切り干し 大根。 切り干し大根の栄養と効能|良好倶楽部

切り干し大根で腸活! 鉄分&カルシウムが豊富な「オクラと切り干し大根のごまマヨ和え」

切り干し 大根

切り干し大根の戻し方や戻し時間は? 切り干し大根は、大根を細切りにしてから天日干しにしたものです。 そのため、切り干し大根を使用する際は、水で戻す必要があります。 水で戻せば、あとは煮物でもサラダでも何にでも切り干し大根を使うことができます。 切り干し大根の戻し方について簡単に説明していきます。 切り干し大根はたっぷりの水で戻す• まずは切り干し大根をボウル等にいれて、そこにたっぷりの水を加えます。 切り干し大根をほぐすようにして、揉み洗いしながら、切り干し大根の埃や砂などのゴミを洗います。 手で揉み洗いして、水も1~2回程度交換するようにします。 続いて、切り干し大根にかぶるくらいの水 もしくはぬるま湯 をいれ、20分ほど浸しておきます。 水はたっぷりの量にします。 切り干し大根のかさが約4倍になったら、切り干し大根の水気を軽く手で絞り、好みの長さに切って、調理に使用します。 戻し時間による切り干し大根の変化 0分後 5分後 10分後 15分後 20分後 少しわかりにくいですが、切り干し大根がだんだん水を吸収して、太く、そしてだんだん白っぽくなっています。 切り干し大根の戻す時間は、 15~20分 とされています。 ただ、切り干し大根の歯ごたえを残したいような料理の場合は、 10~15分とやや短くすると、歯ごたえが残ります。 もとは、60gだった切り干し大根はこれほどまでに膨張しました。 重さは水を吸って約4倍になります。 戻した切り干し大根を保存したい方はこちら! また、切り干し大根の戻し汁は、煮物にする際は、煮汁に使いますので、捨てないようにします。 切り干し大根の干し方はどうする? 切り干し大根は、スーパーでも100~200円程度で購入できて、様々な料理に使える優れものです。 そんな切り干し大根は、スーパーで購入して家で戻して使うのが一般的だと思いますが、家庭菜園などで、大根を大量に収穫した場合、使い道に困ったら、そのまま切り干し大根にして保存食として使用することもできます。 皮はどうするのか…という方で迷う方がいますが、皮に関しては、剥く派・剥かない派の二通りの方がいます。 大根は細切りにカットします。 5mm程度の輪切りにカットしたあと、輪切りにしたものを数枚重ねて、千切りにします。 大根の干し方は、人それぞれですので、大量にザルを用意して、まんべんなく千切りにした大根を広げて天日干しにするか、下の写真のように、干しかごを利用するのが良いです。 こちらで千切りにした大根を重ならないように並べて、大根から水分がぬけて、カリカリの状態になるまで干します。 干す期間は2週間 程度です。 2週間もすれば、大根の水分がぬけて、カラカラの状態になります。 画像引用: この状態になると、大根の体積もかなり小さくなっています。 あとは、使用するときに水で戻して、料理にそのまま使えます。 保存は、常温でも可能なのですが、市販のものと違い、乾燥剤など入っていない場合、変色したり、悪くなりやすいので、冷蔵庫での保存の方が長期保存はできます。 また、干しかごを利用して、天日干しにする場合は、雨の日は、雨にあたらないよう、 室内にうつすなどの対策が必要です。 切り干し大根を干すのは室内でも! 一般に、切り干し大根は、室外で天日干しにするのが一番ですが、マンションに住んでいる場合は、天日干しにするのも難しい点があるかと思います。 そんなときは、室内でも切り干し大根をつくることが可能です。 ただ、湿度が高いと、切り干し大根がうまく乾燥しなかったり、カビでしまったりするので、なるべく窓際におく、風が当たる場所においておくのが良いです。 都内で高層ビルに囲まれたような環境で生きていますが、室内でも窓をあけて、換気の良い環境にしてあげれば、室内でも乾燥野菜をつくることは可能です! 切り干し大根のリメイク方法! 切り干し大根は、煮物や和え物にして食べられることが多いですが、毎回煮物では飽きてしまうし、作りすぎてしまったから、別の料理として食べたい… そんな場合は、切り干し大根をリメイクして、別の料理に変えることも可能です。 切り干し大根のリメイク例としては、以下のような料理があげられます。 炊き込みご飯• 味噌汁• 春雨サラダ• チャーハン• お好み焼き• チヂミ などなど、切り干し大根のリメイクは無限大にあります。 甘味があって子供から大人まで人気の味なので、リメイクもしやすいのだと思います。 他にもパスタの具材にしたり、ちらし寿司の具として利用するなど、切り干し大根のリメイクのバリエーションはとても豊富といえます。 外部サイトですが、切り干し大根のリメイクレシピを紹介します。 簡単につくれるので、余って困ったときは活用してみてください。 切り干し大根の炊き込みご飯 引用元: 切り干し大根の味噌汁 引用元: リメイク絶品和風チャーハン 引用元: 切り干し大根でちらし寿司 引用元: 切り干し大根のチヂミ 引用元: 様々なリメイク法があるので、いろいろなものを試してみるのも良いかと思います。 切り干し大根の戻し方まとめ 切り干し大根の戻し方や干し方、そしてリメイク方法をテーマにしてまとめました。 切り干し大根はゴミをとったあと、20分ほど水につけておくことで戻すことができます。 また切り干し大根は、スーパーでも購入できますが、ご家庭でも作ることが可能です。 また、煮物にして余ったものは、冷凍保存も可能ですが、リメイクもできます。

次の

切り干し大根で腸活! 鉄分&カルシウムが豊富な「オクラと切り干し大根のごまマヨ和え」

切り干し 大根

切干大根の煮物の下準備 切り干し大根はさっと洗ってから、たっぷりの水に20〜30分ほどつけて戻します(もとの重量の4〜5倍にふくれます)。 戻している間に、にんじんは4〜5㎝長さの少し太めのせん切り、油あげは細めの短冊に切ります。 切り干し大根がしっかり戻ったら手でぎゅっと水気をしぼります。 はじめに鍋で切り干し大根を炒めるので、ここでしっかり水をしぼっておくことが大切です。 それから、切り干し大根の戻し汁は大根の甘みが出ているので、 加える水分量200mlの半分くらいまでなら戻し汁を入れても美味しく仕上がります。 ただ、戻し汁200mlにすると少しうま味が足りずにぼんやりした味になるので、半量くらいまでにするとよいと思います。 はじめに炒めるのは 1分くらいでOKです。 続けて、鍋にだし汁と油あげを入れ、Aの調味料をすべてを加えて軽く混ぜ合わせます。 沸いたら 弱火にして落し蓋をして12分前後ほど煮ます。 10分経ったら、落し蓋を取って箸で混ぜ合わせます。 鍋底一面にうっすら煮汁が残っているくらいでちょうどよい加減になっていると思います。 味をみて良ければ火を止めます(少し煮詰め加減があまいようならもう数分煮てあげましょう)。 仕上げにゆでた絹さやを刻んで加えても美味しいです。 コクのある仕上がりにしたいときはサラダ油の代わりにごま油を使っても。 また、青みはなくてもOKですが、加えるなら絹さや以外にも刻んだ三つ葉をさっと煮上がる1〜2分前に入れても美味しいです。 冷蔵庫で3〜4日ほど、冷凍すれば一か月ほど保存ができます。 まとめて作るのもおすすめです。 2倍分量で作るときは、だし汁以外の材料を2倍にして、だし汁だけ1. 5倍の300mlで作るとよいです(だしが400mlだと煮詰める時間が長くかかるため)。 だし汁は、、、などで。 煮干しだしで作っても美味しいです。 保存したものを食卓に出すときは再度温めてから、弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(弁当の場合は特に芯まで加熱した後に一度冷ましてから!)。

次の

切り干し大根で腸活! 鉄分&カルシウムが豊富な「オクラと切り干し大根のごまマヨ和え」

切り干し 大根

切干大根の煮物の下準備 切り干し大根はさっと洗ってから、たっぷりの水に20〜30分ほどつけて戻します(もとの重量の4〜5倍にふくれます)。 戻している間に、にんじんは4〜5㎝長さの少し太めのせん切り、油あげは細めの短冊に切ります。 切り干し大根がしっかり戻ったら手でぎゅっと水気をしぼります。 はじめに鍋で切り干し大根を炒めるので、ここでしっかり水をしぼっておくことが大切です。 それから、切り干し大根の戻し汁は大根の甘みが出ているので、 加える水分量200mlの半分くらいまでなら戻し汁を入れても美味しく仕上がります。 ただ、戻し汁200mlにすると少しうま味が足りずにぼんやりした味になるので、半量くらいまでにするとよいと思います。 はじめに炒めるのは 1分くらいでOKです。 続けて、鍋にだし汁と油あげを入れ、Aの調味料をすべてを加えて軽く混ぜ合わせます。 沸いたら 弱火にして落し蓋をして12分前後ほど煮ます。 10分経ったら、落し蓋を取って箸で混ぜ合わせます。 鍋底一面にうっすら煮汁が残っているくらいでちょうどよい加減になっていると思います。 味をみて良ければ火を止めます(少し煮詰め加減があまいようならもう数分煮てあげましょう)。 仕上げにゆでた絹さやを刻んで加えても美味しいです。 コクのある仕上がりにしたいときはサラダ油の代わりにごま油を使っても。 また、青みはなくてもOKですが、加えるなら絹さや以外にも刻んだ三つ葉をさっと煮上がる1〜2分前に入れても美味しいです。 冷蔵庫で3〜4日ほど、冷凍すれば一か月ほど保存ができます。 まとめて作るのもおすすめです。 2倍分量で作るときは、だし汁以外の材料を2倍にして、だし汁だけ1. 5倍の300mlで作るとよいです(だしが400mlだと煮詰める時間が長くかかるため)。 だし汁は、、、などで。 煮干しだしで作っても美味しいです。 保存したものを食卓に出すときは再度温めてから、弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(弁当の場合は特に芯まで加熱した後に一度冷ましてから!)。

次の