宿便 出し方。 宿便ってどんな便?家で宿便を出す食材やサプリ、方法とは

【宿便の出し方】最適な食べ物は梅干し 梅湯断食のやり方を紹介

宿便 出し方

Contents• 宿便はどのくらいの量、腸にあるの? 重さや色や形は? 宿便は誰にでもあるものです。 それ自体に問題はないのですが、あまり多くなると健康に悪い影響があります。 宿便の重さ 食べたものは24時間~72時間で排便されますが一部の便は腸内に残ってしまいます。 宿便は普通に排便のある人でも3kg~4kgほどあり、便秘のひどい人になると5kg~8kgにもなります。 宿便が溜まり過ぎると便から毒素が発生し、肌荒れや口臭、体臭の原因になることがあります。 宿便のある場所と色、形状 腸内細菌が死滅して腐敗が進むと黒くなるため宿便の色も黒っぽくなります。 死滅した細菌の量がさらに多くなると緑っぽい色に変わってきます。 形状は、腸内のヒダやシワの部分にひっかかっている状態のため塊ではなく、らせん状になっているか細長く伸びてひらひらしています。 また、長さは30cm~40cm範囲に広がっています。 宿便の臭い 腸内に残留している便の中には腐敗性の強い便と弱い便があります。 腐敗性が強い便は、強い毒素をたくさん出し臭い便になります。 腐敗性の弱い便は体に悪い毒素はほとんど出しません。 この腐敗性の強い・弱いは食べ物によって違い、動物性の食物は腐敗性の強い便になり、植物性の食物は腐敗性の弱い便になります。 それゆえ、牛や豚の肉や魚ばかり食べていると臭い便になってしまうのです。 宿便は便秘とどう違う? また、取り方は? 宿便も便秘も便が腸内に残ってしまったもので、排出されずに残ってしまった便は腐敗が進み、毒素を発生させてしまいます。 宿便と便秘の違い 宿便はひっかかって出てこない便であり排便できなくても不快感はありません。 しかし宿便が多くなると便通が悪くなり便秘の原因になります。 一方、便秘は腸の蠕動運動が不活発のために便が体外へ排出されない状態です。 便秘になると宿便が解消されず、さらに腸内に留まっている便が増えていくことになります。 便が増えると宿便の腐敗も進み毒素が体内に増えて腸内環境を悪くしていきます。 腸内環境が悪くなると便通が悪くなるだけでなく、さまざまな不調やストレスの原因になっていきます。 宿便の取り方 宿便は腸内のヒダやシワの部分に便がひっかかって出てこない状態なので、通常の排便で出すことは難しくなります。 そこで一般的に用いられるのが腸内洗浄です。 消化器科や美容クリニックなどの医療機関で行うことができ、老廃物や宿便をほとんど排出することができます。 自宅でできる方法としてはコーヒーエネマがあります。 専用のキットを使ってお尻の穴からコーヒー液をチューブで流し込み腸内を洗浄する方法です。 これは70年前にドイツで考案された方法で歴史のある健康法です。 ただし、大切なことは、普段から宿便を出す体質にしておくことです。 食物繊維の多い生野菜や果物をたくさん摂り、水分もたっぷり摂って便を柔らかくしておきましょう。 また、ウォーキングやジョギングなどのスポーツを日常的に行うことで腸の蠕動運動も活性化して宿便を押し出すようになります。

次の

宿便の量は重さにするとどれくらい?便秘との違いと色や形や取り方

宿便 出し方

Contents• 宿便はどのくらいの量、腸にあるの? 重さや色や形は? 宿便は誰にでもあるものです。 それ自体に問題はないのですが、あまり多くなると健康に悪い影響があります。 宿便の重さ 食べたものは24時間~72時間で排便されますが一部の便は腸内に残ってしまいます。 宿便は普通に排便のある人でも3kg~4kgほどあり、便秘のひどい人になると5kg~8kgにもなります。 宿便が溜まり過ぎると便から毒素が発生し、肌荒れや口臭、体臭の原因になることがあります。 宿便のある場所と色、形状 腸内細菌が死滅して腐敗が進むと黒くなるため宿便の色も黒っぽくなります。 死滅した細菌の量がさらに多くなると緑っぽい色に変わってきます。 形状は、腸内のヒダやシワの部分にひっかかっている状態のため塊ではなく、らせん状になっているか細長く伸びてひらひらしています。 また、長さは30cm~40cm範囲に広がっています。 宿便の臭い 腸内に残留している便の中には腐敗性の強い便と弱い便があります。 腐敗性が強い便は、強い毒素をたくさん出し臭い便になります。 腐敗性の弱い便は体に悪い毒素はほとんど出しません。 この腐敗性の強い・弱いは食べ物によって違い、動物性の食物は腐敗性の強い便になり、植物性の食物は腐敗性の弱い便になります。 それゆえ、牛や豚の肉や魚ばかり食べていると臭い便になってしまうのです。 宿便は便秘とどう違う? また、取り方は? 宿便も便秘も便が腸内に残ってしまったもので、排出されずに残ってしまった便は腐敗が進み、毒素を発生させてしまいます。 宿便と便秘の違い 宿便はひっかかって出てこない便であり排便できなくても不快感はありません。 しかし宿便が多くなると便通が悪くなり便秘の原因になります。 一方、便秘は腸の蠕動運動が不活発のために便が体外へ排出されない状態です。 便秘になると宿便が解消されず、さらに腸内に留まっている便が増えていくことになります。 便が増えると宿便の腐敗も進み毒素が体内に増えて腸内環境を悪くしていきます。 腸内環境が悪くなると便通が悪くなるだけでなく、さまざまな不調やストレスの原因になっていきます。 宿便の取り方 宿便は腸内のヒダやシワの部分に便がひっかかって出てこない状態なので、通常の排便で出すことは難しくなります。 そこで一般的に用いられるのが腸内洗浄です。 消化器科や美容クリニックなどの医療機関で行うことができ、老廃物や宿便をほとんど排出することができます。 自宅でできる方法としてはコーヒーエネマがあります。 専用のキットを使ってお尻の穴からコーヒー液をチューブで流し込み腸内を洗浄する方法です。 これは70年前にドイツで考案された方法で歴史のある健康法です。 ただし、大切なことは、普段から宿便を出す体質にしておくことです。 食物繊維の多い生野菜や果物をたくさん摂り、水分もたっぷり摂って便を柔らかくしておきましょう。 また、ウォーキングやジョギングなどのスポーツを日常的に行うことで腸の蠕動運動も活性化して宿便を押し出すようになります。

次の

【宿便の出し方】最適な食べ物は梅干し 梅湯断食のやり方を紹介

宿便 出し方

宿便ってこんなに出るの!?3日間のファスティングの効果 まずは最初に本当に出た宿便の写真がこれです。 宿便がちゃんと分かるようにトイレにトイレットペーパーを敷き詰めてその上に出した写真です。 お食事中の方もいらっしゃると思いますので、モザイク加工をしております。 気分を害される恐れがありますので興味のある方のみ読み進めて下さい。 宿便の出し方 断食(ファスティング)を試す 断食(ファスティング)とは 断食は、その名の通り「 食を断つ」ことです。 ある一定期間、食事を取らないことによって、体の自然治癒力を高め、 日常生活ではできないレベルまでデトックスができるのです。 本格的な断食は、 3日以上、食を断ち、飲み物も水のみとなります。 このような断食の場合は、 専門家の元で指導を受けながら行う必要があります。 日本にはいくつかの 断食施設(断食道場)があり、女優や政治家がオフのときに行くこともあるようです。 断食自体は、意外に誰でもできる 「 断食なんてできない!」という人でも、最初の数日を乗り越えることができれば、意外と続けることはできるものです。 私たちの体は、 食事で上がった血糖値が下がったときに強い空腹感を覚えるようにできています。 そのため、断食開始後の1〜2日は、上がっていた血糖値が下がっていくため、空腹感を感じやすい状態です。 それを過ぎると、今度は血糖値が低い位置で安定するので、あまり空腹感を感じません。 それどころか、頭がすっきりとして、心も穏やかになり、 今までに感じたことのないような集中力や至福感を感じる人も多くいます。 大切なのは断食後の「復食」 「 それなら、自分で何日も断食してみたい!」と思うところですが、注意しなければならないのは、断食後の「 復食(回復食)」です。 復食とは、断食が終わった後に、徐々に通常の食事に戻していく過程のこと。 断食した後の胃腸は、とてもデリケートな状態になっています。 断食明けからいきなり、普通の食事を食べるのが御法度。 重湯、具なしのみそ汁などから始め、3日程度をかけて、ゆっくりと通常の食事へと戻していきます。 断食自体は自分一人でできても、 この復食で失敗する人が多いのです。 自己流の断食では、断食を終えて、食べ物を口にした途端、猛烈な食欲に襲われて、手当たり次第に食べ物を詰め込むように食べてしまうケースが多く見られます。 しかし、そのような行為は、断食を行って繊細になっている胃腸に大ダメージを与え、断食の効果を台なしにするばかりか、体調を悪くしてしまう可能性があるのです。 だから3日以上に渡る本格的な断食は、一人では行わず、 専門家の指導を受けながら行う必要があるのです。 宿便を自分で出したい!自分でチャレンジできる酵素断食(ファスティング) しかし、宿便の出し方として非常に有効な手段である断食。 専門の施設に何日も泊まる時間も、お金もないけれど、断食で宿便を出したい、という人におすすめなのが、 自宅で一人でもできる酵素断食(ファスティング)です。 酵素断食とは、非常に栄養価が高く、かつデトックス効果が高い「 酵素ドリンク」を飲みながら行う断食のこと。 酵素によって必要最低限のエネルギー補給をしながら断食を続けることができるので、 安全に断食にチャレンジできます。 酵素ドリンクで断食を行う場合は、 1〜3日間を、 酵素ドリンクのみで生活します。 酵素ドリンクは、何十種類もの野菜・果物・海藻などを、天然酵母で時間をかけて発酵させて作られたドリンクです。 そこには、 天然酵素と 栄養素が、ギューッと凝縮されています。 宿便を効率的に出すためには、酵素の力が欠かせません。 酵素は、私たちの体にたまった毒素や老廃物を解毒して、体外に排出する手助けをしてくれます。 つまり、新たに入ってくる固形物の食べ物を断って、デトックス効果のある酵素を補給することで、腸は解毒作業に励むことができます。 その解毒作業の結果、たまりにたまっていた宿便も、自然と排出することができるのです。 2日〜3日目に、宿便がドサッと出る人が多いようです。 本当に宿便が出るかどうか筆者が実際に試してみました。 宿便が出る気配無し。 酵素断食1日目 酵素断食には酵素ドリンクが必要です。 私が断食のお供に選んだのが 優光泉(ゆうこうせん)という酵素ドリンクです。 販売しているエリカ断食道場という会社は 断食を何十年も専門でやっている会社で、@COSMEのドリンク部門でも常に上位にいて宿便が本当に出た!という口コミも多数見受けられました。 使われている 原材料も自然の物だけで安心出来ます。 購入したのは 優光泉ハーフ2本セットでスタンダードな味と梅味の2つのハーフボトルと、優光泉を割るための炭酸水も2本入っていて 約8千円。 価格はちょっと高めです。 3日間飲み食い出来るものはわずかこの酵素ドリンクと水だけ。 酵素ドリンクであれば一日に何回でも(9回以上)飲んだらよいという事です。 家では 優光泉と 梅干のみで過ごします。 お腹が空いたと思ったら 優光泉を飲んではトイレへ行って尿を出すを繰り返しました。 尿だけが出て宿便どころか、便は一回も出ませんでした。 予想に反して、酵素の力か炭酸水のおかげか分かりませんが お腹が減って我慢できない!という事はありませんでした。 あまり活動してお腹がすくのも嫌だったのでその日は早めに就寝。 便が出るも普通の便。 酵素断食2日目 2日目はどうしても外出する用事が外せなかったので 優光泉を一緒に入っていた炭酸水で割りペットボトルに入れて持ち歩きました。 1日で500mlペットボトルを3~4本消費していました。 炭酸なので飲むとかなりお腹が膨れて空腹感を紛らわせてくれるので、2日目もお腹が空いて辛いという事はありませんでした。 丁度お昼を過ぎた頃、 急に便意が襲ってきました。 これは!ついに宿便が出るか!と思い公衆トイレに駆け込んでみた所。 バナナのような巨大な便が出てきました。 便は出たものの、お腹の中はスッキリしない感じが残っていました。 色や形も今まで見た事のある便だったので、これは残念ながら宿便ではありません。 酵素断食も便通は良くなるけど、やっぱり宿便は出ないのかと2日目にしてがっかりしてしまいました 奇跡の大逆転。 酵素断食3日目 断食は元々3日間と決めていて、その間に出なければもう宿便を出すのは諦めようと思っていました。 1日目、2日目までは何も音沙汰がなかったのでダメなのかと思っていましたが、3日目の夜に宿便が出てくれたのです。 これは、絶対に宿便だ。 確信を持つほどの 形、 臭い、 色でした。 宿便が出る前のお腹の状態 宿便が出る前は、普通の便が出ても何だかお腹の中にまだ 便が残っているような違和感がありました。 お腹がゴロゴロするとか痛い、張るという事はないものの、下腹が重いような気がしていたのです。 何も食べていないのですが炭酸効果で張って、尿を出しても出しても普段よりもお腹が重い気がしました。 お腹は妊娠しているかのように、 ちょっと前に突き出していました。 1日目2日目は腹痛もなかったですが、断食3日目になると やたらとお腹がギュルギュルと鳴るようになりました。 おへその下辺りに痛みを感じ、下痢をした時のようなお腹を突き刺す痛みが1時間に数回ありました。 脂汗が出るとか、痛みで眩暈がするといった事はないのですが、とにかくお腹から変な音が聞こえて痛みも朝からずっとありました。 そのまま夜になり 急に便意がやってきました。 下痢の時のような本当に急な便意で これは宿便かも!と思い慌ててトイレへ駆け込みました。 するといつもなら多少力まないと便が出ないのに、この時ばかりはお尻から するするっと重力に任せるかのように便が出ていく感覚がありました。 下痢をよくする人、もしくは風邪や便秘で浣腸剤を使った事のある人なら同じ感覚を味わった事があると思いますが、「 抗えない感じ」です。 もう出るに任せるしかないといった感じでした、体感10分くらいに感じましたが、実際宿便が出切ったのは2~3分だと思います。 宿便が出た後のお腹の状態 宿便が出た後は特にお腹が痛いとか、今までのようなお腹にまだ便が残っているような感覚もなかったです。 ただただ「 全部出てスッキリした」という爽快感がありました。 あんなに張って突き出していたお腹もへっこんで平らな状態となっていたのです。 宿便の状態 ここまで長いものは見た事ないという程、 ひと繋ぎになっていました。 今までだったら途中で千切れてしまったり、かなり短い状態しか出なかったのに、今回は腸の形そのままのように出ていたのです。 頑張って要らない菜箸で伸ばしてみたのですが、そうやっている間も全然便が千切れなくて、粘着質で驚きました。 臭いはいつもの便が更に臭くなったような感じ、色はかなり黒かったです。 宿便を出した後の変化 宿便を出した後に感じた事は ・体が軽くなる感じ、圧倒的な爽快感 ・出した事による今まで味わった事のない達成感 ・折角綺麗にした腸を汚さないように食生活を見直すきっかけになる ・確実に体重、腹囲が減る 腹囲は77cmだったのが、宿便を出した後は4cm細くなっていました。 宿便を本気で出したいなら酵素断食 お茶を飲むだけとか、サプリメントや薬を飲むだけとか、そんな 甘いやり方では宿便は出ませんでした。 私は、ここに書いた以外にも宿便を出すために黒酢のサプリメントを飲んでみたり、植物性の便秘薬を飲んでみたりしていました。 しかしどれも宿便を出す事は出来ませんでした。 実は宿便を出すのに断食は効果があると言われているのは最初から知っていたのですが、できるなら簡単な方法で宿便を出したいという甘えがあったのだと思います。 でも最初から断食で3日間我慢すれば( やってみたらそんなに苦ではなかったけど)宿便が出たのです。 断食は慣れればいろんなやり方があると思いますが、初めての方は断食専門の酵素ドリンク 優光泉を使うのがいいと思います。 約8千円かかりますが、開封後でも30日以内であれば、「味が合わない」「まずい」「お腹が減る」など どんな理由であっても返金してくれる保証がついているので、やってみてダメだったら返金すればいいと思います。 あなたも酵素断食で宿便を出して、 何十年分たまった腸のデトックスしてみて下さい。

次の