ペキニーズ カット。 ペキニーズは抜け毛が多い?被毛の特徴とお手入れ方法について

ペキニーズのサマーカットの時期を教えて

ペキニーズ カット

揃えてあると便利な道具 ハサミ 細長いものを1本用意しておくと便利です。 梳きバサミ 毛量の調整などに使います。 毛先のカットなど、自然な仕上がりになるので初心者は1本用意しておくと良いハサミです。 コーム カット前の毛並みを整える時に使います。 スリッカーブラシ 長毛犬で毛玉などがある場合、スリッカーブラシでよく解しておきます。 バリカン 広範囲でカットする時に使います。 ペンシルバリカン 部分用バリカンです。 足裏の肉球周りなど細かい部分に必要になります。 足裏のカット トリミングに毎回連れて行く犬種と、自宅でシャンプーだけしちゃえる犬種といますよね。 ウチはチワワなので、カット必要ないので、自宅でシャンプーしています。 なので、毎回足裏カットは自宅です。 そこで使う道具は、足裏カットに使うバリカン大と小2種類です。 大の方は、ホームセンターなどで購入可能ですが、小の方はネット販売くらいしかまず見ないと思います。 (ペンシル型 バリカンで検索かけると出てきます。 ) 人間用の、EXILEのアツシさんみたいにライン入れたりするのに使うものなんでしょうが、小回りが効くので、小さい場所をスッキリさせせるのに役立ちます。 初めてバリカンを扱う場合、緊張で手が震えてしまうこともあるでしょう。 まずは飼い主さんが落ち着くこと。 そしてバリカン本体を持つ手に力を入れ過ぎないようにすることが大事です。 ハサミより安全だと思ってもバリカンも立派な刃物です。 取り扱いは慎重に。 バリカンは、愛犬の皮膚に対し水平方向に刃を当てて使用することが基本ですが、足裏にバリカンを使う場合、刃を立てて刈っていきます。 肉球の間や水かき部分などに刃が当たらないよう、注意して刈らなくてはなりません。 最初のうちはあまり突っ込まずに浮かせた状態で使っていくといいでしょう。 足裏の傷は治りにくく傷口から雑菌が入りやすい場所です。 傷をつけないよう特に注意しなくてはいけません。 ロングコート用のカット そして、夏には、やはりロング種の子は暑いので、カットをしています。 使うものは、バリカン、ハサミ、透きバサミ。 ブラシ。 ロングコートの被毛を短くする時は、事前にしっかりとブラッシングをして毛玉や絡んだ毛がないように整えておきましょう。 短くてもかわいいんじゃない? という子はバッサリスムースチワワに近いくらい切っちゃいますが、これはテクニックがいります バリカンだと短すぎるし、ある程度ハサミで短くしてからじゃないと、毛が絡んでバリカンだけでは厳しいです。 クシを逆毛に入れて、はみでてる毛をハサミでザクザクカットしていきますが、慣れないとガタガタになってしますます。 初心者さんおすすめ!入門用カット あんまり短くはしたくない。 失敗が怖い。 という方に、お手軽に毛を自然なかんじで短くする方法。 ここで透きバサミが役立ちます。 基本の長さはそんなに変えずに、透きバサミで透くことによって、風通しがよくなりますのので、多少暑さは軽減されるはずです。 適当に場所をかえながらハサミをいれていくだけで透けていくので適当で大丈夫です ただ、おなじ場所を何度もきっていると、そこだけが短くなるので注意です。 背中などで試してから、コツを掴んできたら飾りげ 見た目に関わってくる場所 をやってみたらいいと思います。 初心者さんでも失敗しないコツ バリカンや、ハサミだとテクニックを要しますが、透きバサミなら何度も同じ場所を切らない限り失敗しないとおもいます。 クシやブラシで毛をはらいながらやったほうがいいです。 我が家の場合 長男は、サロンにいってカットしてもヘンだったので、長さを変えないカットをしています。 末っ子は短くても似合うので、スムースほどは短くないけれど、短めにカットしています。 以上、我が家のカット方法を紹介してみました。 動物病院に訪れるこの子の中には、お店でシャンプーカットをするとストレスから必ず体調を崩してしまう子がいました。 酷いこの子場合は、お店ですると帰宅後にてんかん発作が毎回起きてしまうため連れて行けない…なんて子もいました。 お店によっては、シニア期に入った8〜10歳頃からはリスク等の兼ね合いからお断りされることもあるようです。 自宅でのシャンプーカットが可能であれば、飼い主さんからしてもらうのが愛犬にとって一番ストレスがないと思います。 ただひとつ注意してもらいたいのが、カットの際に使うハサミについてです。 自宅でのカットによって、ハサミで愛犬の舌を切ってしまい血を流しながら慌てて来院されるケースがよくありました。 切っている最中に、愛犬が呼吸を荒くした際にうっかりジョキッと舌の先を切ってしまうようです。 その他には、シャンプー後のドライヤーできちんと乾かし毛をとかすこと。 生乾きだと毛玉になってしまいます。 夏場はドライヤーに夢中になりすぎると熱中症になってしまいますから、冷風も上手く利用しながらかけて下さい。 慣れてくれば難しいことではありません。 自宅でのシャンプーカットを身に付けておくと、老犬になった際にも非常に役に立ちます。 我が家の愛犬は二頭とも長毛犬です。 定期的にトリミングには連れて行くのですが、それまでに伸びてしまう毛は自宅でカットせざるを得ません。 伸ばし放題にすると毛玉になってしまい、カットするしか方法がなくなると、それはそれは見事な虎刈りになってしまいます。 透きバサミはいいですね!毛玉部分を切る時に普通のハサミだと思いっ切りざっくりしてしまうのですが、透きバサミならそれも目立たずにカットできそうです。 お顔の毛も伸びやすく目元の毛もだいぶもさもさになってしまいます。 ですがハサミを使うと怖がって動いてしまうので、慣れてない子にはとても危険です。 怖がって動かないようにまず慣れさせることから始めた方がいいですね。 うちではカットする前にはブラッシング用の静電気防止スプレーをしてからハサミを入れています。 カットした毛が飛散してしまうのを抑えることができますし、毛束がブロックになるので揃えやすいです。 お顔の毛を切る時はシャンプー後の少々お疲れの大人しい時にさっとカットします。 濡れているので切った細かい毛が愛犬の目に入るのを防ぐことができます。 とても綺麗にカットされていますね。 肉球周りには、大、小のバリカン使用でこんなに綺麗にカットができるとは驚きました。 この数ヶ月、愛犬が治療中のためにエリザベスカラーをつけていて、トリミングに連れていけないので、自分でカットをしています。 肉球周りの毛がのびてくると愛犬も滑りやすくなってしまうので、お風呂場で足を濡らしてハサミでカットをしているのですが、こちらの記事のワンちゃんの足裏のお写真ほどにはなかなか綺麗にできません。 早速、ペンシル型のバリカンをネットで検索して購入してみます! すきバサミは我が家でも使っています。 カットに自信のない素人の私でも、あまり違和感なくカットができるのでとても便利です。 足の毛や、お腹のまわりをカットしてあげるだけでも、愛犬の暑さ対策になります。 うちの犬はトリミング必須な犬種なので、毎月1度トリマーさんにお願いしています。 その2週間後に自宅シャンプー&ドライ、その2週間後は月1のトリミングです。 1か月に1度トリミングに通っていても、足先や足裏の肉球の間の毛、目にかかる毛は伸びてしまってかわいそうです。 足裏の肉球の間の毛が伸びると、フローリングなどでは滑りやすくなりますし、どうしても汚れや湿気がたまり、雑菌が繁殖して炎症を起こしてしまわないか心配です。 月2回トリミングに出せれば理想的なのですが、経済事情が許しませんので、足先や足裏、目の上くらいは自宅でケア出来たらいいなぁ、と思っていたところです。 爪切りすら怖くてできない状態なので勇気がいりそうですが、今度トリマーさんに相談して教えてもらおうと思います。 チワワちゃんかわいいですね~。 うちはシュナウザー3歳ですがトリミングが必要な犬種です。 以前はサロンにシャンプー、カットをお願いしていたのですが、、わんこのカットの希望を伝えるのって難しいですよね。 うちはシュナカットではなく、ふわふわのパピーのような(テディベア系?!)カットを希望していたのですが、写真も持って行ったりしましたがなかなかしっくりきませんでした。 ふわふわカットでお願いをするのでバリカンではなくはさみが中心です。 ですので、あるときから私も自宅カットに切り替えました。 スキンシップにもなりますし、うちにはあっているようで今では毎月の恒例行事です。 ただ、足裏のバリカンやツメきり、肛門線はサロンにお任せしています。 単品だけでもやってくれるのでとても嬉しいです。 これからはこちらの記事を参考に少しずつ私も足裏バリカン試してみたいと思います。

次の

ペキニーズの子犬たち

ペキニーズ カット

さん mirai9435 がシェアした投稿 — 2019年 1月月29日午後11時52分PST 引用 インスタグラム 毛がだいぶ長いペキニーズですね。 さすが! カットしなきゃいけないの? ペキニーズは、基本カット犬種ではありません。 定期的なトリミングが必須にみえますが、実は そもそもトリミングはしない犬種。 ペキニーズはどこにもハサミをいれないのが本来の姿で、その ありのままの姿が美しいといわれているのです。 ただ、そうなると足の毛もお尻の毛も全身伸び放題。 お散歩にいっても毛を引きずるほど・・・。 散歩・おトイレ・食事など、普段の生活で結構汚れがついてしまうんです。 汚れたまま放置すると、皮膚炎をおこすこともあります。 まめなシャンプーが必要ですし、毎日のブラッシングも欠かせません。 なかなか 手間もかかりますし、お金もかかりますよね。 またペキニーズは長毛種の犬ですから、 暑い夏が苦手です。 ですので熱中症予防や皮膚炎予防のためにも、湿気の多い梅雨から暑い夏場にかけてはカットをする飼い主さんが多いみたいですよ。 もしカットしたくないという人も、 せめて夏場はお腹のまわりだけでもカットするとよいと思います。 スポンサーリンク セルフカットのやり方 ペキニーズをカットするとして、毎回トリミングサロンに連れて行くとなるとお金もかかるし大変ですよね。 そこで気になるのは、家でセルフカットをすることは可能かということです。 結論から言うと、 もちろんセルフカットは可能です。 実際、私の知り合いでペキニーズを飼っている人もセルフカットをしています。 それではセルフカットをする場合は具体的にはどうしたらいいでしょうか?ここでは、まず準備するものをご紹介します。 準備するもの まず、セルフカットをするときはなにを用意すればいいでしょうか? 「弘法筆を選ばず」などといいますが、飼い主さんはトリミングのプロではありません。 セルフカットをするときの道具はとっても大切です。 できるだけ、質のよいものを選びましょう。 補足 肛門腺絞りは初心者には正直難しいです。 2つある肛門線をちゃんと絞るため、かなり強い力で絞らないといけないのですが、力が強すぎると肛門腺を痛めるおそれがあります。 かといって弱い力でやると、絞り残しの心配があり、それはそれで肛門腺を痛める原因となります。 不安だったら、動物病院やトリマーさんにお願いしたほうがいいです。 肛門腺絞りは、動物病院やトリミングサロンで安価にやってもらえます。 ペットの健康に関わることでもあるので、 少しでも不安があったら遠慮なく病院やトリミングサロンでやってもらってくださいね。 ここでは具体的にカットするときの流れをご説明します。 広い面をカットするので、少々バランスが崩れても目立ちません。 コームでコートをととのえながら、ハサミである程度きります。 カットするときのコツは、 コームでコートをおさえて切る長さを決めハサミの受け刃を当てて固定し、親指で切り刃だけを動かしてカットすることです。 補足 みなさんも美容院にいってカットしてもらってるときのことを思い出してください。 人間の美容師さんも受け刃に小指をかけるフックがついたハサミを使っていますよね。 バリカンは身体の前方から後方にむかってかけるのが基本です。 しかしペキニーズのような直毛種の場合は毛の流れに逆らう方向でかけるときがいいときもあります。 バリカンの音は結構大きいので、をこわがる犬も多いです。 そんなときは、 無理に作業せずにバリカンに慣らすことからはじめましょう。 顔周りのカットをいやがる犬も多いので、音がうるさいバリカンはつかわずハサミで整えたほうが無難です。 まずは、コームで顔の周りの毛をすき、コームですくい取った毛を少しずつカットします。 その際、 ハサミの先は顔の外側に向けてあげてくださいね。 目の病気予防にもなります。 セルフカットのときのポイント• シャンプー ブラッシングで毛を整えること• 胴体周りを切ってから顔周りをきること• 顔周りは安全に気を付けながらハサミで仕上げること• お尻周りも忘れずに 以上に気を付ければご自宅でセルフカットもできますよ。 ではトリミングサロンでカットをお願いするときに、どう注文をすればよいでしょうか?どんなカットスタイルがあるのか、気になりますよね。 ペキニーズはロングヘアーの犬種ですのでカットスタイルのバリエーションも豊富です。 可愛さを最大限に生かせるスタイルも多くありますし、丸刈りなど日々のお手入れのしやすさを重視したスタイルもありますよ。 ロングヘアーを生かしたスタイルは日々のブラッシングが、長期間のヘアスタイル維持に繋がります。 毛を極端に短くした丸刈りスタイルは紫外線などの影響を受けやすいため、夏場など日差しの強い時期には注意が必要です。 季節に合わせてスタイルを変更する飼い主さんも多いです。 今回は「 ライオンカット」「 サマーカット」「 丸刈り」の定番の3種類の定番カットをご紹介します。 首もと周辺の毛と尻尾の先のみを残して全身をすっきりとカットする事で、まるで小さなライオンのような見た目に仕上げています。 胸部分の飾り毛は残し、 体部分の毛は短くすることにより、 まるでたてがみを持つライオンのような姿にする。 ペキニーズの長い被毛がまるでライオンのタテガミのように見えるかっこいいスタイルですよ。 このスタイルでは残す毛のバランスが重要になります。 ライオンをイメージできるようにカットするのは難しいのでトリマーさんに任せるのがオススメですよ。 また、胴体部分のカットも短すぎると被毛によるバリア機能がなくなります。 胴体の毛が短すぎても、皮膚病や熱中症の原因にもなりますので、 トリマーさんと相談してペギニーズのためになるmm数を選んであげて下さい。 きっとこのペキニーズの気分は百獣の王にちがいありません。 サマーカット 夏になると気温が高くなるため、人でも半袖などの夏服に変化するように犬ではサマーカットいうスタイルがありますよ。 全体的に毛をすっきりさせる事により暑さ対策だけでなく、 清潔に被毛を保てるので、皮膚病を防ぐことにも繋がりますし長い毛が家中に飛び散るのも防げますよ。 サマーカットにも様々な種類があり、被毛の長さも選択できます。 短すぎると先ほど述べたように被毛のバリア機能がなくなりますので、 長い毛を短めにカットしたり軽くすいてあげるなど適度な長さを保つ必要があります。 バリカンでささっとできると思われていますが、毛質の変化を考慮しシザーカット(はさみのみでカット)がオススメですので、トリマーさんに任せたほうがいいですよ。 さん showgo43 がシェアした投稿 — 2018年 5月月16日午後4時10分PDT 引用 インスタグラム 梅雨の前にサマーカットにしてもらったペキニーズ。 なんだか気持ちよさそうな顔してますね。 やっぱり湿度が高い日本だと毛が短いほうが快適なのかもしれません。 丸刈り お手入れのしやすさナンバーワンはもちろん丸刈りです。 「ペギニーズを丸刈りにするなんて邪道だ!」と思う人もいるかもしれませんが、日本は湿度が高く夏は暑いです。 やはりペギニーズが快適で生活しやすいことも、考えないといけません。 バリカンで手軽に行えるため ご自宅で行う事も出来ますよ。 毛の長さは通常は3mm程度で、全身すっきりとしたスタイルです。 毛質の変化を考慮するならトリマーさんにシザーカットでお願いするのがオススメです。 また 5ミリ以下だとバリカン負けしたぺキニーズもいるらしいので、セルフカットするときは注意が必要です。 バリカンをかけるのが嫌な人は、はさみ仕上げでお願いますと トリマーさんに言えば、はさみ仕上げにしてくれます。 毛が短いとシャンプーをしても乾かすのがはやくてすみますね。 はじめまして。 イヌ大好き、30代のひなこです。 今はダックスフンド5歳のメスとポメラニアン1歳のオスを飼っています。 イヌが大好きなので、今までに柴犬、チワワ、パピオンなど、いろいろな種類のイヌを飼ったことがありますよ。 そんな私なので、常にイヌの健康のことを考えています。 だって、人もイヌも元気が一番ですよね!!! 特に大事なのは食事だと思います! 実は今飼っている5歳のダックスフンドは尿結石がありました。 その原因はそれまであげていたドッグフードだったんです。 そのことを知ってからは、常にネットサーフィンをしてイヌが元気で長生きできる情報を集めているのですが、ネットにはいろんな情報があふれていますよね?どの情報が本物?具体的に何を知っていればいい?など調べているといろいろ疑問に思いました。 そこで、私が調べて知った情報をシェアしていけたらと思い、ブログを書くことにしました。 このブログを読めば、イヌが元気に長生きできる情報を知ってもらえるように書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

次の

ペキニーズは抜け毛が多い?被毛の特徴とお手入れ方法について

ペキニーズ カット

長くて豊かな被毛に覆われていることが特徴のペキニーズですが、しっかりと被毛のケアをしてあげないと、ペキニーズは体調を崩してしまうことがあることを知っていますか?さらに、抜け毛が多く、部屋の掃除が大変になることもあります。 これは、飼い主さんにもペキニーズ自身にも良いことはありませんよね。 今回はカットをすることとペキニーズの健康はどのように関係しているのか、カットする際の注意点をご紹介します。 ペキニーズは「獅子犬」? ペキニーズは中国が原産国で、中国王朝の愛玩犬として、皇帝や皇族に飼育されていました。 つぶらな瞳、ぺちゃっとつぶれた鼻、ずんぐりとした体と愛嬌のある見た目から現在も多くの人に愛され、人気がある犬種ですが、特徴のひとつでもある豊かで美しい被毛からは「獅子犬」とも呼ばれています。 その全身を覆う被毛は、定期的にブラッシングやシャンプーをして清潔に保ってあげないと皮膚疾患を起こす恐れがあります。 また、暑さにも弱いので、熱中症にも気を付けてあげなくてはなりません。 カットは熱中症対策として、多くの飼い主さんが取り入れています。 また、顔周りの毛を残し胴体部分だけを剃る「ライオンカット」も長くふわっと広がった毛が特徴のペキニーズは本当に小さなライオンのようで可愛く人気ですが、安易に行うと熱中症の危険性を高めてしまうことをご存知でしょうか?見た目からは毛が少なくなり、涼し気に見えますが、被毛は人間でいう服の役割をしていますので、それがないと紫外線や直射日光が直で皮膚に当たり、反対に暑く感じてしまうことがあります。 体高が低く、地面に近いペキニーズは地面からの熱も伝わりやすいので、飼い主さんは注意してあげなくてはなりません。 3ミリライオンカット ジョリジョリ… — shinbi m107909 さらに外敵から守る役割もしていた被毛がないと病原菌や寄生虫から皮膚を守れなくなるなど、皮膚病や熱中症から守るために行ったカットが逆効果になってしまうことがあります。 カットを行う際は、信用できる獣医さんやトリマーさんに相談をしてから、カットを行うこともおすすめです。 ペキニーズを自宅でカットするには? こまめな被毛ケアが必要なペキニーズですが、毎回カットをお店にお願いすると、どうしても出費がかさみますよね。 出来れば、信用できるトリマーさんにお願いするのが良いのですが、どうしてもお家でやらなくてはならなくなったときは、必ずハサミを使ってあげてください。 少しずつ丁寧にカットしてあげましょう。 バリカンを使うと皮膚を傷つけてしまう可能性があります。 また、愛犬との間に信頼関係がしっかりとできていない場合は、自宅でカットをするのは止めましょう。 独立心が強く、プライドが高いペキニーズは主人と認めない人のいうことを中々聞いてくれません。 日ごとから正しい主従関係を教えることが大切です。 ペキニーズの長い被毛は、汚れがつきやすく、オシッコなどで黄ばんでしまうこともあるので、清潔に保つためにはブラッシングやシャンプーを行うことも大切です。 これらの方法で、こまめに触ってあげることで、警戒心が強いペキニーズは人に触られることに慣れていきます。 さらに、飼い主さんとのコミュニケーションもとることができ、信頼関係を築くきっかけにもなります。 最後に ペキニーズの体調管理のためにも、飼い主さんとの信頼関係を築くためにも、被毛ケアは大切です。 カットすることで、通気性があがり、熱中症対策になります。 ですが、可愛いからとむやみにカットをしたことで、ワンちゃんの命を危険にさらしてしまう場合もありますので、注意が必要です。 熱中症は人間と同じように命に関わることがあることを覚えておきましょう。 また、ブラッシングやシャンプーもペキニーズの体を清潔に保つために大切なことです。 ブラッシングは抜け毛対策にもなり、飼い主さんにもメリットがありますので、週1回は行ってあげると良いでしょう。 丁寧に行ってあげないと皮膚を傷つける恐れがありますので注意しましょう。 シャンプーを行う際は、専用のシャンプーで根元までしっかりと洗って、汚れを落としてあげましょう。 正しいケアをしてあげることが、ペキニーズとの長くて楽しいペットライフを送るポイントにもなります。 — おすすめ記事 —.

次の