ナルト 外伝。 NARUTO 外伝 700+7話 感想 ※ネタバレ注意 サラダの母は、やっぱり香燐!?うちはシンはクローン軍団!?【アニメ&漫画】

【ナルト】シカマルのその後がヤバい…シカマル秘伝の内容をネタバレ

ナルト 外伝

NARUTOナルト疾風伝 マダラとの最終決戦を迎えるナルトたち第七班。 しかしマダラの部下だった黒ゼツが裏切り、六道仙人・ハゴロモの母である大筒木カグヤが復活する。 カグヤを封印できるのはハゴロモから力を受け取ったナルトとサスケだけなのだが、絶大な力を持つカグヤに成す術なく黒ゼツに捕まってしまう。 さらにナルトとサスケに転生しているというハゴロモの二人の息子、アシュラとインドラの生い立ちと、忍宗の成り立ちについてハゴロモが語る。 2020-06-13• 2020-06-13• 2020-06-13• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-11• 2020-06-11• 2020-06-11• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-09• 2020-06-09• 2020-06-09• 2020-06-09• 2020-06-08• 2020-06-08• 2020-06-08• 2020-06-08• 2020-06-08• 2020-06-07.

次の

NARUTO―ナルト―外伝~七代目火影と緋色の花つ月~ (ジャンプコミックスDIGITAL)

ナルト 外伝

そして争いは更に優秀な遺伝子を選別しつむぎ出す生命の本質的な行動だ。 それが人類の進化だ。 そして進化するにつれそれはどんどん効率的になってきた。 このクローン技術もその一端だ。 忍がそうだっただろう?追い込まれた争いの中で新たな強い忍術や技術が急速に発展しそして強い忍が選別されてきた。 人が進化する為には争いが必要不可欠だ…暁はその為にある」 サクラ「…アンタは大蛇丸以上の大バカ者ね!アンタは人…親にとって大事なものが何かまるで分かってない!」 ヤマト「よしてくれ…火影に隊長なんて呼ばれたくないよ」 ナルト「なんか…やっぱつい…オレにとってはヤマト隊長だからさ」 ヤマト「…話は先代から大体聞いてるよ 悪いがボクはここを離れられない 何かあった時、大蛇丸の行方を追う必要があるからね…」 ナルト「分かってる…」 ヤマト「今回はサスケが味方にいる…前よりはカンタンなハズだよ」 サスケ「…よし…潜入するぞ 中はオレが知ってる」 ナルト「お…おいサスケ お前行きつけの店じゃねんだから…もう少し警戒しろってばよ! ったく…ホラな!」 水月「…久しぶりだねサスケ…ここは子供達と遠足に来る様な場所じゃないんだけど」 重吾「火影か?」 サラダ「(この人達…写真の…)」 ナルト「…その必要はねーみてーだぜ」 ・大蛇丸はまた若返った模様。 大蛇丸「あらあら…まさかアナタの方からまた訪ねて来るとはね…サスケくん」 ナルト「!? わ…若くなってんぞ大蛇丸?」 大蛇丸「私の事だから分かるでしょ…いちいちその辺はつっこまなくていいの君は」 ナルト「まあ…そりゃあ」 大蛇丸「あら…誰かしらこの子達は?」 チョウチョウ「(仮に…もし仮にこの人あちしの親だとしたら…パパママどっち?)ねえどっち!?サラダ」 サラダ「ええ?」 サスケ「お前の部下らしき男に子供が命を狙われ妻がさらわれた 何か企んでいるなら今のうちに全て吐け」 大蛇丸「私が何か怪しい行動でもしたかしら?外の監視は何の為?」 サスケ「なら写輪眼を体中に埋め込みダンゾウと同じ腕を持つあの男は何者だ?」 大蛇丸「…部屋を変えるわ…ちょっとこっちへいらっしゃい…」 大蛇丸「…それがシンの能力…イタチに陶酔しただけでうちは一族の者ではないわ。 もう私の元から離れてしまったかつての実験体の1人よ…そう文字通りダンゾウの右腕になってくれた子よ。 あの子は特別でね…移植された組織に拒絶反応を全く示さない特異体質を持ってた。 その体が欲しくてね… あの子と一緒にクローン実験を繰り返し遺伝子の謎をひも解いていった」 ナルト「…クローン…?」 大蛇丸「アナタの影分身の術の更に上級ってとこね…全てがオリジナルなのよ。 2度と消えない影分身とでも言おうかしら」 ナルト「消えねーって…用が済んだらそいつらどーすんだ?」 大蛇丸「自然発生するクローン…つまり双子と同じで1人1人に人格も意志も存在する… 培養するから成長には時間差があるけど遺伝子が同じ親子や兄弟みたいなものよ…消したいなら…殺すしかないわね」 ナルト「…人間て…そんな単純なものじゃねーぞ!そんな実験やっていいのか?」 大蛇丸「…思ったより人間とは単純なものよ 人間は遺伝子の奴隷みたいなもの…個人もその繋がりも全て証明できる」 サラダ「クローンじゃなくて…普通の親子や兄弟でも…?」 サスケ「…」 大蛇丸「もちろんよ 何なら鑑定してみるお嬢ちゃん?」 チョウチョウ「やめなよサラダ…言ってる事も性別もよく分かんないしなんか怖いしこの人…」 サスケ「遊んでる時間はない そのシンがどこに居るかも分かってるな…アンタなら。 教えろ」 大蛇丸「いいわ…あの厄介なシンを木ノ葉で捕らえてくれるならこちらも助かるしねェ…詳しく説明するからモニターのある部屋へ…また移動してくれるかしら?」 サラダ「…この女の人はどの部屋にいますか?」 水月「ああ…香燐ね…別アジト…ここには居ないよ」 サラダ「…そうですか…な…なら…もう1つだけお願いしたい事があります…いいですか?」 水月「えェ!?ま…まさか…サスケがそこまでのクズ野郎だとは!」 サラダ「…今はまだその可能性があるかもって事です だから私のママが誰なのか…鑑定してほしいんです!」 水月「(う〜ん…まさか香燐がねェ…)」 サラダ「…繋がり…. 調べてもらえますか!?」 水月「別に…いいけど…」 水月「まさに繋がりの一部から遺伝子を採取っと!」 ・水月がサラダのDNA鑑定を行ったところ、サクラの子供ではない事が判った。 そして、DNA鑑定で香燐が母親ということも判る。 水月「どうやら…君のママは…香燐に間違いないね…」 水月「…まぁめがねも似て…」 水月「…あ…じゃあ…ボクはこれで…」 水月「…ボク…なんかまずい事しちゃった感じかな?」 ナルト「お前ら鷹のメンバーは…昔から余計な事ばっかしやがるってばよ!!このバカ!!」 水月「悪いのはサスケでしょ?君…知ってんのコレ?」 ナルト「知るわきゃねーだろ…!!あのサスケのクソヤロー!!」 水月「…じゃ…後は任せたよ」 ナルト「おい!水月…!!ちょっ…!」 ナルト「あ…あのよ…サラダ…そろそろ…ここを出るってばよ…」 ナルト「…マ…ママを助けに行かなきゃ…だろ?」 サラダ「…そつき…」 ナルト「え?」 サラダ「七代目のうそつき!!何でアタシがママでもない人を助けに行かなきゃなんないのよ!! 私をずっと騙してた人達の事なんてもう知らないよ!!」 終わり。 そこでサクラは、負傷した暁マントの男とシンを目の前に、自分のせいでこうなったと言う事実を目の当たりにし動揺を隠せなくなると同時に 他のシンたちに取り囲まれて身動きが取れなくなっている。 一方、自分らの治療をしながらサクラの救出にについて話し合うナルトとサスケ。 その横でお菓子をほおばるチョウチョウ。 サスケ「俺の輪廻眼があれば居所はすぐにわかる」 その横で腹を空かせているチョウチョウ。 サラダとチョウチョウを一旦里に戻し、サクラの救出に向かう。 暁のマント男は自分の肉片か何かで作り出したクローンと思われる息子、シンの臓器を瞳術でナイフを操り自分に移植しながら、 自分らの真の目的をサクラに話す。 「我々は忍びが生まれるもっと前から生きながらえているもので、現在いる忍びどもを排除しにきた。 再び交戦することになりここで、 ナルト「よし!ここに第七班集結だってばよ!」 前回の予想は少々外れましたが…軽く交戦してましたね。 しかし新たな瞳術を使う写輪眼をもっている暁のマント男シンとその息子シン。 同じ名前というのがやはり気になりますが、やはり自分のクローンを息子として従えているのでしょうか? このシンという男らの出生の秘密がとても気になりますね。 「人間は進化無き種、いずれ滅びる」と言っているところから、やはり忍びの祖カグヤが生まれるよりも前の人物として考えることもできますね。 また、なかなか ボルトの登場はありませんが7話以降で登場してくるのでしょうか。 今後の展開から目が離せませんね。

次の

ナルト外伝「七代目火影と緋色の花つ月」を無料で読めるサイトはココ!

ナルト 外伝

このページの目次 OPEN• 1.ナルトの「シカマル秘伝」の内容をネタバレ! ナルトに登場するシカマルが、忍界大戦が終了した2年後の出来事をまとめた内容が、「 シカマル秘伝」です。 シカマル秘伝は、名前の通りシカマルを軸に物語が進んでいき、忍者の重役を受け持ち難しい仕事を多く背負いながらも目の前の出来事に向き合っていきます。 現実世界でも、多忙な毎日を送りながら、それでも目の前の日常から目を背けないで生活をしていかなければいけないので、心の葛藤を抱えている人は多いです。 シカマルは現代人を代表しているような立場で、それでも前を向いて重責を担う姿勢に読者は心を打たれます。 シカマル秘伝の内容は、暗部に属するシカマルの心の葛藤が軸で展開していくので、とても分かりやすいストーリーです。 もちろん戦いの描写もありますが、全体的に「シカマルとテマリの恋愛小説」という雰囲気が色濃く出ていると考えてください。 本編でも、シカマルとテマリは仲良しな雰囲気があり、公式カップリングとして結婚も果たしています。 シカマル秘伝では、テマリとどのような経緯で仲良くなったのか、その点がより 強調されていると言っても過言ではありません。 ファンの間では、「永久保存版」と称されるほど、シカマルとテマリの絡みにニヤニヤが止まらないでしょう。 スポンサーリンク 2.ナルトの「シカマル秘伝」が人気の理由 漫画・ナルトが終了した「その後」を描く秘伝シリーズは、全6巻が登場しています。 どれも独特な視線で語られるオリジナルストーリーで、本編の 補完的な要素として機能しており、どれも人気が高いです。 その中でもひときわ人気なのが、「シカマル秘伝」であり、読者の間では「まさに伝説!」と称されるほど。 では、どうしてここまでシカマル秘伝は、読者の間で人気が高いのでしょうか?• 結ばれてほしいカップルが登場するから• シカマルの心の葛藤が上手に表現されているから• シカマルのファンからしたらたまらない作品!• シカマルとテマリの馴れ初めを知りたかったから このような理由が挙げられており、シカマルの心の葛藤、テマリとの馴れ初めが分かるエピソードになっているのが大きいと言えますね。 前述した通り、シカマルとテマリは結婚をする訳ですが、本編では結婚に至った経緯は一切ぶっ飛ばしています。 その過程を知りたい読者にしてみれば、何とももどかしい形で本編が終わってしまいました。 モヤモヤしていた所に、光を当てたシカマル秘伝が人気になったのは、当然とも言えるのではないでしょうか? スポンサーリンク 3.ナルトの「シカマル秘伝」にまつわる謎と考察 ナルトに登場するシカマルのその後を扱った、「シカマル秘伝」はテマリとの関係が深まった経緯が描かれており人気があります。 そんなシカマル秘伝ですが、以下に挙げるような謎が噂されているので、考察と併せて紹介しますね。 というのも、シカマルのその後を描き、重責を担いながらも成長していく物語なのでテマリは不要と考えられます。 どうにかして、ラブラブな展開に持っていき興味を抱きやすい分野を開拓している印象が強く残るというのが、テマリが不要と考える人の意見。 この謎に関する考察として、「読者の要望に応える作品だから」というものがあります。 シカマル秘伝は、読者が気になっているシカマルの「その後」を描いており、そこには当然結婚したテマリとの馴れ初めも入るでしょう。 本編の最終回では、いきなり2人が結婚して子供が誕生していました。 できれば、2人がラブラブになる経緯を知りたいと多くの読者は考えており、その願いを実現したのが秘伝と言えます。 原作者が実際に執筆をした訳ではなく、第三者が原作を読み込み彼らの背景をイメージしながらオリジナルなタッチで描かれています。 原作側からの校正などがありながら、カカシがシカマルに対して「君」と読んでいたり、テマリの 口調がおかしい部分も見られるのです。 この点に関する考察として、「 チェックが緩い」というものがあります。 もちろん原作者ではないので、人物全ての背景を覚えておくのは難しいでしょう。 そのために、編集部が校正をしてミスがあればすぐに報告し、二人称やクセなどを直していきます。 どこまで編集部が入り込んでいたのか、ちゃんとチェックしたのか猜疑する部分も多いのも事実。 完成度が高い中にあって、こうしたミスは質を低下させてしまうため、「もったいない」との声は多いです。 スポンサーリンク 4.ナルトの「シカマル秘伝」にまつわるヤバイ都市伝説 シカマル秘伝には、「 上中下の3巻構成にする予定だった」との都市伝説が存在するのをご存知ですか? これは2017年2月に、SNS上で話題になったもので、1巻では収まりきらずに3巻にして発売しようとの計画だったとのこと。 それだけシカマルとテマリに関するストーリーは、とてもボリューミーであると分かりますが、実現には至りませんでした。 何故かというと、3巻にすると制作から販売までに時間がかかり、ファンがシカマルとテマリに対する熱を冷ましてしまうと危惧したからです。 鉄は熱いうちに打てとの言葉通り、小説であっても読者の心にシカマルとテマリが居座っているときに、発売しなければ部数が伸びません。 確かにボリュームがあったほうが、結果的には読者の心に残るかもしれませんが、 商業的には失敗。 販売する以上は利益を優先させる必要があるので、3巻での発売は見送られたと、都市伝説で説明されています。 まとめ ここでは、 シカマル秘伝の内容のネタバレや、意見が割れている点などについて紹介していきました。 ナルトの登場するシカマルは、最終回でテマリと結婚しており作中から結ばれそうな雰囲気がしていた2人の結末にファンは歓喜。 2人が急接近した経緯などが不明でしたが、秘伝の登場によってラブラブになる展開が分かるため、シカマル秘伝は人気があります。 今後も、2人には幸せな日々を送ってほしいですね!.

次の