ドッカンバトルドラゴンヒストリー7。 【ドッカンバトル】ドラゴンヒストリーのステージ7「VS少年・少女」の攻略情報

【ドッカンバトル】ドラゴンヒストリー攻略パーティ

ドッカンバトルドラゴンヒストリー7

しかし1番目に置く関係上、必殺技を撃つ前に敵から殴られてしまうという弱点があります。 どこに配置してもDEFがある程度上昇する点は変わらないので、そういう意味ではどこに配置しても使えるキャラになっています。 極限Zエリア「限界を超越せし戦士」 挑戦するにはこれらの6体の極限Z覚醒キャラが編成必須であり、条件として「潜在能力全開放」「最集団感まで極限Z覚醒」が必要になります。 1000日悟空が極限Z覚醒 ログインボーナスで覚醒メダルゲット ログイン1000日ログインボーナスの報酬であるLR元気玉悟空が極限Z覚醒します。 極限Z覚醒に必要な覚醒メダルは2000日ログインボーナスで受け取れるようなので、最初期からドッカンバトルを初めていた人のみがすぐに手に入れることが出来るようです。 必殺技でも味方のサポートが出来るので出来るだけ気玉を取得して、超必殺技を撃っていきましょう。 過去のキャンペーン詳細 1500日記念キャンペーン 2019年3月8日に1500日記念キャンペーンが開催されました。 超育成キャンペーン内のログインボーナスイベントで3月8日に龍石15個を含む報酬が配布されました。 1000日記念キャンペーン概要 2017年10月24日のリリース1000日記念キャンペーンでは、バナーに載っている LR元気玉悟空が1000日目のログインボーナスにて配布されました。 他にも、ドッカンフェスやスーパーバトルロード初開催など、1000日の節目にふさわしい大きなイベントです。 2019年現在イベント産LRキャラとして登場しても十分強力なキャラクターなので、1000日ログインという厳しい条件あってこそといったところでしょう。 1000日リリース記念ドッカンフェス 120%リーダースキルがピックアップされたドッカンフェスです。 この時にはカテゴリリーダーも出始めだったので、十分熱い内容になっていました。 また、ログインボーナスやミッションでこのドッカンフェスを引けるチケットが配布されており、そういった点でも破格のガチャと言えるでしょう。 スーパーバトルロード開催! 1000日キャンペーンがスーパーバトルロードの初開催でした。 現在でも非常に難しいイベントですが、この時代では特にクリアが厳しく話題になりました。 777日記念キャンペーン概要 777日目にして初のリリース記念キャンペーンとして開催されました。 当日が 3月15日だったため、3月18日のサイヤの日と合わさったキャンペーンになっています。 サイヤの日記念「DOKKANフェス開催」 超サイヤ人3悟空(天使)と仮面のサイヤ人がピックアップされたドッカンフェスが開催されました。 仮面のサイヤ人は非フェス限キャラでありながら、超激戦イベントが実装された特別なキャクターになっています。

次の

【ドッカンバトル】ドラゴンヒストリーの攻略おすすめパーティ!

ドッカンバトルドラゴンヒストリー7

【1000日記念の内容】• LR【幾千もの願い】孫悟空• スーパーバトルロード実装• 1000日記念ドッカンフェス LR孫悟空はログイン1000日目ログインボーナスと初期からプレイしている人が入手できるキャラでした。 今回も同じようにLRキャラが実装されたとしても、流石に今回は2000日目ログインボーナスで入手ということはないでしょう。 新イベントの実装は、極限バトルロードや爆裂チェインバトルなど最近にもいくつか開催されているので可能性は低いかもしれません。 2000日記念ドッカンフェスはおそらく開催されるでしょう。 1000日記念ではキャンペーン中デイリーミッションなどでドッカンフェスを回せるチケットが入手できたので、今回も無料で回せると思われます。 しかし1番目に置く関係上、必殺技を撃つ前に敵から殴られてしまうという弱点があります。 どこに配置してもDEFがある程度上昇する点は変わらないので、そういう意味ではどこに配置しても使えるキャラになっています。 挑戦できるキャラが決まっている 挑戦するにはこれらの6体の極限Z覚醒キャラが編成必須であり、条件として「潜在能力全開放」「最集団感まで極限Z覚醒」が必要になります。 必殺技でも味方のサポートが出来るので出来るだけ気玉を取得して、超必殺技を撃っていきましょう。 過去のキャンペーン詳細 1500日記念キャンペーン 2019年3月8日に1500日記念キャンペーンが開催されました。 超育成キャンペーン内のログインボーナスイベントで3月8日に龍石15個を含む報酬が配布されました。 1000日記念キャンペーン概要 2017年10月24日のリリース1000日記念キャンペーンでは、バナーに載っている LR元気玉悟空が1000日目のログインボーナスにて配布されました。 他にも、ドッカンフェスやスーパーバトルロード初開催など、1000日の節目にふさわしい大きなイベントです。 2019年現在イベント産LRキャラとして登場しても十分強力なキャラクターなので、1000日ログインという厳しい条件あってこそといったところでしょう。 1000日リリース記念ドッカンフェス 120%リーダースキルがピックアップされたドッカンフェスです。 この時にはカテゴリリーダーも出始めだったので、十分熱い内容になっていました。 また、ログインボーナスやミッションでこのドッカンフェスを引けるチケットが配布されており、そういった点でも破格のガチャと言えるでしょう。 スーパーバトルロード開催! 1000日キャンペーンがスーパーバトルロードの初開催でした。 現在でも非常に難しいイベントですが、この時代では特にクリアが厳しく話題になりました。 777日記念キャンペーン概要 777日目にして初のリリース記念キャンペーンとして開催されました。 当日が 3月15日だったため、3月18日のサイヤの日と合わさったキャンペーンになっています。 サイヤの日記念「DOKKANフェス開催」 超サイヤ人3悟空(天使)と仮面のサイヤ人がピックアップされたドッカンフェスが開催されました。 仮面のサイヤ人は非フェス限キャラでありながら、超激戦イベントが実装された特別なキャクターになっています。

次の

【ドカバト】インフィニットドラゴンヒストリーのデッキ編成まとめ!ミッション達成できる!【ドッカンバトル】

ドッカンバトルドラゴンヒストリー7

長いラウンドを戦い続ける高難易度イベント『インフィニットドラゴンヒストリー』ですが、こちら初実装から続々と新ステージが追加され、今後もガンガン新ステージが追加されていくでしょう。 なので、改めて各ステージの攻略ページをリンクさせ、基本情報をまとめた記事として再構成してトップページからリンクしておきます。 ステージ1・2の攻略情報は別のページに移したのでコメントが消えてしまいましたが、ご了承ください。 ステージ ステージ7 ステージ8 基本的には、後半のステージほど高難易度に設定されています。 ドラゴンヒストリー履歴 9月 12月 1月 ステージ6 2月 最初は一気に2ステージ追加という形態でしたが、ここ最近は月1ペースの追加で、結構こまめに追加されるイメージです。 ネタとしては『〇〇編』という形でかなりバラエティに富んだステージが考えられますし、大型キャンペーンは何かしらのテーマを掲げることが常なので、そこに沿ったステージというのも作りやすいでしょう。 そういう意味では折を見ての追加もしやすく、今後も結構ハイペースでステージ追加はあるかもしれません。 基本、報酬はどのステージでも同一で、以下のような形になっています。 その後、再挑戦して『8人目で負けた』場合、6人目までの報酬は既に受け取っているので、7人目の『龍石4個』だけが受け取れるという具合です。 敵の数はステージによって違い、『敵が9人』のステージなら合計で龍石25個が獲得可能です。 アイテムが少ないので、その分『回復』が重要になって来ます。 また、『特定のカテゴリのキャラを3体編成してクリア』というミッションも用意されるので、そういう意味では編成縛りの向きもあるかもしれません。 長期戦向きのキャラというのもいくらでもいるので挙げるとキリが無いですが、一番分かりやすいのは『DEF無限上昇』のキャラクター達でしょう。 昨今はイベント産の無限上昇キャラも多いので、面子が足りない場合は取り合えずこの辺で組み立てると安定しやすいです。 その辺はステージ次第、カテゴリ縛りのミッション次第という所もあるので、具体的なオススメのキャラや編成は各ステージの攻略記事を参照です。 また、リーダーからして長期戦向きのカテゴリは当然ながら適性が高く、例えば『』『』『』『』『』などなどのカテゴリはクリアに適しているでしょう。 カテゴリ縛りミッション抜きでも大量の龍石が貰えるイベントなので、この辺のキャラを持っている人には狙い目なイベントです。 以上です。 最初はヌルいかなという印象だったヒストリーも、後発で追加されたステージはかなりの難易度になっており、『特殊なギミック』『アイテム2個まで』という所まで含めると、『』よりも難しく感じるユーザーも居るでしょう。 特にステージ5は現在のドッカンバトルでは最難関の1つに数えられるイベントで、始めたばかりの状態で完全クリア出来る類のものではないので、そこはしっかり意識しておきましょう。 ただ、act消費は0だし途中まででも報酬は貰えるので、『取り敢えず挑戦していく』というのは全く悪くありません。 腕試しがてら随時挑戦して、しっかりと報酬を獲得して行きましょう。 次の『ステージ6』はおそらく未来編、明日までには実装されそうなので、そちらは来次第別途ページを作成予定です。

次の