女子アナ ランキング。 「嫌いな女子アナ」に変化 人気アナが続々ランクインのワケ|NEWSポストセブン

女子アナ年収ランキング|アナウンサー給料・月給一覧|テレビ朝日

女子アナ ランキング

彼女たちの明暗は、いかに視聴者に愛されるかで分かれてくる。 本誌・週刊ポストの読者調査(994人が回答)では、そこに「異変」が見えてきた。 「好きな女子アナ」の女王に輝いたのは、人気ナンバー1の水卜麻美アナ(32・日本テレビ)だ。 「やれパワハラだ、セクハラだと殺伐とする世の中で『会社大好き』を公言し、24時間テレビでも必死にマラソンしている姿に癒されました」(50代・男性) など老若男女からの絶大な支持を受ける。 オリコンの「好きな女性アナウンサーランキング」でも2017年に5連覇を達成した人気は盤石だ。 さらに、同ランキングで殿堂入りした水卜アナに代わって2018年に首位となった元NHKのアナ(50)は、本誌の調査でも3位に君臨している。 ところが、「異変」が起きたのは「嫌いな女子アナ」ランキングだった。 堂々の1位は「ぶりっ子キャラ」で圧倒的な知名度を誇り、2014年にTBSを退社したアナ(32)だ。 フリーになってからはそのキャラを活かし、「悪女」役で女優としても活躍の場を広めている。 注目すべきは2位以下だ。 これまで抜群の好感度を誇り、「好きな女子アナ」常連の有働アナが2位に。 同じように、フジテレビ時代には絶対的エースだったカトパンことアナ(34)が4位、そしてテレビ朝日の『報道ステーション』で報道系アナとして存在感を放っていた小川彩佳アナ(34)が6位と上位にランクインしたのだ。 3人に共通するのは、局アナとして全盛期に「フリー転身」を果たしたということだ。 そのため、「好きな女子アナ」でも上位にランクインしている。 元NHKの有働アナは日テレ系の『news zero』、元フジのカトパンは古巣の『Live News it!』、元テレ朝の小川アナはTBS『news23』で、それぞれメインキャスターを務めている。 芸能評論家の三杉武氏は「嫌いにランクインするのも人気のバロメーター」としながら、こう指摘する。 「フリーになると露出する機会が増え、局アナ時代とは違う立ち振る舞いが求められます。 そこでキャスターやタレント的な立ち位置に変わることでアンチが増えてしまうこともあるのです。 加藤さんと小川さんは新天地がまだ不慣れで自分の色を出し切れておらず、視聴者の不満が高まりやすい」 元テレビプロデューサーで上智大学教授(メディア文化論)の碓井広義氏は「クラブのママ」に例えて語る。 「3人ともフリー転身後に帯番組を持ちましたが、大金を積まれたクラブのママが常連客を連れて店を移ったようなイメージです。

次の

【女子アナ】歴代女性アナウンサー人気ランキング

女子アナ ランキング

テレビ出演時間タレントNO. 1のホラン 4月の番組改編を控え、2019年も各局の人気アナが続々とフリー転身を表明した。 変革期を前にした大手広告代理店は、フリーアナたちの出演番組などから、2018年度(2018年4月〜2019年3月)の全ギャラを算出し、ランキング資料を作成した。 また同時に、テレビ局や制作プロダクション関係者200人に「一緒に仕事をしたい/したくないフリーアナ」のアンケートを実施。 本誌は、その極秘資料2つの極秘資料を入手した。 テレビ朝日の小川彩佳アナ(34)、宇賀なつみアナ(32)TBSの吉田明世アナ(30)、宇垣美里アナ(30)ら、各局のエースアナウンサーが、一気にフリー戦線に参入してきた、2019年春。 「大型ルーキー」を迎え撃つ既存のフリーアナのなかで、2018年度トップを勝ち取ったのは、2億5500万円を稼いだ(30)。 「2018年のテレビ出演時間(1270時間45分)は、男女タレントを含めても1位。 青学大卒業後に留学した、オレゴン州立大からの帰国後に挑んだ民放キー局のアナウンサー試験で、全敗した過去を帳消しにする活躍ぶりです。 2019年2月のテレビ出演時間(111時間34分)も、男女通じて1位ですが、4月以降は、この勢いを持続するのは難しいのでは」(制作会社プロデューサー) 最高額を稼ぎ出したものの、「一緒に仕事をしたい」ランキングでは7位と振るわず……。 ホランに続くのが、2018年のテレビ出演本数(443本)で、女性単独タレント1位(ハリセンボンの近藤春菜が495本だが、単独出演は274本のため)、2億3000万円を稼いだ新井恵理那アナ (29)。 こちらも青学大卒業後、フジのアナウンサー試験に不合格し、その後セント・フォースに入社した過去を持つ。 「業界関係者からの『一緒に仕事をしたい』ランキングでは、39票で断トツ1位。 ビートたけしさんや所ジョージさんなどの大物にかわいがられているし、これからは彼女の時代が来るでしょう」(某局編成担当) NHKも含む、全キー局のレギュラーをコンプリートするのも、時間の問題だ、という評判だ。 もう1人、2018年度の全ギャラが2億円を超えたのが、2018年のテレビ出演本数(314本)で、女性タレントでも3位の夏目三久アナ。 しかし、出演中の『あさチャン!』(TBS系)の視聴率低迷に加え、「好調時と不調時の波が激しい」(某局プロデューサー)という声もあり、4月以降は頭打ちが懸念される。 また、「一緒に仕事をしたい」ランキングでは、4票で10位と低調。 4月から、古巣フジの新報道番組『Live News it!』のキャスター就任で、大幅アップが確実視される。 「同番組は平日帯なので、年間のギャラはこれだけで1億2500万円。 2019年度は、2億円を超えることは間違いない。 ただし、報道番組を持つことで縛りはキツくなる。 本人念願の女優活動は封印でしょう」(某局編成担当) 司会に女優にと、マルチに活躍しているカトパン、キャスター就任で一気にトップを狙う。 2019年度は、知名度の高い新規参入組がいるため、フリーアナの椅子の取り合いは、ますます熾烈を極めることが予想される。 次のページから、極秘資料の各ランキングを公開していく。 週給150万円で、年間7500万円 ・『バイキング』(フジテレビ系)週1日出演。 週給50万円で年間2500万円 ・全9番組レギュラーのほか、3社とCM年間契約(合計4000万円)。 週給250万円で年間1億2500万円 ・『真相報道バンキシャ!』(日本テレビ系)年間2000万円 ・『ポルポ』(テレビ朝日系)年間1000万円 ・2社とCM年間契約(合計1500万円)。 週給300万円で2018年10月からの半年で7500万円 ・不定期でNHKなど、そのほかのゲスト出演は基本1時間75万円 ・著書『ウドウロク』は20万部を突破し、印税収入も。 週給200万円で年間1億円 ・『ワイドナショー』(フジテレビ系)に不定期出演。 「仕事をしたくない」ランキングで1位の不人気ぶり。 ほかに地上波、BSでローカルも含めると全10番組でレギュラー(出演料は1時間あたり50万円)。 』(日本テレビ系)平日帯出演。 週給200万円で年間5000万円(2018年10月〜の半年)。 40歳を超えて、いまだに独身。 週給40万円で年間2000万円。 グレイヘアも話題に。 』(日本テレビ系)出演1回ギャラ10万円(コーナー出演なので安価。 金額は推定 次のページで、「一緒に仕事をしたい」「一緒に仕事をしたくない」フリーアナランキングを公開する。 ドラマのベッドシーンも好評の田中 【一緒に仕事をしたいフリーアナランキング】 ・1位/39票:新井恵理那 ・2位/25票:川田裕美 ・3位/22票:田中みな実 ・4位/15票:宇垣美里 ・5位/12票:滝川クリステル ・6位/8票:加藤綾子 ・7位/7票:小川彩佳 ・7井/7票:ホラン千秋 ・9位/5票:有働由美子 ・10位/4票:吉田明世 ・10井/4票:大橋未歩 ・10井/4票:夏目三久 【一緒に仕事をしたくないフリーアナランキング】 ・1位/35票:安藤優子 ・2位/28票:河野景子 ・3位/23票:脊山麻理子 ・4位/12票:神田愛花 ・5位/8票:宇垣美里 ・6位/5票:田中みな実 ・7位/3票:高橋真麻 ・7位/3票:宮崎宣子 ・7位/3票:阿部哲子 ・7位/3票:内藤聡子 ・7位/3票:徳永有美 ・7位/3票:雨宮塔子 ・7位/3票:美馬怜子 (週刊FLASH 2019年3月26日号) 外部サイト.

次の

「嫌いな女子アナ」に変化 人気アナが続々ランクインのワケ|NEWSポストセブン

女子アナ ランキング

入社日 名前 年収 月給 生年月日 1996年 森 富美 1116万円 55. 8万円 1973年11月21日 1997年 馬場典子 1108万円 55. 3万円 1974年10月24日 2000年 山下美穂子 1006万円 50. 3万円 1977年8月17日 2001年 杉上佐智枝 986万円 49. 3万円 1978年2月23日 2002年 佐藤良子 996万円 49. 3万円 1980年7月11日 2006年 石田エレーヌ 836万円 41. 8万円 1982年7月29日 2008年 小熊美香 796万円 39. 8万円 1986年3月25日 2009年 上田まりえ 736万円 36. 8万円 1986年9月29日 2010年 水卜麻美 676万円 33. 8万円 1987年4月10日 2011年 徳島えりか 621万円 31. 2万円 1988年9月10日 2012年 杉野真実 568万円 28. 8万円 1990年1月20日 2012年 久野静香 556万円 27. 8万円 1989年3月27日 2013年 郡司恭子 501万円 25. 2万円 1990年6月26日 2013年 後藤晴菜 498万円 25. 0万円 1990年4月 2013年 中島芽生 503万円 25. 4万円 1990年4月21日.

次の