高知 コロナ ライブハウス。 高知コロナウイルス感染30代女性看護師の入院先病院はどこ?感染経路とSNSの反応がヤバい!

【新型コロナ感染】高知の女性が感染したライブハウスは大阪のどこ?

高知 コロナ ライブハウス

新型コロナウイルスへの感染が確認された男女3人が、大阪市内で2月15日に開かれたライブに参加していたことがわかった。 大阪府や高知県などが29日、発表した。 ライブには約100人が参加しており、大阪府の吉村洋文知事は会見で、小規模な感染者の集団「クラスター」が発生している可能性がある、との見方を示した。 府によると、会場は大阪市都島区の「大阪京橋ライブハウスArc(アーク)」。 高知県と高知市が29日、市内の整形外科医院に勤務する30代の女性看護師の感染を確認したと発表し、この女性が大阪市のライブに参加していたことを明らかにした。 15日午後5時半から午後10時ごろまで会場に滞在し、マスクはつけていなかったという。 ライブには、札幌市が25日に感染を確認した40代男性と、大阪府が27日に確認した40代男性もライブ関係者として参加していた。 2人は大阪府在住で、翌16日にも同じ会場で別のライブに参加したという。 吉村知事は29日夕に開いた会見で、ライブハウスの名前を公表したことなどについて「15日のライブでコロナの感染が広がったとみるべきだ。 密閉された空間で多くの人が身近にふれあう。 さらに感染クラスターが広がらないように発表する」と説明。 「(ライブに参加した心当たりがある人は)症状が出たら速やかに連絡を頂きたい。 不要不急の外出も控えてほしい」と、府内の保健所などへの連絡を呼びかけた。 府は施設について、「(ライブから)2週間が経過し、施設消毒を完了している」としている。 ライブ参加者で感染が確認され….

次の

新型コロナウイルス、大阪市のライブハウスで3人感染 高知市の女性看護師と男性スタッフ

高知 コロナ ライブハウス

Contents• 高知県にて30代の女性看護師が新型コロナに感染! 【速報】高知県初の新型肺炎確認 高知県は29日午前、県内初の新型コロナウイルス感染者が確認された、と発表した。 関係者によると、患者は高知市内の30代女性看護師で、軽症だという。 正午から県と市が会見を開く。 2月13日に喉の痛みがあり、14日に高知市内の診療所を受診し抗生剤を投与してもらったそうで、15日には大阪に旅行へ行ったそうです。 それから18日に再び喉の痛み、19日に微熱や鼻水といった症状が現れ、21日と28日に高知市内の同じ診療所へ行ったところ、肺炎と診断されたみたいですね。 15日の夜には京橋にある『大阪京橋ライブハウスArc(アーク)』へ訪れたようで、すでにライブハウスを訪れていた他男性2人も新型コロナに感染しているとのこと。 2月の初旬での喉の痛みがただの風邪だったのかすでに感染していたのかが微妙なところですね。 風邪だった場合は、大阪のライブハウスにて感染した可能性が高いですし、そうじゃない場合はライブハウスにて新型コロナを撒いた可能性が。 高知県・高知市病院企業団立 高知医療センター• 高知県立幡多けんみん病院 高知市内に住まれている場合は、『高知県・高知市病院企業団立 高知医療センター』の可能性が高いかもしれません。 また、感染経路については正式に発表はされていませんので、情報が入り次第追記いたします。 高知県にて感染者が確認されたことに対するネットの反応 高知コロナでたやん、終わった😑 — さな sana10102525 高知、コロナ感染の看護師さん。 叩いてる人もいれば、擁護している人もいる。 私見だが、感染リスク高い時期に、人口過密エリアに行くのは医療従事者としての意識が低いなぁと。 (知人の先生も同意見だった) 起きてしまったことは仕方ないが、病院名も報道されてしまったから居心地悪くなるね…。 体調回復しないまま、マスクもせずライブに来るとかめっちゃ迷惑。 — 烏賊本漁馬 gaia0323 まとめ 高知県にて初めて新型コロナ感染者が確認されました! 2月初旬に喉の痛みがあったようですが、ただの風邪なのかもしくは、その時からすでに感染していたのか。 どちらにせよ、今の状況を考えると、喉に痛みがある状態で旅行に行くのは辞めておくべきだったのではないでしょうか。

次の

高知県3人目の新型コロナ感染者!ライブハウス参加との繋がりも!?│ひつまぶしブログ

高知 コロナ ライブハウス

新品のままのドラムやアンプ、DJブース。 除菌器や体温検知カメラなどの新型コロナウイルス対策機器も準備していた。 店長のスガナミユウさん(39)によると、防音工事や機材の購入、契約金などで開業資金は約5千万円。 そのうち1千万円をクラウドファンディングで調達した。 開店できず、収入がなければ、4月からひと月350万円の赤字が出る計算だという。 「開業の準備はしているが、人命に関わることでもあるので無理に開けることもできない。 感染の広がり方を見ると、通常営業は半年、1年先レベルで考えるのが現実的。 そうなると、8割以上のライブハウスやクラブが潰れてしまうのでは」と危惧する。 「ライブハウスは文化を生む、ボトムアップの場所でもある」と語るスガナミさんは、国にライブハウスや劇場などの文化施設への休業補償を求める署名活動をインターネット上で3月27日から行い、その数は30万筆以上になるという。 「ライブハウスや劇場は単なるハコ(施設)ではない。 従業員だけでなく出演者、照明、音響などさまざまな人が関わり、一つの文化として成り立っていることを知ってほしい」 PR.

次の