エイベックス 麻薬。 松浦勝人氏が黒幕?沢尻エリカさんの薬物中毒「ヘルタースケルター」蜷川監督は黙認って本当?

エイベックス会長・松浦勝人氏の大麻使用を元社員が告発「毎週末のように一緒に吸っていた」《証拠音声・LINE公開》

エイベックス 麻薬

2019年11月16日。 女優の沢尻エリカ容疑者が合成麻薬を所持していた疑いで 警視庁に逮捕されました。 これを受けて、沢尻容疑者の彼氏も 11月27日に逮捕。 周囲へと操作が広がっていると言います。 ここで気になるのが 沢尻エリカ容疑者が所属していた エイベックス。 沢尻エリカ容疑者が逮捕され、 「知らなかった」姿勢を貫いていますが 本当にそうでしょうか。 特にエイベックスの社長・ 松浦勝人さんについて調べると、 様々な噂が飛び交っています。 松浦勝人さんも薬を使用していたのか、 また沢尻エリカ容疑者の薬使用も 黙認していたのか… 今回は、エイベックス社長・松浦勝人さんの ドラッグの噂についてまとめました。 松浦勝人の薬使用疑惑とは? エイベックス社長・松浦勝人さんですが こんな噂が飛び交っていることが 過去に報じられています。 松浦氏は、2002年に引っ越すまで、東京・南青山の自宅で社員や連れてきた女性らとパーティを開いていた。 そこでは、参加した女性をベッドルームに連れ込み、性行為をした後に大麻を吸っていたという。 大麻とコカインは常習していたと指摘している。 さらに、暴力団関係者とも付き合いがあり、MDMA(合成麻薬)を調達していたという。 このほか、渋谷のプライベートバーで、全裸になった女性タレントを指して性行為をしたと明かすなど、女性関係が派手だったという。 薬物のことなどはエイベックス社内でも知られ、04年に当時専務だった松浦氏は会社の事情聴取も受けた。 しかし、所属歌手らが松浦氏擁護に回り、当時の社長が辞任して、松浦氏が何もなかったことになってしまったとしている。 j-cast. html? ここに詳しくまとめてあります! この浜崎さんとの破局原因ですが ちょっと気になる点が… 交際中に浜崎あゆみさんが 松浦勝人さんのマンションに行くと、 そこには女性に囲まれ 酔いつぶれている松浦さんの姿… これがきっかけとなり、 2人の関係は修復不可能になり破局したということですが、 これって上の自宅で女性とパーティを開いていて 関係を持った話とちょっとかぶるような…!? もしかしたらですが、 破局の原因となったものの一つに ドラッグがあるのかもしれません。 スポンサーリンク 松浦勝人は沢尻エリカの薬使用を知っていた!? 2009年、当時沢尻エリカさんが所属していた スターダストを、薬物使用が原因で解雇されます。 その後2012年5月発売の『週刊文春』にて 『沢尻エリカは大麻中毒』の見出しで、 大麻使用疑惑を報じらていました。 大麻パーティーに行ってた沢尻エリカ、ついに逮捕!あんなに美人でスタイルもいいのにもったいないなー 1リットルの涙また見たい。 これを受けて沢尻エリカ容疑者は、 エイベックスに入るために 薬の仕様をやめさせようとする 元夫の高城さんとの離婚を決意。 この突然の離婚宣言に高城さんも 「沢尻の薬物依存は周知の事実」 「エイベックスが沢尻エリカを脱がせて 儲けようとしている」 と証言し話題となりましたね。 松浦勝人さんは沢尻容疑者に対し、 「ドラッグならいつでも用意できる」といい、 「タバコでも大麻でもないハーブ」を2人で吸った という情報もありました… 松浦勝人さんは「愛人」か「脱ぐ」かを 沢尻容疑者に問い、 結果沢尻容疑者は脱ぐことを決意し、 それが「ヘルター・スケルター」だと言われています。 たしかに「ヘルター・スケルター」は かなり過激なシーンや。 沢尻容疑者のきれいな体が 顕になっていましたよね… なんだか信憑性があります…… 仲良しチームだよん! ! — 松浦勝人 maxmatsuuratwit スポンサーリンク 松浦勝人の片腕とも言われる千葉龍平は沢尻エリカ彼氏と仲良し!? そんな噂の耐えないエイベックス社長の 松浦勝人さんの片腕として、 開業当時から松浦勝人さんを支えてきたのが 元エイベックス副社長の 千葉龍平さんです。 この千葉龍平さんも なかなかに黒い噂が絶えないお方… 女優との隠し子やら愛人関係やら、 なんだかすごい… 下の記事にまとめてあります! そして今回逮捕された、 沢尻エリカさんの彼氏・横川容疑者の 会社に出資していたことも判明しており、 関係も深そうです。 引用:Twitter こうなると横川容疑者から千葉龍平さん、 そして松浦勝人さんへと 捜査の手も広がっていくかもしれませんね。 まとめ エイベックス社長・松浦勝人さんと ドラッグの噂についてまとめました。 松浦勝人さん、かなりのグレーゾーンですよね。 これまでにも話題になっているのに 逮捕されない、また今回も 沢尻容疑者逮捕の件で全く報道の矛先が向かないのは やはりマスコミの操作があるのかも…!? なんて勘ぐってしまいますが。 今後さらに捜査の手が伸びていくということなので、 しっかりと罪を犯した人を裁けるように 警察もぜひ頑張って欲しいですね!!! こちらも一緒にどうぞ!!.

次の

沢尻エリカ初公判 “偽善の正義”発言のエイベックス松浦勝人会長に“更生”はできるのか

エイベックス 麻薬

今年は会社としては最悪な年だったのかな。 でも、僕個人としては、 より自分が強くなれた年だったと確信している。 色々な酷いことがあった年だった。 でも、それはこれから僕らが、 この世界で生きていくには、 必要なことであったのではと、 どこかで思っている。 反論したい人はすればいい。 僕らは普通の世界で生きているとは思っていない。 そんな普通の世界でエンタテインメントなんて出来るわけがない。 だから今の厳しく矛盾した世の中と闘っている。 いつの時代もそうだった。 ビートルズもLSDを使いリボルバーというアルバムを作り、スティーブジョブズやビルゲイツでさえ、仕事のアイデアにそれを使ったという。 何もそういうことを今時しろと言っているわけではない。 イノベーションはそういう中から産まれてきたことを否定はしないというだけだ。 そういう中から、人々の気持ちの中に永遠に残るエンタテインメントの世界が産まれたことを誰も否定出来ないということが言いたいだけだ。 時代は変わる。 手段も変わる さばきも変わる。 その中で我々は新しいエンターテインメントを作らなければならない。 くだらない現在の縛られた偽善ともいえるコンプライアンスとガバナンスのもとで。 僕からいえば、腐った偽善の正義としか言いようがない。 くだらない、くだらなすぎる。 失いかけつつあるクリエイティブを 今の時代で創造し続けるのは、死にゆく腐った政治を直すよりは簡単だろう。 だから、僕は今、原点に戻りクリエイティブに専念する。 これがフェイクニュースでなければね。 数々の疑惑や黒い噂 松浦勝人の右腕である社長室長が元稲川会系暴力団? 松浦勝人会長の実質的な右腕であり、エイベックスの子会社社長も兼任している、遠藤日出樹氏である。 この遠藤氏、インターネットで検索すると稲川会系出身であるとか、タレントの乙葉の父親が死んだ事で入ってきた通帳を管理しているとか、高校時代の同級生を副社長にしていたが、金の分配を巡って暴力を振るったなどの記事が出てくる。 真偽の程は分らない。 だが一部上場会社社長室長の記事にしては余りに相応しくない。 そしてもう一つこの遠藤氏が関与していたと思われるのが監禁脅迫事件である。 週刊誌の内容によると、広域暴力団三次団体組長と松浦社長 当時 が総会屋を監禁脅迫した事件で、その現場に八名の仲間が居たらしいが、その中の一人が実は遠藤日出樹社長室長だったらしい。 過去に起こした監禁脅迫事件とは 当時の総会屋が松浦に薬疑惑を始めとした質問状を出し、エイベックスの総会場に出た。 松浦は株主の前で恥をかかされたとどうしても許せず、総会屋を監禁脅迫した。 一部上場会社の社長とは思えぬ暴挙である。 その後元総会屋は警視庁麻布署に被害届を出し受理された。 それに慌てた松浦は元総会屋に繋がる親分を探し出し、その親分に被害届取り下げを依頼した。 そこで究極の脅しを受けた元総会屋は調書が出来上がり押印するだけの状態であったにも拘わらず直前になって姿を消したのである。 その親分には一億円の謝礼がなされたという話が流れた。 ところがその親分が突然亡くなった。 元総会屋にすれば親分の呪縛と恐怖から解き放たれた瞬間である。 そこで交渉に行けば一発で「恐喝未遂」である。 一度裏切ったような恰好になるだけに今更警察は何処も受け付けてくれないだろう。 ということで元総会屋の反撃はこれしかなかったのである。 この事件は今なら完全に暴排条例に引っ掛かる案件だが、当時は何故かウヤムヤにされてしまった。 尚、松浦はこの件に関して、「事実無根」と否定している。 エイベックスに関わるスキャンダル報道でまず真っ先に思い浮かぶのは、株主総会前に財務状態などについて質問状を送ってきた株主の男を松浦氏が自社経営のレストランに呼びつけ、暴力団の男を同席させた状態で「この野郎、埋めてやるぞ」などと脅迫した事件だ。 これは「週刊文春」(文藝春秋)11年6月30日号で報じられている。 記事によれば、08年にコンサルティング会社を経営する本原克己氏がエイベックスの株主総会前に質問状を送ったものの、総会が開かれた当日は挙手をしても質問の機会を得られることはなかった。 そして後日、本原氏は暴力団組長の男を通して松浦氏から呼びつけられ、エイベックス経営のイタリアンレストランへ向かうことに。 そのVIPルームには酒に酔い怒り心頭の松浦氏が部下や暴力団組長とともに待っており、ボディガードの男に「こいつ殺しちゃってよ」と言ったり、「この野郎、埋めてやるぞ」などと脅迫してきたという。 本原氏はこれを受けて松浦氏に対し訴訟を起こしている。 「このことに対しては現時点の決まりだからもちろん真摯に受け止め対応はしている」とした一方で、昨年9か月間で労働基準監督署が監督指導をした8500事業場のうち、約75%に当たる6500事業場が、何らかの法令違反があるとされた事実を提示。 「そもそも法律が現状と全く合っていないのではないか」と指摘した。 松浦社長はこれまで社内に病院を作ったり、定期的に社員にメンタルチェックを受けさせたり、時間に縛られない労働環境を作ってきたという。 その上で「僕らの仕事は自己実現や社会貢献みたいな目標を持って好きで働いている人が多い。 だから本人は意識してなくても世の中から見ると忙しく働いている人がいるのは事実」とした。 「望まない長時間労働を抑制する事はもちろん大事だ。 ただ、好きで仕事をやっている人に対しての労働時間だけの抑制は絶対に望まない。 好きで仕事をやっている人は仕事と遊びの境目なんてない。 僕らの業界はそういう人の『夢中』から世の中を感動させるものが生まれる。 それを否定して欲しくない」 出典: 薬物疑惑 沢尻エリカの元夫「エイベックスの芸人は MDMA やってる。 薬物の入手先は松浦社長。 」 元夫「沢尻はMDMAやってる。 その弱味をエイベックスに握られて言いなりにされてる」 エイベックス松浦「ドラッグならある」 >高城氏はすでに「沢尻の薬物依存は周知の事実」 >「大麻だけでなくエクスタシー(MDMA)なども使用していた」と証言しており、 >現在、沢尻が所属しているエイベックスの松浦勝人社長(47)を含む >関係者はそうした彼女の「弱み」を盾に、言いなりにさせていると明かしている >さらに松浦社長から「ドラッグならいつでも用意できる」と言われ、 >「タバコでも大麻でもないハーブ」を社長と二人で吸ったというそのうえ、 >愛人関係を迫られて「ドン引きした」沢尻が断ると、 >社長は「B子(実際には有名女性歌手の実名)が芸能界で生き残れているのは、俺のオンナになったから。 薬物の入手先は松浦社長。 」 スポンサーリンク 一部上場企業の代表とは思えないツイート一覧 何をしようと俺の自由。 いちいちそんなこと言ってくるあなたも暇だね。 文句あるあらいつでもどうぞ。 あなたのツイートもひどいもんだね。 RT : そんなこといちいちツィートしなくていい。 アホなの? — 松浦勝人 maxmatsuuratwit はいはい。 おとなしくしてなさい。 RT : そんなこといちいちツィートしなくていい。 アホなの? — 松浦勝人 maxmatsuuratwit 知らせるべきこと、、しらなくてもいいこと。 そんなことが芸能界にはあるけど、それを理解できない人は訳の分からないことを言うね。 スタンブがなんだとか。 よく考えたらアホくさくて相手にもしたくないわ。 — 松浦勝人 maxmatsuuratwit ちょっと待て、バカにするから返してるんだよ。 やられたらやり返す。 これは俺の基本だ — 松浦勝人 maxmatsuuratwit 薬はなんでも適用適量。 守れないやつに合わせるのが法律。 守れない人に合わせる法律がおかしいという意見は取り上げられない。 最大公約数でやってるからおかしくなるんだと思うけどね。 まぁ、こういうことを言うとまた叩かれるからやめとくわ。 どんだけ、科学の無駄をしているんだと思うね。 — 松浦勝人 maxmatsuuratwit ほんとクソだなこの日本。 がんじがらめの牢獄だよ。 海外に住みたくとも出獄税とか払わされて、意味がわからん。 この国は大好きだか、なんせ、わけのわからん法律が多すぎる。 誰のせいなんだろうね。 えっ? 俺のせい? — 松浦勝人 maxmatsuuratwit 白を黒にするとか、 黒を白に出来るとか 言ってたやつは 結局なんも出来やしない。 田舎で歌でも歌っていればいいと思う。 ならあなたの出番は死ぬまでないよ。 さよなら。 — 松浦勝人 maxmatsuuratwit 炎上上等。 — 松浦勝人 maxmatsuuratwit もうない。 前澤みたいに金があればアホなことしたいけどね。 RT : 松浦さんは次に何が活かしたい事や、 夢、野望はまだありますか? — 松浦勝人 maxmatsuuratwit 全く興味ない。 この国は終わるよ。 RT : A社に政治部門作って人材育成しましょう b — 松浦勝人 maxmatsuuratwit お金で買えたら毎年買います。 RT : 松浦さん!酔った勢いで教えて欲しいんですけどレコード大賞ってお金ですか? — 松浦勝人 maxmatsuuratwit 多分、会社は困ってんだろうな。 こんな俺のツイートに。 でも、奴ら慣れてるからね。 俺たち普通の会社じゃないんで。 — 松浦勝人 maxmatsuuratwit SNSになって全ての人が評論家になれる時代。 それが悪いとは言わないけれど、なんかおかしな世の中になってきてる感じがするのは俺だけだよね。 — 松浦勝人 maxmatsuuratwit yahooもそろそろそういうメディアを選別すべき頃だよね。 — 松浦勝人 maxmatsuuratwit それあまりにひどい言葉で我々のアーティスト全てに対しての侮辱と受け止めますがよろしいですね。 RT : この国の若者を心配するより、エイベックス所属の芸能人の管理をきちんとしろ。 薬物、暴行、クソか。 — 松浦勝人 maxmatsuuratwit 何度も言ったことあるけれど、知る必要のないことは知らなくていいと思う。 本当のことを知っても何も良いことは無いと思う。 エンターテイメントの世界はどこかそう言うものなんだよ。 — 松浦勝人 maxmatsuuratwit 誤字脱字はごめん! — 松浦勝人 maxmatsuuratwit 誤字脱字はほんとごめん。 それよりも早くあげることに命かけてます! — 松浦勝人 maxmatsuuratwit 僕も暴露されまくってるので。 — 松浦勝人 maxmatsuuratwit なぜ国は動けないのか エイベックスには国税も公取も警察も調査に入るべきであるとは思うが、何故動けないのか それはエイベックスには元警視総監や最高検察検事の役員がおり、警視庁や東 京地検が手を出せる相手ではない。 そして日本のマスメディアを牛耳っている世界でも有数な大手広告代理店である某大手ブラック企業 国とズブズブ とエイベックスは繋がっている。 上級国民は人を轢き殺しても逮捕されないというのが明確になった今、驚きではないが、芸能界の闇は深い。 捕まるのはお金が払えなくなったり、配慮が効かなくなったお馬鹿さんだけだ。 世の中、悪い奴がキッチリ裁かれ 善人は模範の如く粛々と暮らしている。 取締役も稲川会関係者ばかり。 稲川会はクスリの供給元。 関連する人も多そう。芸能界の薬物汚染を徹底して排斥すべきだ。 政府へのそんたくなどすべきではない。

次の

元エイベックス社員が松浦勝人会長の大麻使用を告発 本人を直撃

エイベックス 麻薬

〈愛には愛で感じ合おうよ〉と訴えていたはずだった。 「奏はバンド活動と並行して、六本木で会員制カラオケバーを経営していた。 そこで『バカ親父』と言いながら、あんな歌を歌っていたんですよ」(常連のスタジオミュージシャン) もともとソリが合わなかった父子だが、決定打となったのは昨夏の「週刊文春」の覚醒剤報道から。 ASKAは報道を受け、10月17日号ではみずから記者に連絡して、胸中を語っている。 そして問題視されたのが以下の発言だ。 〈クスリで唯一心当たりがあるとしたら、文春でも薬物疑惑が書かれたエイベックス社長の松浦(勝人)君。 彼のパーティーなんかに呼ばれて行ったこともあるから、仲間だと思われたりしていたかもしれない。 松浦君ともクスリの話はしたことないけど、彼にそういう噂があるってことは知っていました〉 突然、とばっちりを食らった松浦勝人社長(49)の怒りは容易に推察できる。 当時、ASKAの長女も長男も、そのエイベックスに所属するアーティストだったのだ。 「長女は『宮崎薫』(25)の名で11年にエイベックスからデビュー。 長男の奏も同じ11年に『Little Blue boX』のギタリストとしてエイベックスからメジャーデビューしました。 前出の音楽ジャーナリストが続ける。 エイベックス広報課の回答は以下である。 「週刊文春10月17日号に掲載された松浦に関する記事については、何の根拠もないものであり、当社および松浦の名誉を棄損する内容ととらえ、ASKA氏所属事務所へ抗議し、謝罪を受けております。 また長女および長男の契約終了と本件については何の関係もございません」 それでも「通報したのが夫人だった」という報道を含め、ASKAが家族に与えた罪はあまりにも大きい。

次の