姫路 市 文化 コンベンション センター。 姫路文化センターが移転するの?事業計画をざっくりまとめてみた

姫路市文化コンベンションセンター【2021年9月開館】JR姫路駅から東へ徒歩10分

姫路 市 文化 コンベンション センター

姫路市文化コンベンションセンター運営共同事業体が指定管理者となっている。 「姫路市都心部まちづくり構想」及び「キャスティ21整備プログラム」における「キャスティ21イベントゾーン」内「文化・コンベンションエリア」の主要施設である。 概要 [ ] 約4. 6ヘクタール(公園等区域約1. 0ヘクタール含む)地下1階、地上5階、棟屋1階(鉄骨造)最大高約35。 設計は株式会社日建設計による。 2,000席の大ホール、700席の中ホール、180席の小ホール、4,000 の展示場と10室の大・中・小会議室を備える複合施設である。 最寄り駅であると屋根付きの連絡通路で接続し、徒歩約10分でアクセス可能。 また、隣接して建設が進む「はりま姫路総合医療センター(仮称)」とも2階の連絡通路で繋がっている。 沿革 [ ]• 1987年(62年)3月 : 都市計画決定(都市高速鉄道、区画整理、都市計画道路)• 1988年(昭和63年)3月 : 「姫路駅周辺総合整備計画(キャスティ21)」策定(大臣認可)• 2004年(16年)10月 : 都心部まちづくり構想検討懇話会 「都心部まちづくり構想」、「キャスティ21整備プログラム」策定(2006年〈平成18年〉3月まで)• 2011年(平成23年)• 3月 : イベントゾーン整備イメージ(たたき案)公表• 11月 : イベントゾーン基本計画検討懇話会 「文化・コンベンションエリア基本計画」策定(2015年〈平成27年〉3月まで)• 2016年(平成28年)3月 : 文化コンベンションセンター等基本設計• 2018年(平成30年)• 3月 : 文化コンベンションセンター等実施設計• 10月 : 姫路市文化コンベンションセンター条例公布、整備工事着手• 2019年(平成31年・元年)• 3月 : 指定管理者の指定• 2021年(令和3年)• 2月 : 竣工(予定)• 9月 : 開館(予定) アクセス [ ]• (JR西日本)[・]、 :• : 脚注 [ ] [].

次の

「姫路市文化コンベンションセンター」姫路市神屋町に2021年にオープン予定!姫路市

姫路 市 文化 コンベンション センター

播磨圏域初となる、約2,000席のホールをはじめとした、大中小3つのホールです。 播磨の文化芸術の拠点として、国内外のコンサートなどの音楽公演や舞台芸術などをはじめ、講演会やパネルディスカッションなど多彩な催事に対応しています。 大ホールは3層客席形式で、ステージまでの距離を感じさせない、臨場感溢れる空間を生み出します。 いずれのホールも音響性能を重視し、レンガ壁を採用することで豊かな低音の響きと音色を作り出します。 大中ホールは可動式の音響反射板を備え、アコースティックでの演奏時に豊かな音の広がりと残響を確保しています。 また、車椅子席や多目的鑑賞室を配置しており、ユニバーサルデザインにも配慮しています。 大ホール 約2,000席• 中ホール 約700席• 小ホール 約180席• 会議室(4F) 面積約4,000㎡、有効高約9mの大型無柱空間は3分割が可能で、催しの規模に応じてフレキシブルに利用できます。 自由度の高い開放的なスペースは、展示会や見本市にとどまらず、大規模な式典、大会、イベントショー、レセプションパーティーまで、様々な用途にご利用いただけます。 また、大型トラック(10t)での乗り入れができ、荷物や機材の搬入出もスムーズに行なえます。 屋外展示場(にぎわい広場) 約1,600㎡のにぎわい広場の約半分には屋根があり、屋内展示場では対応できない催事利用をサポートします。 また、屋内外を一体利用した大規模なご利用も可能です。 キャスティ21公園・連絡通路 施設西側のキャスティ21公園は、都心部における緑とうるおいの空間を創出します。 姫路駅からつながる屋根付きの連絡通路は、公園を経てセンター2階のメインエントランスに直結する、安全・快適で魅力ある歩行者空間となります。

次の

令和3年オープン予定の姫路市文化コンベンションセンターの愛称募集してる!現在の様子も

姫路 市 文化 コンベンション センター

イベントが楽しみ 「姫路市文化コンベンションセンター」ができるの楽しみですね。 隣にできる「はりま姫路総合医療センター」と合わせると、エリア一帯が様変わりしますね。 ところで、記事を書いていて思ったのですが、名前が長いですよね。 東京ビッグサイト(東京国際展示場)、インテックス大阪(大阪国際見本市会場)のように、通称があるといいなと思いました。 すでに姫路市で考えているのかもしれないですが、ネーミングを公募するようなことがあれば、注目が集まるのではないでしょうか。 コンベンションセンターの開設を機会に、姫路に訪れる方が増えて、経済が活性化するといいですね。 姫路市文化センター 参照サイト: 追記1:愛称を募集 令和3年9月にオープン予定の姫路市文化コンベンションセンターが、皆さんに親しまれ、多くの人に利用してもらえるよう、また、施設の魅力や機能を効果的に市内外に発信していくため、愛称を一般公募します。 情報源: 建設が進んでいる文化コンベンションセンターについて、愛称が募集されています。 やはり、「姫路文化コンベンションセンター」って長いですよね。 覚えやすくて、かっこいい愛称がつくといいなと思います。 優秀賞には賞金もあるようですので、ためしに応募してみてはいかがででしょうか。 >応募サイト 終了しました 追記2:開設準備室が動画配信 姫路市文化コンベンションセンター開設準備室が、YouTubeで動画を配信しています。 イメージ図で完成時の様子が紹介されています。 >姫路文化コンベンションセンター.

次の