豚肉の生姜焼き レシピ。 タモリの豚の生姜焼きの人気1位レシピ

豚の生姜焼きのレシピ/作り方:白ごはん.com

豚肉の生姜焼き レシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

家庭料理のプロに教わる、理想的な「豚肉のしょうが焼き」を作るために覚えておきたいこと

豚肉の生姜焼き レシピ

ご飯に合うおかずベスト3に入ると思われる「豚肉の生姜焼き」。 みんな大好きなおかずなので、 下味を付けてから焼くとか隠し味にヨーグルトを使うとかケチャップを使うとかお酢を使うとか片栗粉を付けてから焼くとか、いや小麦粉だとか玉ねぎも一緒に焼くと甘みが増すとかいろんなことをみなさん研究しておられますが……、 ゆきちゃめゴンはそんなめんどくさいことは一切しません。 材料は3つだけ!• 薄切りの豚肉 250gぐらい• すりおろした生姜 2かけ分ぐらい• めんつゆ(3倍濃縮のものを薄めずにそのまま使用) 大さじ3杯 以上! すりおろした生姜は面倒ならチューブのものでも大丈夫ですし、濃縮のめんつゆがない場合は [醤油大さじ1. 5杯、みりん大さじ1. 5杯] におきかえてもOK! あとは焼くだけ! なのですが、覚えておきたいポイントは2つ。 1つめのポイントがあるとすれば、あえて私は 薄めの肉がよいと思っています。 「生姜焼き用」といって売られているもののなかでも薄めのものを選ぶか、もしくはしゃぶしゃぶ用肉なんかもおすすめです。 薄い方がすぐ焼けるし、味もしみ込みやすくて簡単においしくなるのです。 あとは焼くだけ で、あとは焼くだけです。 まずフライパンに油をひき、 肉を乗せて行きます。 豚肉って、なぜか折りたたんだ状態でパックされていることが多くて、そのまま焼くと火の通りがよくないのでちょっと面倒ですけど広げてから焼きます。 これが2つめのポイントです。 というかこれぐらいしかポイントがないほど簡単なんですわ。 肉を広げながらフライパンへ。 焼けてきたら裏返します。 全体に火が通ったら生姜を投入。 生姜のいい香りがしてきます。 生姜が行き渡ったら、めんつゆをジャーっとかけちゃいます。 こんな感じにフツフツしてきたら完成! いざ、いただきます お皿に盛りつけて、と。 いいテリだ! おいしそう! いただきます! 「!」多すぎだけど気にしない! ご飯にワンバウンドさせ、少しタレをご飯にしみ込ませ、うぅぅ、たまらない! 生姜焼きとご飯のゴールデンコンビ、フォーエバー。 最後に キャベツとはよく合うので、個人的にはあったほうがいいとは思うのですが、野菜なんかいらん、肉! 肉! 肉だけあれば! という方はキャベツもナシでご飯に直接のっけて「生姜焼き丼」にしてもよいと思います。 むしろそっちのほうが豪快かもしれないですね。 とにかく簡単なので、ぜひトライしてみてください!.

次の

定食屋の味に近づく!生姜焼きを柔らかく仕上げる簡単テク

豚肉の生姜焼き レシピ

基本の生姜焼きのレシピ・作り方 生姜焼きのタレは基本的に全部同量。 醤油・みりん・料理酒・砂糖を1:1:1:1プラス生姜と覚えておくと、作る人数分に合わせて調整できますよ。 材料(2人分)• 豚ロース(薄切り) 300g• 生姜 2片• 料理酒(浸ける用) 大さじ1• 下準備・下ごしらえ 豚ロースを生姜の絞り汁と料理酒で浸けることで、臭みがなくしっとり柔らかく仕上がります。 生姜をすりおろし、 絞り汁は豚ロースに料理酒(浸ける用)と一緒にすり込んで10〜15分程度浸ける。 タレにも生姜の旨みを残したいので少し水分が残るように絞りましょう。 焼く フライパンに油をしき強めの中火で熱し、玉ねぎを入れサッと油が馴染むまで炒める。 玉ねぎを端に寄せて浸けておいた豚ロースを加え、軽く焼き色がつくまで焼く。 このとき重なってしまっても大丈夫です。 豚肉から出る水分を飛ばしながら、無理に焼き色をつけようとしないで全体が白っぽくなるまで焼いていきましょう。 タレを絡める 豚ロースが色付いたら、混ぜ合わせておいたタレを加えて水っぽさがなくなるまで煮詰めたら出来上がり。 味がぼやけないようにしっかりと煮詰めるのがポイント!豚肉をタレに絡めながら煮詰めましょう。 お好みで千切りキャベツを添えてお召し上がりください。 基本の生姜焼きのレシピ・作り方まとめ 子供から大人まで人気で日本人なら欠かせない「生姜焼き」。 しっかり濃いめのタレはご飯が進むこと間違いなし!わかりやすいタレの分量なので、一回作れば次からはレシピ要らずで作れますよ。 ぜひ全部同量の黄金比を覚えてみてくださいね。

次の