としまえん事故。 としまえん 伝説のアフリカ館

ライフジャケットが命取りに?としまえんプール小3死亡事故で指摘

としまえん事故

15日午後2時10分ごろ、東京都練馬区の遊園地「としまえん」のプールで、埼玉県朝霞市仲町の小学3年、森本優佳さん(8)が倒れていると通報があった。 警視庁練馬署などによると、プール内に設置された遊具の下で溺れた状態で見つかり、意識不明の状態で病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。 同署が事故原因や死因を調べている。 出典;毎日新聞 としまえんは、 事故が起こったアトラクションを閉鎖。 夜間イベント「ナイトプール」についても、15日の実施を中止する予定と発表しています。 亡くなった女の子は、 水に浮く遊具の下に潜り込んで出られなくなった可能性があり、練馬署がさらに状況や死因を調べているとのこと。 お盆でにぎわう時期に起こってしまった痛ましいプール事故に、驚かれた方も多いのではないでしょうか? 亡くなられた女の子のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。 『ふわふわウォーターランド』の画像はこちら。 出典; 出典; 出典; 事故が発生した『ふわふわウォーターランド』は、 競泳用のプールに空気で膨らませた遊具が浮かぶファミリー向け有料施設です。 エアスライダーや、大きな浮島「ビッグアイランド」や、子ども用につくられた浮島「キッズアイランド」などの水遊び遊具があるとのこと。 亡くなられた女の子は、 このうちの「ビッグアイランド」と呼ばれる遊具の下で発見されたという事です。 ビッグアイランドは、 空気が注入された大きい浮島の上を移動していく遊具で、 プールは水深が最大1. 9メートルと深くなっています。 多くのご家族に人気の施設かと思いますが、このような痛ましい事故が起こってしまったことは、本当に残念というほかありません。 スポンサーリンク としまえんプール事故の原因 出典; 今回の プール事故の原因としては、どういったものがあるのでしょうか? 事故当時、としまえんのプールは同アトラクションの利用者約270人を含め、 約3800人の来場者が居たそうですが、 特に混雑しているという状況ではなかったようです。 また このエリアでは監視員が正午と午後2時、利用客にプールから上がってもらったうえで点検定時点検もおこなっており、 定時点検以外では、7人の監視員がプールの外から見守りをしていました。 ですので、混雑もしておらず、監視員が不足していたというわけでもなさそうですね。 また、身長110センチ以下の子どもは大人の付き添いが必要となっていますが、 女の子の身長は 110センチ以上で、ライフジャケットも着けていたとのこと。 監視員は、利用客に「遊具の下に潜り込まないように」と呼びかけていたようですが…、 女の子は、 なんらかの原因で誤って入り込んでしまったと考えられます。 もし、 プールから転落するなどして入り込んだのが一瞬の出来事であれば、親御さんも気づかなかったのかもしれませんね。 親御さんも『娘がいない』と監視員に相談するなど、すぐに姿を探されたようですが、なかなか見つけられなかったと考えられます。 監視員の見守りやライフジャケットの着用など、安全対策はなされていたものの、起こってしまった事故。 今後同じような事故を繰り返さないためにも、原因をしっかりと明らかにしてもらいたいと思います。 また、係員が呼びかけるだけではどうしても事故を防ぎきれない部分もあるかと思いますし、今後アトラクションのつくりも見直されると良いですね。 命を救うためにつけていたライフジャケットが原因で死亡事故につながるとは、誰も予測できなかったのではないかと思います。 としまえんプール事故女児名前 今回のプール事故で亡くなられた女の子の、現時点で公表されている情報をまとめます。 亡くなられた森本さんのご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の方々に心よりお悔やみを申し上げます。 スポンサーリンク としまえんプール事故ネット反応 スポンサーリンク 最後に いかがでしたか? ネットの反応は様々で、実際にプールに訪れた方からは怖いと思ったという声も聞かれました。 親御さんの責任を問う声もあるかと思いますが、色んな事情があるかと思いますし、一瞬たりとも目を離さないのは不可能でもあります。 これは、やんちゃ盛りの子供をもつ親なら誰しも一回は実感したことがあるのではないでしょうか? 親御さんが一番ご自分を責めて辛いお気持ちでいらっしゃると思いますし、責めるばかりの意見には賛同できません。 このような悲しい事故が起こらないためにも、今後どういった対策が必要なのか。 今一度、プール側も、施設利用側も、考える必要があるかもしれませんね。 最後になりましたが、改めて、亡くなられた女の子のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

次の

ライフジャケットが命取りに?としまえんプール小3死亡事故で指摘

としまえん事故

プールマットの下で発見 事故はなぜ起きた? 8歳女児がプールでおぼれ、死亡した事故…ライフジャケットを身に着けていたにもかかわらず、なぜ痛ましい事故は起きてしまったのだろうか? 東京・練馬区の遊園地「としまえん」のプールで8月15日午後2時過ぎ 森本優佳さん(8)がおぼれているのが発見された。 目撃者: 「休憩入ります」と言ってみんなが(プールから)上がり始めたときに悲鳴が聞こえて…お母さんですかね。 (女の子は)顔真っ白で上げられてぐったりしていた。 優佳さんが遊んでいたのは、空気で膨らませた遊具をプールに浮かべた「ふわふわウォーターランド」。 滑り台からプールに飛び込んだり、マットの上を走ったりなどできるタイプのアトラクションだ。 このプールは最も深い箇所で水深が1m90cmあり、利用の際にはライフジャケットの着用が必須。 優佳さんもライフジャケットを身に着けた状態で遊んでいたという。 午後1時以降、優佳さんの父親が「娘がいない」とプールの監視員に相談。 午後2時前に監視員がプールに潜り捜索したものの、優佳さんを発見することはできなかったという。 その後、午後2時の定時点検の際、プールに浮かぶマットの下でうつ伏せの状態で発見された。 このプールを子どもと利用したことがあるという父親は… 子どもとプールで遊んだことのある父親: 一番怖いなと思ったのが(落ちるとマットに)上がることができないんです。 一応(ライフジャケットを)着けてるので沈みはしないんでしょうけど、そこから這い上がるのは大人でも厳しい ライフジャケットを身に着けていた優佳さんは水面に浮かぶ遊具の下に体が入り込み、顔を出せなくなってしまったのだろうか? 父の相談からタイムラグ…なぜ発見は遅れた? 加藤綾子キャスター: うーん。 本当になんでっていう言葉しか出てこないですよね 風間 晋解説委員: そうですね。 事故のあったプールでは、正午と午後2時に水中も確認する定時点検があって、優佳さんは午後2時の点検で水中から発見されました。 父親が「娘がいない」と監視員に相談した時刻は午後1時以降ということで、その時の詳しい状況も含めてわかっていないんですが、プールは常に水の事故と隣り合わせの施設じゃないですか。 相談された時点で遊泳者全員にプールから上がってもらって「水中の確認もやってみよう」という発想があっても良かったのではないかと思うんですね。 警察は当時の詳しい状況について、調べを進めている。 (「Live News it! 」8月16日放送分より).

次の

としまえんで女の子が事故!事故の原因や他の施設の防止策に注意点は?

としまえん事故

事故があったのは、東京都練馬区の遊園地「としまえん」のプール。 15日午後、女児は監視員に発見され、病院で死亡が確認された。 女児が遊んでいたのは、水面に浮かべた大型遊具などがある子ども向けエリア「ふわふわウォーターランド」。 プールは最も深いところで1・9メートル。 利用者全員にライフジャケットの着用を求めていて、女児も身につけていた。 警視庁は、遊具の下に潜り込んだ後、ライフジャケットの浮力で出られなくなり、おぼれた可能性があるとみて調べている。 事故を受け、今シーズンはこのエリアの営業を取りやめた。 大型遊具は空気で膨らませるもので「エア遊具」と呼ばれている。 製造・販売会社などでつくる「日本エア遊具安全普及協会」(東京)によると、エア遊具は屋外に設置する大型の滑り台などで普及が始まり、約20年前からショッピングセンターの子ども向けコーナーなどでも目立つようになった。 5年ほど前から、海水浴場やプ….

次の