モーセ 十戒。 出エジプト記の真実―モーセが紅海を割った奇跡や十の災いは歴史的事実か

モーゼの十戒(モーセの十戒)|意味の解説までを見ていこう

モーセ 十戒

モーセと聞けば何を思い浮かべますか? 私はやはりあの有名な海が真っ二つに割れるシーンでしょうか。 モーセが主人公となる旧約聖書の『 出エジプト記』は大きく分けると二つのテーマから構成されています。 一つ目はイスラエルの民たちを引き連れての エジプトからの脱出です。 出エジプトに関する記事はこちらをご覧ください。 そしてもう一つが、脱出後にモーセが神から授かった十の教え、所謂『 十戒』です。 今回はこの『十戒』についてお伝えさせていただけたらと思います。 モーセの十戒って何? モーセの十戒は旧約聖書『出エジプト記』20章3節から17節に登場するモーセが 神から授かった十個の規則のようなものです。 十戒の内容は神の意思が反映されていると考えられています。 モーセはこの十戒をイスラエルの民たちを連れてエジプト脱出の後にシナイ山にて、神より授かったとされています。 モーセの十戒の内容って? 神は私のみである と宣言されているのです。 唯一の神であるヤハウェに関する記事もございますので、よろしければこちらもご覧ください。 偶像を作ってはいけない あなたは自分のために、刻んだ像を造ってはならない。 上は天にあるもの、下は地にあるもの、また地の下の水のなかにあるものの、どんな形をも造ってはならない。 それにひれ伏してはならない。 それに仕えてはならない。 あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神であるから、わたしを憎むものは、父の罪を子に報いて、三、四代に及ぼし、 わたしを愛し、わたしの戒めを守るものには、恵みを施して、千代に至るであろう。 ー旧約聖書『出エジプト記』20章4~6節 二つ目、 偶像崇拝の禁止です。 はっきりと 主であるわたしは、ねたむ神である と神様自らおっしゃっているのも少しびっくりなところです。 しかしながら、神様を愛し、戒めを守れば千代に渡って恵みを受け取れるというのも凄いですね。 とにかく徹底した神様への忠誠が大切なようです。 神の名をみだりに唱えてはいけない 三つ目、 神の名をみだりに呼ぶことの禁止です。 あなたは、あなたの神、主の名を、みだりに唱えてはならない。 主は、み名をみだりに唱えるものを、罰しないでは置かないであろう。 ー旧約聖書『出エジプト記』20章7節 名前をみだりに呼んではならないというのが、なんとなく神様の尊さを表しているような気がします。 「みだりに」と表記されているあたり、全く呼んではいけない訳ではなさそうですが、あまり呼ばない方がいいみたいですね。 安息日を守る 安息日を覚えて、これを聖とせよ。 六日のあいだ働いてあなたのすべてのわざをせよ。 七日目はあなたの神、主の安息であるから、なんのわざをもしてはならない。 あなたもあなたのむすこ、娘、しもべ、はしため、家畜、またあなたの門のうちにいる他国の人もそうである。 主は六日のうちに、天と地と海と、その中のすべてのものを造って、七日目に休まれたからである。 それで主は安息日を祝福して聖とされた。 ー旧約聖書『出エジプト記』20章8~11節 四つ目は 安息日についてです。 これは 旧約聖書『創世記』に登場する 天地創造から由来しています。 神様がこの世界を六日間で造られ、七日目に休まれたというところですね。 この天地創造の過程を知りたい方はこちらの記事をお読みください。 実はこの安息日ですが、日曜日を始まりとする週の七日目なので 土曜日なのです。 キリスト教の方が日曜日に礼拝をしているので、安息日は日曜日と思いがちですが、聖書的に言うと安息日は土曜日です。 父母を尊敬する あなたの父と母を敬え。 これは、あなたの神、主が賜わる地で、あなたが長く生きるためである。 ー旧約聖書『出エジプト記』20章12節 五つ目、 両親を尊敬しなさいとの教えです。 神様は自分のことを唯一神であり、自分を愛せと要求されますが、きちんと父母への尊敬も示さなければならないことをおっしゃっています。 その理由が「 あなたが長く生きるため」というのはなんとなく真理のような気がします。 してはいけないシリーズ あなたは殺してはならない。 あなたは姦淫してはならない。 あなたは盗んではならない。 あなたは隣人について、偽証してはならない。 ー旧約聖書『出エジプト記』20章13~15章 引用文そのままだったので、6~9つ目の教えを割愛させていただきました。

次の

モーセの十戒の内容は何なのか?モーセは何から逃げていたのか?超簡単に解説してみます。

モーセ 十戒

十戒・第二戒 出エジプト記20章4-6節 モーセの十戒2 「偶像を造ってはならない」 出エジプト 20:4 あなたは、自分のために、偶像を造ってはならない。 上の天にあるものでも、下の地にあるものでも、地の下の水の中にあるものでも、どんな形をも造ってはならない。 20:5 それらを拝んではならない。 それらに仕えてはならない。 あなたの神、【主】であるわたしは、ねたむ神、わたしを憎む者には、父の咎を子に報い、三代、四代にまで及ぼし、 20:6 わたしを愛し、わたしの命令を守る者には、恵みを千代にまで施すからである。 これはモーセの十戒、第二戒の全文です。 第1戒は、私たちが誰を礼拝すべきかという礼拝の対象を教えていますが、第2戒は、人が全能の神をどのように礼拝すべきかという礼拝の様式を定めています。 1.偶像を造って礼拝してはならない なぜ偶像を造って礼拝してはならないのでしょうか?・・・それは創造者の御心に反する愚かな行為だからです。 ローマ1:22 彼らは、自分では知者であると言いながら、愚かな者となり、 1:23 不滅の神の御栄えを、滅ぶべき人間や、鳥、獣、はうもののかたちに似た物と代えてしまいました。 1:24 それゆえ、神は、彼らをその心の欲望のままに汚れに引き渡され、そのために彼らは、互いにそのからだをはずかしめるようになりました。 事実、なんと多くの宗教が、木や石等で様々な偶像を造って拝んでいるでしょう!なぜ人は偶像を造りたがるのでしょうか?--それは、次の理由に依ります。 (自分にとって都合が良い) 特に三番目はもっともな理由だと思います。 偶像は文句を言ったり、罪を責めたりしないので都合が良いのです。 好き勝手に礼拝ができ、何でもお願いが出来ます。 都合が悪くなると、すべての責任を押し付け、礼拝しなくても済むからです。 なんとも都合が良い神なのです。 全知全能の神は第二戒により、ご自身でその礼拝方法を定められました。 像を造らないで、霊において礼拝せよと命じておられるのです。 イエス・キリストは礼拝について次のように語られました。 ヨハネ4:24 「神は霊ですから、神を礼拝する者は、霊とまことによって礼拝しなければなりません。 」 余談ですが、信仰者はどんな像や絵も造ってはいけないのでしょうか?・・・そうではありません。 「あなたのために偶像を造ってはならない」と命じられています。 まさしく礼拝の対象としての偶像です。 したがって礼拝の対象としてでなければ問題ありません。 人物像を彫ったり、人物画を描いたとしても問題はありません。 私の考えでは、 神を礼拝するためにイメージとして用いられるようになるなら偶像 です。 生き生きと描かれた肖像などはそういう危険性があるでしょう。 像を精巧に造れば造るほど、あなたは礼拝するつもりがなくても、他の人が手を合わせるようになります。 紙芝居のためにイエス様の顔を描いたり、人形劇のためにイエス様の人形を作っても問題とはならないでしょう。 でも、それが偶像視される危険性がすこしでもあるなら、捨て去るべきです。 2.新約聖書での言及 偶像については新約聖書のなかでも厳しく戒められています。 偶像礼拝を避けなさい。 偶像を警戒しなさい。 さらに、新約聖書では偶像礼拝の対象範囲が広くなっています。 コロサイ3:5 ですから、地上のからだの諸部分、すなわち、不品行、汚れ、情欲、悪い欲、そしてむさぼりを殺してしまいなさい。 このむさぼりが、そのまま偶像礼拝なのです。 人が神を礼拝しようとするのを邪魔するような汚れた行為や思いまでが「偶像」だと教えています。 ですから、私たちはそのような愚かな行為や思いを捨て去らなければなりません。 呪いと祝福 第2戒の戒めだけは、呪いと祝福が付加されています。 出エジプト20:5 あなたの神、【主】であるわたしは、ねたむ神、わたしを憎む者には、父の咎を子に報い、三代、四代にまで及ぼし、 20:6 わたしを愛し、わたしの命令を守る者には、恵みを千代にまで施すからである。 これは偶像を造り、保持することがとても恐ろしいことだからです。 偶像が造られると、それは後々まで残ることになります。 呪いを恐れて誰も偶像を破棄しようとしないからです。 それで、偶像はその人から子に引き継がれ、子から孫に引き継がれていき、人々に影響を与えます。 偶像を造ることを止めなければ、偶像は家に、町に、国中にあふれるようになります。 だからこそ、私たちは偶像を造ってはならず、偶像を捨て去らなければなりません。 偶像を捨てることをどうか躊躇しないでください。 あなたが偶像を捨て去るとき、呪いではなく、神様の祝福があなたとあなたの家族、そして子孫に及ぶのです。

次の

心に響く聖書の言葉 十戒・第二戒

モーセ 十戒

モーセは英語表記では Moses で、一般に モーゼという場合も多い。 ユダヤ教の聖典であり、キリスト教でも聖典とされる『』で、(ユダヤ人)の「」を指導し、のシナイ山で神ヤハウェから 十戒を授けられたとされているである。 イスラエルの民とユダヤ教ではアブラハムなどとともに最も重要な人物とされている。 モーセは実在したか 出エジプトの指導者モーセ(ヘブライ語で「モーシュ」)であるが、聖書以外の史料にはその名は現れず、その実在は疑わしい。 しかし、最近の研究ではモーセという名はヘブライ系ではなくエジプト系の人名であり、「これは、古代の架空の人物の命名法としてはうまくできすぎている。 それゆえ、エジプトを脱出したグループの指導者にこの名の人物がいたと言うことは、歴史的にも十分ありうることと考えられる。 」 <山我哲雄『聖書時代史・旧約編』2003 岩波現代新書 p. 30> 十戒 ヘブライ人を率いて「出エジプト」の途上にあった モーセが、シナイ半島のシナイ山で、神から授けられた戒律。 の『出エジプト記』第20章にある。 「十戒」(Ten Commandments)は以下の10ヶ条からなる。 1.汝は私の他に、何者をも神としてはならない。 2.汝は自分のために刻んだ像を造ってはならない。 3.汝は、汝の神・主の御名をみだりに唱えてはならない。 4.安息日を覚えて、これを聖とせよ。 …… 5.汝の父母を敬え。 6.汝殺すなかれ。 7.姦淫をしてはならない。 8.汝盗むなかれ。 9.隣人について偽証してはならない。 10.汝の隣人の家をむさぼってはならない。 」 この第1条に 一神教の原理、第2条に 偶像崇拝の禁止、というの特徴が現れている。

次の