モスコミュール レシピ。 高度数で意味はモスクワのラバ!おすすめカクテル「モスコミュール」

基本のカクテル「モスコミュール」作り方にこだわってみよう

モスコミュール レシピ

マッシャー マッシャーがあると便利 よくカクテルを作るという方は「マッシャー」という材料をつぶす道具を購入しておくと便利です。 マッシャーがなければ、木の素材の細長いもので代用できます(木のスプーンの柄、菜箸、ごますり棒など)。 ハーブの苦味を出さないコツ ハーブをつぶす時には、軽くトントンと叩く程度で十分です。 ハーブはデリケートなので、軽く叩いたくらいでも穴が開き、そこからたっぷりの香り成分が流れ出します。 果汁と一緒にハーブをつぶせば、ハーブの香りがカクテル全体に回りやすくなります。 モスコミュールの作り方 モスコミュールはウォッカを使うカクテルです。 時には100%に近いウォッカが使われることもあり、強いカクテルとして知られています。 氷とラム、炭酸水を注いだらできあがり。 Variations ーモヒートの色々なバリエーションー モヒートには様々なバリエーションがあります。 レシピの材料は次のように変更できます。 オリジナルカクテルの参考にしてみてください。 ホワイトラム 代わりにダークラムやココナッツラムを使うことができます。 メキシコでは、ラムではなくテキーラを使ってモヒートを作りますし、ジンを使うモヒートもあります。 ライム果汁 ライムの他に、レモン果汁もよく使われます。 ペルーではグレープフルーツ系の果汁を使いますし、オレンジ、パッションフルーツの果汁も使われています。 ハーブ 伝統的にはミントを使いますが、代わりにローズマリー、セージ、タイムでも美味しく作ることができます。 珍しいものには、レモンバーム、ローズの花びらを使うモヒートもあります。 フルーツ モヒートにおすすめのフルーツはイチゴです。 その他には、ラズベリー、オレンジ、梨、ピーチ、パイナップルなど、色々な種類のフルーツを使うことができます。 おすすめレシピ マルガリータの作り方 マルガリータは、テキーラがベースのカクテルです。 オレンジリキュールとライム果汁が入っていて、グラスのふちについた塩が特徴的なカクテルです。 Ingredients ー材料ー.

次の

【自宅で簡単チル】現役バーテンダーが教える「モスコミュール」のこだわりレシピ&作り方解説!【昭和浪漫】

モスコミュール レシピ

キティってどんなカクテル? キティとは、赤ワインがベースのロングカクテルで、ジンジャーエールを同率の割合で混ぜたもののことを言います 「モスコミュール」や「ジントニック」「カシスオレンジ」など有名なカクテルと並び、老若男女問わず非常に人気の高いカクテルの一つ。 非常に飲みやすいカクテルで、「子猫(Kitty)がなめてしまえるほど飲みやすい」という意味合いから、この「キティ」という名前が付けられたとも言われています。 キティの特徴 「子猫がなめてしまえるほど飲みやすい」とされるキティ。 ここからは、そう称される理由をキティの特徴も押さえながら紹介していきます。 低アルコールで飲みやすい キティの最大の特徴の一つに「低アルコールで飲みやすい」が挙げられます。 他のカクテルと比べても、低アルコールで飲みやすいというのがキティが人気のある理由の1つです。 赤ワインはタンニンという成分を含んでおり、これにより独特な渋みや酸味を持っています。 実際に、これが苦手で赤ワインを飲めないという方も多くいるほどです。 ですが、キティは赤ワイン:ジンジャーエールが1:1の割合で混ざっているため、渋みや酸味を感じにくく、むしろすっきりとした甘みを味わうことができます。 ちなみに、白ワインとジンジャーエールを混ぜたカクテルは「スプリッツァー」と言われており、こちらも飲みやすいカクテルでおすすめです。 女性にもおすすめな低カロリー また、キティは低カロリーというのも嬉しいポイントです。 カクテルといえば、カロリーが高いイメージがありますよね。 実際に、カロリーが高いカクテルであれば1杯で200kcalを超えるものもあります…。 ですが、キティは1杯で100kcal前後であり、カロリーが低いカクテルです。 カロリーを気にする女性にとってもおすすめなカクテルですね。 【レシピ】 キティの作り方と割合は? ここでは、動画をもとにキティのレシピを紹介します。 家でも、簡単に楽しめるカクテルなのでぜひチャレンジしてみてくださいね!.

次の

バジルのモスコミュール|シロップから手作りする本格カクテルレシピ

モスコミュール レシピ

自分で作ったジンジャーシロップを炭酸水で割り、自家製ジンジャーエールを用意すれば、オリジナルのモスコミュールを作ることができる。 まずジンジャーシロップのレシピについて説明する。 材料は生姜100g、砂糖100g、水200~250ccだ。 作り方は生姜の皮を剥いて千切りか薄切りにしていく。 生姜の下ごしらえが終わったら、鍋に材料を加え10~15分煮詰める。 煮詰めたものをザルなどで濾せば自家製ジンジャーシロップが出来上がる。 これをシロップと炭酸水を1:2の割合で割れば自家製ジンジャーエールの完成だ。 これを使って一般的なモスコミュールを作るのだ。 このレシピは手間はかかるが好みの自家製ジンジャーエールを作ることで、より自分好みのオリジナルのモスコミュールを作ることができる。 より濃く、甘みが欲しければシロップを作る時に使う砂糖の量を多めにする。 また、香りを強めるためにシナモンやクローと一緒に煮詰めるなどのアレンジをしても楽しいだろう。 ノンアルコールのモスコミュール ウォッカを使った定番カクテルの一つである。 グラスの縁に塩をまぶして楽しむスノースタイルであることが、このカクテルの特徴だ。 材料はウォッカ20cc,グレープフルーツジュース40cc,食塩にレモンの輪切りだ。 まずグラスの縁をレモンの汁で濡らして、塩を付ける。 具体的なやり方としては、適当な小さい皿にレモンの汁を入れてグラスを逆さにして、レモン果汁に付けて濡らす。 その後小皿に塩を入れてグラスを逆さにして、食塩をまぶす。 こうすればグラスの縁にまんべんなく塩を付けることができる。 あとはグラスに氷を入れウォッカ、グレープフルーツジューを注ぎ、レモンを添えれば完成だ。 柑橘の爽やかさとウォッカの甘味に、絶妙な塩味が多くの人を魅了するカクテルだ。 スクリュードライバー.

次の