きん ちゃん ヌードル。 【ネタ記事】静岡県民が大好き「金ちゃんヌードル」をヌードにしてやった!

「金ちゃんヌードル」の名前の由来を知ってる方いたら教えていただきたいです。 ...

きん ちゃん ヌードル

徳島製粉の『金ちゃんラーメン』や『金ちゃんヌードル』をご存知でしょうか? 私にとっては子供のころから馴染みのあるカップ麺だったのですが、大人になって全国区では無いと知ってちょっとショックを受けました。 今回は徳島製粉の代表的な製品である『金ちゃんラーメン』、『金ちゃんヌードル』、『金ちゃん徳島らーめん』、『金ちゃんねぎらーめん』の4種類それぞれを食べて比べて紹介します!• 徳島製粉とは その名のとおり四国は徳島県のインスタントラーメン、カップ麺の会社です。 代表的な商品に『金ちゃんラーメン』や『金ちゃんヌードル』があり、中四国や関西ではお馴染だと思います。 しかし私が普段通っているスーパーでは数年前から金ちゃんヌードルを置かなくなってしまい、大阪で置いている店を探すのも一苦労という嘆かわしい状況です。 今回は4種類のラーメンを3店舗回って手に入れました。 もっと取り扱い店が増えることを期待します! 徳島製粉のカップ麺4種類の食べ比べ というわけで今回食べ比べた代表的な4種類の感想、違いなどを紹介します! こちらが開封前の状態。 左上が『金ちゃんラーメン』、右上が『金ちゃんヌードル』、左下が『金ちゃん徳島らーめん』、右下が『金ちゃんねぎらーめん』です。 徳島らーめんに描かれているのは徳島県のマスコットキャラすだちくん! こちらは調理前の状態。 上の2種類はかやくが個別包装されておらず、開封後にお湯を注ぐだけでOK。 下の2種類はかやくと液体スープが個別についています。 こちらが調理後! 金ちゃんラーメン ローソンストア100で購入。 徳島製粉の最も代表的なラーメン。 ベーシックなしょうゆ味で、飽きがこず単純に美味いです!1967年(昭和42年)の発売開始から50年以上販売され続けていることからも、その完成度の高さがうかがえます。 ちなみに元々は袋麺でのみ売られていました。 インスタントの袋麺が金ちゃんラーメン、カップ麺が金ちゃんヌードルと区別できていたのですが、カップ麺でも出たことでちょっと違いがわかりづらい状況に。 カップは金ちゃんヌードルと同じ形状です。 私が子供のころからこのパッケージです。 西日本なら、普通に見たことある人ばかりのはず! 金ちゃんヌードル ドラッグストアのスギ薬局で購入。 こちらも徳島製粉の代表的なラーメン。 1973年(昭和48年)から販売されているロングセラー商品。 私が子供のころはカップヌードルと金ちゃんヌードルが同じくらいのシェアだと思っていました。 日清か徳島製粉かくらいのレベルかと。 中身も少しカップヌードルに似ていて、ちぢれ麺に具はエビや卵です。 肉は徳島のラーメン(中華そば)ならではのバラ肉風。 シイタケの香りがついたスープがアクセントになっています。 個人的にはカップヌードルよりこちらの方が美味しいと思います! カップは内側にギザギザがついた独特の形状が特徴!実は持った時に熱くないように二重構造になっています。 プラスチックの蓋も昔のままです。 金ちゃん徳島らーめん スーパーのKOYOで購入。 『徳島ラーメン』ブランドが確立されてからの割と新しい商品だと思います。 昔は徳島ラーメンじゃなくて『中華そば』と呼ばれていました。 液体スープ付きで、徳島製粉が最新の即席めん市場で闘うために生み出した新商品と言えるでしょう。 以前に徳島駅内のお土産物屋で売っているのも見ました。 ちなみに袋麺バージョンもあります。 味は『こくしょうゆ味』という濃い目の豚骨醤油で、まさに徳島ラーメンの『茶系』そのもの。 生卵を入れるとさらに近づきます。 量も少し多いので満足の食べ応え。 個人的にはこの4種類で一番好きです。 金ちゃんねぎらーめん スーパーのKOYOで購入。 他とは少し違って、魚介の旨味にコクのあるラー油のピリ辛さという味のラーメンです。 ピリ辛系が好きな人はハマる感じで美味しいです。 こちらも金ちゃん徳島らーめん同様、液体スープ付きで量が多めです。 以上、徳島製粉のカップ麺4種類の食べ比べでした。 しかしこれまで一度も目にしたことはありません。 大阪で買える日は来るのか…? これ以外の徳島ラーメンのカップ麺を発見!第2弾はこちら。 アルミ鍋シリーズはこちら。 このブログでは夫婦と2匹の猫の日々のあれこれを書き綴っています。

次の

『金ちゃんラーメン』や『金ちゃんヌードル』など徳島製粉のカップ麺を食べ比べ

きん ちゃん ヌードル

ありがとう…オカン… 最近はめっきりご無沙汰でしたが、なんと最近では長野県のスーパーでも結構売っているんです。 バローには金ちゃんヌードルコーナーがあって、いろいろな味も出ていました。 これは徳島県人として素通りすることはできません。 さっそく買ってきました! おおー。 当時のままの懐かしいパッケージ。 昭和レトロでなんとも素朴な色合いは、昔から変わりません。 そもそも、 金ちゃんヌードルという名前ですが、 創業当時から徳島製粉が製造している自社ブランドの小麦粉「鳴門金鶴 なるときんつる 」がルーツになっているそうです。 鶴のマークもこの「金鶴」が元になっているのでしょう。 最初は「欽ちゃん」のブランドかと思っていた人も多いのではないでしょうか。 食べた感じは? 知らない人の為に金ちゃんヌードルの味を説明しておきましょう。 ネットの評判だと「具の多さと独特なスープが特徴」と書かれていましたが、別に独特だとは思わないのですが…。 徳島発のカップラーメンだからといって、いわゆる「徳島ラーメン」的な要素はありません。 どちらかというと 日清カップヌードルと系統としては変わらない味だと思います。 「カップヌードル」と比べると、 優しくイイ感じにダシが効いているかもしれませんね。 ただ麺は違います。 つるつるしこしことしてコシがあるんです。 さすが自社ブランドで小麦粉を作っていただけありますね。 まあ、 腰のある麺の「カップヌードル」を少し優しくした感じだと思ってもらえれば、それほど間違ってはいないのではないでしょうか。 しかしなぜか病みつきになるんです。 この 「金ちゃんヌードル」ですが 実はあまり知られていない 重大な秘密が隠されているんです! それは容器にあります。 なんと…。 この容器…。 二重構造になっていて、それがこのようにパッカリ外すことができるんです!! ぱっかーーーん! 一体どういうことなのでしょうか!? まあ恐らく、いや十中八九、いや百パー 「保温」と「断熱」の為でしょうけど。 金ちゃんヌードルの容器は主流の発泡スチロール製ではなく、ペラペラの塩ビ容器のような感じです。 一枚だと熱がダイレクトに伝わってきます。 そのため、二重構造になっているのでしょう。 その方が、コスト的に安上がりなのでしょうか…? なぜ内側の容器は透明なのでしょうか…? そしてなぜ取り外せるのでしょうか…?? 謎は深まるばかりです…。 とりあえず、外したままで食べてみます。 お湯を入れたあと、カポッと蓋をできて大変便利です。 お湯を入れた後、少し移動しなければいけない時でも安心ですね。 ということで、今回は 徳島県人の愛するカップ麺 「金ちゃんヌードル」の謎でした。 カテゴリー•

次の

金ちゃんヌードルの美味しいアレンジ|激ウマレシピ4選

きん ちゃん ヌードル

携帯だけど ここ見れるかな!?ここが詳しいというかそのものズバリ書かれてます。 皆さんは「金ちゃんラーメン」の「金ちゃん」とは誰なのかご存知でしょうか? 「金ちゃんラーメン」の生みの親は、徳島製粉社長・田中殖一(たなか・ふいち)です。 社長の名前からは「金ちゃん」とは結びつきません。 なんと「金ちゃん」のルーツは小麦粉「金鶴(きんつる)」にありました。 創業当時、徳島製粉はその名の通り製粉業が中心で、自社ブランドの小麦粉として今も作っているのが「金鶴」なのです。 ラーメンを作り始めたのは、大手パン屋などの徳島進出の影響で小麦粉の売り上げが落ちたため、自ら小麦粉を使った製品作りに乗り出したというわけです。 そして昭和40年、即席ラーメン「キンツルラーメン」が発売。 しかし、「キンツルラーメン」という名前のほかの商品があったため、1ヶ月ほどで「ナルトナミキンツルラーメン」と商品名を変えました。 この「ナミキンツル」という名前は鳴門の渦潮からとったそうです。 「ナルトナミキンツルラーメン」がさらに名前を変えて誕生したのが「金ちゃんラーメン」なのです。 TVコマーシャルの時間が短いということから「ナミ」を省き、さらに商品名を短くするためにキンツルの「金」の文字に親しみを込めた「ちゃん」を付けておなじみの名称となりました。 こうして昭和42年、ついに「金ちゃんラーメン」が誕生しました。 パッケージイラストのおじさんは元々「金ちゃん」だったわけではありませんでした。 実は「金ちゃん」とは人ではなく小麦粉の事だったのです。 それがだいぶ後になって、イラストのおじさんを正式に「金ちゃんということにしよう」となりました。 ちなみにイラストのモデルは特にいないらしく、社長をモデルにしたという訳でもないようです。

次の