氷川 きよし 松村 雄基。 氷川きよしが与えてくれた「自分らしくいればいい」という希望 SNSやパフォーマンスから伝わるメッセージ

氷川きよしはジェンダーレス?松村雄基との熱愛報道を画像付き紹介!

氷川 きよし 松村 雄基

最近は、とある有名演歌歌手とお泊まり熱愛!?とスクープされ話題になりました。 プロフィール 松村雄基(マツムラ ユウキ)俳優。 1963年11月7日生まれ、東京都出身。 テレビ朝日系ドラマ『生徒諸君!』でデビュー。 1984年に、TBS系ドラマ『スクール・ウォーズ~泣き虫先生の7年戦争~』に出演し、大ブレイクとなる。 以降、『不良少女と呼ばれて』『ポニーテールは振り向かない』など数多くのドラマに出演し、学園モノに欠かせない不良役を好演。 現在では、活動の幅を広げ活躍中。 東京都文京区出身。 「どこか遠くの世界のようだった」と思って元々俳優にはあまり興味がなかったが、中学生時代、同級生の母親から旧知の芸能事務所社長を紹介されたことが縁で芸能界入り。 中学3年から高校1年の2年間「劇団俳小」のタレント育成コースで演技の基礎を学んだ後、東京都立板橋高校在学中に、テレビドラマ『生徒諸君! 』の沖田成利役でデビュー。 1984年放送の『少女が大人になる時・その細き道』で大映テレビドラマの初レギュラー。 松村を自分のドラマに起用した大映テレビプロデューサーの春日千春はその起用理由について「目が気に入ったとしか言いようがない」と話している。 1981年に CBS・ソニーからレコードデビュー。 しばらく歌手活動を休止してたが、2006年に歌手(ライブ)活動を再開。 2013年に26年ぶりのオリジナルアルバムをリリース。 2014年現在、東京と大阪を中心に精力的なライブ活動を続けている。 剣舞家であり、書家でもある。 30歳の時に五月女玉環に弟子入りし、書を始めた。 第17回東京書作展(東京新聞社主催)にて内閣総理大臣賞受賞。 2015年にはデビュー35周年を迎える。 そもそも松村雄基さんは俳優としてデビューする以前に、レコードデビューをはたしていましたが、ドラマで売れっ子となり歌手業を休止されています。 しかし、2006年にライブ活動をスタートさせ、13年にはアルバムをリリースするなど、現在はアーティストとしての活動が中心となっているようです。 そんな松村雄基さんが2018年12月のインタビューで、「2年前からシャンソンにハマり、昨年から意識して歌うようになった」と明かし、2019年2月には都内でシャンソンライブも開催。 」と思われても仕方がないことかもしれませんね。 癌の噂や現在については次ページから!!.

次の

松村雄基の妻や息子は?結婚しない理由は氷川きよしとの熱愛報道!?

氷川 きよし 松村 雄基

「演歌界のプリンス」こと歌手・(36)の周辺が騒がしくなっている。 発売中の「週刊文春」(文藝春秋)が「氷川きよしの『ホモセクハラ』『暴力』『創価学会強要』地獄」と題した記事を掲載し、そこで元マネジャー男性が氷川から性的嫌がらせや暴力行為、創価学会への勧誘などを受けたと告白したのだ。 さらに、氷川がバイセクシャル(両性愛者)であるとのエピソードも生々しく語っている。 記事によると、元マネジャーは昨年10月に氷川の所属する長良プロダクションに入社。 今年1月から氷川の担当になり、主に運転手役と身の回りの世話をしていた。 だが、元マネジャーは掃除の際などに「自宅では女性物のTシャツにピンクのショートパンツ」という氷川の服装に違和感を抱き、女性用のパンティやシャネルの基礎化粧品がそろえられていることに衝撃を受けたという。 「今回の告白記事で最も驚きだったのは、氷川がまだ松村と切れていなかったこと。 スクープ直後、騒動の影響の大きさを恐れた松村が別れを切り出し、福岡空港にいた氷川が携帯電話で『捨てないで…』と涙ながらにすがっていたという目撃情報もあった。 しかし、一時的に疎遠になっただけで現在も続いていたようです。 以前に熱愛をスクープされた場所は氷川の自宅でしたが、マスコミを避けるために逗子の別荘で逢瀬を重ねていたとは盲点でした」(週刊誌記者) 松村の所属事務所は同誌の取材に「宿泊はしたが、氷川さんは友人の一人」と答えており、交際は認めていないものの、逗子の別荘に泊ったのは間違いないようだ。 氷川は男性だけでなく、元マネジャーによると最近まで女性と交際していたという。 証言をそのまま受け取れば、つまりはバイセクシャルで男女どちらもイケることになる。 元マネジャーによると、氷川は毎朝10分間は必ず仏壇に向かって「南無妙法蓮華経」とお題目を唱えるのが日課になっており、月1ペースで創価学会の集会に参加。 自宅には池田大作名誉会長との写真が飾ってあるほど熱心な信者なのだそうだ。 これも信教の自由であるが、氷川は元マネジャーに「宗教に入ってるの?」などと尋ね、元マネジャーが無宗教だと言うと「何それ! もしかして何も信じないで生きてるの? 生きる価値ないよ。 (学会に)入った方がいいよ」などとまくし立て、何度も入信を勧誘してきたという。 実は口が悪いという氷川はファンの女性のことを「ババア」と呼び、元マネジャーに「バカ!」「この障害者!」「中年太り!」などといった言葉を言い放ち、物を投げつけるのも日常茶飯事だったという。 さらにハラスメント行為は暴力にまでエスカレート。 元マネジャーは「タバコを投げつけられる」「何発も平手打ちされる」「30センチほどの金属製のツボ押し棒で殴打」「グッチのカバンで背後から殴られる」などといった行為を何度も受けて負傷することもあったという。 限界に達した元マネジャーは事務所に窮状を訴えるも相手にされず、横暴に耐えきれず4月20日付で退職。 病院の精神科で「うつ状態」と診断され、治療を続けているという。 だが一方、この記事が掲載される前々日に東京スポーツに「氷川きよし恐喝被害! 元従業員が数億円要求」との見出しが躍っていた。 同紙によると、元従業員(元マネジャー)は勤務態度が非常に悪く、それを見とがめた氷川が注意する意味で軽く足を蹴ったり、水しぶきをかけたことが数回あっただけだという。 にもかかわらず、元マネジャーは退社後に「氷川の暴力行為をばらされたくなければ金を出せ」と口止め料として数億円を要求するメールを送りつけてきたという。 金銭を要求するメールを送ったことについて、元マネジャーは「文春」でも認めているが、あくまで「謝罪してほしい一心だった」と弁明。 だが、東スポ記事は最初から恐喝が目的だったのではないかという論調で「氷川きよしと長良プロダクションこそが被害者」という内容になっており、文春記事と完全に食い違う状況になっている。 「元マネジャーに不審な点があったのは事実ですが、氷川の態度が悪いのも有名な話。 どっちもどっちの部分がありますが、真相はそれよりも根が深い。 騒動の根本には長良プロダクション周辺のキナ臭い問題があり、事務所側は元マネジャーのバックに『過去に長良プロに務めていた人物』がいると考えているようです。 さらに、大物総会屋が絡んでいるとの情報もある。 事務所側は元マネジャーがバックにいる人物の指示で文春にネタを持ちこんだことを察知し、それよりも早く東スポに情報を流した。 メディアを巻き込んだ泥仕合になっている」(芸能関係者) 長良プロは一昨年に創業者の長良じゅん会長が他界し、その長男である現社長の求心力が低下。 そのスキを狙って事務所を乗っ取ろうとした人物や、カネを引っ張ろうとした総会屋の影があったという。 いずれも失敗し、それを逆恨みした人物たちが今回の騒動を仕組んだとの見方もある。 いずれにせよ、心配するファンのためにも本人の名誉のためにも、一刻も早く真相が解明されることを願いたい。 (文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops).

次の

氷川きよしはゲイ能人!オネエ化全開で彼氏の松村雄基と××三昧!

氷川 きよし 松村 雄基

演歌の花道を20年間止まることなく走り続けてきた国民的歌手。 そして、メイクアップ、カラフルなネイル、ツヤツヤの長い髪、華やかなドレス、色とりどりのアクセサリー、すべすべ素肌の美脚……女性だけのものとされていたその武器をもって、「いま最も美しい姿」を追求し続けている令和の氷川きよしさん(以下、kii様)。 1995年NHK歌番組で見出されるも、藤あや子さん・伍代夏子さんら女性歌手全盛の時代に、若い男性の演歌界デビューは相当な博打。 男性歌手というだけでいくつもの芸能事務所に断られ続けました。 長良プロダクション(現・長良グループ)を訪れたkii様は、故・長良社長の目の前で、一世一代の歌を披露。 事務所に響き渡るその声を聴いた社長は「上へキューッと押し切れる声。 そういう爽やかな声に出会えるのをずっと待っていた。 だからあの声を聴いて、よしやろうと三分で決めた」と語っています。 以降の快進撃は誰もが知るところですが、不景気も不穏な時代の空気もスコーンと突き抜ける、声そのものが持つ明るさが、当時の「演歌で男性歌手は売れない」という壁を打ち砕いたのでしょう。 スラリと華奢な体躯に茶髪にピアス、少女漫画の王子様のようなデビュー当時の姿に、股旅物といえば潮来刈りに着流しという固定観念が吹き飛んだことを、今でも鮮烈に思い出します。 当時21歳ながらも「少年」を感じさせ、性別の境にあるアンドロギヌス的魅力を持っていた彼も、歌手活動20周年を迎えました。 そして「きよし君」は「kii」へ、ファビュラスに花開きます。 「これまでは、本当の自分を出さないように、出さないように生きてきた。 女性っぽさとか透明感とか、美について自分は色々な見せ方を持っていても、出しちゃダメと思いながら、精一杯頑張ってきた。 けれど、素直な気持ちを言わず生きてきたって思いも募って……」 「そもそも演歌というのは様式美、つまり、こうあるべきという型がある。 日本独特の素晴らしい音楽だけれど、その中に収まらない「自分の性分」というものもあって」 「今までの苦難も含めて全部をさらけ出し、歌にのせて表現することで、こんな私でもここまで頑張って生きてこられたんだ。 そう伝えるのが歌手としての使命。 セルフィー(自撮り)からは、照明や色合いのほんのちょっとした変化で印象が大きく変わることを知り抜いた、ステージに生きる人ならではのこだわりと、画面全てを自分自身でコントロールできる喜びが伝わってきます。 謙遜や自己卑下とは無縁の清々しいまでにポジティブな姿勢は、アイドル・道重さゆみさんが「よし!今日もカワイイ」と鏡の前で自らを鼓舞する姿を連想します。 「男は男らしく、女は女らしくあるべし」という思い込みも、美を謳歌するkii様の輝きの前では、吹き飛んでいきます。

次の