剣盾 化石ポケモン 考察。 【ポケモン剣盾考察】ネズについて考える【ネタバレ】

ポケモン剣盾 化石ポケモンについてクソザコ考察|ムー|note

剣盾 化石ポケモン 考察

下半身に比べて、上半分は完全に小さすぎます。 アークトゾルト:このポケモンは先史時代の海岸に住んでいて、体の氷で食物を保存することができました。 それはとてもゆっくり動いたので絶滅しました。 Compared to its lower body, its upper half is entirely too small. 呼吸困難のためにこのポケモンはとにかく絶滅しました。 ゾルト部分 下半身に比べて、上半分は完全に小さすぎます。 このポケモンは先史時代の海岸に住んでいて、 もう片方のと比較するとこっちのほうが合う為 下半身組 ドラコ部分 その強大な脚は時速40マイルを超える速度で走ることができます。 尾の強力な筋肉が電気を発生させます。 電気はゾルトの影響? アークト部分 顔の皮膚は攻撃を受けませんが、 体の氷で食物を保存することができました。 それはとてもゆっくり動いたので絶滅しました。 Compared to its lower body, its upper half is entirely too small. It went extinct because it moved so slowly.

次の

【ポケモン剣盾考察】ふるびたてがみについて考える【ネタバレ】

剣盾 化石ポケモン 考察

ピタゴーラ!です! 今回はソードシールド環境での受けの考え方と全てのの中からの絞り込み方と実際に受けを考察する例を紹介します。 現在受けの入った構築を使っている人は多いものの手持ち全員を受けに特化させている所謂純正受けループを使っている人はかなり限られています。 僕は純正受けループを普段使っています。 嬉しいことに受けループの構築記事や僕のキャスを見て純正受けルを組もうとしている人をちらほら見かけるようになりました。 そんな人たちの考察の手助けになればいいと考えています。 断っておきますが、受けを考えるのは非常に手間がかかります。 また、この記事はかなり文章量があります。 軽く目を通すのは自由ですが受けループでガチで勝ちたい人は気合い入れて読んで下さい。 以下常体 【受けるということ】 まず受けるというのはある特定のに対して後出しから処理をするということである。 このために必要な要素を説明する。 ・回復技持ち 例えばをで受ける場合。 に回復技がなければのシャドクロに繰り出して相手が交代するというサイクルが続いた場合、のHPがどんどん減っていきいつかHPがなくなってしまう。 これを解消できるのが回復技である。 の場合の攻撃に繰り出した後自己再生をすることで半永久的に繰り出すことができる。 ここで注意だが受けの回復技は自己再生のような高速半回復技が望ましい。 眠ると願い事は受けが成立しない。 例えばの回復技を眠るにするとに繰り出して眠ってしまっては次のサイクルで行動できずに押し負けてしまう。 また、お互いックスのない常体でサザン受けをする場合、自己再生を覚えるマホイップと願い事を覚えるを比べてみる。 どちらもサザンの臆病ラスカを2耐えする。 マホイップならラスカに繰り出した場合自己再生でHPが満タンになるので次のサイクルで受け出しが可能である。 の場合ラスカに繰り出して願い事をすると相手はに交代してきたとする。 ここでニンフはアイへで縛られるので守るをせざるを得ない。 ここでドリュがしてきたとする。 そして次のターンにドリュ受けのアーマーガアに引く。 そこでもう一度される。 するとアマガでは受からなくなる。 マホイップの自己再生にドリュを投げられてもこちらはアマガ即引きでは一度しかされないから受かる。 つまり願い事は相手に1ターン隙を与えるため受けに採用するのは望ましくない。 眠る持ちはステロと組み合わせることでサイクル負けしなかったりするので一概に悪いとは言えないが、願い事の採用は避けたい。 一応力を吸い取るは相手依存だが回復量が確保できるのでセーフだと思う。 ・ックスのタイミング ックスによって強力になるが多いがこちらもックスを絡めた処理ルートを考えられる。 ックスのタイミングは相手より先、同時、後の3種類がある。 受けで望ましいのは「後」である。 お互いックスを使えるのは一回なので相手のックスを見てからの処理ができれば安定行動だけで全対応が可能になる。 例えばサンパワーのダイバーンにを繰り出して、次にックスしてダイジェットを耐えてダイストリームをすると天気が変わって受けられるようになる。 ただ、ックス中は回復技が打てないためかなりは限られる。 しかし、どのもを見てから処理ができるわけではないので同時にックスをしなければならない場合もある。 この処理ルートは構築を組む段階では極力避けたい。 積み技に繰り出してックスを合わせたら即引きされて次のサイクルで負けるようなことはよくあることだ。 また、前記事ののように臆病CSがしてこようとこちらはを使わずに処理できるがいると、権を温存できるので有利に試合を展開できる。 相手の枠をキッスと一点読みするならでなしで処理ができるので他ので先にックスする展開ができたりもする。 【絞り込み】 では受けをどうやって全種類のから絞り込むのか。 図鑑番号順に見てもいいのだがもう少し楽に探したい。 絞り込み方を紹介する。 ・回復技を覚えるから探す 回復技を覚える一覧から受かりそうなを探すのが手っ取り早い。 現環境はこの画像がオススメ。 ただ、眠る持ちを探す場合はほぼ全てのがヒットするので以下の他の方法もほしい。 ・から探す 受けには相手の高火力を圧倒的な耐久力で受けきる「数値受け」というのが存在する。 のH、B、Dのランキングの上位から探していく方法である。 一応言っておくが耐久指数とはただの目安でありいくつ以上だから強いといような指標は全くあてにならない。 具体的にどの攻撃を耐えられるのか個別にダメージ計算をしなければ意味がない。 ・タイプから探す 受けには数値受けの他にににそこまで耐久値は高くなくてもタイプ相性で攻撃を受けきれる「タイプ受け」というのも存在する。 そういったを見つけるためにタイプ毎にを探していくとよい。 例えば受けを探すのであれば一致弱点を突かれる悪や格闘は候補から外れる。 【8世代での変化】 8世代のZ技に比べてックスの計算は非常に複雑で受かるかの計算量が体感5倍くらいなった。 一度だけのZ技ではなく3発打ち分けて追加効果の能力変化まで考えるとかなり選択肢がある。 また、Z技より火力は低いとはいえ3発打ててアイテム持てて追加効果もあるとなると受けがかなり厳しい。 例えばでが受からなくなった。 しかし、珠ダイシャドクロがそもそもシャドクロZより威力が高いので連発されたら受からない。 これにBダウンまでついているわけだ。 受けが限られているので逆に絞り込みやすいとも考えられる。 【例】 では、どうやって受けを探すのか実際に紹介してみる。 今回は一例として受けを考える。 想定する型は意地AS命の珠じゃれ影シャドクロである。 まず、先程の話の通り7世代で受かっていたが受からないためそれより物理耐久の高いが候補になる。 今回は眠るでの回復は考えないのでこの回復技持ち一覧から探していく。 ここで注意したいのがダイフェアリーによって状態異常を絡めた処理は難しい、ダイホロウのBダウンまでケアする必要があるということである。 ここで絞っていくと、数値のある、威嚇で耐久上がる、ミラーアーマーでBダウンを跳ね返せるアーマーガア、天然でを無効にできるヌオーの4体辺りがざっくりとした候補になる。 ここから個別に計算していく。 ・ヌオー 天然は相手の能力変化を無効にするだけなのでダイホロウのBダウンは無効化できない。 なので交代読みダイホロウ2回でオボンがあろうと落ちる。 ックスを合わせても殴り勝てない。 そこから対処できるかを調べる。 処理までのルートを考えるとターン毎にお互いのHPがどう削れていくのかを順に書いていく。 この時攻撃はこちらは全て最低乱数で相手は全て最高乱数で書き、どんな不運な確率でも処理できるかを調べる。 とりあえず急所は考えない。 取り敢えずこの型で考える。 ここから型の条件を絞っていく。 上記の処理ルートでHPが29残るのでもうすこし耐久を削れることがわかる。 また、計算を省略するが攻撃技がダイスチルでなくてもいい。 ここからパーティに合わせて余ったをSに振ったり技構成をカスタマイズすることで型を決定することができる。 ここでわかると思うがダメ計の表を作るのが非常に手間がかかる。 上は一つだが分岐としてダイジェットを計算したり、陽気珠ならが受かるラインはどこなのか探したりすると果てしない量になる。 これが8世代で受けの考察が面倒になる理由である。 ただ、このアマガは相手のが陽気珠だとダイホロウできのみを食べない可能性が生まれ受からないことがあるという問題がある。 例えばBを削って陽気珠で確実にきのみを発動するようにすると意地の最高乱数が受からなくなる。 なのでこの型はの出せる最高火力に対しては役割をこなせるがそれよりも火力の低い型に確実には勝てない。 一応ここでは没にしておこう。 ・ 無理。 威嚇、きのみ回復、鬼火、地均しでS逆転、ダイスチルでBアップ、堪えるで珠ダメ稼ぎ等考えられる全てのルートを計算したが不可能。 ・ 結論から言うとオボンか残飯持ちなら受かる。 アイテムなしで計算したが受からない。 型は腕白HB特化鉄壁氷柱針自己再生 1を想定する。 2つのアイテムの場合の計算を書く。 オボンの場合50の回復量をで実質100の回復としているのでアイテムなしだと最後の残りHP95が-5となって受からないことが言える。 ただオボンなしでも最高乱数引き続けて-5なのでほぼ受かると言えるしアイテムの奪い合いに負けて最悪オレンの実を持たせても受けられることがわかる。 また、オボンの場合は特性がではなくても受かることがわかる。 今後頑丈が解禁されても採用が視野に入る。 他にも攻撃技がダイスチルでBをあげながら戦ったらどうなるか等ほかにも型の選択肢を考えることができる。 特にオボンはを見てからして処理をする受けと相性がいい。 具体例といいつつかなり省略したが、これでひとまずの結論としてオボンか残飯のHB鉄壁でのみが受かるといえる。 以上のようにただ受けを考えるだけでも膨大な計算量になる。 また、そこから役割遂行するために必要な振りや技構成などの条件を絞るという考え方も必要になる。 これは秘密だがステロから珠通すだけでどんな受けも破壊できる。 【受けループの性質】 受けループを使うにあたり役割遂行できるのかを上記の表を作って予め理解しておく必要がある。 これを自分の手持ち6匹それぞれで役割対象数匹に対して覚える必要がある。 これを理解していれば選出段階で役割対象に合わせて3匹を決めて、後出しがやや不安なに対して強いを初手に選ぶという基本的な選出の決め方を考えることができる。 攻める構築だと例えばドラパルトで相手のどれが来ても殴りあえるのかその都度考える必要がある。 ある程度の火力ラインは覚えていると思うが単純な殴り合いで細かいダメ計はそこまで必要ない。 削りきれなくても裏のの影圏内に入れる等でカバーできる。 攻撃的なパーティは一体失ってもを残しておいてラストで全抜きするようなことができる。 しかし、受けループは1匹失ったらゲームオーバーになることはよくある。 だからこそ細かいダメ計を覚える必要がある。 幸いダメ計がめちゃくちゃ複雑なため攻める側も例えばとの有利不利を完全には理解していない。 を使う上でがオボンか残飯かでいちいち計算しているわけがない。 だからノリで行けるやろくらいの感覚で舞ったミミでしてきて返り討ちにするというのが決まる。 攻めるはその都度対面したのダメ計をしているかもしれないが受けは予め役割対象を絞っているため対戦前にダメ計をした数体ずつ覚えていれば十分なのである。 【努力の方向付け】 受けループで勝つために必要なのは「努力」だと考える。 僕は死ぬほどダメ計をしての覚える技等を片っ端から調べてアを考えている。 何事も上達には努力が必要だ。 ただ、世の中には努力してても強くなれない人は五万といる。 当然強くなりたいという気持ちだけで、闇雲に対戦をし続けても上達するとは限らない。 努力の方向性が重要だ。 今回の記事は特に受けループで勝ちたい人がどうやって考えたらいいのかという努力の方向付けを目的に書いた。 これを真似れば少なくとも僕くらいにはなれる。 僕に限らず強いやつはみんな努力をしてる。 それがカッコいいと思ってる。 こいつらも裏で必死に努力してる。 同じ人間だ。 壁があると思い込んではいけない。 【真の目的】 僕は普段受け構築を倉本蘭くんと2人で考えている。 互いにこのはどうだとかこの動きはいけるとか言い合って構築を組んでいる。 2人で考えればアは2倍、ダメージ計算の量も半分で済む。 僕は今後受けを考えていくためにこの2人から考察メンバーを増やしより効率的に多くの人のアを取り入れて構築を組みたいと思っている。 しかし無闇にメンバーを増やしても僕ら2人と根本的な受けの考え方を共有していなければ意味がない。 そんなわけで受けの考え方を広めより受けループを発展させ、あわよくば僕と同じ思考を持つ第3のを仲間に引き入れたいと考え今回の記事を書いた。 以上になります。 質問や意見等いつでもで受け付けているので気軽にどうぞ。 ここまで閲覧ありがとうございました! PythaPoke.

次の

【ポケモン剣盾考察】ふるびたてがみについて考える【ネタバレ】

剣盾 化石ポケモン 考察

穴掘り兄弟の場所 「ハシノマ原っぱ」の預かり屋付近にいる 穴掘り兄弟は、ワイルドエリア内にある 「ハシノマ原っぱ」の預かり屋付近に2人並んで立っています。 山男の服装をした2人組なので、見つからない場合は壁沿いを探してみましょう。 穴掘り兄弟までの道筋 1 「そらをとぶ」で「ハシノマ原っぱ」へ飛ぶ 2 「ハシノマ原っぱ」へ飛んだら正面を向きます 3 左の壁沿いに沿って歩きます 4 少し歩くと2人の男性が発見できます 5 左がスキル、右がスタミナの穴掘り兄弟です 穴掘り兄弟似合うにはワイルドエリアにある「ハシノマ原っぱ」へ向かいましょう。 預かり屋付近で出会えるので、便利なポジションに設置されています。 バージョンごとに出やすい化石 ソード版に出やすい化石 ソード版で出やすい化石は 「カセキのトリ・カセキのクビナガ」です。 上記の出やすい2つを合わせると「パッチルドン」を復元できます。 シールド版に出やすい化石 シールド版で出やすい化石は 「カセキのサカナ・カセキのリュウ」です。 上記2つを合わせると「ウオノラゴン」を復元できます。 化石ポケモン一覧 ポケモン名 タイプ カセキの組み合わせ カセキのサカナ + カセキのリュウ カセキのトリ + カセキのクビナガ カセキのサカナ + カセキのクビナガ カセキのトリ + カセキのリュウ 発掘で手に入る化石は組み合わせることでポケモンに変化します。 過去作と違いソードシールドでは、 2つの化石が必要となるので、穴掘り兄弟でたくさん発掘することが重要です。 穴掘り兄弟はどっちがおすすめか 「きんのおうかん・化石」が欲しいならスキル 個体値を最大まで増加できるアイテム 「きんのおうかん」や復元することで化石ポケモンが手にはいる 「化石」を狙うなら、スキルがある方(左)で穴掘りしましょう。 スタミナがある方(右)と比べて 発掘回数が少ないのが懸念点ですが、レアなアイテムを確実に狙うなら、スキルがある方(左)がおすすめです。 穴掘り兄弟の違い レアアイテムが出やすいスキルのある方(左) スキルのある方(左)からは少ない発掘回数でレアなアイテムを入手できます。 量よりも質を重視するならスキルのある方(左)がおすすめです。 試行回数が稼げるスタミナのある方(右) スタミナのある方(右)は、発掘回数が稼げるので手に入るアイテム数が必然的に増加します。 質より量を重視するならスタミナのある方(右)がおすすめです。

次の