旅行 会社 英語。 旅行会社に就職するのに英語力は不必要です【でもあったら超便利】|Peeeeeach

旅行会社の就職は英語ができないと厳しいですか?

旅行 会社 英語

旅行会社へ就職するために旅行業界について理解する こんにちは。 キャリアアドバイザーの北原です。 まず旅行会社へ就職するためには「旅行業界」について深く知る必要があります。 面接やエントリーシートで必ず「なぜ旅行業界を志望するのか?」という質問があるからです。 順序としてはこの質問があり、その上で「なぜこの会社を志望するのか?」という志望理由を問われます。 また旅行業界について詳しく理解することは、自分が本当に旅行会社へ就職したいのか、ということを再確認することにつながります。 なんとなく旅行会社へ就職したいと思っていたけど、調べるうちに「旅行会社は自分には合わなそうだ」と感じてしまう可能性もあるでしょう。 入 社後のミスマッチを防ぐため、詳しく旅行業界を知った上で、旅行会社への入社意欲を自分で確かめることが大切です。 ここでは旅行業界について、旅行会社について、など旅行会社へ就職したい人に知っていてもらいたい事について解説していきます。 旅行業界の特徴 まずは旅行業界の特徴について紹介していきます。 上でも伝えましたが、旅行会社への就職を希望するのであれば、まずは旅行業界について知ることが大切です。 旅行業界には旅行業界ならでは特徴があります。 ここでその概要について紹介しますので、把握しましょう。 旅行業界の特徴を把握することで、面接やOB訪問、説明会で業界の話題になった時に、より深い話ができ、質の高い情報を得ることができます。 より質の高い業界の情報を得ることで、面接での評価につながったり、自分のやりたいことが具体的にイメージしやすくなります。 旅行業と旅行業者代理業の2つに分かれている 旅行会社は「旅行業」と「旅行業者代理業」の2つの種類に分かれています。 旅行業者は主に旅行の企画を立て、それを商品にしている企業です。 有名な旅行業者は「JTB」「HIS」がこれにあたります。 さらに旅行業者は以下3つに分けられています。 旅行業者の種類• 第1種:国内、海外の旅行全般を企画、取扱できる• 第2種:国内のみの旅行全般を企画、取扱できる• 第3種:一定の条件の元、国内の旅行全般を企画、取扱できる 一方、旅行業者代理業は旅行業者の商品である旅行のパッケージツアーや旅行のプランを代理店として販売する会社です。 旅行業者が企画、パッケージ化した旅行商品を販売のみ担当して、仲介手数料を得ることで収益を上げています。 近年インターネットを介した取引が増加している 近年はインターネットを介しての旅行商品の売買が増加しています。 有名な旅行ツアーを購入できるサイトは「楽天トラベル」「じゃらんnet」「Yahoo! トラベル」「るるぶトラベル」があります。 インターネットを使って旅行商品を販売することで、店舗にかかるコスト(店舗開設費用、店舗の維持費)、人件費を下げることができるので、 より低価格で旅行商品を提供できることができます。 様々な業界でインターネットを活用した取り組みが目立ちますが、旅行業界も漏れなくインターネットを活用することで、市場の拡大を狙っています。 日本では外国人旅行客が年々増加している 訪日外国人旅行者数は近年、年々増加しています。 の調査では2016年は約2,400万人、2017年は約2,900万人、2018年は3,100万人と発表されています。 年々増加しているため、 訪日外国人旅行者をターゲットにした旅行商品の企画やパッケージ化などが、現在旅行会社が注力しているポイントでしょう。 また2020年に東京オリンピックが開催されることもあり、旅行業界は益々の盛り上がりを見せるでしょう。 オリンピックを目的に訪れた外国人も「せっかく日本に来たんだから」と観光して帰国する人もいますし、観光メインで東京オリンピックに訪れる人がいる可能性もあります。 今旅行業界では2020年の東京オリンピックの開催に向けて、来日外国人に満足してもらうための商品を開発しています。 旅行会社人気ランキング マイナビに掲載されているの結果をもとに、就活生の志望先として人気の高いホテル・旅行会社をランキング形式でご紹介します。 キャリア アドバイザー 自己PRは、その企業が求める人物像と一致しているのがベストです。 自分に備わっているかチエックしておきましょう。 旅行会社にはどこの企業も共通して求める人材像があります。 ここでその求める人材を把握することで、エントリーシートや面接での自己PRで評価を上げることもできます。 面接で話すエピソードや、自己PRでは下で紹介する2つの能力について、積極的に盛り込みましょう。 コミュニケーション能力がある 旅行会社での仕事は下で詳しく紹介しますが、たくさんの人と関わりながら進めることが多いです。 そのため、コミュニケーション能力が高いかどうかを重視する企業が大半をしめます。 旅行商品を購入するお客様とは、最適な旅行プランを組んだり、購入手続きなどコミュニケーションを取る機会が多いでしょう。 また旅行を企画する時は、様々な企業を巻き込む必要があります。 交通機関、ホテル、レジャー施設などです。 それぞれの企業との円滑なコミュニケーションが欠かせないため、旅行会社へ就職したいならコミュニケーション能力は必須と言えるでしょう。 企画力がある 企画力も旅行会社に就職したいなら、必須のスキルと言えます。 お客様の希望に沿った最適な旅行プランを企画する、旅行のプランに巻き込む関連会社へお互いが良い関係を築けるよう企画を立てる、季節に合わせたパッケージ商品を企画するなど、旅行会社ではこの「企画力」が様々場面で必要とされます。 また「企画力」とは新たな旅行プランを企画することだけを指しません。 会社の求める「企画力」とは「課題を解決する作戦を考える能力」のことです。 とりわけ旅行業界は変化の激しい業界です。 インターネットの活用、外資企業の日本参入など、状況が速いスピードで変化しています。 そのため状況が変化していく中で、何が課題でどうすれば解決できるのか、道筋を立てて考える「企画力」を持った人材を必要としているのです。 旅行会社の主な仕事内容4種 次に旅行業界の主な仕事を4つ紹介していきます。 旅行会社と言っても、様々な仕事や職種が存在します。 もちろんメインはお客様に最適な旅行プランを購入してもらうことです。 そのためには様々な仕事が存在しています。 交通機関の調整、旅行損害保険の加入手続きのサポート、レジャー施設への問い合わせなどです。 これらをどのように役割分担しているのか、ここでは詳しく紹介します。 自分がどの職種や仕事に向いているのか、考えながら見ることで就職へのモチベーションも高まるでしょう。 またより具体的な志望理由の作成へとつながるので、4つすべて覚えましょう。 個人のお客様に最適なプランを企画、提案したり、複数のお客様のための旅行のパッケージ商品を企画、運用します。 観光する場所や施設の選定、宿泊施設の選定、交通機関の選定をメインに、お客様に最適なプランを提案します。 お客様の意見を聞き、旅行に関連する宿泊施設や交通機関の調整することの両方を合わせてツアープランニングと呼びます。 ツアープランナーには旅行好きが向いています。 なぜなら、企画する観光地や宿泊施設について詳しくなければ、お客様に最適な提案ができないからです。 「好きこそものの上手なれ」ということわざにもある通り、観光地や宿泊施設について詳しくなるには「好き」という感情が必須です。 ほとんどの場合、旅行会社に入社後、下で説明する「ツアーコンダクター」を経て、ツアープランナーになります。 よく観光地などで目立つ旗を持っている人がこれにあたります。 まず、自分が添乗するツアーの下調べ、準備、旅行会社の担当者との打ち合わせをします。 日程が近づくにつれて、スケジュールの詳細確認、航空券やバスのチケット、ツアー客のリスト、各種書類のチェックを行います。 当日には現地の特徴や歴史などをお客様に伝えたり、海外の場合は出国手続きのサポート、トラブル対応、タイムキーパーなど、ツアー客が安心して旅行を楽しめるよう、隅々まで配慮します。 常にツアー客が旅行を楽しめるよう、先回りして考えることができる人が向いていると言えます。 ツアープランニングと兼任で担当する場合が多いです。 国内旅行では、必要な手配はツアープランニングを担当した人がする場合がほとんどですが、海外の場合は専任のツアーオペレーターが担当する場合もあります。 旅行先となる現地のツアーオペレーターやツアーコンダクターと連携を取りながら進めます。 ツアーコンダクター同様、先回りしてお客様が安心して旅行を楽しめるよう、配慮する能力が求められます。 支店の窓口で来店したお客様の対応をします。 来店するお客様は、旅行に興味があって足を運んでいるので、予算や日程、希望場所などヒアリングして、最適なプランやパッケージ旅行を提案します。 カウンターを通してする営業なので「カウンターセールス」と呼ばれています。 また来店してくれたお客様以外にも電話での対応もします。 旅行についての問い合わせや、契約したお客様のサポートもします。 カウンターセールスは、人と接する仕事なのでコミュニケーションスキルは必須です。 自分の考えやイメージをわかりやすく相手に伝えられることや、お客さまの気持ちを汲み取ることが得意な人に向いている仕事といえるでしょう。 大前提ですが、コミュニケーション力は誰にでも備わっているものです。 しかし、その力が強いかどうかはテクニックでも変わってきます。 それは声のトーンであったり、表情や話し方というテクニックの点です。 これは接客のアルバイトをしている学生や、コールセンターのアルバイトをしている学生は自然とできていることが多く見受けられます。 もちろんそれ以外の学生でも「昔から年上の人と話すことが多い」や「大人数の団体をまとめている」人などは同じくテクニックの面が長けていることが多いです。 加えて、話す内容もとても大切です。 人に伝えることが得意な人は一般的に言う「オチのある話が出来る人」が多いですね。 逆に「何を言っているのかわからない」と思われがちな人は話が脱線してしまったり、話の道筋が立てられていない傾向にあることが多いです。 旅行会社に就職するための必要な資格3選 旅行会社に就職する際に必須の資格はありません。 しかし、旅行代理店での業務において「旅行業務取扱管理者資格」を取得していると、旅行に対する関心や能力をきちんと備えているという強いアピールになります。 ここでは「旅程管理主任者資格」「旅行地理検定試験」「旅行業務取扱管理者資格」の3つをご紹介していきます。 上記のような資格を取得すれば手当が付いたり、業務の幅が広がったりするので、ぜひチャレンジしてみてください。 国内旅程管理主任者:国内旅行のみ添乗可能• 総合旅程管理主任者:国内・海外旅行の添乗可能 旅程管理主任者資格は、旅行会社が企画するツアーや団体旅行に同行するツアーコンダクターに取得が義務づけられている資格です。 ひとつの旅行を担当する複数の添乗員の中で最低1人は持っておく必要があるというルールなので、資格取得者の同行があれば資格がなくても添乗員にはなれます。 旅程管理主任者資格は2種類あり、国内旅行のみ添乗できる「国内旅程管理主任者」と、国内に加え海外旅行の添乗も可能な「総合旅程管理主任者」があります。 資格取得には、国土交通大臣登録の機関による「旅程管理研修」を修了することと、テストの合格、また、旅程管理業務の実務経験が必要になります。 資格取得までに少々時間はかかりますが、決められた研修さえきちんと受講すれば、決して難易度の高いものではありません。 が実施、運営していて、1〜4級まであります。 旅行をより楽しく、充実させることを目的に設けられた試験となっていて、学生や旅行会社で働く社員の受験者が多いのが特徴です。 必須の資格ではありませんが、旅行会社への就職を考えているなら持っていて損はしません。 旅行を企画する時に様々な地理や観光地について知識があれば、その土地への旅行を希望する人にそれだけ色々な提案ができることになります。 また採用面接の時に、「旅行が好き」という説得力が増すので、評価の対象となるでしょう。 旅行業界では国家資格はこの旅行業務取扱管理者資格しかないため、持っているだけで評価されます。 簡潔に紹介すると「旅行のプロである証明」と言えます。 「国内旅行業務取扱管理者」と「総合旅行業務取扱管理者」の2種類があり、国内旅行のみを扱うのか、海外旅行も含めて扱うのかで別れます。 それぞれ試験の合格率はの情報によると「国内旅行業務取扱管理者」が平成28年度32. 旅行会社の志望動機例文2選 旅行業界は就活生に人気の高い業界であり、就活を成功させるためには志望動機を練り上げることが大切です。 旅行会社の志望動機では、旅行が好きだからという理由だけではいけません。 旅行会社に入社するということは、旅行に関心が強いことが前提なので、相手を説得するにはいまひとつな内容になってしまいます。 志望動機は、自分がなぜその会社を志望するに至ったのかというエピソードと、自分が企業で実現したいことを伝えると説得力のある志望動機を作ることができます。 モチベーションの高さを伝えられる志望動機が重要になるといえるでしょう。 ここからは、旅行会社の志望動機例文2選をご紹介します。 下記の例文を参考にして、実際に志望動機を考えてみましょう。 また、学生時代に世界中を旅したという経験も自身の好奇心を満たすためということで、入社後も自己満足のために旅行プランを企画しそうな印象を与えてしまうのではないでしょうか。 旅行会社の社員がどういった目的を持って仕事しているかをしっかりイメージできていれば、「自身の好奇心を満たした」という表現には至らないでしょう。 ただ、志望するに至ったきっかけや、入社後自身が成し遂げたいことなどバランスよく書けている点はいいですね。 特に入社後の「こういうことをやりたい・挑戦したい」という話があると、意欲的な学生だと評価されやすくなります。 こちらの記事では、志望動機が書けない時の対処法を紹介しています。 志望動機を考えるのが苦手……という就活生は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 旅行会社に就職するために事前対策をしておこう 旅行業界は就活生に人気の高い業界であり、志望者は年々増加しています。 就職難易度の高い業界でもあるため、就活を攻略するには、旅行会社のことを事前に理解しておくことが大切です。 旅行会社の仕事内容は複数の分野に分かれています。 どの分野もお客様に喜んでいただくためのサービスを提供する業務であり、それぞれ仕事内容変わってきます。 また、やりたい仕事内容によって必要な資格も異なります。 資格は必須ではありませんが、資格の取得が就職後も有利になることもあるので、ぜひ挑戦してみてください。 各企業の特色をしっかり調べ、自分に合った働き方をみつけましょう。

次の

英語で観光ツアーに申し込んでみよう! [トラベル英会話] All About

旅行 会社 英語

「日本の誇れるコンテンツ(サービス・プロダクト・リソース)を世界に向け発信することで日本と世界をつなぐ役目となり、日本の新たな産業創出の核を担う。 」というミッションを掲げ立ち上げたトラベル事業部では、現在中華圏の旅行会社やウェブサイトを通じて訪日外国人観光客向けツアーを企画・販売しています。 今後は東南アジアの国々へと展開していく為、各国の旅行市場リサーチ、営業における戦略策定や、現地へ出張し現地旅行会社等と折衝業務をお願いする可能性もあります。 新規のプロジェクトのため上記を軸に幅広い業務をお任せすることになります。 あなたの適正に合わせてお任せする仕事は相談していきたいと考えておりますので、 このチャンスにぜひご応募ください!• そのため『自分次第』でどんどん大きな案件に関わらせてもらえることができ 自身の成長をしっかりと感じることができています。 分からないことはすぐ聞けますし、丁寧に教えていただけるので 安心して作業を進めることができています! また、ロゾパンサンには様々なバックグラウンドを持つ方が多いので 興味深いお話を聞くことができ今後の将来を考えるうえで参考にしています。 「日本の誇れるコンテンツ(サービス・プロダクト・リソース)を世界に向け発信することで日本と世界をつなぐ役目となり、日本の新たな産業創出の核を担う。 」というミッションを掲げ立ち上げたトラベル事業部では、現在中華圏の旅行会社やウェブサイトを通じて訪日外国人観光客向けツアーを企画・販売しています。 今後は東南アジアの国々へと展開していく為、各国の旅行市場リサーチ、営業における戦略策定や、現地へ出張し現地旅行会社等と折衝業務をお願いする可能性もあります。 新規のプロジェクトのため上記を軸に幅広い業務をお任せすることになります。 あなたの適正に合わせてお任せする仕事は相談していきたいと考えておりますので、このチャンスにぜひご応募ください。 営業 ロゾパンサンでは、現在中華圏の旅行会社やウェブサイトを通じて訪日観光客向けツアーを企画・販売しています。 今後は東南アジアの国々へビジネスを拡大したいと考えておりシンガポール・フィリピン・マレーシア等の市場リサーチから現地旅行会社の開拓まで幅広い業務を担当していただきます。 本当にゼロからのプロジェクトに関われるチャンスです。

次の

旅行業 業界用語一覧

旅行 会社 英語

しかし、英語での 「travel」以外にも、 「journey」、 「trip」、 「tour」という「旅」という意味の英語表現があります。 「旅(旅行)」の種類によっては、「travel」が適切ではない場合もあるので要注意です。 適切に使い分ける必要があるので、しっかりとマスターしましょう! それと、「旅(旅行)」の英語の単語だけを覚えるのだけではなく、実際の旅行の際に使える英語フレーズなどをマスターすると一石二鳥です。 お時間がある時でも結構ですので、【】の記事も参考にしてみて下さい。 1.色々ある!「旅(旅行)」の英語 英語で「旅」を表現する時は1つだけではありまえん。 それぞれの英語と使い方や違いなどを見てみましょう! 1-1.英語の「travel」で「旅」を表現 「旅行する」の基本的英語は、 「travel」で表現できます。 また、「travel」は名詞形の「旅(すること)」という意味でも使えます。 「travel」の発音は下記となります。 【】の記事で詳しく発音の仕方を解説しています。 「v」をしっかり発音しないと「trouble(心配事)」に聞こえてしまいます。 「travel」は 比較的長く、本格的な「旅行」に使う表現です。 1-2.英語の「Journey」で「旅」を表現 「journey(ジャーニー)」は、名詞形で使われる表現で「travel」よりも、 さらに長い「旅行」のイメージです。 特に、旅行の移動の「課程」に焦点を置いた表現です。 「Life is a journey. 」(人生とは旅である)などのように、比喩的な表現で多く使われます。 1-3.英語の「Trip」で「旅」を表現 「trip(トリップ)」の意味は「旅」で、名詞で使う表現です。 「travel」に比べ、 短い「旅」のイメージです。 本格的な旅のように、何カ所も回るのではなく、どこか目的地へ行って戻ってくるような「旅」です。 「business trip」(出張)や、 「field trip」(遠足)や、週末の温泉旅行、短期間の海外旅行などで使います。 1-4.英語の「Tour」で「旅」を表現 「Tour(ツアー)」は、いくつかの場所を巡る「旅行」です。 ある地点を出発して、 何カ所か目的地を回り、一巡して出発地点へ戻ってくる「旅行」というイメージです。 「観光ツアー」や、「見学ツアー」、「視察旅行」などで使われる表現です。 ただし、この表現は、「旅行」以外でも使う表現です。 具体的な例としては、大学の学内を案内してまわる場合や、工場見学などでも使います。 2.「良い旅を!」の英語 「旅」に出かける人にかける言葉は日本語で「良い旅を!」ですよね。 「良い旅を!」は英語で 「Have a nice trip! 」です。 他にある「travel」などは基本使わないと覚えておいてOKです。 「旅を楽しんでね!」という意味の 「Enjoy your trip! 」も、同じ場面で使えます。 日本語の「良い旅を!」は少し古くさい表現で、友達同士であまり言わないかもしれません。 しかし、英語の「Have a nice trip! 」や「Enjoy your trip! 」は、とても良く使う表現です。 友達、家族、同僚などが、「旅行へ行く」と聞いたら、このフレーズを使ってみましょう。 また、この2つのフレーズは「trip」の部分を「weekend」「holiday」「vacation」に変えて使うこともできます。 「Have a nice weekend! 」は「良い週末を!」ですね。 その他のフレーズもあります。 「Have a safe trip! 」を直訳すると「安全な旅を!」となります。 これも、「安全に気をつけて」というニュアンスはありますが、「良い旅を!」という意味で使える表現です。 「Have a」を省略して、「Safe trip! 」でもOKです。 また、「trip」の代わりに、「flight」を使って、「Safe flight! 」もよく使う表現です。 あと、代表的なのが 「Bon voyage. 」(ボン・ボヤージュ)はフランス語の「良い旅を!」ですが、英語圏でもよく使う表現です。 3.「旅(旅行)」に関連する英語表現 ここでは「修学旅行」など、「旅」の関連表現を見てみましょう。 英会話でも使えるものばかりです。 「家庭の」や「国内の」など意味で使う表現です。 「ドメスティック・バイオレンス(家庭内暴力)」は、英語の「domestic violence」からの表現です。 「週末旅行」:weekend trip• 「出張」:business trip• 「遠足」「見学」:field trip• 「修学旅行」:school trip• また、「片道」は「one way」と表現します。 「観光ガイドブック」:travel guidebook• まとめ:「旅」の英語は適切に使い分ける! 英語では「旅」について話す機会も多いと思います。 まず「Travel」「Trip」「Tour」「Journey」の4つの表現の違いを理解して使い分けられるようにしましょう。 「Have a nice trip! 」などの「良い旅を!」の表現も、「あいさつ」がわりに良く使う表現なので、数種類言えるようにしておくと外国人との会話で大変便利です。 」 あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか? また、英語をマスターした人だけが知っている 「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか? そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。 2つの資格とも一発取得です。 本来、英語は一番カンタンな言語です。 それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。 今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた 「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」を 無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。 ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。 これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。 短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。 机に30分も座れない・・・ テストは常に赤点(偏差値40)・・・ 英語とは無縁の人生だった・・・ そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、 正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。 興味がある方に、 今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。 このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

次の