シャドバ 自然 ビショップ。 【シャドバ】自然エイラビショップで16連勝のデッキレシピ!自然エイラはアグロとコントロールの両方のプランを選べるのが面白い?!デッキコードあり!

【シャドバ】自然守護ビショップで19連勝のデッキレシピ!守護ビショップは自然ビショップと組み合わせれば攻撃性能もドローもあるからTier1を狙えるかもしれない?!デッキコードあり!

シャドバ 自然 ビショップ

自然守護ビショップ(19連勝デッキ、ローテーション) <> わま氏がローテーション19連勝を達成した自然守護ビショップのデッキレシピです。 アルティメットコロシアムの新カードは、「」「」「」の3種類が採用されています。 自然ビショップの要素と、守護ビショップの要素が両方入っているハイブリッド型のデッキタイプですね。 ハイブリッド型のデッキでは、どちらにどのぐらい寄せるかという構築上の問題があり、 様々なバランスの構築を試してみないと分からないという難しさがあると思います。 このデッキの場合は、純自然ビショップ(例:アニエスナーフ前の)と比べると、 3枚 1枚 1枚 が減らされているので、 デッキ内のナテラの大樹が合計5枚ほど少ない計算です。 ナテラの大樹が少なくなると、「」「」のパワーも落ちるのですが、 3枚 1枚 の合計4枚がデッキから抜かれています。 さらに、「」も不採用ですね。 その代わりに採用されているのが、新カードの「」「」「」を含めた守護ギミックで、 3枚 3枚 3枚 3枚 3枚 2枚 上記のように、 守護ギミックは合計17枚採用されています。 この中には、リーダー付与能力で永続的に効果が得られる「」や、1枚で複数の守護を出せる「」「」があるので、 ハイブリッド型でギミックの総枚数が少なめでも機能しやすいと思います。 ちなみに、 Twitterのデッキ画像のタイトルにTier1とあるのですが、グランドマスター帯で19連勝なので、Tier1を狙えるデッキパワーがあっても不思議ではないでしょう。 Tier1を狙えるデッキの条件として、 ・デッキパワーが高い(個々のカードパワーが全体的に高い) ・上振れの上限値が高い ・ドローソースが豊富 ・攻撃性能が十分にある(リーサルターンの早さ) などが挙げられると思います。 デッキパワーが高いのは当然という感じですが、 個々のカードパワーの高さに加えて、カード同士の相性やマナカーブの要素なども入ってきますね。 特に、Tier1ともなると、上振れた場合に並の動きをしてきた大部分のデッキに勝てて、苦手なデッキに対してもチャンスがあったり、対面の上振れにも対応できることが求められますね。 ただし、 ドローソースが豊富でないと、キーカードを引きづらかったり、事故率が高くなったりするので、高いデッキパワーを活かせない確率が高くなります。 それから、コントロールに徹するようなデッキは厳しいイメージで、あらゆるデッキタイプを封殺するような万能性を持たせることは困難なので、攻撃性能の高さは要求されると思います。 これはリーサルターンの問題とも言い換えられて、 攻撃的な動きをする選択肢があり、他の環境デッキと比べてリーサルターンが遅くないことが重要です。 自然守護ビショップが果たしてTier1を狙えるかどうかですが、 守護ビショップに組み合わせる相方として、自然ビショップは悪くないように思えます。 しかし、 自然ビショップと組み合わせると、疾走フォロワーの多さから攻撃性能が高く、ナテラの大樹でドローを回せるという利点もあります。 もともと「」のカードパワーの高さは騒がれていましたし、「」はスタッツがどこまでも上がることから、カードパワーの上限がなく、上振れを狙えるカードかもしれないです。 というわけで、ビショップの中では自然守護ビショップはなかなか有望なのではないでしょうか。 ———— 守護 【ラストワード】自分のリーダーは「自分のターン開始時、聖騎兵2体を出し、この能力を失う」を持つ。 【ファンファーレ】このバトル中、自分のリーダーは「相手のターン中、相手のフォロワーが守護を持つ自分のフォロワーに攻撃するとき、相手のリーダーに2ダメージ」を持つ。 リーダーはこの能力を重複して持たない。 Xは「破壊されたとき守護を持っていた自分のフォロワーの数」である。 【エンハンス 5】相手のフォロワー1体にXダメージ。 自然守護ビショップの連勝デッキのツイッター 今日ビショップのみでグラマス1到達しました! 最高19連勝です — わま 185tjg6SzYYJmDS.

次の

【シャドバ】自然ビショップとドロシーウィッチ対策に守護ロイヤルデッキを作った結果

シャドバ 自然 ビショップ

一部を除いて、このコスト帯はターンが経過すればするほど価値が下がっていくという特徴を持っている。 ここの採用を厚くすることで序盤を強くしつつ、そこで不足するリソースを自然軸で補う。 と関係性は良好。 目一杯強い札を採用したいところだ。 2T目に着地する上振れはもちろんのこと、元が1コスなのであらゆる除去手段においてアドを得ることが出来る究極のデコイ。 また副次的な効果として、低コスト故の捨てやすさも注目したい。 自然ビショップはエンハンスミルフィから本格的に動き出すデッキなので、それまでに手札を減らしておくことが求められる。 そこで1コスト余ったところに手札を減らしに行けるのが単純ながら便利な状況が多く、相手からしても除去せざるを得ないので、結果エンハミルフィに繋がることにもなってくる。 手札の枯れやすさを考慮しても基本採用しない手はないだろう。 ピン採用が面白い。 デスティニーを確定リクルートすることでターン経過で価値が落ちてくるデスティニーをデッキからなくしつつ先4でも後4でも強固な展開を行うことが出来る。 総じてミラーや自然ネクロに、後攻から強く出る為の選択肢として採用するかどうか。 マリガンキープしやすく、デスティニーやエンジェルラットと合わせて上振れムーブを支えることが出来る他、回復シナジーでクルトのAOE打点を向上させ、序盤の手札消費の激しさをカバーしてくれる。 これも6T以降になってくると盤面を埋めてしまう点が気になるが、このデッキは序盤に使いたいカードと終盤に使いたいカードがハッキリ分かれているので手札の選択肢を広げることが出来るのは重要。 場捌けの悪さが裏目になることも多いが、疾走持ちであることもあって価値が下がっていく点はあまり気にならない。 デスティニーとの絡みや盤面除去としての役割も大きい為、1T目に置くかどうかは手札との相談になってくる 2T目が黄金都市になりそうなら3T置きの方が良いことも多い。 ミルフィやパニッシャーが大樹をそのまま打点に変換するので、大樹生成札は採用し得と筆者は考えている。 10T以降の回復効果も疾走札が思ったように引けず、コントロールに持ち込まれてしまったとしても押し切られない要素として活躍することが多い。 ミラーでは特に温存を前提に行動しよう。 「黄金都市をリクルートする」という選択肢が存在する為、2パスが存在しないというのも自然都市ビショップの利点の一つ。 その為無難な札を入れる必要が低く、純粋に強力な採用をしやすい。 今回のテーマ。 ナテラの大樹と合わせると盤面を二つ半永久的に埋めるデメリットと引き替えに、多くのメリットを産み出すスゴイやつ。 アミュレットはもちろん、エンジェルラットやデスティニーの参照カードになるのが強いが、黄金都市を採用する理由はエクセスプリーストの存在が大きい。 詳しくは後述するが、無条件確定リクルートという確実性が自然ビショップの強さに繋がっていることは言うまでもないだろう。 マナのところでも触れた通り、自然ビショップは大樹をそのまま打点に変換してくれるので、2PP分のテンポロスがほとんど気にならない。 クルトとのシナジーや0コス大樹でミルフィ、パニッシャーを起動するなど様々な使い道が想定できる。 またそれらがなくても次のターンのトップでアニエスを引く可能性がある為、ターン終了前に0コス大樹を使うもったいないプレイはしないように。 ムニャール登場や黄金の鐘でも疾走は発動できるので、大樹が置けてない序盤でも疾走しつつ大樹を置けるのが本当に強い。 アミュレット版クルトと言うべき超攻撃的なフォロワー。 先2Tで返しに除去が飛んでこない相手では黄金都市よりも優先して置いていきたい。 自然ビショップの明確な弱点として挙げられるビートダウン性能の低さ、それは盤面除去をフォロワーで行うとデッキの打点が落ちていく点にある。 クルトを使うまでもない様な序盤の盤面においては、法典で盤面を取っておくことで相対的に疾走札などを顔に回せるようになり、打点も向上する。 また進化権が残しやすくなるということは顔への打点はもちろん、エンハミルフィやムニャール進化飢餓といった選択肢をより手厚いものにしてくれると考える。 案内人やヘリオ辺りを消滅できると嬉しいが、あまり積み過ぎるのも能動的な行動が取れなくなる可能性があるので採用枚数は慎重に。 2T目の選択肢に黄金都市がある為、上振れ期待値も低く安定性も高いわけではないとなると採用は難しい。 テンポロスの少なさや母なる君の起動がミルフィ前に出来る可能性など評価できる点も多いが、2コスト以上で後半の腐りやすさがあるというのはやや厳しめ。 母なる君確定サーチorシヴァ入り不確定サーチという面白い要素を混ぜることが出来る。 とはいえ母なる君自体割と多めに積みたいカードである上、起動はミルフィ後を想定していることを考えるとデッキ圧縮力的に確定サーチの価値はやや下がる。 後述するとの絡みで注目された。 地味に進化後、飢餓に耐える。 またエンハミルフィ前だと手札が多すぎるということもちまちま発生し、法典など除去を増やしたくなってしまうがそれでデッキ自体のパワーを落としてしまうのはいかがなものか? と筆者は思う。 これでクルトを引ける可能性があった、とかならまた話は別だったろうけども。 「黄金都市の次に繋がる」というポイントにおいては比較的優秀な部類になるのだが、ターン開始時のバフがなかなか扱いづらい。 セクメト後に置いたアミュレットのフォロワーはバフを受けられずダメージを受けてしまう点、セクメトに顔進化を切ってもこちらのフォロワーの体力が削られるデメリットが厳しくなってしまう点を考慮すると、AOE要員としてもやや力不足が目立つ。 プロダクトマシーンが少ない環境故、仕方ないね 大型大会で結果を出し、注目されているカード。 スフィンクスや進化エフェメラを疾走させることで意表を突いたリーサルプランを取れるようになる。 スフィンクス自体の価値がやや下がっているので相対的にこのカードの評価も高くはしにくいが、面白い発想だとは思う。 ここは必須枠が多く、あまり他の札を採用しにくい事情がある。 大樹によるテンポロスを消すパワーはピカイチ。 自然ビショップはアニエス以上に、ミルフィによってコントロール帯に入っても尚継戦可能なスタイルを取ることが出来るというのが強い。 ナイトの守護をカウントしなければバーン効率はパニッシャーの方が高かったり、手札が燃えるような状況ではエンハンス後大樹を温存するといったプラン、ナイトを一体出して進化相打ちから展開するなど柔軟な使い方が可能。 一方でこのカードがエンハンスで打てない試合はどうしても苦しくなってしまうことが多いので、手札に一枚しかない時はなかなか出しにくい。 序盤の盤面をリセットする最強のAOE。 黄金都市でパスが発生することが確定している他、ワンダーコックやスフィンクスといったテンポロスを取り返す上で重要になる。 しかしながら進化権が切れると弱いという観点から、1枚や2枚採用に減らされていることも多いようだ。 筆者の考えとしては、単純に進化を切ることで得られる恩恵が最大であること、ミラーが先攻有利である以上後手捲りとしてクルトがいないというのはお話にならないこと。 これらを踏まえて3投している。 ただし漆法典を増やしてクルトを1枚削る、といった変え方はアリかもしれない。 黄金都市型とは合わない、というだけで自然軸のとの相性は実はかなり高め。 現環境は「リノセウスのプレイ枚数」「破壊された大樹の枚数」「破壊されたラストワード持ちの枚数」からも分かる通り、1ターンの価値が重いデッキが多い。 一方で自然ビショップを見てみると、それらに該当するのは精々母なる君ぐらいで、それもミルフィ後を想定している状況が大半であることを考慮すれば、7PPまで飛ばせるマーウィンの恩恵はかなり大きいのだ。 惜しむらくは、マーウィンが落ちるのは黄金都市と同じOOTであることだ……。 エンハンスは母なる君や伊達政宗を無効化してくれるが、エクセスで消されてしまう可能性がある以上、4コスト帯がダブつくこのデッキでは採用しがたい。 オラッ賛美しろ黄金都市が落ちたら呪具を使う自然ビショップが出てくる可能性があるかもしれない。 本当か? ちなみに進化飢餓賛美パンチも出来る。 縦のフォロワーを取るのはエクセスで大体役割が補えている。 また地味にクルト進化やルベルで盤面返された時に攻撃してないことが多いので、効果自体不発な可能性がある。 うん……大体母なる君で良いよね。 黄金都市が落ちると出番あるかも。 声に出して叫びたい名前。 クルト進化やアニエス、ルベル等ヘルス5に対し圧をかけられる上後攻時ではより強力になってくれる除去兼展開役。 ただ黄金都市でも盤面に長く残ってしまうのがやや厳しい評価になってしまうか。 黄金都市抜きの構築だとなかなか頼れる。 除去がインフレしまくった結果、選択不可守護のバリアが大して堅くない上、盤面の狭さが気になるだけになってしまった。 結晶が混じっているので全てというわけではないが、ここからは対ミラーや自然エルフといったコントロール帯での有利を広げる為の採用になる。 特に対ミラーはデッキを限界まで使うので、このコスト帯の採用がどれだけあるかで勝負が決まってしまいやすい。 ミラーを含めて、エンハミルフィの後にキーになるカード。 ミラーでは母なる君への返し手段として最も優秀なのが母なる君であるので、とにかくミラーが多い今では枚数を多く積んでおきたいところ。 通称巻き込みおじさん。 黄金都市下では2コストランダム消滅という最強の除去札へと化ける。 黄金都市を採用する理由の大半はエクセスプリースト警戒をさせるところにあり、これがクルトと一緒に存在しているというのが対面していて相当ケアしにくい。 また地味に本体もかなりの性能で、ミルフィ前にやることがなくてもポン置きで相打ちを強要できると、レアリティ詐欺を感じさせる一枚。 ボイスすき 誤チェストにごわす。 コストダウンする4点疾走が強いというのはもちろんだが、母なる君やミルフィ、クルトと一緒に出て疾走するという使い方で相手に処理を困難にさせることが出来るというのがビートダウン性能の低い自然ビショップにおいては超重要。 10T目にアニエス飢餓ジャスティス飢餓とか出来ると楽しい。 本当にナーフしないんですか……? 母なる君と合わせて3枚体制にする、というスタイルが最近増えた模様。 回復とバーンはロングゲームであればあるほど重要になるので当然強いのだが、2枚目の価値が下がること、エンハミルフィ前はハンドリソースが少なく、ピン差し程度では8T以降に手札に来て使えない可能性が高いことを考えると果たして1枚分の枠を潰してでも入れるかどうか決めきれないところだった。 シヴァポン置きしてる余裕ある試合って大体シヴァなくても勝ってると思う。 アニエスアニエスギルネうおおおおおお! 真面目に考えると優勢時には押し込みとしてそれなりに強い反面、押されてる時に押し返すカードではないので攻撃要素が十分ある自然ビショップではそこまで入れる必要はない。 序盤では強いが中盤だと微妙、終盤出すには及第点と時間帯によって価値が変動してくるカード。 クルトがあると急にとんでもないカードになるが、流石に警戒されすぎて環境初期ほどの活躍は出来なくなってしまった。 とはいえ置き方次第で処理の難しい厄介なフォロワーになることは確かなので、採用価値は十分に高い。 ただ3投はないかなぁ……母を減らしてスフィンクスにすると、ミラーで少し弱くなるがそれ以外には強くなるという特徴がある。 無条件キープは黄金の鐘、デスティニーウィングナイト、楽園の聖獣辺り。 一部対面を除いてアニエスも1枚までキープ。 後攻なら聖弓の使い手・クルト、先攻なら手札次第でフェザーフォルクパニッシャーなどもキープ対象になる。 また2T目にデスティニーウィングナイトが出せるようなら合わせてキープ推奨。 また自然ビショップは明確な「これ」という動きが存在しない 後4クルト、7Tエンハミルフィも結局は選択肢の一つとして有力なだけ。 なので常に次のターンにどう動くかを手札と相談しながらそのターンの動きを考えることが重要になってくる。 今強い動きをすべきか、次のターンに強い動きをすべきか……このプレイングの理解度が高まれば高まるほど一つ上のプレイヤーへと成長できるだろう。 この対面は実質ライブラリーアウトまでの耐久戦。 その上で先攻はジャスティスマナの10T効果を先に発動できること、先に展開することで相手に除去選択を強いることが出来ることが大きく、先攻有利気味。 破壊されたアミュレットの枚数を確認しながら、アニエスをケアしつつ相手のエンハミルフィが置けないような盤面を作っていこう。 後攻捲りとしてはクルト、聖獣、シヴァなどが該当する。 また中盤において相手の体力を10以下にまで削っておくと飢餓アニエスで削りきれる可能性があるので、休息やクルトで回復されることも考慮しながら狙っていこう。 ちなみに筆者はアニエスをマリガンで返すことが多いが、これは耐久プランの方が方針として楽な為。 ナーフやなんやと騒がれてるものの、自然ビショップのデッキとしての完成度自体は目を見張るものがある。 アニエスが強すぎるという意見はまあその通りなので反論はしないとしても、アグロからミッドレンジ、そしてコントロールまで、あらゆる時間帯をミルフィを初めとした自然軸が持つリソース回復力で対応できるようにしているが故の完成度、故の強力さというのは、強いデッキとはなにか? という問いへの一つの答えではなかろうか。 例えばROBベータ版復讐。 あれはセクゥマが復讐軸のカードの価値そのものを引き上げたことで、復讐軸自体をグッドスタッフデッキに変換するという手段で強力なデッキにしていた。 では自然ビショップはどうかと言うと、アンチコントロールデッキに対してはアグロプランを、それ以外にはコンシードまで耐えるプランを使いこなすことで、圧倒的なまでの対応力を獲得したオールレンジデッキとして存在しているのだ。 残念! 切腹!!!.

次の

【シャドバ】守護エイラビショップのローテーション最新デッキレシピ【シャドウバース】

シャドバ 自然 ビショップ

自然ビショップとエイラビショップを組み合わせた複合デッキで、自然ビショップのアグロプランとエイラビショップのコントロールプランを選べるとのことです。 森羅咆哮の新カードは、「」など疾走持ちでアグロプランを支えるカードと、「」などコントロールプランを支えるカードの両方が採用されています。 このデッキで特有の動きとして、 エイラの祈祷で疾走フォロワーをバフして、一気にリーサルを狙うことができます。 例えば、盤面にエイラの祈祷とナテラの大樹とムニャール登場が置かれているとして、ムニャール登場が開くタイミングで、 アニエス2枚+ムニャール+回復4枚(リペアモード、荒野の休息、10ターン目以降のジャスティス・マナ) とすると、 1ターンに20点以上のOTKが可能です。 ちなみに、エイラの祈祷とナテラの大樹で盤面が2つ埋まっている状況が想定されるので、黄金の鐘は採用しにくいのですが、同じく2枚引ける「」がありますし、「」などのナテラの大樹供給カードがドローソースとして機能します。 このデッキタイプは、ニュートラルの自然関連カード「」「」「」の採用が、ぴったりハマっていると思います。 3枚以上なら、さらに、自分のリーダーは「自分のターン終了時、自分の場に母なる君がいないなら、母なる君1体を出し、進化させて、この能力を失う」を持つ。 リーダーはこの能力を重複して持たない。 荒野の休息(ニュートラル) 荒野の休息(ニュートラル) ブロンズ スペル(自然) 2コスト 自分のリーダーを2回復。 ナテラの大樹1枚を手札に加え、そのコストを0にする。 ナテラの大樹(ニュートラル、関連カード) ナテラの大樹(ニュートラル) ブロンズ アミュレット(自然) 1コスト 【ファンファーレ】自分の場に他のナテラの大樹があるなら、ランダムに1つを破壊する。 【ラストワード】カードを1枚引く。 自然エイラビショップの連勝デッキのツイッター 自然エイラビショップで16連勝!!! 自然ビショのアグロプランとエイラクルト母でのコントロールプランが選べて最高に楽しいデッキです。

次の