水中 恐怖 症。 水が怖い!水恐怖症の原因と症状、克服法や注意点まとめ

蛙が怖い!カエル恐怖症の原因と症状、克服法や注意点まとめ

水中 恐怖 症

水俣湾與水俣工場的位置關係。 1950年,有大量的海魚成群在水俣湾海面游泳,任人網捕,海面上常見死魚、屍體,水俁市的漁獲量開始銳減。 1952年,水俁當地許多隻出現不尋常現象,走路顛顛跌跌,甚至發足狂奔,當地居民稱「貓舞蹈病」,或直接稱為「怪病」。 1953年1月有貓發瘋跳海自殺,但當時尚未引起注意,一年內,投海自殺的貓總數達五萬多隻。 接著,狗、豬也發生了類似的發瘋情形。 1956年4月21日,人類亦被確認發生同樣的症例,來自入江村的小女孩田中靜子成為第一位患病者,被送至窒素公司( チッソ株式会社,「窒素」是指)附屬醫院,病況急速惡化,一個月後雙眼失明,全身性痙攣,不久死亡。 死者二歲的妹妹也罹患相同的病症,不久又發現許多村民都有問題。 這些人開始只是口齒不清,走路不穩,最後高聲大叫而死。 醫師細川一認為事態嚴重,向官方提出正式報告。 當中的患者多為漁民家庭出身,1956年8月日本學者發現水俁灣海水中有污染物質,研究人員偵察的矛頭指向窒素公司。 這種怪病被稱為「水俁奇病」。 此事造成水俁近海魚貝類市場價值一落千丈,水俁居民由於陷入貧困,反而大量食用有毒的魚貝,使得災情擴大。 鎮有4萬居民,先後有1萬人不同程度的患有此種病狀。 1957年8月水俁病患者家庭互助會成立。 1959年,醫學部水俁病研究班發表研究報告,指出水俁病原因為當地窒素工場所排出的有機水銀,1932至1968年間有數百噸的汞被排入水俁灣。 1959年底,漁民開始向窒素公司進行示威抗議。 1960年正式將「甲基汞中毒」所引起的工業公害病,定名為「水俁病」。 然而,新日本窒素肥料立即否認此說,窒素公司認為:它只用金屬汞,不用甲基汞,因此,不可能是水俁病的來源。 工廠對事件處理相當消極,不但沒有停止排放污水,還企圖掩蓋真相,阻撓相關的調查研究,甚至買通打手,以暴力嚇阻。 美國攝影師即被日本窒素公司所雇的暴民殴打,以至一目失明。 日本政府於1968年左右乃確認兩者之間的關係,但這樣的遲誤已造成災害擴大。 1966年新潟又爆發水俁病,史稱「」,這次的禍首仍企圖逃避責任,但新潟市民對昭和公司不負責任的態度極為不滿,展開激烈的示威抗爭。 1967年新潟市民正式向法院提出控訴。 纏訟數年之後,1971年法院終於做成判決,昭和公司敗訴,要負賠償責任,新潟的受害者又主動與水俁市的苦主聯手向法院控告窒素公司。 1973年,法院判決窒素公司必須立即付出相當於3200萬的賠償金,被認確為水俁病的患者,可從政府及新日本窒素肥料取得相關醫療費用。 兩年內窒素公司一共賠出了八仟萬美元。 由於病情認定是由政府處理,也產生是否涉入政治的疑問及批判。 该事件被认为是一起重大的。 1997年10月,由官方所認定的受害者高達12,615人,當中有1,246人已死亡。

次の

【恐怖症】水族館や水槽が怖い!水槽恐怖症の体験談

水中 恐怖 症

水恐怖症に悩む人の中でも恐怖を感じる水の量は様々で、プールや海、湖に恐怖を感じる人もいればお風呂の量でも耐えられない人、 重症の場合はシャワーに対しても症状が表れる例が確認されています。 前述の通り水を怖がるのは狂犬病の症状の一つですが、 狂犬病ウィルスへの感染が確認されない場合がほとんどなので、恐水病や恐水症とよばれる狂犬病とは全く別のものに区別されます。 水恐怖症の原因と症状 水恐怖症は幼少期の溺れた経験がトラウマになる事が多いですが、過去に溺れた経験もないのに大人になってから水恐怖症になる場合もあります。 その場合、原因が不明なケースも確認されています。 他にも海や湖などに恐怖を覚える例としては大量の水に飲み込まれそうになる感覚に陥るといった例もあります。 大量の水の中に飛び込むのは人間の本能として警戒する事なので、それが起因している場合もあります。 重症の場合はお風呂やシャワーでも恐怖を感じるので、日常生活にも支障をきたす可能性のある恐怖症と言えます。 水恐怖症の症状としては極度の不安や逃避行動、硬直があり、重症の場合はパニック発作もあり、引きこもってしまう原因にもなってしまいます。 またシャワーに対しても恐怖を感じる場合はなどのも併発する危険性も指摘されています。 水恐怖症への対処、克服法や注意点 水恐怖症と自覚できている場合は恐怖を感じる量の水を回避できますが、今まで大丈夫だった湯舟で急にパニック発作が起きた場合などは非常に危険です。 水の量に関わらず、周囲への告知と理解をあらかじめ得るようにしましょう。 幼少期のトラウマが原因の水恐怖症は成長するにつれて軽減される例が多いようですが同じく周りは注意が必要です。 克服へ向けた治療法としては認知行動療法が主に実践されますが、場合によっては薬物療法が併用されるケースもあります。 恐怖の対象が水だという特性上、自分自身で克服しようとする事は危険なので、必ず医師やカウンセラーの指導の下で実践して下さい。 なお、克服できる可能性が比較的高いとされる恐怖症なので完全克服も見込める恐怖症ですが、克服までの期間が比較的長くなる傾向があるのでじっくりと取り組む必要があります。

次の

水恐怖症

水中 恐怖 症

恐怖症って? ここで言う「恐怖症」とは、通常であればたいして恐れる必要のない、ある特定の対象や状況、場面に対して、激しい恐れが生じ、避けてしまうことを言います。 よくあるのは、動物(ヘビなど)、鳥、昆虫、高所、雷、飛行、閉所、血液、注射、病院や歯科、トンネル、橋などです。 例えば「高所恐怖症」について、高い場所にいると恐怖を感じることを言いますが、この言葉はよく耳にするのではないかと思います。 周囲の方で、高所恐怖症の方も数名いるのではないでしょうか。 高いところが怖いことにより、「飛行機に乗れない」「観覧車に乗れない」など不便に感じている方も多いでしょう。 しかし、よく耳にする高所恐怖症でも、そのために治療を受けるとはあまり考えられていません。 以前は、何らかの恐怖体験がきっかけで恐怖症が発症すると言われていましたが、患者様の中には、そういったきっかけのない人もいます。 10人に1人の人がかかる精神病と言われていますが、多くの人の場合、恐怖の対象を避ければ、日常生活は過ごせるため、治療になるケースは少ないです。 しかし、最近では、学校の教室が特定の恐怖対象というケースもあります。 この場合は、日常生活に大きな影響が出てきてしまいます。 不登校と誤解され解決するまで時間がかかることもありますので、早めに診察にいらしてください。 特定の恐怖症は病気です。 「わがまま」でも「逃げ」でもありませんので、どうか患者様を責めないでください。 治療によって、症状に対する苦痛は改善できます。

次の