスロで言えば「期待値」「機械割」と言うものが存在し、計算に基づいた一回あたりの見込み利益がプラスになる場合に打つことによって、最終的には手元に巨万の富が残ると言う。 パチスロ雑誌やブログを漁ればいくらでも出てくる情報だったが、当時の僕は上京したての19歳。 新宿と渋谷の区別も、2chとニコニコ動画の区別もつかない純粋無垢な剥きたて卵だったので、インターネットを介して出会った大学生にわざわざ情報をまとめてもらったメモデータをもらってパチンコ屋に向かっていた。 今、このおじいさんが辞めたこの台はあと少しで当たるから期待値2,000円、青年が打っているあの台は設定6の示唆が出ていたから機械割が117%……パチンコ屋は数字でできていた。 いたって冷静だ。 僕は友達と資金を共有して打つことが多かった。 コインを4回だけ投げて全部表になることはあるかもしれないが、1,000回も投げれば表が出る回数はより500回に近づくだろう。 これを「収束」と言う。 確率を扱う時、たくさん実験すればするほど計算通りの値に近づいていく。 コインの例で言えば50%だ。 友達と資金を共有することで確率の収束を促し、より確実に勝とうとしていた。 「乗り打ち」の誕生だ。 パチスロで金を増やす時は大きく勝ったり小さく負けたりしながら、台選びを徹底して打ち続けなければならなかった。 20分歩き回って見つけた台を30分ほど打つ。 終わればまた違う台を探す。 極めて機械的だ。 徹底されたパチプロにとってパチンコ屋は、待ち合わせをした夜の歌舞伎町と変わらない。 自分を怪しく照らすネオンの中を、客引きの甘い言葉やホワイトボードを持つ女の子には目もくれずに目的の店が見つかるまで歩いて探す。 僕がなぜギャンブルで負け続け、多額の借金を抱えているか。 「どうしたら勝てるんだろう?」 と無知蒙昧なままに7年間も頭を傾げ続けていたのではない。 「ギャンブルを続ければ勝てないってわからないのか?」 と、当然の正論を投げてくれる人もいるが、ギャンブルの仕組みを全く知らないままでいられるほど、この時代の情報の網の目は粗くない。 ではなぜか。 ギャンブルを愛してしまったからだ。 「遊技機」であるパチスロでは、大きく勝つ時に普段と違う動きをする。 画面がブラックアウトしたり、今まで見たこともないような演出が現れたり。 普段と違う顔を見せた彼らは必ずと言っていいほど僕らに大勝ちをくれる。 みんなでラーメンを食べる予定が高級焼肉になる。 「へへ、ラッキーだったな」 と、見向きもしなかったパチスロ台の隠れた一面を見て高揚する自分に気づいたのだ。 今まであまり打ってこなかったあの台はこんな一面もある。 期待値こそプラスでないものの、その秘められた一面を一度でも直接見てやりたい。 当然、友達と乗り打ちをする時にそんな勝手はしない。 だが一人で打つ時は違う。 たとえ計算上は負けるとわかっていても、その時だけ勝てば関係ないだろう。 そう思っていた。 無論一人で打つ時だけ計算から除外されるはずもないので、たとえたまたま勝ったとしても何度も何度も繰り返せば負けていく。 パチプロは新しい台が出る時、すぐには打たない。 台の情報が出て、勝てるタイミングを解析し、少し遅れてから打ち始める。 僕は新品の新しいゲームを見るために初日に打ちに行く。 こうしてパチスロは稼ぐためのものから娯楽へと変わっていった。 友達と一緒に打ってる間は勝てることが多かったのでうやむやになっていたが、世間とひとまわり遅れて仲間たちが進学、就職をしていくにつれて一人、また一人と減っていき、最終的には一人暮らしをしながら毎日近所のパチンコ屋に行き、現実に直面する。 当然だが、パチスロは一人で適当に打てば大体負ける。 趣味で打っては負ける日を繰り返し、でも今さらストイックに勝てる台だけを探すのも面倒になった僕は、天に神様を探すようになった。 God is in the details. 神は細部に宿る。 パチスロ台の中にも小さい神様がいて、きっと僕の信仰心を見てくれるはずだ。 そう思って打ち始めた。 そんな都合の良い神はいないと決して知らなかったわけではない。 計算通り負けていくことも知らなかったわけではない。 ただ、「そうなっていった」のだ。 数字を無視するようになってずいぶん経つが、今ではストレスのない気持ちでパチンコを打てている。 18歳になるまで、僕は宇宙飛行士になりたかった。 数学は得意な方だった。 知らないことを知る喜びも人並み以上に感じていた。 だが受験戦争に耐えるだけの忍耐力はなかった。 天才ではなかった僕は、無邪気に知識と戯れたまま行きたい大学に行けるほどの頭を持っていなかったのだ。 パチスロを覚えた時、楽して稼げると思っていた。 仕組みを理解するのは難しくなかった。 だが誘惑に勝って台を選び続けるほどのストイックさを持っていなかった。 同じパチンコ屋なのに、立ち回り方が違うだけで「勝ち組」のレッテルはすぐにひっくり返る。 どれだけ頭でわかっていようと、楽しいだけで飯は食えない。 飯が食えなくてもいいから今楽しみたい。 その気持ちがギャンブルで負け始めるきっかけになる。 堕楽だ。 ここ2か月ですっかり負けがこんでしまっていた。 調子の良し悪しではない。 計算上妥当な結果だ。 そしてこういう時に限って少し勝ったりするのだろう。 大きく負けて小さく勝つ。 僕のギャンブル人生は波打ちながら確実に下へ下へと落ちていく。 千葉で見つけたパチンコ屋にフラッと入り、5,000円くらいなら、と半分惰性で適当な台に座る。 宇宙に行けなかった僕には、他にやりたいことなんてない。 2時間後、店から出た僕は4万円持っていた。 完全な粘り勝ちだった。 5,000円の予算のつもりが当たらず、諦めないでもう1,000円入れたところで大きく勝った。 諦めない心がギャンブルの神様の目にとまったのかもしれない。 God is in the deteals. スティーブ・ジョブスも引用したこの言葉を、神に祝福された僕も送ろう。 その後仕事を辞めて、全財産をかけてカジノに乗り込んだが、そこで大負け。 全財産を失い借金まみれに。 その後は職を転々としつつ、総額500万円にもなる借金を返す日々。 Twitter、noteでカジノですべてを失った経験や、日々のギャンブル遊びについて情報を発信している。

次の