群馬 コロナ 感染。 [THIS IS MY CLUB]群馬・舩津徹也「コロナ感染のサッカー選手として、 僕が最初にピッチへ戻る」/奈良知彦社長「私たちは地域とともに歩む県民クラブ」 « サッカー専門新聞ELGOLAZO web版 BLOGOLA

館林市

群馬 コロナ 感染

群馬県は15日、県内で14日に新型コロナウイルスへの感染が確認された6人のうち、年齢や居住地などを調査中としていた感染者について、交通事故の負傷をきっかけに感染が判明した20代男性だったと発表した。 搬送先の病院で確認されたといい、県は職業や住所を引き続き調べている。 群馬県警伊勢崎署は、感染の可能性があるとして事故の対応に当たった男性署員6人を自宅待機にした。 署によると、感染が判明した男性は14日午後3時50分ごろ、玉村町下新田の県道を横断中、巡回中だった20代の巡査を見て逃げようとし、車にはねられたという。 巡査は救急車に同乗し、診察後には応援に駆けつけた30~40代の署員4人を加えた計5人で男性に事情を聴いた。 男性がはねられる直前に乗っていたとみられる車が現場付近で自損事故を起こしており、30代の巡査部長が車内を調べていたという。 その後の病院での検査で男性の感染がわかったため、署員6人は14日中に保健所へ相談。 巡査は14日間の自宅待機、他の5人も数日間の自宅待機を保健所から指導された。 6人はいずれも事故対応後は署内に立ち入っておらず、男性の車は感染防止対策を講じた上で署内に保管しているという。 吉井仁副署長は「署内での感染の心配はなく、用件のある方は安心して来てほしい」と話した。 (中村瞬).

次の

群馬コロナウイルスの受け入れ病院はどこ?感染経路や感染者の職種などについても

群馬 コロナ 感染

スポンサーリンク 新型コロナウイルスの感染拡大が騒がれていますね。 横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」でもついに下船が始まりました。 ウイルス検査が陰性だった人から順に下船をしているようですが、陽性だった人は順次さまざまな医療機関に運ばれ、治療を受けられています。 その中でも 群馬県の指定医療機関にも20名の陽性患者を受け入れたという報道が! どこの病院に運ばれたのか気になりますよね。 感染予防のためにも、どこに危険があるのか知っておくのは大切なことだと思います。 そこで今回は、 「群馬県 コロナウイルス感染者の病院はどこ?指定医療機関を調査!」と題して、 クルーズ船でコロナウイルスの陽性反応が出た患者を受け入れた病院(指定医療機関)を調査していきたいと思います。 感染症指定医療機関とは 感染症の危険性が高く、専門的に特別な治療が必要な患者を受け入れる医療機関です。 第一種感染症指定医療機関・第二種感染症指定医療機関があります。 各都道府県にこのような感染症指定医療機関が存在しています。 群馬県にも複数存在していますので、それぞれに感染患者が運ばれたのだと思われます。 具体的に病院がどこにあるのかみてみましょう。 群馬県の感染症指定医療機関は? 受け入れた病院は12ヶ所ということですので、 1医療機関に1〜2名受け入れたということになりますね。 もしかしたら自分の住んでいる地域にある病院かもしれません。 どこに病院があるのか場所を確認してみましょう。 さらに感染が拡大しないように、お近くに住んでいる方は感染の予防など対策をしっかりと行いたいですね。 群馬県 コロナウイルス感染患者受け入れへの口コミ 群馬県へのコロナウイルス感染患者受け入れについて、SNSでは様々な意見が見受けられます。 群馬でも受け入れしてるらしいからあそこの病院も受け入れてるのねーと思った、まあかかりつけの病院じゃないからいいけど。 まあそのうち感染者近くに出るなきっと。 — ごーるでんあっぷる ooyOCUuTOLhRT7D 以前に群馬県や他県でもコロナウイルス感染者を各病院で受け入れがあった。 が、先程のニュースでその病院で働く方によると、感染対策管理に疑念を抱かざるを得ないという訴えの内容だった。 事前に計画的厳重体制を敷いてるかと思ってたよ。 地元民にとってはすぐ近くに感染の危険があるのではないかと不安になりますよね。 出来るだけ感染の危険がある場所には近づかないことや、自分でできる予防と対策をしっかりとすることが必要になりそうです。

次の

群馬県 新型コロナ関連情報

群馬 コロナ 感染

群馬県大泉町の診療所「ましも内科・胃腸科」の看護師や医師らの新型コロナウイルス感染を受け、厚生労働省の専門家チーム「クラスター対策班」が18日、感染経路の解明などに乗り出した。 診療所をめぐっては、70代男性運転手(大泉町)、50代女性職員(太田市)、50代女性患者(大泉町)の感染が17日、新たに判明。 感染者は7人となった。 県によると、男性運転手は15日から37度台の発熱があり16日に肺炎と診断された。 女性職員も12日に同様の発熱症状が出た後、16日に肺炎と診断。 いずれも17日の検査で陽性が判明し、容体は安定している。 女性患者は診療所で診察を受けた後、発熱症状が出た。 17日の検査で陽性と分かり、軽症で入院している。 県が把握している診療所関係の濃厚接触者は重複を除いて計79人。 引き続き健康観察を行うとともに外出自粛を要請する。 診療所とは別に、県内初の陽性例となった太田市の40代女性保育士の70代の父親の感染も17日に判明。 濃厚接触者として受けた2回の検査では陰性だったが、肺炎などの症状が改善せず、3回目の検査で陽性となったという。

次の