ローズ ゼラニウム 効能。 ローズゼラニウム精油の嬉しい効能!簡単な保湿化粧水の作り方も

ローズゼラニウム(アロマ)の効能は?精油の活用方法も解説

ローズ ゼラニウム 効能

ローズの香りを持つ【ゼラニウム】の嬉しい7つの効果と注意すべき副作用 ゼラニウムは南アフリカ原産の伝統的なハーブの一種です。 南アフリカでは古くから痛みの緩和、火傷や創傷、感染症の治療のため使用されてきました。 17世紀にヨーロッパへ持ち込まれ、その後、世界中に広がり、現在では多くの人々に親しまれています。 ゼラニウムの主な成分は、リナロール、ゲラニオール、シトロネオール。 また、ゼラニウムの根の部分にはタンニンと呼ばれる強力な成分が含まれています。 ゼラニウムのこれらの成分は、ストレス解消やリラックス効果、腎臓の機能の改善や免疫力アップ、また胃腸の炎症を和らげたりと、身体に嬉しいことばかりです。 ゼラニウムにはいくつかの品種がありますが、ここでは安全に摂取することのできる、ゼラニウムペラゴニウムをご紹介します。 バラに似た香りを持つことから「ローズゼラニウム」とも呼ばれています。 ゼラニウムの嬉しい7つの効果 1. リラックス効果、自律神経を整える ゼラニウムの香りには、精神を安定させ、自律神経を整える効果があります。 ストレスからくる不安やイライラを静めリラックスすることができます。 さらには気分を高め、気持ちを前向きにする効果もあるので、心と体のバランスを整えるには最適のハーブです。 鎮痛剤効果 ゼラニウムは頭痛や生理痛などといった痛みを和らげる効果があります。 慢性的な頭痛や生理痛にお悩みの方にはゼラニウムティーがオススメです。 ゼラニウムティーを飲むことによって、脳内でエンドルフィン(鎮痛作用をもたらす脳内の伝達物質)が働き、痛みを和らげることが研究によってわかっています。 デトックス効果、消化不全解消 ゼラニウムの揮発性の成分の一部は腎臓の機能を改善し、過剰に摂取した塩分や脂肪などを体外へ排出するデトックス効果があります。 胃腸の不調に悩んでいる方にはゼラニウムティーがオススメです。 ゼラニウムティーを飲むことによって、胃腸の炎症を和らげ、不快感の原因となる細菌を体外へ排出し、消化器官を正常な状態に戻します。 また、ゼラニウムの成分であるタンニンは炎症を和らげる効果があるので、下痢や膀胱炎などの症状にも効果的です。 免疫力アップ ゼラニウムは天然の抗菌・消毒剤と言ってもいいほどの性質を持っています。 ゼラニウムティーを飲むことで、免疫力を高め、風邪のひきにくい体質にすることができます。 また、風邪やインフルエンザになった時、症状を和らげる効果もあります。 美肌効果、皮膚疾患の改善 ゼラニウムのエッセンシャルオイルは肌の皮脂バランスを調整します。 保湿効果があるので肌に潤いを与え、シワやシミを予防し、若返りの効果にも期待できます。 クレンジングオイルにゼラニウムオイルを少量加えて使用することで毛穴の汚れを取り、同時に血行を良くする効果もあるので顔色も良くなります。 また、ゼラニウムのオイルは抗炎症作用にとても優れているので、ニキビや湿疹などの皮膚疾患にも効果が期待できます。 最近の研究では、ゼラニウムオイルは帯状疱疹の痛みを和らげることがわかっています。 生理不順、PMS(月経前症候群)の改善 ゼラニウムの香りにはホルモンバランスの乱れを整える効果があります。 そのため女性の悩みの生理不順やPMS、酷い生理痛などにも効果が期待できます。 虫除け効果 成分のシトロネオールには虫除け効果があります。 虫はゼラニウムの香りが苦手なため、虫が寄ってこなくなります。 欧米では家の庭先にゼラニウムを植え、虫除けをする家庭もあります。 1日1回、食後や寝る前にゼラニウムティーを飲み、リラックスするのもオススメです。 オイルをお風呂に数滴たらして入浴することで、リラックス効果の高いバスタイムを楽しむことができます。 ストレス解消することもできるのでうれしいですね。 また、クレンジングオイルにゼラニウムオイルを少量加えて使用することにより、美肌効果に期待できます。 注意点 ゼラニウムにはたくさんの嬉しい効果がありますが、正しく使用することが大切です。 使用できるのはローズの香りのゼラニウム(ゼラニウムペラゴニウム)のみです。 また、ゼラニウムに含まれるタンニンの過剰摂取は下痢などの副作用を引き起こす可能性があるので、続けて3週間以上服用する場合は、専門医や主治医などに相談しましょう。 妊娠中、授乳中の方のご使用はお控えください。

次の

ゼラニウムの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

ローズ ゼラニウム 効能

この記事の目次• アロマオイルで人気のローズゼラニウムの効能とは ガーデニングでも人気の高いゼラニウムは、フウロソウ科・テンジクアオイ属に分類される植物の総称です。 その中でも、アロマオイルや精油として使われるのは、「ローズゼラニウム」という種類で、その名の通り、ローズに似た甘い香りがします。 そんなローズゼラニウムですが、効能としては、 ・自律神経を整える。 ・ホルモン分泌を整える。 ・リンパの流れを良くする。 など、女性にとって嬉しい効能がたくさんあります。 他にも精油を肌に使う時は、血行を促進してくれるので、肌の若返り効果もあります。 変わったところでは、止血や、防虫にも使うことができます。 アロマオイルでリラックス!ローズゼラニウムの特徴と効能 アロマオイルとして使った場合の、ローズゼラニウムの特徴と効能をご紹介します。 ローズゼラニウムには、バラの香りにもある、シトロネロールがゲラニオールなどが含まれており、その成分がバラにも似たフローラルな香りを発します。 その成分には、自律神経を整えてくれる働きがあり、ストレスでイライラしている心と体を鎮めてくれます。 アロマオイルの種類のなかで、「ローズ」もありますが、その精油はとても高価なため、手が出しづらいという人もいます。 しかし、その代わりとしても、ローズゼラニウムとても良い働きをしてくれますので、愛用している人は数多おり、人気の高いオイルとなっています。 また、ローズゼラニウムは、ホルモンバランスを整える働きもしてくれます。 そのため、生理不順や、生理前にイライラしてしまう人、更年期障害の人におすすめです。 アロマオイルの効能とは?ローズゼラニウムの活用法 アロマオイルの効能としてももちろんですが、ローズゼラニウムの活用法についても見ていきましょう。 ローズゼラニウムは、自律神経や、ホルモンバランスの調整にも優れていますが、他にもこんな効果があります。 ・虫除け効果。 虫の多い季節になったら、ローズゼラニウムのアロマオイルを焚けば、自分のストレスを解消してくれるだけではなく、虫除けにもなって一石二鳥の頼もしいアイテムになります。 ・痛みを取る。 ローズゼラニウムは、鎮痛効果もあり、頭痛や関節の痛みにも効果を発揮します。 ストレスから来る頭痛に悩んでいる人は、ローズゼラニウムを試してみると良いでしょう。 ・眠れない時。 ローズゼラニウムは不眠症にもその効果を発揮します。 寝室にアロマポットを置いて焚いても良いですが、「持っていない」「火事が心配」という方は、ハンカチなどにオイルを染みこませて、枕元に置いても、その効果を得られます。 ローズゼラニウムの使用時の注意点や相性が良い精油 アロマオイルと同じように見えて、ちょっと違う精油についてご説明させていただきます。 精油は別名「キャリアオイル」とも呼ばれています。 アロマオイルは、より良い香りにするためだったり、保存期間を長くするために、他のオイルなどが混ぜられ、肌に付けることを想定していないものがあります。 一方「精油」はその成分のすべてが植物によるものなので、香りを楽しむだけではなく、数滴を薄めて肌に付けることができます。 商品によって、その使用方法や、使用期限は異なりますので、説明書をよく読んでご使用ください。 そういったことを踏まえたうえで、ローズゼラニウムの使用時の注意点や相性が良い精油などを学んでいきましょう。 ローズゼラニウムは、ホルモンバランスを整えてくれる効果がありますが、そのため妊娠中の女性に使うのには注意が必要となります。 「少しくらい」と思っていても、お腹の中の胎児になんらかの影響が出る可能性もあります。 出産が終わるまで、使用は控えましょう。 ローズゼラニウムだけを楽しむことも良いですがそれだけではなく、その他の精油もブレンドして使うことがあります。 ブレンドにおける注意点ですが、たくさんの効果を得たいからといって、アレコレをいっぺんに混ぜるのはやめましょう。 予期せぬ香りに体調を崩したり、肌トラブルが出た場合、あまり混ぜすぎると、原因の特定が難しくなります。 最初は2種類を混ぜることから始めてください。 ローズゼラニウムと香りの相性の良い物は数多くありますが、クラリセージや、ベルガモット、ラベンンダーやサンダルウッドもブレンドすることによって、より良い香りを楽しむことができます。 また、肌への効果を期待する場合は、パインやローズウッド、パルマローザやミルラなどとブレンドすると効果が高まります。 ローズゼラニウムが赤ちゃんにも優しい!肌の悩みも改善! 「あかちゃんの為にも虫除けはしたいけど、薬剤の刺激が心配」そういう方には、ローズゼラニウムで作った虫除けスプレーがオススメです。 スプレーボトルにローズゼラニウムの精油と無水エタノールと精製水を混ぜるとナチュラルな虫除けスプレーの完成です。 しかし、これは薬剤が入っていなくて、赤ちゃんにも優しいとはいえ、無水エタノールはアルコールの一種ですし、精油の持つ刺激もあります。 ですので、赤ちゃんの肌に直接触れないように気を付けてください。 ベビーカーの外側から吹きかけたり、窓や玄関の周りに吹きかけて使用してください。 また、それ以外にも、肌の悩みの改善に役立ちます。 ローズゼラニウムはお肌における、皮脂の分泌を整えてくれる働きもあります。 ですので、乾燥肌の人も、オイリータイプの人もその肌の調子を整えてくれます。 また、シミ対策や、アンチエイジングにもオススメです。

次の

ゼラニウムの精油の効果効能 | アロマオイル効能ガイド

ローズ ゼラニウム 効能

この記事の目次• アロマオイルで人気のローズゼラニウムの効能とは ガーデニングでも人気の高いゼラニウムは、フウロソウ科・テンジクアオイ属に分類される植物の総称です。 その中でも、アロマオイルや精油として使われるのは、「ローズゼラニウム」という種類で、その名の通り、ローズに似た甘い香りがします。 そんなローズゼラニウムですが、効能としては、 ・自律神経を整える。 ・ホルモン分泌を整える。 ・リンパの流れを良くする。 など、女性にとって嬉しい効能がたくさんあります。 他にも精油を肌に使う時は、血行を促進してくれるので、肌の若返り効果もあります。 変わったところでは、止血や、防虫にも使うことができます。 アロマオイルでリラックス!ローズゼラニウムの特徴と効能 アロマオイルとして使った場合の、ローズゼラニウムの特徴と効能をご紹介します。 ローズゼラニウムには、バラの香りにもある、シトロネロールがゲラニオールなどが含まれており、その成分がバラにも似たフローラルな香りを発します。 その成分には、自律神経を整えてくれる働きがあり、ストレスでイライラしている心と体を鎮めてくれます。 アロマオイルの種類のなかで、「ローズ」もありますが、その精油はとても高価なため、手が出しづらいという人もいます。 しかし、その代わりとしても、ローズゼラニウムとても良い働きをしてくれますので、愛用している人は数多おり、人気の高いオイルとなっています。 また、ローズゼラニウムは、ホルモンバランスを整える働きもしてくれます。 そのため、生理不順や、生理前にイライラしてしまう人、更年期障害の人におすすめです。 アロマオイルの効能とは?ローズゼラニウムの活用法 アロマオイルの効能としてももちろんですが、ローズゼラニウムの活用法についても見ていきましょう。 ローズゼラニウムは、自律神経や、ホルモンバランスの調整にも優れていますが、他にもこんな効果があります。 ・虫除け効果。 虫の多い季節になったら、ローズゼラニウムのアロマオイルを焚けば、自分のストレスを解消してくれるだけではなく、虫除けにもなって一石二鳥の頼もしいアイテムになります。 ・痛みを取る。 ローズゼラニウムは、鎮痛効果もあり、頭痛や関節の痛みにも効果を発揮します。 ストレスから来る頭痛に悩んでいる人は、ローズゼラニウムを試してみると良いでしょう。 ・眠れない時。 ローズゼラニウムは不眠症にもその効果を発揮します。 寝室にアロマポットを置いて焚いても良いですが、「持っていない」「火事が心配」という方は、ハンカチなどにオイルを染みこませて、枕元に置いても、その効果を得られます。 ローズゼラニウムの使用時の注意点や相性が良い精油 アロマオイルと同じように見えて、ちょっと違う精油についてご説明させていただきます。 精油は別名「キャリアオイル」とも呼ばれています。 アロマオイルは、より良い香りにするためだったり、保存期間を長くするために、他のオイルなどが混ぜられ、肌に付けることを想定していないものがあります。 一方「精油」はその成分のすべてが植物によるものなので、香りを楽しむだけではなく、数滴を薄めて肌に付けることができます。 商品によって、その使用方法や、使用期限は異なりますので、説明書をよく読んでご使用ください。 そういったことを踏まえたうえで、ローズゼラニウムの使用時の注意点や相性が良い精油などを学んでいきましょう。 ローズゼラニウムは、ホルモンバランスを整えてくれる効果がありますが、そのため妊娠中の女性に使うのには注意が必要となります。 「少しくらい」と思っていても、お腹の中の胎児になんらかの影響が出る可能性もあります。 出産が終わるまで、使用は控えましょう。 ローズゼラニウムだけを楽しむことも良いですがそれだけではなく、その他の精油もブレンドして使うことがあります。 ブレンドにおける注意点ですが、たくさんの効果を得たいからといって、アレコレをいっぺんに混ぜるのはやめましょう。 予期せぬ香りに体調を崩したり、肌トラブルが出た場合、あまり混ぜすぎると、原因の特定が難しくなります。 最初は2種類を混ぜることから始めてください。 ローズゼラニウムと香りの相性の良い物は数多くありますが、クラリセージや、ベルガモット、ラベンンダーやサンダルウッドもブレンドすることによって、より良い香りを楽しむことができます。 また、肌への効果を期待する場合は、パインやローズウッド、パルマローザやミルラなどとブレンドすると効果が高まります。 ローズゼラニウムが赤ちゃんにも優しい!肌の悩みも改善! 「あかちゃんの為にも虫除けはしたいけど、薬剤の刺激が心配」そういう方には、ローズゼラニウムで作った虫除けスプレーがオススメです。 スプレーボトルにローズゼラニウムの精油と無水エタノールと精製水を混ぜるとナチュラルな虫除けスプレーの完成です。 しかし、これは薬剤が入っていなくて、赤ちゃんにも優しいとはいえ、無水エタノールはアルコールの一種ですし、精油の持つ刺激もあります。 ですので、赤ちゃんの肌に直接触れないように気を付けてください。 ベビーカーの外側から吹きかけたり、窓や玄関の周りに吹きかけて使用してください。 また、それ以外にも、肌の悩みの改善に役立ちます。 ローズゼラニウムはお肌における、皮脂の分泌を整えてくれる働きもあります。 ですので、乾燥肌の人も、オイリータイプの人もその肌の調子を整えてくれます。 また、シミ対策や、アンチエイジングにもオススメです。

次の