ポケモンgo カイリュー。 【ポケモンGO】トレーナーバトルの鬼がオススメする「マスターリーグ用に育てたいポケモン」第3弾

【ポケモンGO】カイリューのおすすめ技と評価|ゲームエイト

ポケモンgo カイリュー

現在『』では、伝説レイドバトルに『 ラティオス』が登場しています。 このラティオスですが、かつて猛威を振るっていた「 胃袋(いぶくろ)」のわざ構成に出来ると話題になっています。 筆者もラティオスを捕まえた時に胃袋になっているのを発見して「うおおおお!」とテンションが上がりました(笑)。 現在ドラゴンタイプといえば、 ドラゴンテールとげきりんのわざ構成を持ったカイリューが多く使われています(いわゆるテルりんカイリュー)が、かつて最強のわざ構成だった「胃袋」を持ったラティオスの強さが気になりませんか? 今回はラティオスとカイリューを比較し、胃袋の強さを実戦で検証してきました。 はたして、現環境でも胃袋は通用するのか!?(文:えだまめ) これからバトルする方はも紹介しているので参考にしてください。 そもそも「胃袋」って? なんでそんなに話題なの? 上記で少し触れましたが「 胃袋ってそもそもなんなの?」というトレーナーさんも多いはず。 まずは胃袋について紹介します。 カイリューのわざ厳選の結果、どのわざ構成になったかを表すときなどに使用されていました。 かなりのダメージ効率で当時最強のわざ構成だった 色々とわざの種類があるなか、胃袋だけが有名になった理由は、当時トップクラスのダメージ効率のわざ構成だったためです。 胃袋にカイリューの元々のステータスの高さが合わさると、まさに最強のポケモンでした。 カイリューにまともに対抗できるポケモンは当時「 ラプラス」くらいしかおらず、胃袋カイリューさえ手に入れば、ジムバトルでかなり有利に立ち回ることができました。 カイリューのわざ変更により作成が不可能に そんな胃袋カイリューですが、アップデートで大幅なわざの変更がされたときに、りゅうのいぶきとドラゴンクローがカイリューの覚えるわざから削除されてしまいました。 その代わりに追加されたのが、ドラゴンテールやげきりんという現在主流になっているわざというわけです。 作成が不可能になってしまったことと、テルりんカイリューがかなり強力なことから、胃袋カイリューはあまり話題にならなくなってしまいました。 そんな胃袋がラティオスで再び蘇った! 先日実装された「 ラティオス」が覚えるわざのなかにりゅうのいぶきとドラゴンクローがあります。 そう、再び胃袋を作ることが可能になったのです!! 昔、胃袋カイリューを使っていたトレーナーさんや、当時に胃袋カイリューをゲットできなかったトレーナーさんの間で「また胃袋を使うことができる!」とかなり話題になりました。 これが胃袋の歴史と、今回話題になった経緯となります。 ラティオスとカイリューのステータス比較 「胃袋が強いのはわかったけど、ラティオスってそもそも強いの?」というトレーナーさんも多いはず。 そこでカイリューとラティオスのステータスを比較してみました。 HPが低い分、防御力がかなり高いので、トータルでの耐久力はほぼ互角ですね。 実際に使ってみた! 圧倒的な攻撃速度に驚愕! 実際にカイリューとラティオスでハピナスと戦ってみました。 攻撃を避けずにひたすら殴り続けるという検証方法をとりました。 まずはカイリューで戦ってみました。 出だしは好調でしたが、やはりマジカルシャインが弱点なのがイタい。 ゲージわざを使われてしまうと一気にHPを削られてしまいます。 やはり耐久力の違いが、総ダメージ量と耐久時間に大きく影響したようですね。 レイドバトルなどの 長期戦においてはラティオスの方が優秀という印象。 しかし カイリューの方が瞬間火力は高いので、ジムバトルなどHPの低い敵などにはカイリューを使用することで、うまく棲み分けることもできそうですね。 カイリューと戦ってみた 実際にラティオスを使用するとき、先ほどの検証のようにハピナスと戦うというシチュエーションはあまりないですよね。 胃袋で運用するので、主にジムバトルで カイリューや ボーマンダと戦うときに使用することが多いと思います。 なので、特にジムに配置されている可能性の高いカイリューと戦って火力を検証してみました。 相手のカイリューのCPは 3,153。 げきりんを使用してくる強敵でした。 今回は実戦を意識したので、先ほどの検証とは違い、回避を織り交ぜつつ戦いました。

次の

ポケモンGO カイリューの出現場所 【大阪】

ポケモンgo カイリュー

シーズン中は勝利数によって1〜10のランク付けが行われ、ランクが高いほどリワード(報酬)も良くなる。 ランク10に到達すると、「最強」を目指してレーティングに挑戦することになる。 ランクはシーズン中に下がることはないが、レーティングは負けると下がる仕組みだ。 バトルシステムは、個体値の「こうげき」に新たな意味を持たせた。 これまで対人戦は、耐久性とレベルの高いポケモンが有利なシステムだったが、GOバトルリーグでは互いのポケモンが同時にスペシャルアタックを使った場合、こうげきが高いポケモンの方が先制する仕組みに。 「チーム編成がより一層奥深いものとなるはず」という。 わざの特殊効果(自分の攻撃力を上げたり、相手の防御力を下げたりする)の扱いも変わり、ポケモンを交代させると、それらの効果がリセットされることになった。 「ステータスに影響を与えるわざをさらに追加する上で、その効果をリセットすることも選択肢の1つとして加えたいと考えた」。 これにより、例えばステータスを引き下げるわざは交代を促し、反対にステータスを引き上げるわざを使うとなるべく交代を避けるようになる、といった駆け引きが生まれるという。 わざの追加と変更 新規に追加されたわざは、「オクタンほう」「ミラーショット」「はどうだん」など5種類。 はどうだんはルカリオが覚える。 カイオーガは2ゲージのみずわざ「なみのり」を覚える 既存わざでアップデートが実施されるのは11種類。 中でもコミュニティ・デイ限定わざの「ハイドロカノン」は相手に与えるダメージが減ることになった。 「現在のハイドロカノンには調整が必要だと判断し、ダメージを下げた」(Niantic)。 この他、「セレビィ」がくさタイプの「タネばくだん」を覚えたり、カイオーガが2ゲージわざの「なみのり」を覚えたりするなどトピックは多い。 レガシーわざの復活は、「カイリキー」の「クロスチョップ」、「ゲンガー」の「シャドークロー」など12のわざが対象。 新たに追加されたわざ オクタンほう:相手のこうげきを大幅に下げる、チャージが遅めのスペシャルアタック。 「オクタン」と「キングドラ」が覚える ミラーショット: 相手のこうげきも下げるチャージの素早いスペシャルアタック。 「ナットレイ」「ジバコイル」「ギギギアル」「フォレトス」が覚える とどめばり:使用後に自分のこうげきも上げるチャージの素早いスペシャルアタック。 「スピアー」「ドラピオン」「ビークイン」「ハリーセン」が覚える はどうだん:強力なかくとうタイプのわざ。 「ルカリオ」が覚える ばかぢから:素早く繰り出せる強力なかくとうタイプのわざ。 使用後は自分のこうげきとぼうぎょが低下する。 「カイロス」「ハリテヤマ」「カビゴン」「ドサイドン」「メルメタル」が覚える 仕様を変更する既存のわざ つじぎり:トレーナーバトルで必要とされるエネルギーが減少し、一定の確率で自分のこうげきを大幅に上げる こごえるかぜ:一定の確率で相手のこうげきを低下させる ハイドロカノン:トレーナーバトルで与えるダメージが減少 やつあたり/おんがえし:トレーナーバトルでチャージする時間が長くなり、与えるダメージが大きくなる。 全てのシャドウポケモンが覚えている「やつあたり」が、リトレーンすることで「おんがえし」になるため、万能になりすぎないように調整した どろかけ:ジムバトル、レイドバトル、トレーナーバトルでの「どろかけ」のダメージが上がる すなじごく:トレーナーバトルで使用した際、チャージ時間が短くなる代わりにダメージが減少。 相手のぼうぎょを一段階下げる。 「ガブリアス」「ドダイトス」「グライオン」が覚えるようになる じしん:ジムバトルとレイドバトルでのダメージがアップ。 オーバーヒート、りゅうせいぐん、サイコブースト:トレーナーバトルでより素早くチャージできるようになるが、使用後は自分のこうげきが大幅に低下する。 バランスを保つために一部のダメージ値を引き下げる。 インファイト:トレーナーバトルでより素早くチャージされるようになるが、使用後は自分のぼうぎょが大幅に低下する 関連記事• スマートフォンゲーム「ポケモンGO」で12月の「コミュニティ・デイ」の内容を明らかにした。 12月14日(土)と15日(日)の2日開催とし、今年コミュニティ・デイの対象となった11種類のポケモンが全て大量発生する。 18年の対象ポケモン11種もレイドバトルやタマゴで登場。 イオンは、スマートフォンゲーム「ポケモンGO」で一部のイオングループ店舗に設置しているポケストップとジムが12月1日に消去されると発表した。 スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)の伝説レイドバトルで12月18日の早朝から「ビリジオン」が登場する。 10月2日、私はEXレイドのドタキャンとは別のトラブルで焦っていました。 それは……招待状を送ったK氏の遅刻! 果たしてデオキシスは獲れたのでしょうか? 関連リンク•

次の

【ポケモンGO】いぶくろカイリューやWシャドーゲンガーが復活! 絶対に作っておくべき“レガシー技”持ちポケモン

ポケモンgo カイリュー

シーズン中は勝利数によって1〜10のランク付けが行われ、ランクが高いほどリワード(報酬)も良くなる。 ランク10に到達すると、「最強」を目指してレーティングに挑戦することになる。 ランクはシーズン中に下がることはないが、レーティングは負けると下がる仕組みだ。 バトルシステムは、個体値の「こうげき」に新たな意味を持たせた。 これまで対人戦は、耐久性とレベルの高いポケモンが有利なシステムだったが、GOバトルリーグでは互いのポケモンが同時にスペシャルアタックを使った場合、こうげきが高いポケモンの方が先制する仕組みに。 「チーム編成がより一層奥深いものとなるはず」という。 わざの特殊効果(自分の攻撃力を上げたり、相手の防御力を下げたりする)の扱いも変わり、ポケモンを交代させると、それらの効果がリセットされることになった。 「ステータスに影響を与えるわざをさらに追加する上で、その効果をリセットすることも選択肢の1つとして加えたいと考えた」。 これにより、例えばステータスを引き下げるわざは交代を促し、反対にステータスを引き上げるわざを使うとなるべく交代を避けるようになる、といった駆け引きが生まれるという。 わざの追加と変更 新規に追加されたわざは、「オクタンほう」「ミラーショット」「はどうだん」など5種類。 はどうだんはルカリオが覚える。 カイオーガは2ゲージのみずわざ「なみのり」を覚える 既存わざでアップデートが実施されるのは11種類。 中でもコミュニティ・デイ限定わざの「ハイドロカノン」は相手に与えるダメージが減ることになった。 「現在のハイドロカノンには調整が必要だと判断し、ダメージを下げた」(Niantic)。 この他、「セレビィ」がくさタイプの「タネばくだん」を覚えたり、カイオーガが2ゲージわざの「なみのり」を覚えたりするなどトピックは多い。 レガシーわざの復活は、「カイリキー」の「クロスチョップ」、「ゲンガー」の「シャドークロー」など12のわざが対象。 新たに追加されたわざ オクタンほう:相手のこうげきを大幅に下げる、チャージが遅めのスペシャルアタック。 「オクタン」と「キングドラ」が覚える ミラーショット: 相手のこうげきも下げるチャージの素早いスペシャルアタック。 「ナットレイ」「ジバコイル」「ギギギアル」「フォレトス」が覚える とどめばり:使用後に自分のこうげきも上げるチャージの素早いスペシャルアタック。 「スピアー」「ドラピオン」「ビークイン」「ハリーセン」が覚える はどうだん:強力なかくとうタイプのわざ。 「ルカリオ」が覚える ばかぢから:素早く繰り出せる強力なかくとうタイプのわざ。 使用後は自分のこうげきとぼうぎょが低下する。 「カイロス」「ハリテヤマ」「カビゴン」「ドサイドン」「メルメタル」が覚える 仕様を変更する既存のわざ つじぎり:トレーナーバトルで必要とされるエネルギーが減少し、一定の確率で自分のこうげきを大幅に上げる こごえるかぜ:一定の確率で相手のこうげきを低下させる ハイドロカノン:トレーナーバトルで与えるダメージが減少 やつあたり/おんがえし:トレーナーバトルでチャージする時間が長くなり、与えるダメージが大きくなる。 全てのシャドウポケモンが覚えている「やつあたり」が、リトレーンすることで「おんがえし」になるため、万能になりすぎないように調整した どろかけ:ジムバトル、レイドバトル、トレーナーバトルでの「どろかけ」のダメージが上がる すなじごく:トレーナーバトルで使用した際、チャージ時間が短くなる代わりにダメージが減少。 相手のぼうぎょを一段階下げる。 「ガブリアス」「ドダイトス」「グライオン」が覚えるようになる じしん:ジムバトルとレイドバトルでのダメージがアップ。 オーバーヒート、りゅうせいぐん、サイコブースト:トレーナーバトルでより素早くチャージできるようになるが、使用後は自分のこうげきが大幅に低下する。 バランスを保つために一部のダメージ値を引き下げる。 インファイト:トレーナーバトルでより素早くチャージされるようになるが、使用後は自分のぼうぎょが大幅に低下する 関連記事• スマートフォンゲーム「ポケモンGO」で12月の「コミュニティ・デイ」の内容を明らかにした。 12月14日(土)と15日(日)の2日開催とし、今年コミュニティ・デイの対象となった11種類のポケモンが全て大量発生する。 18年の対象ポケモン11種もレイドバトルやタマゴで登場。 イオンは、スマートフォンゲーム「ポケモンGO」で一部のイオングループ店舗に設置しているポケストップとジムが12月1日に消去されると発表した。 スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)の伝説レイドバトルで12月18日の早朝から「ビリジオン」が登場する。 10月2日、私はEXレイドのドタキャンとは別のトラブルで焦っていました。 それは……招待状を送ったK氏の遅刻! 果たしてデオキシスは獲れたのでしょうか? 関連リンク•

次の