鬼滅の刃200。 鬼滅の刃200話ネタバレと感想 【勝利の代償】

鬼滅の刃 201話最新ネタバレ速報 炭治郎まさかの鬼化

鬼滅の刃200

これまでのあらすじ 禰豆子を人間に戻すべく、その鍵を握る鬼舞辻無惨を討伐するため鬼殺隊へと入ることになる竈門炭治郎。 数々の鬼との戦いを経て成長し、ついに無惨の本拠地である無限城へと討ち入りすることになる。 数々の犠牲を払い、上弦の壱である黒死牟や、因縁の相手である上弦の参・猗窩座も打ち破り、残すは親玉である鬼舞辻無惨のみ。 しかし、追い詰めたはずの無惨は、以前にも増して強大な存在となっていた。 禰豆子が炭治郎の元へと向かっているが、柱や善逸、伊之助は全滅させられてしまう。 無惨と対峙している鬼殺隊士は、残るは炭治郎のみ。 十二鬼月をすべて討滅し、すべての元凶である鬼舞辻無惨と対峙しているのは現在となります。 伏線がほとんど残されていない 存在が確認されていなかった「善逸・伊之助・カナヲ」については、姿を隠して戦いに参戦しているのが判明し、愈史郎も生存確認。 鬼舞辻無惨についても、珠世としのぶの調合した薬を投与され、徐々に弱体化が始まっています。 物語の鍵となる、大きな伏線はほとんど残っていない状況になります。 他に残っている伏線 ・青い彼岸花はどこにあるのか ・禰豆子はいつ到着するのか ・13個目のヒノカミ神楽は発動できるのか ・炭治郎は人間の姿に戻れるのか 上記が、物語でまだ触れられていない要素になります。 すでに無惨との戦いが最終局面に入っていることを考えると、炭治郎がヒノカミ神楽を舞いきることができるかどうかは、ほとんど確定しています。 また禰豆子も、もうじき到着しそうな気配があります。 あと数話で最終回を迎えてしまいそう ・無惨が逃げる可能性 ・新たな鬼の登場 ・第2章のスタート といった展開も考えられますが、少なくとも 現在の最終決戦についてはあと数話で終わってしまいそうです。 また、無惨が逃げるかどうかについては、珠世の薬で「9,000年以上老化してしまっている」ことから、逃げる可能性は低いと考えられます。 いくら無限の命がある鬼とはいえ、 髪の色が戻らなかったりと老化の影響が出ているため、逃げても結局弱体化して破滅の道しか残されていません。 無惨としても、 今夜中に鬼狩りを全滅させると言っていることから、逃亡する可能性は限りなく低いでしょう。 鬼滅の刃が完結したらどうなる? 次の章が始まる可能性はある 200話くらいで終わってしまいそうな気配のある鬼滅の刃ですが、最終回を迎えて完結したらもう終わりなのでしょうか? 現時点ではなんとも言えませんが、「BORUTO」のように子孫たちの物語が始まる可能性はあります。 ただ、無惨を倒すとすべての鬼が滅んでしまうということから、同じ時代での次章ではなく例えば 「現代編」といった感じで世代を大きく超えることになるのではないでしょうか。 新連載が始まる可能性が高い 鬼滅の刃の作者である「吾峠呼世晴」先生ですが、短編集のクオリティも非常に高く、引き込まれる作品になっています。 そのため、鬼滅の刃は引き伸ばしを一切せずに綺麗に完結させて、次の新連載に取り掛かる可能性もあります。 ヒットメーカーの吾峠呼世晴先生のことですから、鬼滅の刃と同じくらい、あるいはそれ以上の人気が出る新連載を生み出してくれると思います。 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

次の

鬼滅の刃 201話最新ネタバレ速報 炭治郎まさかの鬼化

鬼滅の刃200

鬼滅の刃200話のネタバレ ついに無惨を撃破 日の出まで戦い続けたことで、ついには日の光に焼かれて消滅していった。 無惨の討伐に鬼殺隊員は大いに喜ぶが、まずは負傷している人間の手当を急ぐ。 あまりにも大きすぎる犠牲 鬼殺隊最大の敵である無惨を倒すことはできたが、その犠牲はあまりにも大きかった。 まずは。 悲鳴嶼は無惨との戦いで負った傷が致命傷となっており、かつての教え子たちに囲まれながら死んでいった。 とにも限界がきていた。 伊黒と甘露寺は初めて出会った時のことを思い出す。 「甘露寺のおかげで救われた」と伝えた伊黒に対し、甘露寺も伊黒に「好き」という想いを伝えていく。 そして、また人間に生まれ変わった際にはお嫁にすることを甘露寺に誓う。 も死の淵をさまよっていた。 たち他の家族は天国に向かっていたが、母親の志津は自分の子を手に掛けてしまったことで地獄に向かおうとしていた。 実弥は志津と共に地獄を歩こうとしたが、そこに父親が現れ、実弥の手を離し志津を奪っていく。 実弥はまだ死ぬ時ではないようで、現実世界で目を覚ます。 竈門炭治郎も息が絶えていた。 すでに息がなく、脈もなかった。 そして、も炭治郎の元に駆けつけていく。

次の

「鬼滅の刃」200話ネタバレ・・・おばみつに涙・・・そして炭治郎について語りたい!【北海道でもジャンプは売ってます】

鬼滅の刃200

悲鳴嶼(ひめじま)が死亡 太陽の光を浴び、体か崩れていく無惨。 無惨の体が完全に消滅し、無惨との長い戦いに決着がつきます。 泣きながら抱き合って喜ぶ鬼殺隊の隊員たち。 お館様も涙を流し、その場に倒れ込みます。 煉獄の父・槇寿郎(しんじゅろう)はお館様を抱きかかえます。 自分のことよりも、怪我人の手当てをとお館様は言います。 隠たちは、まだ終わりじゃない!立て!怪我人の手当てだ!急いで救護に回れ!と叫びます。 悲鳴嶼(ひめじま)の手当てをする隠と鬼殺隊隊員たち。 悲鳴嶼は、自分はもう手遅れで、貴重な薬をドブに捨てることになる、他の若者たちのところへ行ってくれと言います。 意識が無くなっていく中、悲鳴嶼は子供たちのことを思い出します。 子供たちは悲鳴嶼に語りかけます。 先生、あの日のことを私達ずっと謝りたかったの。 先生を傷つけたよね? でも、俺たち逃げようとしたんじゃないんだよ。 先生は目が見えないから守らなきゃと思って、武器を取りに行こうとしたんだ、外に農具があったから。 私は人を呼びに行こうとしたの。 獪岳(かいがく)を追い出したこともごめんなさい、だけど理由があるの、嘘じゃないよ。 いつも通りまた明日が来れば、ちゃんと話もできたのに、本当にごめんなさい。 泣きながら話す子供たちに、悲鳴嶼は、そうだ、明日させ来ていたらと考えます。 悲鳴嶼は、自分の方こそお前達を守ってやれず申し訳ないと謝り、子供たちは、謝らないで、みんな先生が大好きだよと言い、悲鳴嶼に抱きつきます。 そして子供たちは、ずっと待ってたのと言い、悲鳴嶼も「じゃあ行こう、皆で」と答え、そのまま死亡します。 悲鳴嶼の周りにいる隠や鬼殺隊隊員たちは涙を流し悲しみます。 結婚を約束する伊黒と甘露寺 目を覚ました甘露寺(かんろじ) 目の前には伊黒の鏑丸(かぶらまる)が。 自分が伊黒に抱きかかえられていることに気づき、無惨に勝てたかを伊黒に聞く甘露寺。 伊黒は、無惨が死んで勝ったことを伝えます。 体が全然痛くないことから、もうすぐ自分が死ぬことを伝える甘露寺。 伊黒も、自分もすぐ死ぬだろうから、君は独りじゃないと甘露寺に言います。 甘露寺は、伊黒さんには死んで欲しくないと言い、涙を流します。 さらに、自分があまり役に立てなかったことを謝りますが、そんなことはないと伊黒。 頼むから、そんな風に言わないでくれと言います。 伊黒は甘露寺に、初めて会った日のことを覚えているか聞きます。 甘露寺は、お館様のお屋敷で迷ってた私を助けてくれたと言いますが、違う、逆だと伊黒は答えます。 あの日会った君が、あまりにも普通の女の子だったから、俺は救われたんだと伊黒。 伊黒は言います。 ささいなことではしゃいで、鈴を転がすように笑い、柱になるまで苦しい試練もあっただろうに、それを少しも感じさせない。 君と話しているととても楽しい、まるで自分も普通の青年になれたようで幸せだった。 他の皆もきっと同じだったよ。 底抜けに明るく優しい君は、たくさんの人の心をも救済してる、胸を張れ、俺が誰にも文句は言わせない。 伊黒にそう言われ、大泣きする甘露寺。 甘露寺は伊黒が好きだと伝えます。 伊黒さんと食べるご飯が一番美味しいの、だって伊黒さん、すごく優しい目で私のこと見ててくれるんだもん。 甘露寺は伊黒にお願いします。 生まれ変われたら、また人間に生まれ変われたら、私のこと、お嫁さんにしてくれる? 伊黒は泣きながら甘露寺を抱きしめて答えます。 勿論だ、君が俺でいいと言ってくれるなら、絶対に君を幸せにする、今度こそ死なせない、必ず守る。 生き残る実弥(さねみ) 実弥(さねみ)は真っ暗な夢の中ので、玄弥(げんや)と他の兄弟の姿を見ます。 母親もそこにいるのに、なぜ皆のところへ行かないのか聞き、自分はそちらへは行けないと母親は答えます。 実弥は母親の手首を握り、一緒に行こう!と言いますが、我が子を手にかけて天国へは行けないと母親。 じゃ俺はお袋と行くよと実弥は言います。 自分が早く行ったら玄弥が悲しむだろうし。 母親に、背負って地獄を歩くよと言う実弥ですが、突然、実弥の手首を握る男が。 その男は実弥の父親でした。 父親は、志津(しづ)は俺と来るんだと言い、実弥を突き飛ばします。 お袋を放せ!クソ親父!と叫ぶ実弥ですが、父親は、お前はまだ、あっちにもこっちにも来れないと言います。 俺の息子だってことに感謝しろ、特別頑丈だと父親。 意識が戻った実弥は「くそが・・・」と呟きます。 炭治郎が死んだ!? 伊之助、善逸も手当てを受け、一命をとりとめます。 むしろ二人はまだ元気なほうです。 とりあえず手当てをと、隠は義勇を説得しますが、義勇は炭治郎を見つけます。 そこには、左腕を失い、折れた日輪刀を右手で握りしめ、正座の姿勢で動かない炭治郎が。 隠は、炭治郎が息をしておらず、脈もないと涙を流します。 炭治郎の笑顔を思い出し、涙を流す義勇。 義勇は炭治郎に近づき、炭治郎の右手に自分の手を添え、また守れなかったと涙を流します。 義勇は泣きながら言います。 俺は人に守られてばかりだ、許してくれ、すまない、禰豆子(ねずこ)、すまない・・・。 隠に誘導され、涙を流しながら炭治郎のもとへ走る禰豆子。 鬼滅の刃のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!? 鬼滅の刃のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 (マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上) U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントで鬼滅の刃の最新刊を 1冊無料で読むことができます。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 鬼滅の刃200話の感想 太陽を浴びて無惨が死亡。 無惨との戦いに遂に決着がつきましたが、多くの柱達が死にました。 しかも、炭治郎も死んでしまったようですが、本当に死んだのでしょうか。 無惨との戦いの中でも炭治郎は何度も生死をさまよいました。 実際、二回くらい死んだと思いましたが、なんとか復活した炭治郎、今回はどうなのでしょう。 人間に戻った禰豆子が向かっていますが、このまま本当に死んでしまうのか気になりますね。 多くの犠牲を出した無惨との戦い。 無惨を倒した今、今後の展開に注目です。 展開というか、鬼滅の刃が終わってしまうのか、そっちのほうが気になって仕方がないです。 鬼滅の刃201話のネタバレはコチラになります。

次の