ビットコイン研究所。 仮想通貨はグローバル金融領域に移行、影響力を過小評価すべきではない ~CoinShares「Crypto Trends Report 2019」による報告=ビットコイン研究所

ビットコイン研究所

ビットコイン研究所

下記の研究レポートが配信済みです。 いずれも15-30ページ程度のレポートになります。 一度ご入会いただけますと、過去のレポートを含めて、すべてのレポートがご覧いただけるようになります。 147 相対取引入門• 146 PoS化によるEtherの資産性について• 145 G7のステーブルコインレポート解説• 144 量子コンピュータの実際• 140 Electric Capital デベロッパーレポート要約• 139 TorやVPN、ルーターセキュリティと暗号通貨の匿名性• 138 BicoinにおけるDeFi(分散型金融)• 137 クリプトアセットクラスに応じた競合分析• 136 ビットコインのプライバシーを改善するWasabiWalletの仕組みと課題• 135 投資戦略分析• 134 トラストレスCEXを実現するArwen• 133 トレーダーのための実利的プライバシー• 132 レンディングサービス概況• 131 暗号通貨の最新評価手法のアップデート• 130 モバイルLNウォレット比較レビュー• 129 Cosmosトークンデザインの概要と考察• 128 Bitcoin Coreのガバナンスについて• 127 10分でわかるCosmos• 126 5分でわかるライトニングネットワーク• 125 ブロックチェーンガバナンス:9つのプロジェクトからの抜粋• 124 ビットコインの発行上限変更はあり得るか?• 123 Thomas Lee氏「暗号通貨の経済」理論の要点•

次の

はじめてのビットコイン

ビットコイン研究所

2014年の本。 曰く・・・ ビットコインに統一的市場はない。 各取引所が独自に売買のレートをもつ。 マウンドゴックスのレートは高かったが、それは世界最大であるため流動性(マッチングの迅速さ)があったから。 取引所で売買するときには、まず、ブロックチェーンから手持ちのビットコインを取引所内のアカウントにデポジットする。 売買しないときには自分の財布にビットコインを戻す。 そうすれば、取引所のセキュリティリスクに晒されることはない。 2013年、キプロス政府は銀行預金を封鎖して一部を税金として徴収しようとする。 資本家たちはキプロス国外へ大切な資産を逃がすためにビットコインを選んだ。 キプロス国内でビットコイン需要が急増。 これがビットコインのブレイクスルーとなった。 ロスチャイルドは全世界の金の9割を保有しているといわれる。 ビットコインの成長にも彼らが関わっているとの見方がある。 リーマンショックの余波で痛手を受けたロスチャイルドが起死回生のためにリリースしたのがビットコインなのではないか。 ビットコインと金は似ている。 ビットコインをはっきりと非合法化し、利用を禁じているのはロシアやインドネシアなどごく一部。 暗号通貨の特徴の一つは送金手数料が非常に安いこと。 送金手数料で悩んでいる人は世界中に数千万人規模で存在する。 みたいな話。 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」に関しての解説本。 マウントゴックスの破綻があってもビットコインが安全な通貨として高い信頼性を得ている理由を分かりやすく解説してあります。 ビットコインって何?オンライン上で使用ができる暗号通貨って何?という初心者の方にも分かりやすい本です。 かく言う私もビットコインや暗号通貨に関しては全く知らない初心者だったので、基礎から学ぶことが出来ました。 暗号通貨自体は、今後爆発的に進化していくことは間違いなく、 未来を予想をしていく上でも非常に重要になっていく知識かと思います。 そんな通貨の将来を考慮し、予想をしていきたい人にはオススメの本です。 ただし、本にも書いてありますが、あくまでも投資をオススメしている本ではないので注意が必要です。 暗号通貨への投資は各個人の自己責任で…。

次の

大石哲之、東晃慈

ビットコイン研究所

bustabit の2in1法の自動スクリプトです。 2in1法とは 2in1法とは、数列を書いておき、2つの数字を足してベットし、勝ったら2つの数字を消す・負けたらベットした額を数列に追加する賭け方の総称です。 例(100、200、300、400、500)の数列を書いておき、(どの数字を2つ取ってもよいですが、)端と端を足してみましょう。 勝った場合の数列は(200、300、400)、 負けた場合の数列は(100、200、300、400、500、600) となります。 再び、端と端の数字を足してベットしていきます。 これを繰り返します。 2in1法はなぜ必勝法なのか 例に挙げた(100、200、300、400、500)で考えてみましょう。 つまり数字が全部なくなれば1500の利益が出る事になります。 負けた場合は(100、200、300、400、500、600)という数列で、この時の負けは-600です。 勝ったり負けたりを繰り返して、数字が無くなれば1500の利益が必ず出る仕組みです。 ここでルールをおさらいしましょう。 勝った場合は、2つ数字が消えて、 負けた場合は、1つ数字が増えます。 つまり、勝ちと負けの確率が同じなら、いつか数字は必ず消えるのです。 これが2in1法が必勝法と言われる理由です。 現実では勝ち続けられない理由 しかし、この方法を使えば放ったらかしで億万長者になれるのか? というとそんな事はありません。 busatbitの場合は理由が二つあります。 やり続ければやり続ける程、少しずつ勝ちよりも負けの方が多くなります。 2つめは、負けと勝ちを繰り返しているうちにベット額が膨らんできます。 ベット額が膨らんだタイミングで負けが連続で続くと資金が尽きて投資が続けられなくなってしまいます。 資金が無限にあれば必勝法という点は他のどのギャンブル必勝法とも同様です。 倍々に増えていくわけでは無く、徐々に増えて行った後に連敗が続くと負けるという条件で負けます。 bustbit 2in1 自動スクリプトを作成しました 2in1法の自動スクリプトを作りました。 payout・・ストップさせる倍率なので2を入力します。 Input value・・数列です。 カンマ区切りで任意に設定が出来ます。 RESTART・・数列の数字が無くなった後、繰り返すかどうか 4時間で10万bit(約10万円)の利益になりました 「100、200、300、400、500」の数列で資金を10万bitとしてシミュレーションした結果、4時間ほどで倍の20万bitまで膨らみました。 時間に関しては、1,500bitの利益が出るセットを何回繰り返せたか?という話ですので、負けが続き数字が無くならない間は利益が出ないのでその時々ですが、感覚的にたまたま良い結果をピックアップしたわけでもありません。 引き続き試した時も似たような結果でしたので、参考までに。 販売・購入における注意点 ・独自の攻略法を開発して「これで稼げる!」という情報商材の類ではありません。 世界中で使われている2in1法がbusatbitの標準の自動スクリプトでは使えないので、使えるようにしただけのものです。 ご利用は自己責任となります。 ・残高表示(balamce)が0になるというバグがよく発生します。 原因が分からないので、ログに残高(blance)が出るようにカスタムしました。 ・転売はもちろん禁止です。 スクリプトの書き方に癖がありますし知識が無ければ分からないサインも入っていますので転売は見つけ次第、損害賠償をさせていただきます。 ・数列は、端と端を足すというルールで固定となっています。 シンプルなルールなのでこれを元にカスタムしてご利用下さい。 以下、スクリプト.

次の