あつ森 カブ ジリ貧。 【あつ森】カブ価厳選方法を分かりやすく紹介!月曜午前の売値を見れば3期型の見極めもできちゃうヨ!【金策/ベル稼ぎ】

カブ(どうぶつの森)とは (カブとは) [単語記事]

あつ森 カブ ジリ貧

注意購入した日の一週間後の日曜日にカブが腐るので、土曜日の午後の間に売るようにしましょう。 カブ価のパターン 株価の変動パターンは以下の4つがあります。 ジリ貧型• 3期型• 4期型 それぞれのパターンについて解説します。 パターン1「波型」 カブ価が上がったり下がったりします。 振れ幅が少ないのが特徴です。 パターン2「ジリ貧型」 株価が下がり続けます。 ハズレのパターンです。 パターン3「3期型」 ジリ貧型から急に値段が上がり、カブ価が3回上昇したとき一番値段が高くなります。 一番高く売れる当たりのパターンです。 最高で買値の5倍くらい パターン4「4期型」 パターン3と似ていますが、カブ価が4回上昇したとき一番値段が高くなります。 6未満 : 4期• 6~0. 8未満 : 波or4期• 8~0. 85未満 : 3期or4期• 85~0. 91未満 : ジリ貧or3期or4期• 91以上 : 波or4期.

次の

【あつ森】カブの価格変動パターンと稼ぎ方【あつまれどうぶつの森】|ゲームエイト

あつ森 カブ ジリ貧

パターン2-B(四期型) はじめは「パターン2-A(ジリ貧型)」と同様2~6ベルずつ下落していくものの、木曜午後までに急に値上がり(変調1期)し、 4期目でピークとなるパターン。 ピーク後は暴落し、低価格で推移する(下がり続けたり、多少上がったりすることもある)。 「変調」、「変調1期」などについては下記参照。 なお 四期型は2期目に1期よりもカブ価が下がることもある。 その後、3期には回復し、1期よりも高いカブ価となる。 パターン2-C(三期型) はじめは「パターン2-A(ジリ貧型)」と同様2~6ベルずつ下落していくものの、木曜午後までに急に値上がり(変調1期)し、 3期目でピークとなるパターン。 ピーク後は下落し、低価格で推移(下がり続けたり、多少上がったりすることもある)。 いわゆる「高騰型」で、600ベル以上を記録することもある。 変調について 上記「パターン2-A(ジリ貧型)」のように小幅な値下がりで推移していたものが、木曜午後までのある時点で急に値上がりすることを「変調」という。 この場合「水曜午前に『変調』した」ことになる 「変調」が起こった時点(例では水曜午前の112ベル)を「変調1期」という。 以下、1期が午前ならその日の午後を、1期が午後なら翌日の午前を「変調2期」と定義(例では水曜午後196ベル)する。 「3期」(例では木曜午前576ベル)も同様。 「パターン2-C(三期型)」は、変調3期にピークを迎えることから、「三期型」と呼ばれている。 「四期型」も同様。 「変調」が起こると、『パターン2-B(四期型)』または『パターン2-C(三期型)』のどちらかになることが確定する。 変調は木曜午後までに起こる。 木曜午後まで値下がりが続いた場合は『パターン2-A(ジリ貧高騰無し型)』確定。 あくまでも『パターン2-A(ジリ貧型)』の推移から急に値上がりすることを「変調」というのであって、 『パターン1(波型)』の推移の中で値上がりしたことを「変調」とはいわない。 なお、「月曜午前変調四期型」は月曜午前に「変調」をする(とみなす)ことから、「小幅な値下がり後の急な値上がり」というパターンでなく、 月曜午前から火曜午後まで値上がりするパターンとなる(四期型のパターンとして、変調2期目(この場合月曜午後)に値下がりすることもある)。 これは「月曜午後変調四期型」(月曜午後に変調、水曜午前まで値上がり)、「月曜午後変調三期型」(月曜午後に変調、火曜午後まで値上がり)も同様。 例) 「月曜午前変調四期型」=月曜午前に「変調」したとみなす。 その後の動きは四期型で火曜午後にピークとなる。 その後の動きは四期型で水曜午前にピークとなる。 その後の動きは三期型で火曜午後にピークとなる。 月曜日午前 今作では月曜日午前の値でパターンを推測することは難しくなっています。 ちなみに前作までは、以下のような大まかな見極めが可能でした。 午前が 65ベル以下 or 92ベル以上 なら確実にパターン1(波型)。 午前が 66~67ベルor 88~91ベル ならほぼパターン1(波型)。 それ以外はパターン2(ジリ貧型、三期型、四期型)。 今回は月曜午前が65ベル以下でも『パターン2(ジリ貧型、三期型、四期型)』になる例が報告されています。 また、月曜午前が92ベル以上でも『パターン2(ジリ貧型、三期型、四期型)』となる例が報告されています。 ここまでの報告を見る限り、月曜午前がだいたい110ベル以上の場合は『パターン1(波型)』となることが多いようです。 月曜午前の値だけでなく、月曜午後以降の動向をチェックしてパターンを推測することが賢明かと思います。 火曜午前が月曜午後よりも上昇していれば『パターン1(波型 』、早めに変調する『パターン2-B(四期型)』、『パターン2-C(三期型)』の可能性がある。 変調1期が月曜午後となるパターン(変調については上記参照)。 火曜午後まで上がり続けて220ベル以上ならおそらくこのパターン。 変調1期が月曜午前で、4期目の火曜午後にピークとなる。 変調1期が月曜午後で、4期目の水曜午前にピークとなる。 これらは『パターン1(波型 』との判別が難しい。 迷った時は火曜午後、水曜午前などピークとなる時まで待ってみるのも手。 上記のいずれもに当てはまらない場合は『パターン1(波型 』。 火曜午前に月曜午後よりも大きく下落した、または火曜午前まで上がり続けても火曜午後に下落や横ばいとなったときは『パターン1(波型 』。 火曜午前以降に2~6ベルの範囲外での大幅な下落があった場合は『パターン1(波型 』。 月曜午後から引き続き木曜午後まで2~6ベルの下げ幅で減り続けた場合は『パターン2-A ジリ貧高騰無し型 』。 月曜午後から引き続き2~6ベルの下落が続いた後、木曜午後までのある時点で急に値上がりしたら、 『パターン2-B 四期型 』か『パターン2-C 三期型 』の可能性が高い。 『パターン2-B 四期型 』か『パターン2-C 三期型 』の判別は下記参照。 上記の「変調」があり、2期目に若干の下落があれば『パターン2-B 四期型 』 この場合、2期で若干下落しても3期目には1期よりも高い値にまで回復する。 それ以外の動きをする場合は『パターン1(波型 』。 火曜午前以降、2~6ベルの範囲外での上昇があっても、下記『パターン2-C 三期型 』や『パターン2-B 四期型 』の動きに当てはまらず、上昇後すぐに大きく下落したりランダムな動きをする場合は『パターン1(波型 』 三期型、四期型の判別 変調前から1期にかけての変化ではパターンはわからない。 1期から2期にかけて、• 1期目よりも2期目の方が低かったら、間違いなく『パターン2-B 四期型 』。 1期目から2期目の上昇幅が小さかったら『パターン2-B 四期型 』の可能性が高い。 1期目から2期目の上昇幅が70ベル以上ならおそらく『パターン2-C 三期型 』。 2期から3期にかけて、• 3期目のカブ価が207ベル以上なら、おそらく『パターン2-C 三期型 』• 3期目のカブ値が150前後なら、おそらく『パターン2-B 四期型 』• 2期目から3期目の上昇幅が小さければ(13以下?)『パターン2-B 四期型 』の確率が高い• 2期目から3期目の上昇幅が大きければ(88以上?)『パターン2-C 三期型 』の確率が高い.

次の

【あつ森攻略】カブ価の高騰パターン・法則メモまとめ【目指せ500超!】

あつ森 カブ ジリ貧

カブ価のパターンは以下の四種類であることはご存知の人が多いかと思います。 通常型(価格が上下し、カブ価の振れ幅が小さい)• ジリ貧型(徐々にカブ価が下がっていき、上がることはない)• 一気にフィーバー型( カブを最高値で売れるパターン。 カブ価が最高値になるのは、カブ価が上昇した2回変動後が多い)• ゆるやかフィーバー型(徐々にカブ価が上昇していき、 「一気にフィーバー型」に次いで稼げる。 最高値になるのは、カブ価が上昇した3回変動後が多い) カブ価の上下に合わせてどう立ち回るか 私個人の感触と、フレンドから聞いた話を合わせて考えると、カブ価の変動パターンは 「ゆるやかフィーバー型」が多い印象でした。 日曜日に購入するカブ価はおおよそ100ベル前後が多かったです。 水曜日の時点で「お?値上がりしたな。 もう少し粘ると明日にはカブ価が爆上がりするかも?」と思いましたが、「いや待てよ。 そう思わせて木曜日に値下がりするのも怖いな」と非常に悩みどころでした。 考えた必勝法 例えば自分が1カブ100ベルで3000カブ買ったとします。 そして木曜日の午前中に140ベルになったとしたら、そこでまた 1000カブを売ります。 木曜日の午後に190ベルになったとしたら、そこで 残りの1000カブを売ります。 このように、自分が買った値段よりも上がった時に、 分散して売ることでリスクを下げることができます。 実際の株取引でも分散投資でリスク回避の方法はありますよね(ちょっと意味は違うけど……) 木曜日に価格が最高になるパターンが多いですが、それまで持ち越して上がらなかった場合が大変です。 そんな時のために、購入金額よりも上がったときに分散して売っていくことが大切ですね。 どうしても損をする時のカブで稼ぐ最終手段 ジリ貧型に陥った時や土曜日まで粘ったがカブ価が上がらなく、 確実に損をする状況になった時の最終手段です。 これをすると、簡単に稼げてしまうのでじっくり楽しみたい方にはオススメできませんが、どうしても損する時の最終手段 「SNSでカブ価高騰している人の島へ行く」です。 Twitterで 「 あつまれどうぶつの森 カブ」などで検索すると、こんな感じに募集してくれている方々がいます。 — abc TbHatano このように募集をしている方々がいるので、 その方の島に行ってカブを売ることで確実に稼ぐことができます。 まとめ いかがでしたでしょうか? 分散投資はリスク回避をする方法としてはいいのではないでしょうか。 ちなみに、SNSを通してカブ高騰の島へ行くことで簡単に稼ぐことはできますが、簡単に稼ぎすぎると このゲーム自体が面白くなくなってしまうところがあるので、あまりオススメはしません。 まぁ、その辺は個人のプレースタイルだと思いますので、 さっさと稼いで島クリエイターでいろいろ楽しみたい!などなど楽しみ方は人それぞれです。 自分のプレイスタイルを見つけて、楽しくあつ森を楽しんでいただけたら幸いです。 ではでは!.

次の