メーラー ファット 除去。 バッカルファット除去 : エイジングケア・老化予防: 美容整形の高須クリニック

バッカルファット除去手術を受けたい名医がいる東京のクリニックNAVI|バッカルファットの教科書

メーラー ファット 除去

では、ひとつひとつご説明しますね。 バッカルファット・メーラーファット・フェイスラインの脂肪吸引の違いとは? バッカルファット 正面から見た時の小顔効果を期待できるのがバッカルファットです。 傷口は口の中に3mmくらい。 そこから「バッカルファット」と呼ばれる、頬肉の下垂(ブルドッグフェイス)の原因になってしまう脂肪を取り除きます。 バッカルファットを取り除けば、 将来のブルドッグフェイスを予防できます。 術後すぐはちょっと赤くなるそうですが、1ヶ月くらいで完全に目立たなくなるとのこと。 ちなみに、バッカルファットの縫合で使うのは吸収される糸なので、ゴロゴロ感が残ったり違和感が残ったりはしません。 メーラーファット メーラーファットはほうれい線の上の部分の脂肪を取り除く施術です。 笑うともりっとするのが気になる方が受ける施術だそう。 メーラーファットの吸引は鼻から(!)。 驚きですよね。 ちょっと怖い気もします……。 ただし、鼻の奥まで吸引管を突き刺すわけではありません。 鼻の穴から吸引管を入れるのは間違いありませんが、鼻の中の側面から頬に向かって吸引管を挿入します。 吸引管を挿入するのは鼻の中の浅い部分からということになります。 ちなみに、メーラーファットを単独でやる方は少ないんだとか。 バッカルファットやフェイスラインの脂肪吸引と併用し、よりすっきりとしたフェイスラインを手に入れて笑顔で帰っていく患者さんが多いそうですよ。 そしてメーラーファットもバッカルファットも、除去してしまえば 効果は半永久的。 一度手術をすれば、一生すっきりフェイスでいられるということですね。 フェイスラインの脂肪吸引ではカニューレという細い管で皮下脂肪を吸引し、脂肪細胞の絶対数を減らすため、 リバンドのない顔やせが実現します。 また直接脂肪を吸引するため、脂肪溶解剤や痩身マシンより治療回数が少なく、高い効果が期待できます。 ボリュームがあまりなくても、脂肪吸引で脂肪をわずかに操作だけするだけでも引き締まるので、ちょっとしたたるみケアにも最適です。 糸やかレーザーをするよりも引き締まるそうですよ。 ちなみにオザキクリニックでは、麻酔は局所麻酔を使用される方が半分、静脈麻酔を選択される方が半分くらいとのこと。 中先生に様々な疑問や不安を相談 ーー顔の脂肪吸引は怖いイメージがあるのですが……。 やっていることは同じです。 ただ、程度が違います。 溶解注射は先にご説明した3つの施術の10分の1くらいの効果しか得られません。 脂肪溶解注射は回数を重ねないとなかなか定着しませんが、 脂肪吸引は1回で済みます。 脂肪溶解注射は最低でも5回くらいはやらないと、効果はなかなか……。 若くて顔がパンパンであれば、溶解注射は100回くらいしなければいけません。 でも、ダウンタイムがないのはメリットと言えますね。 100回は現実的に無理ですね……。 そのお金でバッカルファットやメーラーファット、脂肪吸引をしてしまったほうが確実に良い気がします。 バッカルファットは皮膚から比較的遠い脂肪を除去するので、内出血しにくく腫れも少ないそうです。 ダウンタイムが取れず、圧迫もしたくない方はバッカルファットをやった上で脂肪溶解注射をやったりするみたいですよ。 ただ、バッカルファットは脂肪を除去するだけで、引き締め効果はありません。 施術後に脂肪がなくなった分のたるみが出てしまう場合があるそうです。 ーーバッカルファットは引き締め効果が無いんですね……。 フェイスラインの脂肪吸引は引き締め効果があると伺いましたが、ではメーラーファットの引き締め効果はいかがですか? 顔の場合は身体と違って何百ccも脂肪を取れないので、こんなイメージになるよっていう症例写真をお見せします。 また、患者様の顔写真も事前に撮らせていただくので、その写真を一緒に見ながら、患者様のなりたい理想のイメージを共有していきます。 カウンセリングには十分時間を取っています。 オペの合間に出ていってパッパとカウンセリング、なんてことはしません。 中には1時間くらいカウンセリングをする時もありますよ。 形式ばかりのカウンセリングでは心が決まらない……不安が残る……という場合も多いと思います。 しっかり丁寧に、しかも無料でカウンセリングを受け付けてくれるのは、不安でいっぱいな患者さんにとって非常に魅力的ですね!! どんな雰囲気で手術をするの? 外科的手術であるバッカルファット、メーラーファット、フェイスラインの脂肪吸引ですが、実際どのような雰囲気で手術が行われるのでしょうか。 手術室に案内してもらいました。 清潔感のある広々とした手術室。 こちらでバッカルファット、メーラーファット、フェイスラインの脂肪吸引の手術を行うそうです。 手術台の上に横になると、看護師さんが髪の毛をターバンでまとめてくれます。 バッカルファットではまた別の器具を使用するそうですが、今回はメーラーファット、フェイスラインの脂肪吸引に使う器具を見せてもらうことに。 顔だけを露出した状態にし…… 先生が器具の最終チェックを行い…… いざ、フェイスラインの脂肪吸引……!!(をやっている風) 耳の下から管を入れて脂肪を吸引するんですね。 看護師さんも補助についてくれます。 ちなみに吸引された脂肪は、この機械の中に溜まっていきます。 黄色い脂肪がどんどん溜まっていくのかと思いきや、お顔の脂肪吸引の場合はほとんど血液のような色をしており、このボトルの下のほうに少し溜まる程度なんだそうです。 確かに、お顔ですから、吸引できる脂肪にも限りがありますよね。 ちなみにお腹などの身体の脂肪吸引の場合は、黄色い脂肪がボトルの中に結構溜まるみたいです。 オザキクリニック新宿院のフェイスライン整形に関するこだわり デザイン力が高い 中先生のデザイン力の高さも、オザキクリニック新宿院の強みのひとつです。 骨格、仕上がりのイメージをカウンセリングで患者様としっかりと共有し、希望通りの仕上がりにしていく、着実に結果を出していく、といった部分がオザキクリニック新宿院の頼れる部分。 実績も多いので、安心して手術をお任せすることができます。 患者様ひとりひとり、オーダーメイドの治療を行っている 患者様それぞれに合ったオーダーメイド治療を行っている点も、オザキクリニック新宿院のアピールポイントと言えます。 例えば、 サーマクールやダブロといった表面から引き締める機械も揃っているので、「顔は小さくしたいけど、ダウンタイムが取れなくてバッカルファットしかできない」という方でも、後から外からのアプローチができます。 決まりきった施術だけではなく、その方の状況に合わせて臨機応変に最適な処置をしてくれる点も、オザキクリニック新宿院の注目ポイントです。 さいごに オザキクリニック新宿院での脂肪吸引は、カウンセリングも手術も対応してくれるのは担当の先生。 同じ先生が対応してくれるから、前回からの流れをしっかりと把握してくださっています。 信頼関係も築けて、より安心して手術に挑めるのではないでしょうか。 また、症例写真をいくつも見せていただいた中でもうひとつ感じたことは、中先生の技術力の高さでした。 輪郭がいびつだったり、パンパンだったりする方も、手術後は左右対称ですっきり美しいフェイスラインになっているのです。 フェイスラインは、その人の印象を大きく作用するパーツ。 整形を考えるのであれば、やはり実績が豊富であったり、技術が高かったりする先生にお願いしたいですよね。 中先生は、まさにそんな患者さんにぴったりな腕をお持ちの先生だと思います。 フェイスラインの整形を少しでもお考えの方は、オザキクリニック新宿院に足を運んでみてはいかがでしょうか。 納得のいくまで、じっくり丁寧に中先生が相談に乗ってくれますよ。

次の

メーラーファットFitリフト|【公式】オザキクリニック

メーラー ファット 除去

顔痩せ効果が得られるのはなぜ? バッカルファットとは 頬の中央の深い部分 頬内側 にある脂肪のことで、頬脂肪体とも呼ばれています。 口をすぼめた時、歯にあたる口内のお肉の周辺と言えば分かりやすいかもしれません。 このバッカルファットは、若い頃はこめかみから頬骨にかけて比較的高い位置に存在しています。 しかし、加齢とともに皮膚が下垂するとそれに伴って下がり、その重みで ほうれい線や マリオネットラインなどのシワが目立ってしまうことも。 このため、バッカルファットを除去すれば、たるんだ頬やほうれい線、マリオネットラインを改善でき、下膨れな輪郭をスマートな印象に変えられると言われています。 「顔痩せ」に万能ではない 一定の顔痩せ効果が期待できるバッカルファットの除去ですが、当院はよほどのことがない限り、この治療をお勧めしません。 その理由を詳しくご説明しましょう。 バッカルファットは頬内側の大切な脂肪 年齢を重ねるごとに頬がたるむ原因は、バッカルファットの下垂だけとは限りません。 むしろ、 顔の皮下脂肪が減少することで、皮膚が余ることの方が大きく影響します。 ですから、これを除去すると、顔の皮膚が一層余り、たるみがひどくなることも懸念されるのです。 バストのボリュームが減ると、たるみが生じる原理と同様と言った方が分かりやすいかもしれません。 こうした理由から、私たちは 頬の奥にある大切な脂肪をわざわざ除去するのはもったいない行為だと考えています。 特に若い年齢の人は除去すべきでない 年齢が若い間にバッカルファットを除去しておけば、将来起こり得る頬のたるみを事前に防ぐことができるとも言われていますが、果たしてそれはどうでしょう。 右の画像を見て分かる通り、 若いうちは皮下脂肪が豊富です。 そのため、たるみの原因は皮下脂肪である可能性も少なくありません。 仮にバッカルファットの除去適応でないのに除去してしまった場合、 加齢に伴う脂肪減少で頬の痩けやたるみがより強く出てしまう可能性があります。 もし、この記事をお読みいただいている方の中に20〜30代の方がいらっしゃるようでしたら、除去は慎重にお考えください。 後悔する人続出? よくある失敗例3つ 当院には、バッカルファット除去後の失敗修正を希望して、多くの方がお越しになります。 ここでは実際の症例画像を交えながら、よくある失敗例をご覧いただきましょう。 頬が痩ける バッカルファット除去後の失敗相談のほとんどが「頬が痩けた」というもの。 実際、情報交換サイトでは「頬が痩けて影ができた」「痩せたというより痩けたと言われる」という書き込みが散見されました。 この失敗の原因は、 バッカルファットの取り過ぎ、もしくは 取る必要がないのに取ってしまったことにあると考えられます。 左右差が生じる 下の画像のゲストは頬の痩けに加え、輪郭が明らかな 左右比対称になっていました。 バッカルファットの 取り過ぎや不必要な除去に加えて、 仕上がりをイメージして除去できなかったことも原因でしょう。 効果がない バッカルファットを除去したけど効果がイマイチだったというケースもあるようです。 その場合、おそらくですが アプローチすべき部分が間違っていたたのではないかと考えられます。 原因ではない部分を除去したところで、将来頬の痩けを引き起こす原因になるだけです。 頬のたるみや丸顔の解決策は、バッカルファットの除去とは限りません。 このことは、ぜひご認識いただければと思います。 失敗した場合の修正方法は? 当院がバッカルファット除去後の失敗修正として主に行っているのが、 脂肪注入です。 失敗例1、2のように頬が痩けてしまった場合、大切な脂肪を失った頬に良質な脂肪「」や「を注入し、若々しい印象を取り戻します。 なお、失敗例3のような「除去しても効果がなかった」というケースには、頬・顎の脂肪吸引で修正することもあります。 【バッカルファット除去後の頬の痩け修正をご希望の方へ】 現在THE CLINIC では、を募集しております。 除去後の頬の痩け修正をご希望される方は、よろしければ一度ご検討ください。 当院は皮下脂肪にアプローチ 小顔になりたいとの相談でバッカルファットの除去を希望される方は少なくありませんが、 ほとんどのケースで除去の必要がないと判断しています。 この場合の原因は大半が皮下脂肪だからです。 そのため、私たちはほとんどのケースで、頬や顎のベイザー脂肪吸引を提案しています。 ベイザー脂肪吸引は、リフトアップ効果が見込める お顔の状態をみて頬のたるみが極めて強いと判断した場合は、糸によるの併用をご提案させていただくこともありますが、軽度であればベイザー脂肪吸引だけで解決可能です。 この脂肪吸引法は、脂肪周辺の線維組織を断裂させずに吸引できます。 このため、傷付かずに残った線維組織が術後に皮膚を引っ張ってくれるので、肌全体の引き締め効果が期待できるのです。 こちらのゲストは頬のたるみが引き締まり、マリオネットラインがほとんどなくなっているのがお分かりいただけると思います。 こうして、 皮膚を切らずにフェイスリフトのような効果が見込めるのが、ベイザー脂肪吸引ならではの特徴です。 【ベイザー脂肪吸引とフェイスリフトの併用例を掲載中】 施術名:ベイザー脂肪吸引 治療の概要:ベイザー波という超音波を皮膚の内側から脂肪組織に照射して、周辺組織と脂肪細胞を遊離。 その後カニューレという専用の管で脂肪細胞を吸引除去する。 術後は脂肪採取部位を圧迫固定。 カニューレ挿入口には、5mm程度の小切開を加える。 また、この他にも予期しない症状が現れる可能性がありますので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。 バッカルファット除去だけでは得られない二重顎の解消も 当たり前かもしれませんが、 バッカルファットの除去は頬のたるみを改善するだけ。 頬と一緒に顎も脂肪吸引を行うことで、頬のたるみと二重顎を同時にアプローチすることができるからです。 そのため、画像ような引き締まったフェイスラインを実現します。 【二重顎を解消する頬・顎脂肪吸引の症例を掲載中】 施術名:ベイザー脂肪吸引 治療の概要:ベイザー波という超音波を皮膚の内側から脂肪組織に照射して、周辺組織と脂肪細胞を遊離。 その後カニューレという専用の管で脂肪細胞を吸引除去する。 術後は脂肪採取部位を圧迫固定。 カニューレ挿入口には、5mm程度の小切開を加える。 また、この他にも予期しない症状が現れる可能性がありますので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。 頬・顎のベイザー脂肪吸引の傷跡は? ダウンタイムの期間は? 脂肪吸引と聞くと「大変そう……」と思われるかもしれませんが、頬や顎は脂肪吸引の中でも比較的 ダウンタイムが軽い部位です。 果たしてダウンタイムの期間や傷跡はどの程度なのでしょう。 ダウンタイム:腫れ・むくみが3〜5日程度 ベイザー脂肪吸引の術後の主なダウンタイムは腫れ、むくみ、内出血です。 多少の個人差があるものの、 腫れやむくみは3〜5日程度で治まり、目立った内出血はほとんどありません。 【顔の脂肪吸引の経過写真を掲載中】 傷口:両耳の下と顎下の計3箇所 頬・顎の脂肪吸引では、両耳の下と顎下 計3箇所 に数ミリ程度の傷を作り、そこから吸引管を通して脂肪を除去します。 気になるのは傷跡かと思いますが、当院では スキンポートという傷口の負担を軽減する器具をつけて行うので、手術後の跡はほとんど目立ちません。 モニターをご希望の方はこちら ベイザー脂肪吸引の失敗を回避するポイント ベイザー脂肪吸引なら失敗しないかというと、そうでもありません。 特に顔の脂肪吸引は、バッカルファットの除去と同様「頬が痩ける」という失敗が起こりやすい部位でもあります。 そこで当院は、以下のポイントを押さえることで、頬・顎の脂肪吸引で想定される失敗を回避します。 解剖学に基づいた綿密なマーキング 取るべき脂肪と取ってはいけない脂肪の見極めは、術前のマーキングで行います。 解剖学に基づき、骨格や筋肉の付き方、さらにこれらが実際に動いたときに予測される位置関係を考慮し、 取るべき部分とあえて残すべき部分を書き記すのがポイント。 右写真は、赤マーカーが脂肪を取ってはいけない部分、青マーカーがしっかりと吸引する部分です。 ちなみに、綿密なマーキングは解剖学の知識を熟知したドクターでなければ困難です。 さもないと、吸引中に神経や血管などを傷付けてしまう可能性もあります。 失敗回避には解剖学を熟知したドクターに担当してもらうことが前提条件です。 中顔面 頬骨周辺 にはアプローチしない 顔の脂肪には吸引してはいけない「 ポジティブゾーン」と吸引すべき「 ネガティブゾーン」があります。 そのため、取るべき脂肪と取ってはいけない脂肪を見極めてから脂肪吸引します。 ポジティブゾーンに位置する中顔面の脂肪は、あえて残す部分。 頬の脂肪吸引と言っても、頬骨周辺はアプローチしません。 ここのボリュームが減るとその分たるみが起き、失敗に繋がってしまうからです。 その一方、ネガティブゾーンはキレイなフェイスラインが出るよう、しっかりと吸引します。 イメージギャップを生まないカウンセリング 脂肪吸引やバッカルファット除去に限らず、美容施術において「思ったのと違った」となるのは、カウンセリングでイメージの共有ができてないことが大きな原因です。 当院は 一人のドクターがカウンセリングから施術までを一貫して担当し、最初に共有したイメージのブレを防ぎます。 また、ドクターカウンセリングはしっかりと1時間かけて行い、ゲスト様が「よく分からないまま終わった」などいうことにならないように心がけています。 バッカルファットは財産であり、無理に除去する必要はない バッカルファットが不要だと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、 お顔の大切な脂肪です。 その大切な脂肪を除去して、短期的に頬のたるみが解消されたとしましょう。 だからこそ私たちは、頬の内側にある大切なバッカルファットをわざわざ取ることをお勧めしていないのです。 むしろ、表面の脂肪 皮下脂肪 にアプローチした方が、引き締まったキレイなフェイスラインに仕上がることも、実は少なくないのです。 もしたるみが強く出ていると判断した場合は、溶ける糸を使ったフェイスリフト施術を併用し、効率的に頬を引き上げます。 頬や顎のたるみを改善できる顔の脂肪吸引ですが、隠せないことから術後や失敗を不安に思う方も少なくありません。 このコラムでは実際の症例写真をもとに、腫れ・むくみ・内出血の経過と他院で受けた顔の脂... 美容トレンドに敏感な女性たちの間で、今、ひそかなブームになっている「顔の脂肪注入」。 この方法、実は大変理にかなっているのです。 第一印象は顔で決まる。 見た目が9割。 こんな言葉を耳にしたことはありませんか? 人の第一印象を決めるシーンで、体型に関係なく「ぽっちゃり」「太っている」と印象付ける要因のひとつが、二重あごです。... 脂肪吸引を検討されている方の中には、デメリットが心配でなかなか手術に踏み切れないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ここでは「術中に痛みを感じることがある」「ダウンタイムがつらい... 「脂肪吸引は怖い」というイメージを持っている方も多いはず。 やはり少数ながらも実際に起こっている合併症や死亡事故からかと思われます。 それらの原因と回避法を、こちらのコラムでご覧ください。

次の

バッカルファット除去 : エイジングケア・老化予防: 美容整形の高須クリニック

メーラー ファット 除去

メーラーファットの減量手術ですが、お顔の輪郭を整えるに加えて、ほうれい線を浅くすることが出来ます。 かなりスッキリとはしましたが、まだ1週間の経過なので、 腫れが残っています。 まだまだこれから引き締まりと 頬のサイズの減少が見られる予定です。 少し口角のあたりに内出血の影響か黄色い変化が見られます。 まだ、これからなのです。 メーラーファットの減量手術ですので、お顔のサイズも 一段階小さくなっています。 お顔の表面には傷を入れていません。 お口の中から超音波のプローブを入れて脂肪を溶かします。 治療直前のメーラーファットのデザインマーキング。 まだ腫れが残っていますので、さらなる引き締まりで 美しい輪郭が出てきます。 メーラーファットの治療はお顔のサイズを減少させる 輪郭手術なのですが、ほうれい線を浅くすることで 若返り効果の高い治療でもあります。

次の