荒川区 名所。 花・桜の見所|足立区

荒川区

荒川区 名所

荒川(荒川放水路)の歴史と風景 旧岩淵水門と荒川河口 江戸時代には江戸の市街地を守るために荒川(現在の隅田川)の上流側に 日本堤や 墨田堤が築堤されました。 これにより江戸のまちは守られましたが、上流側では長い間、洪水と闘うことになったのです。 明治に入っても、洪水は頻繁に発生し、明治元年~43年までの10回以上の床上浸水被害が発生したとの記録があります。 明治44年(1911)に荒川放水路事業が始まり、隅田川に堤防がなくても洪水が氾濫しないことが目指されれました。 この事業により用水路予定地の住民 1,300世帯が移転を余儀なくされたとあります。 移転対象地域には、民家や田畑ばかりではなく、鉄道や寺社も含まれていました。 現在、江戸川区平井にある 善通寺(浄土真宗本願寺派)は、もともと旧東小松川村にありましたが、この建設事業により 大正4年(1915)に現在地に移転しました。 1300世帯分の土地を2年間で買収する。 現代では考えられない速さで進められたようです。 「この報告書には 「当時の用地買収では、移転を余儀なくされる人々の個々の事情などは考慮されませんでした。 」とあります。 荒川放水路は、工事中における風水害や関東大震災等による工事の遅れがありましたが、 昭和5年(1930)に完成しました。 荒川放水路が完成してから約90年を経過していますが、その間荒川の洪水による被害は一度も起きてはいません。 下の地図は荒川放水路が完成するまでの首都圏の地図。 荒川放水路の建設がいかに大工事であったことを確認することができます。 明治42年(1909)の地図 明治42年(1909)の地図 大正6年(1917)の地図 明治44年 1911 に始まった荒川放水路の建設。 建設中の荒川放水路を確認できます。 大正6年(1917)の地図 昭和5年(1930)の地図 荒川放水路完成時の地図。 中川(現在の旧中川)が分断されています。 昭和5年(1930)の地図 昭和22年(1947)の地図 昭和22年(1947)の地図 昭和41年(1966)の地図 昭和41年(1966)のマップ 昭和60年(1985)の地図 葛西海岸の埋め立てが進んでいることが確認できます。 昭和60年(1985)のマップ 平成13年(2001)のマップ 平成13年(2001)のマップ これらの地図は「今昔マップ on the web」( C 谷 謙二)により作成。 岩淵水門 荒川と隅田川の分岐点(旧岩淵水門と岩淵水門) 岩淵水門(青水門)は隅田川の洪水を防ぐために設けられています。 大雨などにより荒川上流からの流量が増えた場合に、岩淵水門を閉め切って隅田川への水の流入を防ぎます。 荒川に関する資料は「荒川知水資料館アモア」に保管されています。 岩淵水門(青水門) 赤水門 赤水門は1924年(大正13年)に竣工しました。 旧岩淵水門、荒川放水路の工事を指揮したのは土木技術者である 青山士(あおやまあきら)氏です。 青山氏は日本人で唯一 パナマ運河建設工事に携わった人物です。 青山氏関する資料は、「荒川知水資料館アモア」に展示されています。 荒川水位の観測を始めた昭和2年から現在(平成12年)までの74年間における各年最高水位を大きいものから並べると次のとおりです。 第1位 AP8. 60m 昭和22年9月16日(1947年)カスリーン台風 第2位 AP8. 27m 昭和16年7月23日(1941年)台風 第3位 AP7. 48m 昭和33年8月20日(1958年)狩野川台風 第4位 AP7. 30m 昭和3年8月1日(1928年)台風 第5位 AP6. 48m 昭和13年9月21日(1938年)台風 第6位 AP6. (エーピー)は、Arakawa Peilの略。 東京湾霊岸島量水標零位を基準とする基本水準面。 荒川、中川、多摩川等の水位の基準。 Peilはオランダ語。 荒川の洪水記録 荒川の最高水位 荒川と隅田川の分岐点 中の島方面を撮影。 中の島の左手奥への流れが荒川。 手前の流れが隅田川。 荒川と隅田川の分岐点 中の島から上流方面を撮影。 左への流れが隅田川、右への流れが荒川である。 中の島から撮影した荒川と隅田川の分岐点 旧岩淵水門(赤水門) 旧岩淵水門(赤水門) 旧岩淵水門の案内板 旧岩淵水門(赤水門) 東京都選定歴史的建造物の案内板 旧岩淵水門は、東京都の歴史的建造物に選定されています。 以下は、東京都選定歴史的建造物の案内板での紹介文です。 旧岩淵水門(Iwabuchi-Watergate) 旧岩淵水門は、明治43年(1910)東京市探知を襲った大洪水を契機に、内務省が荒川放水路事と業の一部として隅田川との分派点に設けた。 水門は、ローラーゲート構造で、幅約9メートルの五つの門扉からなっており、袖壁部も含めた長さは約103メートルの大型構造物となっている。 本体は、煉瓦構造では力学的に対応が困難であったことから、当時では珍しい鉄筋コンクリート造として、大正5年(1916)に着工し、同13(1924)に竣工した。 昭和22年(1947)のカスリーン台風や昭和33年(1958)の狩野川台風の大出水の際も、機能を十分に果たしてきたが、昭和20年代後半からの東京東部地域一体における広域的な地盤沈下により、本水門も沈下してきたため、昭和35年(1960)に門扉の継ぎ足しが行われたほか、開閉装置の改修などが施され、現在の旧岩淵水門(赤水門)となった。 その後、昭和48年(1973)に荒川の基本計画が改訂されたことに伴い、水門の高さに不足が生じたことから、昭和57年(1982)に約300メートル下流に新たな岩淵水門(青水門)が整備され、旧岩淵水門はその役目を終えることとなった。 案内板の写真 (クリックで拡大) 岩淵水門(青水門) (クリックで拡大) JR総武線の鉄橋と蔵前橋通りの間の荒川河川敷の風景(江戸川区) 荒川河川敷 ポピー コスモス 荒川河川敷のコスモス 荒川河川敷のコスモス 荒川河川敷のコスモス 荒川河川敷のコスモス 荒川河川敷のコスモス 荒川河川敷のコスモス 荒川河川敷のヒナゲシ 荒川河川敷 ヒナゲシ育成中(2017年2月冬の景色) 荒川河川敷 ヒナゲシ育成中(冬の景色) JR総武線の鉄橋と荒川河川敷 蔵前橋通り 荒川下流 荒川 荒川 荒川と中川の合流地点 荒川と中川が合流する地点。 奥に右から左の流れが荒川。 手前の流れが中川。 荒川と中川が合流する地点 荒川河口の風景 荒川(右側)から奥(東京湾)へのの流れ。 荒川河口の風景.

次の

【ホームメイト・リサーチ】荒川区の観光マップ・レジャーマップ

荒川区 名所

>荒川区という出身市町村別の有名人 このサイトに登録されている有名人の数:70,856人 このサイトに登録されている「荒川区」という自治体出身の有名人の数:66人 スポンサーリンク 1 鈴木誠也 鈴木 誠也(すずき せいや、1994年8月18日 - )は、広島東洋カープに所属する東京都荒川区出身のプロ野球選手(外野手)。 2 山﨑康晃 山﨑 康晃(やまさき やすあき、1992年10月2日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手(投手)。 愛称は「小さな大魔神」。 新人連続セーブ機会成功、新人シーズンセーブ数の最多記録保持者。 3 山崎康晃 山﨑 康晃(やまさき やすあき、1992年10月2日 - )は、東京都荒川区出身のプロ野球選手(投手)。 右投右打。 4 亀井絵里 亀井 絵里(かめい えり、1988年12月23日 - )は、日本のタレント、元アイドル。 の元メンバー(第6期)である。 アップフロントエージェンシー(現・アップフロントプロモーション)に所属していた。 5 千代大龍秀政 千代大龍 秀政(ちよたいりゅう ひでまさ、1988年11月14日 - )は、東京都荒川区出身(出生地は葛飾区)で九重部屋所属の現役大相撲力士。 身長182cm、体重164kg。 本名は明月院 秀政(めいげついん ひでまさ)。 最高位は西小結(2014年9月場所)、血液型A型。 [3]好物は寿司(特に光もの)、焼肉、カルピス。 嫌いなものは納豆とあんこ。 趣味はトレーニング。 好きな言葉は「温故知新」。 都立高校出身者として初めての関取でもある。 [4] 6 大翔勇真亜敏 マービンJr. (マービン・ジュニア、Marvin Jr. 、1987年4月10日 - )は、日本のお笑いタレント、元大相撲力士。 7 マービンJr. マービンJr. (マービン・ジュニア、Marvin Jr. 、1987年4月10日 - )は、日本のお笑いタレント、元大相撲力士。 8 貫地谷しほり 貫地谷 しほり(かんじや しほり、1985年12月12日 - )は、日本の女優。 本名同じ。 愛称は、しーちゃん、しほりん、貫ちゃん。 東京都荒川区出身。 アジア・ビジネス・パートナーズ所属。 大妻女子大学文学部中退。 9 須永英輝 須永 英輝(すなが ひでき、1985年10月28日 - )は、東京都荒川区出身のプロ野球選手(投手)。 北海道日本ハムファイターズに所属する。 10 加藤友弥 加藤 友弥(かとう ともや、1984年4月26日 - )は、日本の男性総合格闘家。 東京都荒川区出身。 BONDS所属。 BONDSグループ専務取締役。 11 松本高明 松本 高明(まつもと たかあき、1984年4月12日 - )は、東京都荒川区出身の元プロ野球選手(内野手)。 12 吉澤智恵 吉澤 智恵(よしざわ ちえ、女性、1983年7月9日 - )は、日本の元バレーボール選手。 東京都荒川区出身。 ニックネームはチエ。 13 北島康介 北島 康介(きたじま こうすけ、1982年9月22日 - )は、日本の元競泳選手。 アテネオリンピック並びに北京オリンピック100m平泳ぎ、200m平泳ぎの金メダリスト。 14 森本稀哲 森本 稀哲(もりもと ひちょり、1981年1月31日 - )は、東京都荒川区出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)。 15 泉政行 泉 政行(いずみ まさゆき、1980年5月12日 - 2015年7月28日[2])は、東京都荒川区出身の俳優である。 血液型はO型。 駒込高等学校、東海大学第二工学部機械科卒業。 ギフト所属。 16 矢代義光 矢代 義光(やしろ よしみつ、1980年8月4日 - )は、日本の元プロボクサー。 東京都荒川区出身。 第42代日本スーパーフェザー級王者。 花咲徳栄高等学校、平成国際大学卒業。 現役時代は帝拳ボクシングジム所属。 引退後、矢代ボクシングフィットネスクラブ代表を務めている。 平成国際大学出身 17 小林麻耶 小林 麻耶(こばやし まや、1979年7月12日 - )は、日本の女性フリーアナウンサー、キャスター。 元TBSアナウンサー。 新潟県小千谷市生まれ。 身長157cm。 血液型A型。 セント・フォース所属。 18 矢野通 矢野 通(やの とおる、1978年5月18日 - )は、日本の男性プロレスラー、実業家(飲食店経営)。 日本大学出身 19 三遊亭王楽 三遊亭 王楽(さんゆうてい おうらく、本名:家入 一夫(いえいり かずお)、1977年11月7日 - )は、東京都荒川区出身の落語家。 円楽一門会所属。 駒澤大学出身 20 くまだまさし くまだ まさし(1973年7月26日 - )は、日本のお笑い芸人である。 本名、熊田 雅志(読み同じ)。 21 伊藤剛臣 伊藤剛臣(いとう たけおみ、1971年4月11日 - )は、日本のラグビー選手。 釜石シーウェイブス所属。 22 飯野賢治 飯野 賢治(いいの けんじ、1970年5月5日 - 2013年2月20日)は、日本のゲームクリエイター、実業家。 23 柴崎浩 柴崎 浩(しばさき ひろし、1969年12月13日 - )は、東京都出身の作曲家、ギタリスト。 血液型A型。 一児の父親。 24 内海光司 内海 光司(うちうみ こうじ、1968年1月11日 - )は、日本の俳優。 イーグルス、光GENJI(後に光GENJI SUPER 5にグループ名が変更)の元メンバーである。 東京都出身。 血液型はA型。 ジャニーズ事務所所属。 25 伊集院光 伊集院 光(いじゅういん ひかる、1967年11月7日 - )は、日本のお笑いタレント、ラジオパーソナリティ、元落語家。 本名・篠岡 建(しのおか けん)、旧姓・田中(たなか)。 26 皆口裕子 皆口 裕子(みなぐち ゆうこ、1966年6月26日 - )は、日本の声優、女優、ナレーターである。 青二プロダクション所属。 27 中舘英二 中舘 英二(なかだて えいじ、1965年7月22日 - )は日本中央競馬会 JRA 美浦トレーニングセンター所属の調教師、元騎手。 騎手時代には3度の年度表彰を受賞したヒシアマゾンなどに騎乗し、GI級競走4勝、通算1869勝を挙げている。 28 レパード玉熊 レパード 玉熊(レパード たまくま、1964年1月25日 - )は、日本の元プロボクサー。 元WBA世界フライ級王者。 29 淡谷三治 淡谷 三治(あわや さんじ、1963年4月2日 - )は、東京都荒川区出身の歌手・ミュージシャン・作詞家・作曲家である。 法政大学第一高等学校(現・法政大学高等学校)卒業。 30 相馬勝也 相馬 勝也(そうま かつや、1963年5月11日 - 2013年6月2日)は、東京都荒川区出身の元プロ野球選手(捕手)・指導者。 愛称は「バニー」。 31 だいもん孝之 だいもん 孝之(だいもん たかゆき、本名:大門孝之、1962年 - )は、放送作家。 32 ジャガー横田 ジャガー横田(ジャガーよこた、本名:木下 利美(きのした りみ)、旧姓:横田、1961年7月25日 - )は、日本の女子プロレスラー、タレント。 東京都荒川区出身。 血液型はB型。 左利き。 所属団体はディアナ。 所属事務所はパーフィットプロダクション。 33 室岡克彦 室岡 克彦(むろおか かつひこ、1959年3月21日 - )は、将棋棋士。 佐瀬勇次名誉九段門下。 棋士番号153。 東京都荒川区出身。 34 白石安男 白石 安男(しらいし やすお、1958年8月21日 - )東京都出身の医学者、教育者、武道家、博士(医学・順天堂大学)、東京理科大学教授。 専攻分野は保健衛生学およびスポーツ医学。 研究分野は保健衛生学、運動スポーツの疫学。 東京理科大学出身 35 内海桂子 1958年 第4回NHK新人漫才コンクール優勝 1961年 芸術祭奨励賞受賞 1980年 日本芸能実演家団体協議会功労賞表彰 1982年 芸術選奨文部大臣賞受賞 1987年 第15回日本放送演芸大賞功労賞受賞 1988年 花王名人劇場功労賞受賞 1989年 紫綬褒章受章 1990年 第7回浅草芸能大賞受賞 1994年 第45回放送文化賞受賞 1995年 勲四等宝冠章受章 36 山口健治 山口 健治(やまぐち けんじ、1957年1月21日 - )は、元競輪選手、現在はスポーツ報知所属の競輪評論家。 東京都荒川区出身。 血液型はO型。 37 吉川圭三 吉川 圭三(よしかわ けいぞう 1957年8月5日- )は、演出家、テレビプロデューサー、評論家、著作家、コメンテーター。 KADOKAWA・コンテンツプロデューサー兼dwango・営業本部エグゼクティブプロデューサー。 38 前野重雄 前野 重雄(まえの しげお、1953年2月11日 - )は、日本のスポーツグッズ評論家・スポーツグッズ販売店経営者、コラムニスト、ジャーナリスト。 東京都荒川区出身。 台東区立根岸小学校卒。 明治大学付属明治高等学校・中学校中退。 ハワイ州立大学言論学部、世論誘導学科修了。 旧姓は宇野(うの)。 オフィス流体力学所属。 ハワイ州立大学出身 39 山口国男 山口 国男(やまぐち くにお、1950年8月11日- )は、日本競輪選手会・東京支部に所属していた元競輪選手。 東京都荒川区出身。 日本競輪学校第24期生。 ホームバンクは松戸競輪場だった。 自身は長男で、実弟の山口健治は末っ子の四男にあたる。 40 古今亭志ん弥 古今亭 志ん弥(志ん彌とも)、(ここんてい しんや、1950年〈昭和25年〉8月6日 - )は、落語協会所属の落語家。 東京都荒川区日暮里出身。 本名は成島 寛(なるしま かん)。 拓殖大学文学部卒業。 41 山口国男・山口健治 山口 国男(やまぐち くにお、1950年8月11日- )は、日本競輪選手会・東京支部に所属していた元競輪選手。 東京都荒川区出身。 日本競輪学校第24期生。 ホームバンクは松戸競輪場だった。 自身は長男で、実弟の山口健治は末っ子の四男にあたる。 42 井崎脩五郎 井崎 脩五郎(いさき しゅうごろう、1947年7月23日 - )は日本の競馬評論家、コメンテーター。 本名は布目 健二(ぬのめ けんじ)。 父は浪曲奇術師の布目貫一。 競馬専門紙『ホースニュース・馬』に所属していた(元・株式会社ホースニュース広報部部長)。 明治大学出身 43 冨田均 冨田 均(とみた ひとし、1946年8月27日 - )は東京都出身のエッセイスト。 都市歩行家を名乗っている。 富田 均とも表記。 44 小室等 小室 等(こむろ ひとし、1943年11月23日 - )は、日本のフォークシンガーで、PPMフォロワーズ、六文銭のリーダー。 フォーライフ・レコード初代社長。 オフィス・キーズ所属。 娘は歌手のこむろゆい。 45 中堀正夫 中堀 正夫(なかぼり まさお、1943年2月12日-)は、日本の撮影監督である。 東京都出身。 日本大学藝術学部映画学科卒業。 46 秋葉忠利 秋葉 忠利(あきば ただとし、1942年(昭和17年)11月3日 - )は、日本の政治家、数学者。 第33-35代広島市長(3期)。 元社会民主党衆議院議員(3期)。 東京大学出身 47 野沢雅子 野沢 雅子(のざわ まさこ、1936年10月25日 - )は、日本の声優、女優、歌手、ナレーター。 本名:塚田 雅子(つかだ まさこ、旧姓:野沢)。 所属事務所は青二プロダクション。 劇団ムーンライト主宰。 48 木村東道 木村 東道(きむら とうどう、1935年11月4日 - 2007年7月8日)は、書家。 木村卜堂の長男として東京都荒川区に生まれる。 本名は繁男、東道は号。 49 佐藤晨 佐藤 晨(さとう しん、1935年 - )は、昭和期の日本画家。 東京都荒川区日暮里に生まれる。 50 宮崎晃 宮崎晃(みやざき あきら、1934年10月27日 - )は日本の映画監督、脚本家。 東京都荒川区出身。 東京外国語大学出身 51 石川弘義 石川 弘義(いしかわ ひろよし、1933年2月26日 - 2009年12月30日)は、日本の社会心理学者、成城大学名誉教授。 元大衆文学研究会会長。 52 芳野満彦 芳野満彦(よしの みつひこ、1931年(昭和6年) - 2012年(平成24年)2月5日)は、登山家・RCC IIの創立同人・画家。 東京都荒川区日暮里生まれ。 本名、服部満彦。 アルムクラブ所属。 53 堀源一郎 堀 源一郎(ほり げんいちろう、1930年5月19日 - )は、日本の天文学者である。 東京大学出身 54 小椋克己 小椋 克己(おぐら かつみ、1928年10月21日 - 2005年5月29日)は日本のアナウンサー。 愛媛大学出身 55 吉村昭 吉村 昭(よしむら あきら、1927年(昭和2年)5月1日 - 2006年(平成18年)7月31日)は、日本の小説家。 学習院大学出身 56 鶴美山侑宏 鶴美山 侑宏(つるみやま ともひろ、1924年6月27日 - 1989年10月18日)は、井筒部屋、時津風部屋(当初は双葉山相撲道場)、再度井筒部屋、陸奥部屋に所属した元力士、元若者頭。 本名は近藤 貢(こんどう みつぐ)。 現在の東京都荒川区出身。 176cm、113kg。 最高位は西十両16枚目。 得意技は左四つ、寄り。 57 白井義男 白井 義男(しらい よしお、1923年11月23日 - 2003年12月26日)は、日本の元プロボクサー。 東京市(現東京都)荒川区出身。 元世界フライ級王者である。 日本人として初めての世界王者となった。 右のアウトボクサー。 58 三根山隆司 三根山 隆司(みつねやま たかし、1922年2月7日 - 1989年8月15日)は、東京府北豊島郡南千住町(現:東京都荒川区)出身の元大相撲力士。 本名は嶋村 嶋一(しまむら しまかず)。 59 小松崎茂 小松崎 茂(こまつざき しげる、1915年2月14日 - 2001年12月7日)は東京出身の画家・イラストレーターである。 空想科学イラスト・戦記物・プラモデルの箱絵(ボックスアート)などで幅広く活躍した。 60 雷山勇吉 雷山 勇吉(らいざん ゆうきち、1907年5月17日 - 1973年1月7日)は、東京都荒川区出身で1930年代に活躍した大相撲力士である。 本名は豊田 光三。 身長167cm、体重101kg。 最高位は東前頭12枚目(1933年5月場所)。 引退後は一時期年寄として後進の指導につとめた。 61 奥菜恵 奥菜 恵(おきな めぐみ、1979年8月6日 - )は、日本の女優、歌手。 本名非公開。 広島県広島市出身。 62 佐々木厚 アツキヨは、佐々木厚(あっちゃん)、中村清美(Kiyo)の2人からなる日本の歌手デュオである。 あっちゃんがギターとボーカルを担当し、Kiyoがサインボーカルとボーカルを担当している。 63 城戸真亜子 城戸 真亜子(きど まあこ、1961年8月28日 - )は、日本の洋画家であり、タレントである。 本名、吉田 真亜子(よしだ まあこ)旧姓、城戸。 中部国際空港株式会社顧問、テレビ東京番組審議会委員、中日本高速道路CSR懇談会委員。 64 城戸口寛 城戸口 寛(きどぐち かん)は、日本の構成作家、小説家である。 東海大学出身 65 山本泰寛 読売ジャイアンツ内野手 慶應義塾大学出身 66 阿久戸光晴 阿久戸 光晴(あくど みつはる、1951年3月26日 - )は、日本の神学者、牧師。 聖学院大学教授、第5代学長。 学校法人聖学院院長兼理事長。 専門はキリスト教社会倫理学、人権・デモクラシーの神学、ロジャー・ウィリアムズ研究。 元キリスト教文化学会理事長。 一橋大学出身.

次の

荒川区さくら名所

荒川区 名所

荒川(荒川放水路)の歴史と風景 旧岩淵水門と荒川河口 江戸時代には江戸の市街地を守るために荒川(現在の隅田川)の上流側に 日本堤や 墨田堤が築堤されました。 これにより江戸のまちは守られましたが、上流側では長い間、洪水と闘うことになったのです。 明治に入っても、洪水は頻繁に発生し、明治元年~43年までの10回以上の床上浸水被害が発生したとの記録があります。 明治44年(1911)に荒川放水路事業が始まり、隅田川に堤防がなくても洪水が氾濫しないことが目指されれました。 この事業により用水路予定地の住民 1,300世帯が移転を余儀なくされたとあります。 移転対象地域には、民家や田畑ばかりではなく、鉄道や寺社も含まれていました。 現在、江戸川区平井にある 善通寺(浄土真宗本願寺派)は、もともと旧東小松川村にありましたが、この建設事業により 大正4年(1915)に現在地に移転しました。 1300世帯分の土地を2年間で買収する。 現代では考えられない速さで進められたようです。 「この報告書には 「当時の用地買収では、移転を余儀なくされる人々の個々の事情などは考慮されませんでした。 」とあります。 荒川放水路は、工事中における風水害や関東大震災等による工事の遅れがありましたが、 昭和5年(1930)に完成しました。 荒川放水路が完成してから約90年を経過していますが、その間荒川の洪水による被害は一度も起きてはいません。 下の地図は荒川放水路が完成するまでの首都圏の地図。 荒川放水路の建設がいかに大工事であったことを確認することができます。 明治42年(1909)の地図 明治42年(1909)の地図 大正6年(1917)の地図 明治44年 1911 に始まった荒川放水路の建設。 建設中の荒川放水路を確認できます。 大正6年(1917)の地図 昭和5年(1930)の地図 荒川放水路完成時の地図。 中川(現在の旧中川)が分断されています。 昭和5年(1930)の地図 昭和22年(1947)の地図 昭和22年(1947)の地図 昭和41年(1966)の地図 昭和41年(1966)のマップ 昭和60年(1985)の地図 葛西海岸の埋め立てが進んでいることが確認できます。 昭和60年(1985)のマップ 平成13年(2001)のマップ 平成13年(2001)のマップ これらの地図は「今昔マップ on the web」( C 谷 謙二)により作成。 岩淵水門 荒川と隅田川の分岐点(旧岩淵水門と岩淵水門) 岩淵水門(青水門)は隅田川の洪水を防ぐために設けられています。 大雨などにより荒川上流からの流量が増えた場合に、岩淵水門を閉め切って隅田川への水の流入を防ぎます。 荒川に関する資料は「荒川知水資料館アモア」に保管されています。 岩淵水門(青水門) 赤水門 赤水門は1924年(大正13年)に竣工しました。 旧岩淵水門、荒川放水路の工事を指揮したのは土木技術者である 青山士(あおやまあきら)氏です。 青山氏は日本人で唯一 パナマ運河建設工事に携わった人物です。 青山氏関する資料は、「荒川知水資料館アモア」に展示されています。 荒川水位の観測を始めた昭和2年から現在(平成12年)までの74年間における各年最高水位を大きいものから並べると次のとおりです。 第1位 AP8. 60m 昭和22年9月16日(1947年)カスリーン台風 第2位 AP8. 27m 昭和16年7月23日(1941年)台風 第3位 AP7. 48m 昭和33年8月20日(1958年)狩野川台風 第4位 AP7. 30m 昭和3年8月1日(1928年)台風 第5位 AP6. 48m 昭和13年9月21日(1938年)台風 第6位 AP6. (エーピー)は、Arakawa Peilの略。 東京湾霊岸島量水標零位を基準とする基本水準面。 荒川、中川、多摩川等の水位の基準。 Peilはオランダ語。 荒川の洪水記録 荒川の最高水位 荒川と隅田川の分岐点 中の島方面を撮影。 中の島の左手奥への流れが荒川。 手前の流れが隅田川。 荒川と隅田川の分岐点 中の島から上流方面を撮影。 左への流れが隅田川、右への流れが荒川である。 中の島から撮影した荒川と隅田川の分岐点 旧岩淵水門(赤水門) 旧岩淵水門(赤水門) 旧岩淵水門の案内板 旧岩淵水門(赤水門) 東京都選定歴史的建造物の案内板 旧岩淵水門は、東京都の歴史的建造物に選定されています。 以下は、東京都選定歴史的建造物の案内板での紹介文です。 旧岩淵水門(Iwabuchi-Watergate) 旧岩淵水門は、明治43年(1910)東京市探知を襲った大洪水を契機に、内務省が荒川放水路事と業の一部として隅田川との分派点に設けた。 水門は、ローラーゲート構造で、幅約9メートルの五つの門扉からなっており、袖壁部も含めた長さは約103メートルの大型構造物となっている。 本体は、煉瓦構造では力学的に対応が困難であったことから、当時では珍しい鉄筋コンクリート造として、大正5年(1916)に着工し、同13(1924)に竣工した。 昭和22年(1947)のカスリーン台風や昭和33年(1958)の狩野川台風の大出水の際も、機能を十分に果たしてきたが、昭和20年代後半からの東京東部地域一体における広域的な地盤沈下により、本水門も沈下してきたため、昭和35年(1960)に門扉の継ぎ足しが行われたほか、開閉装置の改修などが施され、現在の旧岩淵水門(赤水門)となった。 その後、昭和48年(1973)に荒川の基本計画が改訂されたことに伴い、水門の高さに不足が生じたことから、昭和57年(1982)に約300メートル下流に新たな岩淵水門(青水門)が整備され、旧岩淵水門はその役目を終えることとなった。 案内板の写真 (クリックで拡大) 岩淵水門(青水門) (クリックで拡大) JR総武線の鉄橋と蔵前橋通りの間の荒川河川敷の風景(江戸川区) 荒川河川敷 ポピー コスモス 荒川河川敷のコスモス 荒川河川敷のコスモス 荒川河川敷のコスモス 荒川河川敷のコスモス 荒川河川敷のコスモス 荒川河川敷のコスモス 荒川河川敷のヒナゲシ 荒川河川敷 ヒナゲシ育成中(2017年2月冬の景色) 荒川河川敷 ヒナゲシ育成中(冬の景色) JR総武線の鉄橋と荒川河川敷 蔵前橋通り 荒川下流 荒川 荒川 荒川と中川の合流地点 荒川と中川が合流する地点。 奥に右から左の流れが荒川。 手前の流れが中川。 荒川と中川が合流する地点 荒川河口の風景 荒川(右側)から奥(東京湾)へのの流れ。 荒川河口の風景.

次の