ゼルダ 姫。 ゼルダとは (ゼルダとは) [単語記事]

ゼルダの伝説 歴代ゼルダ姫一覧wwwwwwwww

ゼルダ 姫

ゼルダ姫の生い立ち ここでは、 ゼルダ姫の『誕生~ガノン復活』までの、生い立ちを時系列順に解説していきます。 おもにゼルダ姫がどのような環境で育ち、成長してきたのかがわかるかと思います。 ハイラル王国の王女として生まれる 厄災ガノンによりハイラル王国が滅亡させられる100年と少し前。 ハイラル王国に王女が生まれました。 これがゼルダ姫の誕生です。 ゼルダ姫6歳 母である王妃が亡くなる ゼルダ姫が6歳の頃、母である王妃が亡くなりました。 まだ甘えたい盛りのゼルダ姫にとって、とてもつらい出来事でしたが、葬儀中や父と二人でいる時には決して涙を見せませんでした。 この頃からゼルダ姫の芯の強さや気丈な振る舞いが見て取れます。 ゼルダ姫は幼いころから『気高く、つねに国民の模範たれ』と教えこまれているため、健気にその教えを守り続けています。 翌年 7歳から王の命により修行を開始 母の死から約1年後、7歳という幼さで『封印の力』を得るための修行を開始しました。 封印の力は、王家の姫が代々持つという、厄災ガノンを封印するための力です。 母であり、最大の『師』でもあった王妃からは封印の力について何一つ教えてもらっていないゼルダ姫は、独学で修行を行いました。 修行の傍ら 古代の遺物研究を始める ゼルダ姫は修行の傍ら、シーカー族が作ったという古代の遺物の研究を始めます。 もともとゼルダ姫には学者の素質があったらしく、何をするのが正解かわからない『封印の力』の修行に対して、遺物研究では多くの成果を上げていきます。 神獣やガーディアンを研究し、ついには起動させる方法や操る方法を発見しました。 父ハイラル王から遺物研究を禁じられる 修行と遺物研究をこなす日々が続いていましたがある日、『封印の力』を得ることができていない為、父であるハイラル王に、一切の遺物研究を禁止され、修行に励むようにと、『王』として命令されました。 ゼルダ姫は周囲から『できそこないの姫』『役目を果たせない姫』などと陰口をたたかれていたようです。 なのでハイラル王は、父として『ゼルダの好きなようにさせたい』という気持ちと、王として『兵や民衆に不平不満を抱かせず統治しなければいけない』という葛藤の中、ゼルダ姫に命を下したわけです。 最後の希望である『ラネール山 知恵の泉』での禊 ゼルダ姫は17歳の誕生日を迎え、封印の力を得るための最後の希望である、ラネール山の知恵の泉で禊を行いました。 しかし封印の力を得ることができず、その帰り道に厄災ガノンが復活してしまいます。 ハイラル王国滅亡 復活した厄災ガノンに神獣とガーディアンが乗っ取られ、ダルケル、リーバル、ウルボザ、ミファーやハイラルの民が死亡。 そしてハイラル王国は滅亡します。 ゼルダ姫は、リンクと残された民とともにハテノ砦まで逃げ延びます。 そしてゼルダ姫や生き残った民を助けるために、リンクが命を懸けてガーディアンと闘います。 しかしついにはリンクまでもが力尽き倒れてしまいました。 そんなリンクや民を守るために、ゼルダ姫がガーディアンに立ち向かった時、封印の力が覚醒します。 100年間ガノンの力を封じ続ける ゼルダ姫は封印の力の覚醒後、リンクを回生の祠に運ばせ、退魔の剣をコログの森で回復させます。 そして復活した厄災ガノンの力を、自らの体と共に100年間抑え込みます。 リンクの回復を信じて…… ここまではゲーム開始時、以前に起きた出来事です。 プレイヤーはこれらの事情を一切知らない状態でプレイを開始し、世界中に散らばる記憶と記録をひとつひとつ集めて、ハイラル史を紐解いていくわけですね。 リンクとの関係性 ここでは主人公リンクとの関係性を語っていきます。 出会ったばかりの頃はリンクに懐疑心を抱いていたゼルダ姫が、様々な出来事を通じ、段々とリンクと打ち解けていく様子をみていきましょう。 才能あふれるリンク と 凡庸なゼルダ姫 ゼルダ姫の御付きの騎士(護衛)としてリンクが任命されます。 リンクは幼いころから類稀な才能を発揮していたので、ハイラル王に選ばれました。 その時のリンクの第一印象をゼルダ姫は日記にこう綴っています。 「無口で何を考えているかわからない」 「才能のない私を蔑んでいるのかも」 このことから察するに、出会った当初はリンクのことをあまり好意的に思っていなかったようですね。 なぜなら、リンクは天才騎士と言われていたので、『封印の力』を得ることができないゼルダ姫自身のひ弱さや無力感が強調されてしまったからだと思います。 光の存在が強ければ強いだけ、陰はより濃くなっていきますから、ゼルダ姫にとってリンクは、それはもうけむたい存在だったことでしょう。 天才が隣にいたら、誰だって自分自身の不甲斐なさに気づかされますよね…… リンクを煙たがるゼルダ姫 ゼルダ姫は、どこへ行くにしても付いてくるリンクを煙たがります。 「無口だし表情もあまり変わらないので何を考えているかわからない」と日記でも漏らしています。 イーガ団の襲撃を経て考えが変わる ある時、ゼルダ姫はイーガ団に襲われ、危うく命を落としかけた。 その時に駆け付けたのが他でもないリンクでした。 このイーガ団襲撃後からゼルダ姫は段々とリンクに信頼を寄せていきます。 いままで自分から避けてきたリンクに興味を持ち、積極的にリンクを知ろうと行動し始めるのです。 これが世にいう 吊り橋効果 というやつです。 ゼルダ姫とリンクの共通点 ゼルダ姫は、天才騎士と言われるリンクの内面を知り、意外にも自分や一般人との共通点が多いことに気が付きました。 「幼いころから剣技に秀でていた為に周囲からのやっかみが酷かった」 「騎士たるものいついかなる時も 模範になるよう心を乱してはいけないと教え込まれ 次第に感情を表に出すことがなくなった」 リンクは語らなかっただけで、人一倍苦労をして生きてきたということがわかり、ゼルダ姫のリンクに対する思いは、信頼から好意へと変わっていきました。 ゼルダ姫は、リンクを自らのコンプレックスの象徴としていたのですが、その感情は消え去り、互いを支え合う関係へと次第に変化しました。 このような過程をへてゼルダ姫とリンクの信頼は強まっていったわけです。 厄災ガノン復活の絶望感 ここでは、厄災ガノンが復活した後、なすすべがなく、逃げるしかなかった ゼルダ姫の絶望感を味わっていただきます。 実は、厄災ガノン復活は、ゼルダ姫のアイデンティティをすべて打ち壊してしまう、とんでもない出来事だったのです。 ラネール山での修行後 厄災ガノン復活 17歳になったゼルダ姫は、最後の希望を胸にラネール山の修行に向かいます。 しかし結果は思わしくなく『封印の力』は目覚めませんでした。 そしてあろうことかこのタイミングで厄災ガノンが復活してしまいます。 仲間たちは厄災ガノンに対抗するべく、神獣の元へ向かいます。 そんな中ゼルダ姫は自分も何か力になりたいと、ガノンが現れたハイラル王国へと向かいます。 本来なら、封印の力を得ることができなかったゼルダ姫は、厄災ガノンからより遠くに逃げることが優先されるのですが、芯が強く気丈な性格であるため、危険を顧みずに戦いへと挑むわけです。 しかし、そんなゼルダ姫を待ち受けていたのは、想像を絶する絶望でした。 今までの『行い』すべてが重くのしかかる 辛く苦しい修行の合間に研究を行い、やっとのことで起動に成功した『四神獣』と『ガーディアン』が厄災ガノンに乗っ取られてしまいます。 そしてそれらのからくり兵器達は、ハイラル王国、ハイラルの民、仲間、家族のすべてをゼルダ姫から奪い去ります。 この時、力を持たないゼルダ姫は逃げるしかありませんでした。 封印の力を得られず、力を注いだ遺物研究はガノンに利用され、自分は何もできずリンクに守られながらただただ逃げることしかできない。 このときのゼルダ姫の絶望感、無力感は想像を絶するものだったと思います。 人生をかけてきた努力が、仲間や家族を傷つけることに利用されてしまったのですから、相当な心理的ダメージだったことでしょう。 母である王妃が亡くなった時すら泣くことをこらえ、気丈にふるまっていたゼルダ姫は、この時リンクの目の前で泣き崩れてしまします。 封印の力 覚醒 そして、ゼルダ姫最後の希望であった『リンク』がガーディアンとの戦闘で命を落としかけた時『封印の力』が目覚めます。 大事な人を守ろうという強い意志が『封印の力』を目覚めさせたのだと思います。 その後ゼルダ姫は、今までの人生すべてと引き換え、手に入れた『封印の力』で、100年間、厄災ガノンの力を封じ込め続けます。 最後の希望である『リンク』が目覚めるその時まで…… 4. 顔の秘密 なぜ今作ブレスオブザワイルドのゼルダ姫はこんなにも魅力的なのでしょうか。 その答えのひとつに『顔』があります。 ここではプレイヤーに ゼルダ姫の魅力を最大限伝え続けた『顔』にフォーカスを当てて解説していきます。 発売前 発売当初の評判 発売前や発売当初のゼルダ姫の『顔』についての、世間の評価はそれほど高い物ではありませんでした。 むしろ「可愛くない」「ブスだ」なんていうコメントもあったぐらいです。 しかしプレイした方ならわかると思いますが、今作のゼルダ姫は感情表現が豊かで人間味あふれる等身大の女性として描かれている場面が多いです。 ここがブレスオブザワイルドのゼルダ姫の魅力になります。 多彩な表情をみせるゼルダ姫 恐らく、今作のゼルダ姫の表情『顔』のモデリングは、主人公のリンクよりも精密に設計され開発されたはずです。 これはゲーム中に流れるストーリー映像を観ればわかるかと思います。 どの映像でも、ゼルダ姫の感情が読み取れるほどに表情が作りこまれています。 これは眉毛、目、口、などのすべての顔のパーツを細かく調整できるように設定されているからできる芸当です。 とくに注目すべき点は『眉毛』です。 昨今の流行を取り入れたならば眉毛はもっと細くなっていたでしょう。 しかし、精密にゼルダ姫の感情と性格を表現するために、この眉毛の太さになっています。 この眉毛のおかげで、表現が難しい感情や表情をプレイヤーに伝えることが出来ているわけですね。 さらには前髪をきっちりと分けていることで、プレイヤーはゼルダ姫の眉毛や目に視線が誘導されます。 ストーリー映像が流れるたびに、プレイヤーは無意識のうちにゼルダ姫の顔をしっかりと認識します。 だから今作のゼルダ姫はプレイすればするほど魅力的に見えてくるわけです。 これらすべての要素があり、プレイヤーと開発者の両方から愛されるゼルダ姫が誕生したんですね。 まとめ ここまで読んでいただいた方はもう一度ゲームをプレイして、ゼルダ姫を助けたくなったのではないでしょうか。 ゲームプレイ中は敵にやられないようにとか、フィールドの広さを楽しむことが多いと思いますが『ゼルダ姫』ひとりにフォーカスを当ててプレイしてみるというのも面白いと思います。 遊びつくしたと思っていたら、まだまだ面白いことが眠っている。 これが 『ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド』というゲームの魅力ですよね。 ぼくはこれからも新しい発見を求めてゼルダの伝説ブレスオブザワイルドをプレイし続けていきます。 みなさんも是非、自分だけの体験や想い出を見つけていきましょう。 それでは。

次の

【ネタバレ】ゼルダ姫可愛い!!セクシーでエロいシーン、隠しエンディング情報も【ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド】

ゼルダ 姫

ゼルダ(Zelda)とは、欧などで使われる名である。 が開発・発売する『 』の通称。 上記のの名前。 本項で記述• 「ゼルダ・」。 由来は実親(・と当時の妻)がの大だったため• の「ゼルダ・セイヤー・ルド」。 2の名前の由来となった人物• 「と」に登場するお様。 容姿(に)のせいで性格が捻くれている。 の途中でする• からにかけて活躍したの「ZELDA」• の 概要 に登場する。 細かな設定は作品ごとに異なる。 題に名を冠するだけあって、大半の作品で作中の鍵を握る重要人物。 一方で全く出番のない作品もちらほら• 直接の続編を除き、作品毎のゼルダは 同一人物ではない• ほとんどの作品でという立場かつ「知恵の」を身に宿す• 顔やは毎回異なるが、ほぼ全作品でとがったやといったの外見的特徴を有する• 初期作はさらわれるだけの立場だったが、以降はの矢を得物に戦う機会が増えた• 同様、以降は(を除き)による短い中がついた• 以降の作品ではゼルダもで、性格も少々気味な傾向がある• 名前の由来はゼルダ・セイヤー。 の生みの親であるが感で選んだらしい• ・が作品の大でに命名したのは有名な話。 のではで共演• 名でありながら、ゼルダ自身を操作できる作品はごく一部(それも本人の体ではなかったりする) 各作品毎の簡単な解説 シリーズ作品 () の小王の。 に捕らわれるが、知恵のを8つに分け各地へ隠す。 このでははみなゼルダと名づける。 以上は設定上の話で、姿を見せるのは終盤のみである。 を統治していた王よりのを継承する立場にあった。 同じ立場にあったと対立し、の側近であるによって半的に眠らされてしまう。 これにより、がになる。 かつてを封印した七の内の1人であり、他の6人のの子孫と共ににやってきたの祭に捕らえられ、に入れられる。 序盤では、のの中からに助けをめを送った。 その後、がをで入手し急いで救出に向かうも間一で間に合わず、に送り込まれてしまう。 (DX) 名前のみの登場だが、会話に出てくるゼルダ姫は「」のものをしている。 同作のであるは、そのゼルダ姫に非常によく似ていると言う。 (、) 夢のお告げにより、がに来ることと、がを滅しようとしていることを知る。 との出会いを果たし、残り2つの石をが探し出し、をゼルダが守ることをする。 が、その後が石を集めに着くも間一のところで間に合わず、のを受け、と共にを脱出する。 7年後のでは身を隠しているが、その後成長した姿で再登場する。 () 「」ののみ。 から出つ彼を見送り、別れ際に時の歌を教える。 (大地の章、時の章) 「知恵の」を身に宿し、を守るためにをする。 () の女頭として登場。 のゼルダの子孫で、知恵のを受け継いでいる。 しかし本人は今までそのを知らず、するまでゼルダ姫(の血筋)という自覚った。 そのため勝気でな性格で団をまとめあげるなど、歴代ゼルダとべるとかなり異質。 また従来ゼルダといえばないし肌だったがしく(という設定からおそらく)。 ゼルダ姫としてした直後は動揺し一時的に物静かとなったが、終盤再び本来の性格に戻った。 史上初めて(として実際に)でと共闘したゼルダ姫。 個別作品ではないため、設定は各収録作参照。 「」では、ある日ソードのの異変に気が付き、と一緒に様子を見に行ったところをにさらわれてしまう。 では「」の続編として再度にさらわれる。 ナビッでは2画面という性質上、が でナビしてくれる。 のは極めて稀。 とはで、冒頭では彼をに誘うなど、親密な仲。 の呪いによって石にされてしまい、はを元に戻すために奔走することになる。 ( ゼルダの年以上先の子孫。 はを「のさん」と呼ぶが…。 としてのの僭王襲撃に抗戦するも降伏を選択。 に監禁されている。 登場時はのではなく、犠牲となった民への哀悼の意からのようないをっている。 襲撃時に自らをとって揮する他、終盤「ゼルダ」として のでと対峙する。 性向上もあり端正な顔で、歴代ゼルダと較するとといった感じ。 だがという濃く強な存在に対し、控えめな性格や出番の少なさからやや。 からと共にをしていたが、の襲撃でOP々となってしまう。 の直接の続編で同一人物だが、本作ではになって以降までど出番はない。 以前と違いさすがにゼルダ姫という自覚はあるものの、手下のにゼルダ姫と呼ばれ「ゼルダって呼ぶな!」「いままで通りかキって呼びな」と怒るが見られる。 外見も終始本来の姿。 の玄孫にあたり、が見つけ出した新に繁栄するの。 ディーゴの襲撃で魂だけの姿になってしまい、などの一部の以外には姿が見えなくなってしまう。 史上初めて、終始と共に冒険する。 普段は魂の姿、ではに乗り移った姿で、と共に 自分のから…線路を元に戻すため奔走する。 ゼルダ本人(?)を操作できる数少ない作品。 で礼儀正しい性格は従来通りだが、の血なのか、自分の体のにを起こし、据わったでに協を迫り、挙句自ら動くのを嫌がるなど、従来とかけ離れたで俗っぽい面もある。 「いぃぃぃぃやぁぁぁぁあぁぁぁっ!! 」 「 なんて おぞましい!! 」 「は ここで あなたを待っています」 「昔から は そういうものなのです」 「ご先祖様たちも そうしていたそうです」 「ええ です だから あなたがを出して…」 「さあ 先を急ぎましょう! 一刻もく の から… いえ 石版を手にいれるのです!! 」 に浮かぶで暮らすので、とはの関係。。 史上初めて終始「」ではなかったゼルダだが、実は単なるでもなく、運命を背負っている。 に対して明確に感情を持っていたり、冒険の的が終始一貫して「ゼルダを救い出す」ことだったりと、今までで最もらしいゼルダかもしれない。 『』から数年後のゼルダであり当時のゼルダの子孫と思われるが、何故か七の子孫ではなくなっている。 対となる存在にラル王のがいる。 に残るとの(『1』の)に憧れており、ある日の前に現れたにの面を感じて王に伝わる紋章を託すが、直後にごと敵の手に落ちてしまう。 『』『』と続けてやたら立っていたか、本作では較的出番が少ない。 をにした色の強い作品であり、『』以来年ぶりにも形もない。 その代わりなのか不明だが、何とがゼルダ姫のでを披露する。 は現段階では不明。 のだが若くして先代が亡くなり、さらにの兆が預言されているのにもかかわらず代々ゼルダ姫が持つとされるがされず思い悩む。 学者の資質を持っており、各地の遺物、及び野生のなどに精をぐ。 見たも従来の姿ではなく、に適した装をしている。 ただしそれは自身の使命からの逃避行動でもあり、才の塊であるにを持つ場面もある。 しかし一緒に行動することでしだいに心を許し、がの時におうとしてを。 を回生の祠に移し、自身はを年間封印することに成功する。 写し絵の記録によりゼルダの行動がかなり詳細に描かれ、従来の作品よりかなりくさいゼルダ姫となっている。 本作では等でが挿入されるがゼルダと4人の英傑たちはである。 シリーズ以外の出演作品 「」のゼルダ姿で初参戦。 の炎で攻撃、 フロルので、 ネールので反射を駆使して戦うほか、下でにすると動きや技が全く異なるものに変わる。 が「」に変更。 「の矢」が追加。 前作同様。 の性制約によりがされが別として。 そのため下が「」のに変更されている。 大方の予想を覆し「」ので参戦。 「」の要素も含まれている。 初報でが「」のであったため、尚更からは驚かれた。 従来のゼルダよりもになったため元気があって仕上がりとなっている。 前作同様は別。 変更されたことでとは全に別時代のに。 の攻撃方法が変化し、も「知恵の」による封印技に変更された。 なお「」のではない理由は「向きではない」から。 (ここにおける向きとはゼルダにおける体の戦い方という意味と思われる。 ) () に訪れたに、自らに立って揮するという設定でとして登場。 その名の通りゼルダでできるとなった。 通りの矢を使うのはもちろん、を使ったりでを自在に操ったりすることができる。 版にあたるではが追加された。 担当声優 『の石盤』()。 作品の性質上かなり特殊ではあるが、一応史上初のゼルダの担当者。 潤 『(、)』、『()』、『(DX~for)』。 通常のとして初の担当で、同一人物であるも兼任。 『()』、『&』、『』、『』、『』、『』といった、作品のゼルダ()のほとんどを担当。 4+のナビッでは(姿だが)で一でしゃべるゼルダが見られる。 大前 『』(含む)。 では以外一の担当者。 前述の叫びは必見。 『』、『』。 ハープを使って(作中言で)歌うもある。 『』では前述のようになので印に残りやすい。 『』に変更された『』ではに代わりゼルダとを担当している。 同様、同一人物であるも兼任。 関連動画 関連商品 ピコカキコ.

次の

【スマブラDX】ゼルダ&シークの強さと人物像考察、ゼルダの伝説のお姫様!

ゼルダ 姫

: ななしさん 2013-11-29 ID:NGQ3ZTk2 受け継ぐも何もリンクと同じく殆どが別人だからなぁゼルダ姫… 作品ごとに異なる設定と素性だし、言葉使いが荒いゼルダも居るしねw 声優陣も設定に倣って時系列共有するゼルダ以外は作品毎に意図的に変えてるとも明言してたよね• : ななしさん 2013-11-30 ID:OTczMDhl 木の実のが一番好きだな• : ななしさん 2013-11-30 ID:YTRmNGJh このシリーズはいくら続編がでてもあんまり劣化しないイメージがある むしろだんだんと良い雰囲気になってるような気さえする妙な安心感 稀有なゲームだと思う• : ななしさん 2013-11-30 ID:ZDhjNjdl 続編じゃほとんどないんだよなぁ・・・• : ななしさん 2013-11-30 ID:ZDI1Njg3 トワプリかXかねえ• : ななしさん 2013-11-30 ID:Y2E3ZGFi タクトHDがいい• : ななしさん 2013-11-30 ID:NWRhOWFi やっぱり かみがみが なんばーわん• : ななしさん 2013-11-30 ID:NzIwZjYx ヒロインとしてなら木の実 姫っぽさと可愛さが絶妙に両立してるのは神々 でも何だかんだでオカリナの幼少ゼルダがイメージ強いわ• : ななしさん 2013-11-30 ID:YjUyYzQ1 オカリナかトワプリだなぁ• : ななしさん 2013-11-30 ID:ZDdkZDcy 木の実一番いいわ• : ななしさん 2013-11-30 ID:NzEwZDJj やっぱ木の実が一番好きだな リメイクありませんかねぇ・・・• : ななしさん 2013-11-30 ID:MmRlNmI2 神々の1と2のデザインがほとんど変わらないのはいいと思う• : ななしさん 2013-11-30 ID:ZmIwNjcy やっぱデフォルメされてるな• : ななしさん 2013-11-30 ID:ZDYyZDYy 初代はなんかマリオとかの世界に出てきそうな姫様だな• : ななしさん 2013-11-30 ID:ZWRmNzVh 神々の1と2がいいな タクトはゲーム画面で見ると可愛さと艶っぽさが上手く表現されてて良かった• : ななしさん 2013-11-30 ID:ZTljNTNl シークいないじゃん・・・だめだこれ• : ななしさん 2013-11-30 ID:YzM5NWE1 トワプリいいなあふつくしい• : ななしさん 2013-11-30 ID:ZDY3OTNk 3Dの時オカゼルダおらん• : ななしさん 2013-11-30 ID:ZWE0ZGYy 金髪で青い目の姫がいいね• : ななしさん 2013-11-30 ID:YTcyOGIy SWの幼馴染属性のゼルダと、 トワプリの美しいゼルダだろjk• : ななしさん 2013-11-30 ID:NjAxZjg3 初代のはマリオカートに出そうな感じだな・・・• : ななしさん 2013-11-30 ID:ZWY3MjZh トワプリの腰がいいんだよな 最終決戦はまじで目の保養!!!• : ななしさん 2013-11-30 ID:YTEyMDZj ゼルダはヒロインじゃなくて、リンクの女神みたいものだと今でも思う。 : ななしさん 2013-11-30 ID:MmIwNTdm おかしいな・・・この中に米国アニメのゼルダ姫がいないんだが・・・• : ななしさん 2013-11-30 ID:NDdlMjRl トワプリとXがやはり美人だな けど時オカが好き• : ななしさん 2013-11-30 ID:ZmFkMWI0 大地のファントムinバージョンがいない やりなおし• : ななしさん 2013-11-30 ID:OWFiNzA4 CDiのがない やり直し• : ななしさん 2013-11-30 ID:N2IyYWE4 マリンは…人違いか 笑 でも夢を見る島は名作なんだよなあ… ゼルダ出てこんけどww• : ななしさん 2013-11-30 ID:Y2MzOWMw 木の実と神々2だな 特に木の実のガノン倒したあとの姫はヤバい …性癖がバレそうだ• : ななしさん 2013-11-30 ID:YWEzM2Rm タクトHDのデフォルメゼルダ好き• : ななしさん 2013-11-30 ID:NGMwNWU3 HDはなんでイラストまであんなことになってんだ・・・ 絵本じゃなくてCGじゃん• : ななしさん 2013-12-01 ID:ZjA1YWU2 トワプリかな にしてもSSが酷すぎるw• : ななしさん 2013-12-01 ID:NTIwNjkx 風タクかな。 : ななしさん 2013-12-01 ID:ODgyMzBi SSが酷い言うが実際プレイした時の可愛さは群を抜いてる• : ななしさん 2013-12-01 ID:ZjIxNzkx 神々の初代、リメイクのやつじゃないか• : ななしさん 2013-12-02 ID:MTE0ZmUy 木の実が一番好きだ• : ななしさん 2013-12-02 ID:YTYxYmUw トワプリのふつくしさは異常 でも性格だったらDSの汽車だな 仲間としてすげえ役に立つしラスボス戦は一緒に協力して戦ってる感パなかった• : ななしさん 2013-12-02 ID:ZmZmOTc4 プレイした奴にしかSSゼルダの可愛さはわからんよ 大体全シリーズプレイしたけど、性格含めて大好き• : ななしさん 2013-12-04 ID:ZTY4ZGIx 褐色の姫様がいねえぞ!!• : ななしさん 2013-12-05 ID:NDYwYjQz SSは時系列的に言えば一番最初のゼルダ姫だよ ゼルダは引き継がれていく名前みたいな感じだと思う• : ななしさん 2013-12-05 ID:YzY4NzIx 一番可愛いと思うのは木の実 一番美しいと思うのはトワプリ• : ななしさん 2013-12-19 ID:NDNhMGFl 初代は確か一番最後だろ。 時系列的には。 : ななしさん 2013-12-28 ID:NzNjNDZl その時系列の一番最後はリンクの冒険なんだよなぁ。 : ななしさん 2014-01-15 ID:NDdlM2Vl スカウォゼルダとかいう鼻ニンニクブス以外のゼルダはイケる• : ななしさん 2014-02-06 ID:Nzg5MjVk ぼくは汽笛のゼルダちゃん!!• : ななしさん 2014-04-02 ID:M2YxNmM2 オカリナの子供ゼルダはやっぱオーラがあるな 一番ゼルダって感じがする でも風タクゼルダのあの荒っぽい言葉遣いを聞いたときは 思わず胸が高鳴ったというか…感動したな 単純に見た目の可愛さでは木の実、美人さではトワプリかな トワプリゼルダは髪の色が落ち着いてて若干地味だが• : ななしさん 2014-04-05 ID:MDY1M2Jk 個人的にssが一番かわいいな• : ななしさん 2015-02-03 ID:NGU2NmM0 スカウォのゼルダが性格含めNo. : ななしさん 2015-02-07 ID:OWQ5ZWY3 SSのゼルダは幼馴染可愛い• : ななしさん 2016-06-25 ID:NDBhZmE5 私てきには、トワイライトプリンセス ssは、「スカイフォードソード」ですよ。 : ななしさん 2016-06-30 ID:NGViMzU2 リンクの冒険のゼルダが本当の初代だろ?• : ななしさん 2016-12-12 ID:YTY3Njg0 SSプレイしたけどゼルダは微妙だったな 最初だからか巫女だしゼルダはやっぱり凛とした姫がいい• : ななしさん 2017-02-17 ID:OWNkMDJl 香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業• : ななしさん 2017-03-12 ID:NjViNGNj SSはバタ臭いけど何だかんだ言って一番ヒロインしてた• : スーパーコピー 2018-09-10 ID:ZGIxYjE5 ウブロスーパーコピー時計 卸売各種偽物ブランド:ロレックス時計, カルティエ時計,オメガ時計, ウブロ時計などの世界にプランド商品です。 当店のブランドコピー 時計 N級品 は本物 と同じ素材を採用しています。 スーパーコピー,本物を真似た偽物. : ななしさん 2019-03-03 ID:NjIxOWMz こんにちは。 パワハラ指切断でおなじみのド屑県香川のド屑企業フジフーヅでございます。 裁判も会社ぐるみで偽証をして無事乗り切ったド屑でございます。 餃子シュウマイなどをスーパーで販売しております。 店頭で見かけましたらそのときはご購入のほどどうかよろしくお願い致します。

次の