パズドラ 多色 サブ。 【パズドラ】「転生ツクヨミ」オススメサブとパーティはコレよ!

【パズドラ】遊戯パのテンプレ解説&おすすめサブ一覧

パズドラ 多色 サブ

その目玉の内の1体が「」ですよね。 実装から時間が経った今でも唯一のスキルブースト6個持ち。 他に代用が効かないモンスターです。 ヴァレリアを入手した方は、ぜひみなさんの意見を参考にしてみてください! 今回紹介するのは「ヴァレリアの運用方法」についての質問です。 皆さんはどんな運用を考えているのでしょうか。 私は進化前について。 …まぁそもそも持っていませんが。 でも持っていないからこそその強さに憧れています。 進化前のスキブ6個はかなり魅力。 ウェルドールを凌ぎながら、超覚醒で追い討ちかガーブレを付けられるというとんでもない性能。 実はこの性能、ランダンで輝きます。 ランダンでは大量のスキブが必要なことが多いのですが、ウェルドールや天狗ではスキブが足らないことがあり、しかもスキブ以外何も持っていないので何かと不便なことが多いです。 その点ヴァレリアは追い討ち枠にもなり、追い討ちが必要なければガーブレで加点が狙えます。 ただ逆にスキブと超覚醒以外何もありませんからね…。 リーダーでも火力は魅力的ですが耐久に難あり。 ということで私からは、「進化前はランダンで大活躍、ただし通常の攻略にはあまり向いていない」ということでざっくりまとめておきます。 進化前のスキルブースト6個はやはり唯一無二。 特に、スキルブースト複数持ちとしてよく話題に上がる「」や「」と違うのは、超覚醒で「追加攻撃」か「ガードブレイク」が付けれることですね。 ランダンでギミック対策や加点が可能なため、いざという所に手が届くのは「ヴァレリア」の特権と言えるでしょう。 ちなみに、は進化後で「チームHP強化」4個持ちというこれはこれで唯一性を持った性能になります。 サブに編成するだけでHPを盛ることができる上「封印耐性」や「スキルブースト」という最低限の覚醒も持っているため、アタッカーにならない点に目を瞑れば普段使いのサブとして優秀ですよ。 高い倍率を持ったリーダー 場合によります。 進化前は比較的サブとして使いますが、それはリーダー格となるキャラが多く、被りがちだからです。 Ex:正月カミムスビ、衛宮士郎、遠坂凛、マドゥ 進化後はバルフレアや恐山アンナ、ジンオウガetcと被りはするものの、リーダーとして使われることもあります。 ただし回復力はかなり上げてくれます 自身の手持ちと相談して下さい。 自分は進化後をサブで使っています。 進化前「ヴァレリア」のは軽減と「20倍」の攻撃倍率を持った多色リーダー。 倍率自体は悪くはないのですが、火・光しか編成出来ないにも関わらず多色な点や、「バインド耐性」を持っていない点から他のリーダーに比べると使いづらい印象ですね。 「進化後ヴァレリア」のリーダースキルは最近よく見る「多色とコンボのハイブリッド」。 「22. 5」倍の攻撃倍率と「3倍」の回復倍率、おまけに覚醒でHPも増えるため比較的使いやすいリーダーになっています。 ただし、回答者さんのいう通り軽減を持たないため、フレンドは考える必要がありそうですね。 まとめ 「ヴァレリア」は進化前、進化後共に唯一性のある強力な1体です。 ぜひ自分の手持ちによって使い方を変えてみてください。 また「ダイヤドラゴンフルーツ」という貴重なモンスターこそ使うものの、進化前後でスキルレベルや超覚醒が変わるといったことはありません。

次の

【パズドラ】「転生ツクヨミ」オススメサブとパーティはコレよ!

パズドラ 多色 サブ

再生すると音が出るのでご注意ください。 遊戯パのテンプレ解説(テキスト) ここからはテキストによる解説! こちらに掲載しているテキストは「動画の内容を文字起こししたもの」になります。 文字で読みたい方はこちらをご参考下さい。 耐久力の高い「ハロウィンマドゥ」を相方にした編成です。 相方におすすめの理由としては、属性&リーダースキルがバッチリ噛み合うこと&遊戯にはない軽減が付くところ。 あとはマドゥのスキルですね。 遅延スキルはスキブの代わりになります。 なので マドゥを相方にするときは、とりあえず遅延スキルが使える「 17ターン」を目安にパーティを考えて頂いてOKです。 20ターンを想定した編成に比べると、だいぶ編成の自由度が高くなると思います。 それと、多少スキブが足りなくてもHP2倍と軽減付きのマドゥなら凌げる可能性が高いです。 そういったところもオススメの理由ですね。 編成したサブについて で、ここからは編成したサブをご紹介します。 まずは牙神幻十郎。 進化後のスキブ4個持ちもオススメですが、この編成では通常時のアタッカーとして進化前を採用しました。 (マリエル装備がないときは、超覚醒にバインド耐性、アシストにスキブ装備を継承して下さい) 続いてはハロウィンバステト。 指延長と操作時間短縮・回復減少ギミックの打消しとして難関ダンジョンでは編成優先度の高いモンスターです。 悪魔タイプなので、 遊戯パにも編成できますね。 アシストにはスキブと操作不可耐性付与のリナ装備を採用しました。 リナ装備には2ターンのヘイスト効果があります。 マドゥの遅延スキルと併用すれば、耐久不要で1階からの変身が可能です。 続いてはネルギガンテ。 役割はスキブ要員と、回復生成スキル、あとはドロップ強化による火力の底上げです。 超覚醒にはスキブプラスを付けて、ここでスキブを4個確保します。 アシストは自由ですが緊急時の回復手段として回復が生成できるものを選んでください。 この編成では三色陣+属性吸収無効化の闇セシル装備を採用しました。 続いては転生貂蝉。 マドゥ側のリーダースキル補正はかかりませんが、それでも役割の多さを考えると、貂蝉は編成する価値高めです。 主な役割としては…暗闇対策、ロックドロップ対策、覚醒無効対策、あとは操作時間短縮ギミックの上書きにも使えますね。 超覚醒にはバインド耐性をつけて、アシストは同系統の夜叉丸装備を採用しました。 これでバインド覚醒無効の全回復と消せないドロップ対策ができます。 夜叉丸装備がないときは、リヴァイ装備や清州リュウジ装備などのバインドと覚醒無効状態が全回復できるものを代用にして下さい。 リーダーのマドゥには、スキブと雲耐性付与のファガン装備を継承して、超覚醒と潜在覚醒で神と悪魔タイプへの特化性を高めます。 フレンドの遊戯には、スキブとお邪魔耐性付与の光シェリングフォードが継承されたものを選びます。 これでお邪魔耐性が5個になって、毒・暗闇・お邪魔に強い編成になります。 潜在にはドラゴンキラーを付けましたが、ここは自由に付け替えができるので周回するダンジョンに応じたもので構いません。 代用モンスターは? かなり編成難度が高いので、組めない方は上記からサブを選んでみて下さい。 遊戯に噛み合うモンスターを厳選しました。 名前を読み上げると、左上から砦を守る翼竜、闇バクラ、範馬勇次郎、ラジョア、闇マリク、転生ルミエル、極醒グレモリー、ハロウィンアルラウネ、ルオ、ブラックマジシャン、超転生アヌビス、ヴェロア、メリオダス、ロマノフ、ディスティルになります。 この編成では転生貂蝉をリーダーにして、ダンジョン潜入後にリーダーチェンジを行います。 リーダー候補になるのが、スキルターンの軽いハロウィンバステト。 リーダースキルも最大倍率15倍、HP1. バステトには現状最短でリーダーチェンジできるボン太くんを継承します。 持っていない方は、リィや、マッハ、オパチョ装備でも代用できますが、その場合雲耐性とスキブの確保が課題になります。 編成したサブについて 編成したサブについてみていくと、左から遊戯王コラボの「ブラックマジシャン」と「闇バクラ」、あとはラジョアを採用しました。 ブラックマジシャンはスキブ4個と3ターンの遅延スキルなので、実質スキブ7個持ちとして計算できます。 アシストには消せないドロップ対策としてフェノン装備を継承しました。 必須ではないので、持っていない方は好きなスキルを継承して頂いて大丈夫です。 次の闇バクラは…火力要員でスキブ3個と回復生成スキルが優秀です。 特に火力要員として強力で、通常時と無効貫通時のダメージソースになります。 アシストはバクラ装備を継承しましたが、なければ適当なバインド装備でも構いません。 デフォルトの覚醒スキルだけでも十分強いです。 続いてのラジョアは、スキブ要員、列消し火力の底上げ、バインド覚醒無効回復役として採用しました。 アシストには同系統のアンナ装備を付けて、ここで操作不可耐性を補います。 ちなみに、ラジョアは進化後のほうでもOKです。 この編成では火力に余裕があるため、HPと回復力の高い進化前を選びました。 ラジョアがいないときは、ハロウィンアルラウネもオススメです。 で、リーダーの貂蝉にはバインド耐性付与のセシル装備を継承して、ここで属性吸収対策を行います。 こんな感じで組めば、スキブを盛りつつギミックにも強い編成が出来あがります。 この編成だとスキブが18個ですね。 開幕にブラックマジシャンの遅延スキルを使えば、1フロア目から変身とリダチェンが可能です。 スペックがめちゃくちゃ高いので、組めるのであれば、こういった編成がいちばんオススメです。 まず、サブ端末側には「スキブ要員」のモンスターを敷き詰めます。 マドゥに継承したリーダーチェンジスキルを使うには、最短のボン太くんでも「35ターン」必要になります。 なので、スキブ35個を目安にして下さい。 (スキブの数が足りないときはヴァレリアや遅延スキル継承のウェルドールを採用して下さい) 遊戯の継承は自由ですが、今回はドロ強付与のネレ装備を採用しました。 ネレ装備はスキルも同系統の効果ですし、変換対象に毒が含まれないこともあってバクラとの同時編成にはオススメです。 で、メイン側については、さきほどご紹介した編成とほとんど同じ感じになっております。 ハロウィンアルラウネは バインド覚醒無効回復枠ですね。 ここはラジョアや極醒グレモリーでも大丈夫ですが、操作不可耐性のあるアルラウネを採用しました。 超覚醒が機能しないマルチプレイでも、サブ側が離脱すれば問題なく機能するようになります。 サブ端末側で部屋を作ってダンジョン潜入後に「諦める」を押せばすぐに離脱できます。 こういった自演マルチは、スキブを気にしなくていいのでパーティが非常に作り易いです。 例えばスキブ1個の「飛影」も採用しやすいですし、何ならもう一体変身タイプのモンスターをサブに入れることもできます。 ソロでは実用的ではないパーティでも、自演マルチなら運用できるというわけですね。 ただ…覚醒バッジが使えなかったり、1人プレイ専用ダンジョンでは通用しないのでそこだけご注意下さい。 遊戯パの組み方 パーティ紹介は以上になりますが、最後に遊戯パを組む上でのポイントをお話させて頂きます。 遊戯は進化前のリーダースキルが絶望的なので、スキブ重視の編成にしてなるべく早く変身したいリーダーです。 なので、ソロで運用するときは スキブを複数持つ悪魔タイプの編成優先度が高くなります。 悪魔タイプ自体は、闇属性には多くいますが、そこからスキブ要員の役割を持つモンスターになると限定されますね。 ちょっと判断が難しいと思うので、個人的に遊戯パに噛み合うと感じるスキブ要員をまとめました。 スキブを積むときは、このあたりのモンスターから選んでみて下さい。 スキブの数だけで考えると大変ですが、遅延スキルやヘイストスキルを併用すればかなり組みやすくなります。 例えば上のリストの中だと、ブラックマジシャンと、メリオダスが遅延スキル持ちで、ハロウィンアルラウネと砦を守る翼竜、バランシールアナザーがヘイストスキル持ちです。 転生ホルスはスキブ3個持ちですが、スキルが軽いので遅延やヘイストスキルの継承に使えます。 例えば火のシェリングフォード装備をホルスに継承すれば、スキブ付与と4ターンの遅延スキルのおかげで実質スキブ8個持ちになります。 こういった感じで、スキル・アシスト装備なども活用してスキブを積んでみて下さい。 まずは闇マドゥで組んでみて いろんな編成がありますが、通常盤面でやるなら最初にご紹介したハロウィンマドゥを相方に選ぶことをオススメします。 理由はマドゥの遅延スキルが使える「17ターン」を目安にできますし、あと、多少スキブが足りなくてもHP2倍と軽減付きのリーダーなので耐久しやすいためです。 ということで、よく分からない方はとりあえずハロウィンマドゥを相方にして考えて頂ければなと思います。

次の

【パズドラ】ルシアパーティーのテンプレサブ候補

パズドラ 多色 サブ

再生すると音が出るのでご注意ください。 多色パにおすすめのサブ一覧(文字) ここからはテキストによる解説! こちらに掲載しているテキストは「動画の内容を文字起こししたもの」になります。 文字で読みたい方はこちらをご参考下さい。 超覚醒には「雲」と「操作不可耐性」を持つサポート力の高いモンスターです。 最短2ターンで使えるスキルも便利で、落ち着いてパズルを組みたいときや、ロック対策、操作時間減少ギミックの打消しなどにも使えます。 スキルターンが軽いので、効果の強いスキルを継承しやすいのも利点ですね。 例えばダメージ吸収無効スキルや、覚醒無効回復スキルをアシストしてもよいでしょう。 潜在覚醒も最大8枠まで解放できますし、付けられる主要キラーや、アシストでの拡張性を考えると非常に柔軟性の高いモンスターと言えます。 タイプは神・悪魔・回復なので、編成できる人気リーダーは「ダイヤ」や「正月リーチェ」「アキネ」「アテン」「ルシア」などがいます。 属性面では「平子真子」や「闇マリク」にも編成可能です。 編成できるリーダー例ダイヤ、アキネ、アテン、正月リーチェ、平子真子、闇マリク、ルシア、アルジェ、ミキフレ、メノア、光メノア、キリト、転生ハオ ドットシェリアス 覚醒スキルにあるスキブ4個と、超覚醒の暗闇耐性+、あとは「効果が2ターン持続するダメージ吸収無効スキル」が特徴的です。 まず、効果が持続するダメージ吸収無効スキルはほとんどが「季節系」と「コラボ」と「フェス限」のモンスターになります。 なので、ガチャ限でのこのスキルはかなり希少価値が高いと思います。 スキブ4個は変身タイプのリーダーには嬉しいですね。 例えば「ダイヤ」や「アルジェ」「ファガンRAI」などにオススメです。 火力はコンボ強化2個と2種類のキラーがあるので、キラーが刺されば12倍以上の補正がかかります。 アタッカー性能を上げたいときは、超覚醒に「コンボ強化」をつけてもいいでしょう。 汎用的に8倍、キラーが刺されば24倍以上の補正になります。 ただ、基準となる攻撃力は控えめなので、アタッカーとしての過信は禁物です。 一応、他の難点にも触れておくと…まず覚醒スキルに「バインド耐性」と「封印耐性」がないところ。 あとは、スキルで回復が消えてしまったり、ターン数もスキルチャージなしの「25ターン」は回転率が悪いです。 一度きりの使用なら問題ありませんが、複数回必要となるダンジョンでは「スキル溜め」が大変になりそうですね。 このあたりを押さえれば、役割自体は「スキブ要員」「火力要員」「耐性+持ち」「ダメージ吸収対策」と多いので普通に使えます。 編成できるリーダー例 ダイヤ、アキネ、アテン、バレイデ、ファガンRAI、闇マリク、アルジェ、ミキフレ、メノア、光メノア、キリト、転生ハオ ドットロノウェ 最短3ターンで使える回復生成スキルが優秀です。 縦1列の位置変換なので「追加攻撃」との相性もバッチリですね。 例えば「ミキフレ」や「正月リーチェ」等の固定追い打ちがないリーダーには合います。 2ターンの目覚め効果は「毒の目覚め対策」として有効で、特に対策優先度の高い「異形の存在」や「列界の化身」では重宝します。 難点は、目覚め効果の影響でスキル使用後の2ターン、ドロップが欠損しやすくなることでしょうか。 なので、採用するときは「ミキフレ」のような欠損に強いリーダーがオススメです。 覚醒スキルはサポート寄りですね。 チームHP強化は最大HPの底上げ。 L字消し攻撃は「ロックドロップ」と「ロック目覚め」の解除に使えます。 弱点となるバインドは超覚醒で、火力は他のサブで補うようにしましょう。 編成できるリーダー例ミキフレ、正月リーチェ、ルシア、闇マリク、メノア、キリト 超転生スサノオノミコト 非常に役割の多いモンスターで、スキブ要員、暗闇耐性+持ち、HPタンク、ダメージ半減のスキル持ちとフェス限並みに優秀です。 スキブは覚醒スキルに3個。 スキルのヘイスト効果を入れれば実質4個持ちになるため、「ダイヤ」や「アルジェ」などの変身リーダーにもオススメです。 3ターンのダメージ半減スキルは汎用的に使えますね。 例えば強力な先制ダメージ対策や、強敵との殴り合い、発狂ダメージへの保険、スキルを溜めたいときのサポートなど使い道が豊富です。 覚醒スキルも豪華で、対策優先度の高い暗闇耐性+と、チームHP強化はひとつですが自身のステータスが高いこともあって「HPの底上げ」にはしっかりと貢献してくれます。 火力要因としては微妙ですね。 一応、超覚醒にコンボ強化を付けて潜在に同種のキラーを盛れば20倍以上の補正にはなりますが、敵のタイプに依存するためオススメはできません。 基本的には「チームHP強化」か「操作時間延長+」の超覚醒が良いと思います。 ダンジョンによっては「コンボ強化」もありと言った感じです。 属性は木だけなので、 色合わせには使いにくいです。 ただ、タイプに関しては「神」「ドラゴン」「バランス」といまの環境に刺さります。 神縛りのリーダーには「ダイヤ」や「アキネ」「アテン」がいますし、ドラゴン縛りにはファガンRAI、バランス縛りには「バレイデ」や「正月リーチェ」と人気リーダーが勢揃いです。 まとめると…スサノオは性能が高く、編成可能なリーダーも多いオススメのモンスターと言えます。 編成できるリーダー例ダイヤ、アキネ、アテン、バレイデ、ファガンRAI、正月リーチェ、アルジェ、ミキフレ、メノア、光メノア、キリト、転生ハオ 転生リュエル 単色向けのスキルですが、性能的には多色にも編成しやすいモンスターです。 おすすめのポイントは、超覚醒込でスキブ4個持ち。 それとメイン覚醒にある毒耐性+になります。 アタッカーとしても優秀で、条件を満たしたときの補正は約7. ただ…欠損やHP条件によって変動するため、火力の要となるアタッカーは別に編成するようにしましょう。 スキルはランダム生成なので欠損に繋がる可能性がありますね。 多色に編成する場合は、アシストで使いたいスキルを継承してカスタマイズしてください。 軽いスキルなので、アシスト元としてはオススメです。 一応、木が欠損しているときならベーススキルも使えます。 例えば、パーティに「アルジェ」や「メノア」などの木の火力要員がいれば、ベーススキルも活かしやすくなりますね。 ということで、リュエルは「スキブ要員」「毒耐性持ち」「アシストの自由枠」として編成ありです。 特にスキブが必要となる変身リーダーにはオススメです。 超転生ラファエル バランスのよい覚醒スキルと、列界に刺さるガードブレイクを持ったモンスターです。 ダメージ無効化のスキルも便利ですね。 これは回復欠損時や、発狂ダメージへの保険、1ターンのスキル溜めなどにも使えます。 3ターンの自動回復は「強敵との殴り合い」や「消せないドロップ対策」「回復なしの制限ダンジョン」などで有効です。 簡単なダンジョンだと使わずにクリアしてしまうことの多いスキルですが、難関ダンジョンでは使いどころが多くなります。 超覚醒は「指」「雲」「操作不可」「コンボ強化」「ダンジョンボーナス」の5種類。 基本はコンボ強化を付けて、汎用的に「8倍」で攻撃できるアタッカーにするのがよいでしょう。 操作時間が不安な方は指+、雲と操作不可は編成上耐性を積むのが難しいときにお選びください。 ダンジョンボーナスは攻略向けの覚醒スキルではないので無視しても構いません。 タイプに関しては、神タイプ持ちなので「ダイヤ」や「アキネ」「アテン」のサブに。 属性は光と火なので「平子真子」や「闇マリク」にも編成できます。 編成できるリーダー例ダイヤ、アキネ、アテン、平子真子、闇マリク、アルジェ、ミキフレ、メノア、光メノア、キリト、転生ハオ 転生貂蝉 属性埋めには不向きですが、それでも役割の多い人気モンスターです。 貂蝉のよいところは超覚醒込みでスキブ4個持ち、暗闇耐性+持ち、ロック対策になるL字消し攻撃、あとは軽いスキルですね。 覚醒スキルは、 とにかく耐性系が豪華です。 火力の補正はL字消しで3. 375倍ですが、基準となる攻撃力が低いのと、パズルの自由度が下がるという意味で火力要員としては考えなくて良いと思います。 L字消しは、基本ロックドロップやロック目覚めを解除したいときに組みましょう。 もし「アルジェ」や「メノア」などのL字消しリーダーに入れるなら、自然とパズルの消し方がハマるので、そういうときはちょっとした火力の足しにはなりそうです。 スキルは最短2ターンで使える、指延長と覚醒無効の回復スキルですね。 軽いのでアシストのベースにしてもいいですし、パズルの安定やギミック対策としてベーススキルをそのまま使っても問題ありません。 難点は超覚醒をスキブにした場合、 バインドに弱くなるところです。 スキブにするときは、できればバインド耐性付与の装備を継承してください。 例えば「神威装備」や「アキネ装備」「カグヤ装備」などがオススメです。 それと、貂蝉は編成できる人気リーダーが多いところもポイントです。 属性は光だけですが、タイプは「ドラゴン」「悪魔」「神」とアツいので、例えば「ダイヤ」や「バレンタインイデアル」「正月リーチェ」「ルシア」などに編成できます。 編成できるリーダー例ダイヤ、アキネ、アテン、バレイデ、ファガンRAI、正月リーチェ、ルシア、平子真子、アルジェ、メノア、光メノア、キリト、転生ハオ 超転生インドラ 2ターンの激減スキルと、超覚醒込みでスキブ4個持ち、メイン覚醒に毒耐性+持ちとコチラもハイスペックなモンスターです。 まず、スキブ要員として優秀で、超覚醒とスキルにあるヘイスト効果を入れれば実質スキブ5個持ち。 さらにスキル使用後は2ターンの激減がかかります。 つまり「スキル溜め」がしやすい状態になるので考え方によっては「スキブ7個持ち」のようなモンスターです。 火力の補正は4個消しで約5倍。 コンボ強化3個持ちに比べると劣りますが、そこそこ貢献してくれます。 火力が必要なときは4個消しを入れましょう。 スキルは使い道が多くて、特に難関ダンジョンでは回復力減少の打ち消しや、強敵との殴り合い、先制ダメージ対策といった複数の用途で使えます。 裏の列界では、リーダースキル軽減が機能しないマイネからのクロネの先制ダメージ対策として使われたりもします。 編成できるリーダー例ダイヤ、アキネ、アテン、バレイデ、ファガンRAI、平子真子、アルジェ、ミキフレ、メノア、光メノア、キリト、転生ハオ 超転生ヴィーナス ヴィーナスの強みは、覚醒スキルのバランスが良いところと、しっかりと火力が出せるところ、あとは回復力が高いところです。 火力の補正は超覚醒をコンボ強化にすれば、7コンボ以上で8倍。 L字消し込みなら「18倍」もの攻撃力になります。 かなりのダメージになるので、火力が必要な場面では積極的に「L字消し」を入れて組んでみて下さい。 スキルは3ターン毎に使える操作時間延長が便利です。 操作時間減少ギミックの上書きに使えますし、スキルターンが軽いので好きなスキルの継承元にもいいですね。 超覚醒は「コンボ強化」「操+」「L字消し攻撃」「操作不可耐性」「ダンジョンボーナス」の5種類。 おすすめはコンボ強化で、それ以外だと「指+」か「操作不可耐性」が良いでしょう。 ダンジョンボーナスは攻略向きではないのと、L字は、既にメイン覚醒にあるので基本的には必要ありません。 編成できるリーダー例ダイヤ、アキネ、アテン、平子真子、アルジェ、ミキフレ、メノア、光メノア、キリト、転生ハオ 転生アリエル 新天使シリーズのモンスターで、性能はさきほどご紹介した転生リュエルに似ています。 主な役割は、超覚醒込みでスキブ4個と、お邪魔耐性+、火力要員の3つです。 スキルは単色パーティ向けですね。 基本的には使いたいスキルを継承して、ベーススキルは「光が欠損したとき」や「ロックを解除したいとき」に使う感じでしょうか。 火力の補正は二体攻撃5個持ちなので、4個消しで約7. リュエルと違ってHP制限が入らない分安定感のあるアタッカーとして運用できます。 編成できるリーダーには「アキネ」や「アテン」「平子真子」などがいますが、できればスキブ要員として輝く「ダイヤ」や「アルジェ」などの変身リーダーがよいでしょう。 編成できるリーダー例ダイヤ、アキネ、アテン、平子真子、アルジェ、ミキフレ、メノア、光メノア、キリト、転生ハオ 超転生アマテラス アマテラスの最大の強みは回復力です。 回復ドロップ強化3個持ちなので、自身にかかる補正は回復の4個消しで3. 375倍。 基準となるステータスの高さも相まって、驚異的な回復量になります。 あとは、スキルのヘイスト効果込みで実質スキブ3個持ち。 超覚醒には「雲」や「操作不可」などの耐性系も充実しています。 パズルが苦手な方は超覚醒に「指+」を選んでもOKです。 スキルは覚醒無効回復ですが、回復ターンが中途半端なのは難点です。 覚醒無効回復枠として運用するなら、できれば全回復のものをアシストして運用しましょう。 火力については、ダメージアップに繋がるものは何もありません。 アマテラスはサポート特化のキャラなので、火力は他で補うようにして下さい。 編成できるリーダー例ダイヤ、アキネ、アテン、平子真子、アルジェ、メノア、光メノア、キリト、転生ハオ 超転生ツクヨミ ツクヨミの特徴は、操作時間をガッツリ伸ばせるところです。 メイン覚醒で3秒、もっと欲しい方は超覚醒でさらに1秒伸ばすことができます。 パズルが苦手な方や、メノアのようなパズル縛りが入るリーダーではオススメです。 あとは「覚醒無効」と「操作時間減少」を返せるスキルと、超覚醒にある「お邪魔耐性+」も魅力ですね。 火力の補正はコンボ強化2個なので、7コンボ以上で4倍。 強くはありませんが、全種類の潜在キラーに対応していることと、付けられる潜在覚醒の数が多いのは強みです。 柔軟性が高いので、ダンジョンによっては火力要員としても活躍できることでしょう。 難点はスキブの数ですね。 1個しかないので、スキブが重要になる変身リーダーでは採用しにくいです。 あとは、操作時間延長が活かせないミキフレのような操作時間固定リーダーでも編成優先度は下がります。 編成できるリーダー例アキネ、アテン、バレイデ、正月リーチェ、闇マリク、メノア、光メノア、キリト、転生ハオ 転生ルミエル リュエルやアリエルと同じシリーズのモンスターです。 ルミエルの良いところは、超覚醒込みでスキブが4個、それとメイン覚醒にある暗闇耐性+です。 あとは、スキルが4色陣なので「リュエル」や「アリエル」と違って多色向けになっています。 ダメージ半減もついて、そのままでも使えるのはいいですね。 ただ、回復が生成されなかったり、4色なので「ガードブレイク」や「スキルチャージ」との相性が悪かったり、噛み合うリーダーにも多少制限が入る難点はあります。 例えば、補助効果に5色必要な「闇マリク」や「転生ハオ」には相性が悪くなります。 他にも、光がダメージソースになりやすい「正月リーチェ」にも若干噛み合いが悪くなると感じます。 なので、ベーススキルを使うときは、タイミングを間違えないように注意して下さい。 火力の補正は4個消しで1. 取るに足らない倍率なのでこれは無視しても大丈夫です。 ダメージ無効貫通も多色では活かしにくいですね。 ボス対策というよりかは、ダメージ無効を張る雑魚敵用といった感じでしょうか。 火力要員としての役割はほとんど持てないので、基本的には「スキブ要員」と「暗闇対策」として採用するのが良いと思います。 悪魔タイプ持ちなので、ルシアのサブにはオススメです。

次の