失恋自殺。 失恋うつとは~2人に1人が抱える「失恋うつ」の実態と克服方法~|心療内科・精神科|うつ病治療の新宿ストレスクリニック

失恋で鬱になってしまったときの症状をチェック!立ち直る方法は?

失恋自殺

日本は自殺がとても多い国ですが、それについての理解は深まっていないと感じます。 そこで今日は""というサイトから、自殺について誤解されている5つのことをご紹介します。 誤解 1.自殺したいと言う人ほど、本当に自殺しない 自殺をする大半の人が、何らかのサインを出します。 「死にたい」とか「もう限界だ」というような言葉を無視してはいけません。 自殺をほのめかす人ほど、本当に自殺するのです。 誤解 2.自殺する人は気が狂っている人ばかりだ 自殺をする人は気が狂っているわけではありません。 うつになっていたり、であったり、何かに苦しんでいるに違いありませんが、必ずしも極度な苦悩が精神病の兆候ではないのです。 誤解 3.自殺を決めている人を止めることはできない 重いうつ病の人でさえ、死に関しては複雑な気持ちがあります。 最後の瞬間まで、「生きたい」という気持ちと「死にたい」という気持ちの間を行ったり来たりしています。 自殺したい人の大半は、「死にたい」のではなく、「苦しみから逃れたい」のです。 誤解 4.自殺する人は助けをもとめていない 自殺した人の半数以上が、6ヶ月以内に医療機関に助けを求めていたことが研究結果からわかっています。 誤解 5.自殺について話し合うことによって、余計にアイディアをふくらませてしまう 自殺について話し合うことで、本人に死を考えさせてしまうということはありません。 逆に、自殺についてオープンに話し合うことが大切です。 自殺をほのめかすような言動は、どんなささいなことでも真剣に受け止めなければいけません。 それは本人が自殺を考えている証拠だけではなく、助けを求める叫びなのです。 あなたの周りで自殺をほのめかしている人がいる場合 まずあなたが心配していることを伝え、その人の話に耳を傾けてください。 問題を解決したり、アドバイスしたりするのではなく、その人の立場になって話を聞いてみることが大切です。 批判的になってはいけません。 その人があなたにとって、大切な人であることを伝えてください。 そして、専門家の力を借りることも大切です。 自殺を考えている方、深い悩みをもった方へ あなたはひとりではありません。 信頼できる人に気持ちを打ち明けてみてください。 誰にも相談できない場合は、「」にご相談ください。 匿名での相談が可能です。 あなたが18歳未満の場合、子ども専用電話もあります。 「」といって、子どもがかけられる電話です。 トレーニングを受けた人たちが、あなたの心の痛みを聴きます。 助けを求めるのは勇気がいることですが、恥ずかしいことではありません。 一人で悩まず、誰かにお話ください。 (「」より転載) 著書『』(ポプラ社) Facebook: Twitter ID:.

次の

失恋による自殺未遂

失恋自殺

こんにちは!元喪女アラサー専業主婦のノンタンです! こちらでは ・失恋うつとはどういうものなのか ・失恋うつの症状にはどういったものがあるのか ・失恋うつから立ち直る方法 について考えていきます! 好きな人に振られた…付き合っていた彼氏と別れた…そんな失恋は誰にとってもつらいもの。 失恋したつらい気持ちを乗り越えて新たな恋に進む行程は、婚活をしていればどこかで必要になってくると思います。 しかし誰しも経験することだからといって、その失恋のつらさを大したことないと軽く見てしまうのも考えもの。 なぜかというと、失恋したことがきっかけで鬱になるなど、病気になってしまうこともあるからです。 あなたは失恋からなかなか立ち直れず、つらい思いを引きずってしまっていませんか? 失恋からいつまで経っても立ち直れず、日常生活にも支障をきたしてしまうようなら、失恋うつを疑ってみましょう。 失恋うつとは? 失恋うつは、その名のとおり 失恋がきっかけとなって発症した鬱病のこと。 しかしそもそもうつ病とはどのような病気なのか、あなたはご存知でしょうか。 よく話には聞くし一般的に認識されるようにはなってきた鬱ですが、いざ説明しようとするとぼんやりとしたイメージしか持っていなくてどう表現すれば良いか分からないという方も多いと思います。 そこでまずはうつ病に関する正しい知識を、簡単に知っておきましょう。 まず「心の病気」とよく称されるうつ病ですが、実際は 脳の神経伝達物質の異変が原因の、列記とした 身体の病気です。 たくさんの情報を処理する機関である脳には幾多もの神経が巡っており、その神経の中や神経と神経の間には様々な情報や命令を伝える神経伝達物質が通っています。 そのうち気分や意欲などといったものをつかさどるのが、 セロトニン・ノルアドレナリン・ドーパミンといった神経伝達物質。 ノルアドレナリンやドーパミンといった名前は、どこかで聞き覚えがあるのではないでしょうか。 そのセロトニンなどといった一部の神経伝達物質は、 継続的なストレスなどによって数が減り、神経と神経の間でうまく伝わらなくなってしまうことがあります。 この 神経伝達物質がうまく伝わらなくなってしまっている状態が、うつ病の原因であるといわれています。 少し難しい話かもしれませんが、とにかくうつ病は脳の働きの病気で、決して気合でなんとかなるものではない、 専門家による治療が必要だということが分かれば良いです。 ただ他の部位の病気と異なり痛みなどといった具体的な症状が見られにくく、脳の中のようすを検査するのもなかなか難しいため、精神的な問題として軽視されてしまいがちなのです。 そのため失恋うつもただの気分の問題だと放っておいたままだと、いつまで経っても治すことができません。 もしあなたが失恋した気持ちをずっと引きずったままでとてもつらい、どうにかしたいと感じているなら、次の項目で自分が失恋うつに罹っていないかチェックしてみましょう。 失恋で鬱になってしまったときの症状をチェックしよう! 気分に見られる症状 ・悲しい・憂鬱・落ち込んでいる気分が続いている ・不安や焦りでイライラする ・やる気がない・何かをするのに時間がかかる ・何も楽しいと感じられない ・消えてしまいたいと思う 鬱において特徴的なのは、やはり気分的なものに見られる症状。 でも一時的にこういった気分になるのは、健康な人でもたびたび起こりうることですよね。 ただうつ病の場合は、その気分が 長い期間にわたって継続し、生活に支障をきたすほど重いものになってしまいます。 上に書いたような気分が 一時的でなくずっと続き、その期間が 2週間 を越えるようなら、うつ病を疑ってみましょう。 また気分の落ち込みなどが原因で、 普段通りの日常生活を送ることすらしんどい、難しいと感じるときも、心療内科の受診を検討してみて良いかとおもいます。 身体に見られる症状 ・食欲がなくなる ・よく眠れない ・疲労感・倦怠感 ・動機や息苦しさ ・身体の痛み など うつ病になると、気分だけでなく身体的な症状が出るときもあります。 症状は以上に挙げたもの以外にも、 頭痛・吐き気・便秘・下痢・月経異常など様々。 そのうち どの症状がどの程度で出てくるかには個人差があり、これに当てはまらなければうつ病ではないといった明確なものはありません。 このように他の病気やいっときの体調不良でもよく起こるような症状が個々人違う形で出てくるからこそ、うつ病かどうかを判断するのは難しいのです。 身体の不調を感じるけれどどこにも悪いところは見つからなかったり、気分的な症状とともに身体の不調を感じたりするようなら、うつ病の可能性を疑ってみても良いかもしれません。 ただうつ病ではなく他の病気である可能性ももちろんあるので、うつ以外の病気も気になるようなら内科なども受診されることをおすすめします。 失恋うつから立ち直る方法は? とにかく休む! 体調が悪いときには、身体を休めることをまず考えますよね。 それと同じで、失恋うつにおいても 身体と脳を休めるということがとても大事になってきます。 気分が重くて何もやる気が起きないというのは、身体や脳が休息を求めている状態。 そのような状態で無理やり活動をしても良い結果は得られませんし、余計に症状が悪化してしまいます。 まずは自然と何かをしたいと思えるようになるまで、ゆっくり休みましょう。 眠れない時には横になって、ボーッとしているだけでも良いです。 趣味を楽しむ余裕があるなら、好きなことを気が済むまでエンジョイしても良いかもしれませんね。 何もせずにいるとついつい時間を無駄にしているような気がして焦ってしまいがちですが、 休む時間というのも効率的に何かをするには必要なものなのです。 病院に行く 休んでも気分が良くならない、または休むことが難しい場合は、迷わず 病院へ行くこと。 何度も書いているとおり、 失恋うつは列記とした病気です。 症状が続くようであれば専門家による治療が必要になります。 もしかして失恋うつかも…と思ったら、 精神科や 心療内科と書かれている病院で診察を受けましょう。 診断で治療が必要であると判断されれば、お医者さんと対話して解決方法を見つける カウンセリングや、脳の神経伝達物質に作用する抗うつ薬を飲む 投薬治療を受けることになります。 また休息が必要な場合は診断書を書いてもらい、 仕事をお休みすることもできますよ。 失恋で落ち込んでいるだけなのに病院に行くのは何だか気が引ける…という気持ちも分かりますが、原因が何であれうつ病は重症化すると思わぬ事故や自殺という命の危険もある病気です。 自己判断ではどうにもならないときもあるので、なるべく病院で受診し医者の判断を仰ぎましょう。 考え方を変える うつ病になる前のまだ落ち込みが軽い段階なら、失恋したことに対する 考え方を変えていくことで、憂鬱な気分を克服できる場合があります。 失恋うつに陥りやすい人は、 偏った思い込みによって自分自身を傷つけるのが癖になっていることが多いです。 そのため失恋したときも、例えば「自分がダメな人間だから振られたんだ」とか「自分にはもう恋人なんてできっこない」とかいう具合に、悪い方にばかり考えどんどん深く落ち込んでしまうのです。 このサイクルから抜け出すには、 自分が無意識に持ってしまっている思い込みに気付き、考え方を修正する必要があります。 まずは失恋したことに対してどう思っているのかを紙などに書き出し、自分の考えを分かりやすく具体化しましょう。 そして以下のように、自分の考えの中から偏った思い込みを見つけ、ひとつずつ修正していきます。 病院でのカウンセリングにおいても、こういった偏った考え方を変えていく「認知療法」を行うことがあります。 自分で偏った思い込みを修正していくのが難しいと感じたら、 医者やカウンセラーの助けを借りてみると良いでしょう。 失恋うつは治療が必要な病気です 原因が失恋であれ何であれ、うつ病は専門家による治療が必要となる列記とした病気。 この記事があなたの失恋うつに対する考えを変えるきっかけになればと思います。 ただ、大学で学んできた知識や調べたことを参考にしていろいろと書いてきましたが、これは所詮シロウトの書いた記事です。 失恋がつらすぎて日常生活を営むのも難しい、もしかしたら失恋うつかもしれないと感じたら、きちんと病院で診察を受け、お医者さんの指示を仰ぐことをおすすめします。 また「」というサイトでは、うつ病の症状や治療方法ついて詳しく書かれているので、気になる方はこちらも覗いてみてください 私も記事を書くにあたって参考にさせて頂きました。 ここまでお読みいただきありがとうございました。 ノンタンでした。

次の

彼氏が自殺しました。

失恋自殺

失恋による自殺未遂 私は、20前半の男です。 半年ほど前に2ヶ月だけ付き合っていただいた方がいました。 初めて人と一緒にいたいと思ったのですが、たった2ヶ月で振られてしまったため、生きる気力が湧かず もともと生きることに興味がなかったですが 自殺未遂を行いました。 重くて迷惑なのは承知しているのですがこの件で彼女に完璧に嫌われました。 今でも多分好きなんだと思うのですが、原因が自分にあるのがわかっているため、今更再会してもトラウマになるだけがわかってしまいます。 付き合って頂いていた頃の記憶もあの選択を間違えたのかななど思いトラウマになりかかっています。 もともと趣味とかなく勉強だけの空っぽの人生を送っていたので大した未練のなく次に自殺欲求の発作が来たら死んでしまうと思います。 生命活動なんてメリットのないことはあまりしたくないと思っています。 周りの人からは死ぬなとは言われますが正直自信がありません。 どうしたら、良いのでしょうか。 投稿日時 - 2020-07-06 20:10:48 双極性障害者です。 精神障害者に言われたくないかもしれませんがたかが死です。 死なんてあなた様の何千、何万と感じて来ましたし、死ぬようなことはいくらでもしました。 それに女性は男性より鬱になる確率が高く我々男性より鬱のことは知っています。 あなた様が鬱でないにしろ、女性はいろいろなかたちでこころが折れたときの人間の症状を男性より知っていますので許容範囲がない方ならそういう面倒なことは触れたくない方なのでしょう。 人間は、いつどうなるのかがわからないのは男性より女性のほうが知っています。 知っていて欲しいです。 それにそういう経験は歳をとってから活きてきます(今は歳も取りたくないかもしれませんが)。 あなた様は自殺未遂をした女性を今はどう思いますか?昔のあなた様ならそういう女性をどう思ってましたか? 何かが変わったはずです。 変わっているはずです。 ということはあなた様は、これからも変われるのです。 人生ってそういうことです。 なんにもしなければ今のあなた様はいないのです。 なんにも変わっていません。 そして自殺未遂した経験のある男性がどれだけいますか?わたしは精神障害者なのでそういう女性はいっぱい知っています。 男性はまだ、会ったことがありません。 そうした気持ちがわかる男性としてあなた様は、もう特別な男性です。 偉くなるとか、お金持ちになるとかいうことよりそういう気持ちと寄り添ってあげられる男性もいても良いとわたしは思います。 投稿日時 - 2020-07-06 23:59:38.

次の