モルデ カイザー opgg。 LOL モルデカイザーのビルドや使い方、立ち回りなどを徹底解説!

モルデカイザー(Mordekaiser)

モルデ カイザー opgg

opgg リプレイ 保存する方法 さて、ここからはopggという サイトを使ってリプレイを保存する方法を 解説していきます。 手順は簡単なのでぜひ利用してみてね。 まずは試合を開始しないといけない まずリプレイを保存したければ lolで試合をしないといけません。 そうしないと『録画する』のボタンが 出てこないからだ。 なのでlolで試合をしよう! opggにアクセスして自分の名前を入力しよう lolで試合が始まったらopggにアクセスして 自分のサモナーネームを入力し サーバーをJPに合わせて検索しよう。 opggで現在行われているゲームのボタンを押そう opggで自分の名前を検索したら 自分の戦績ページが出てくるはずだ。 ここで『現在行われているゲーム』ボタンを 押そう。 すると現在行われているゲームの 対戦相手と味方の情報が表示される。 opggで録画するボタンを押そう opggで現在行われているゲーム欄の 右上に『録画する』ボタンがあるので そのボタンを押そう。 これでopggでリプレイが保存されるようになる。 あとはゲームが終わって5分くらいかな? これくらい待てばリプレイの保存が終わる。 opggでリプレイが保存された場合のアイコンはコレだ! さてopggにリプレイが保存されると このようにアイコンが表示されます。 アイコンをクリックすると バッチファイルをダウンロードしますかと 聞かれるので 保存するか実行を選択します。 バッチファイルを実行すると リプレイ動画が始まります。 opggのリプレイでプレイヤー視点でみたい場合 リプレイの試合で プレイヤーの視点で見たい場合は 左下のカメラ変更ボタンを押して プレイヤー名を選択すれば プレイヤー視点でリプレイを見る事が出来ます。 opggでリプレイが見れないのはなぜ!? replay. ggの章でも書きましたが lolってパッチ更新が頻繁に行われます。 その影響もあってパッチが更新されたら 古いパッチで録画されたリプレイは 見れなくなります。 なので、長期に渡って 見直したい試合がある場合は 動画録画ソフトなりを使って 保存しておく必要があります。 パッチ更新で古いリプレイは見れなくなります。 だいたいはロード画面で 誰も接続してない状態が 続くのではないでしょうか。 私の場合はこんな感じでしたね。

次の

【画像】ゆたぽんがモルデカイザー練習してて草

モルデ カイザー opgg

去年までは、ランクではそこそこ使い込んでいる3人くらいしか出すつもりがなかった。 しかし最近になって、あまり使っていなかったイラオイやモルデカイザーなんかを試しに使ってみたら意外と動かせてしまった(自分の中では)。 これくらいのレベルでいいなら10人くらいは出せそうな気がするので、ちょっと後出しについてopggを眺めながら考えてみることにする。 なお全キャラ考えるのは大変なので俺がよく見かけるキャラについてのみ話します。 (今回も例によってアイアン認識なので、ちゃんとしたLOLプレイヤーの皆さんは参考にしてはいけません) 基本的には ・徒歩ファイターはアサシン(アサシン寄りのファイター含む)に出す。 ・アサシン(同上)はレンジに出す。 ・レンジは徒歩ファイターに出す。 みたいな感じにゲームが作られているはずなのだが、例外が多すぎていかんともしがたい。 メレーでスキル射程が短い相手にはだいたいガレンを出す。 けど避けるの前提みたいなキャラなので、なるべくならもっと簡単に勝てるキャラを出したい。 しかも徒歩レンジにも強い。 けどスキル当てなくちゃいけないのがややネック。 けど触手当てないといけないので、もっと簡単に勝てるキャラいないかなと思っている(昔のパンテオンみたいなスキル絶対当たるやつ)。 なんか今調べたら10. 1では別にレンジ相手に勝率高くないな。 考えが間違っているかも知れない。 レンジ相手にする分にはレネクトンやイラオイより強い気がする。 今は対モルデ専用で考えているが、タンク全般にも出せそうな気はしている。 けどオーン以外のタンク今ほとんど見ない。 序盤ちょっとキル持っても相手にセーフプレイされると崩すことが出来ずにそのうち逆転される。 今のところケイルフィオラトリンにはレネクトンを出している。 ・その他のよく知らないキャラ その都度opggで調べて適当に選ぶ。 ガレンが悪くないならガレンを出している。 ハラスをする余裕が足りなくて相手の体力を全然減らせない。 またはハラスしまくっているとCSボロ負けして、先にリコールさせたとしてもどんどん不利になる。 ・ヤスオ、イレリア、クレッド レンジ全般とヨリックにすごく強いはずなのだがやはり難しい。 ヤスオはノーマルで10戦くらいは使ってると思うがKDA平均0. 5という記録を叩き出した。 普段はマッチアップを調べる時にopggを参考にしている。 試合勝率だけじゃなくてレーン戦のキル差とか時間帯ごとの金銭差とかも見れるのでどういう試合展開になるのか想像しやすい。 だが、キャラ同士に変更がなくても統計上の勝率は大きく変動したりするのでイマイチ当てにならない感じもする。 数パッチにまたがった勝率とか見れないもんだろうか。 理想の後出しのイメージはレネクトンにガレンを出した時。 序盤からまぁまぁ有利なのに時間が経つほどますます有利になり、しかも難しいプレイも必要ない。 全キャラに対してこれくらいラクなマッチアップを用意したい。

次の

【画像】ゆたぽんがモルデカイザー練習してて草

モルデ カイザー opgg

スキルオーダー モルデカイザーのスキルオーダーはR<Q<E<Wです 理由は単純明快にQとEはダメージとクールダウン短縮の恩恵が大きいのと、 Wはスキルレベルを上げてもクールダウンしか減らず、 頻繁に使うスキルでもないので後回しだからです。 ビルド ファーストアイテム モルデカイザーはファーストアイテムでドランシールドを選択します。 理由はモルデカイザーは徒歩チャンピオンな上レベル6までの戦闘はあまり強くなく、 唯一のエンゲージ手段のEもスキルレベル1ではクールダウンが驚くほど長いので 基本的に1vs1が最強レベルになるレベル6まで耐えることが目的だからです。 たまにダークシールと詰め替えポーションを選択するケースがありますが、 マナ増加がモルデカイザーにとって無駄なスタッツになってしまう点と、 ファーストリコールまでの耐える性能はドランシールドの方が圧倒的に高いので、 レベル6までが余裕で、対面をソロキルできそうな時以外は選択しません。 また、ダークシールはガンクにもより弱くなってしまうので ガンクに弱いモルデカイザーにとっては ハイリスクなアイテムになっています。 初手プロトベルト プロトベルトは徒歩チャンピオンであるモルデカイザーの モビリティと、長く殴り合うための体力、そしてAPをくれる モルデカイザーにとってぴったりのアイテムです。 クリスタルセプター クリスタルセプターはモルデカイザーが 一度捕まえた相手を逃さないようにするアイテム選択です。 クリスタルセプターができた後のモルデカイザーは パッシブの嵐で敵にスロウが着き続けるので モルデカイザーから逃げられなくなります。 ライアンドリーの仮面 ライアンドリーの仮面はモルデカイザーの継続ダメージを強化する上に、 中盤以降集団戦の真ん中で耐え続ける耐久力も与えてくれます。 ブーツ ブーツは敵や対面を見て 基本的には忍者足袋かマーキュリーブーツのどちらかを選びましょう。 ソーサラーシューズは耐久力が得られないので タンクの役割も期待されるモルデカイザーには ハイリスクな選択となっています。 ルーン モルデカイザーは征服者を選択します。 征服者のスタックを貯めるのが容易な訳ではありませんが、 スタックが溜まった後のモルデカイザーはパッシブのAOEダメージにより回復し続け、 敵に継続的に無視できないダメージを与え続けることができる点が強いです。 また、集団戦ではRで敵を一人キャッチして7秒後1vs1をするので その7秒間に征服者のスタックを貯めることができ、 Rが終わった後には征服者のスタックが溜まって パッシブを発動したモルデカイザーが突然現れることになります。 パッシブのダメージはAOEなので回復量がえげつない上、 Wのシールドもあって ダメージをばら撒きながら謎の耐久力を持つラスボスにになります。 これによってモルデカイザーのパッシブが発動し、 殴り合いにほぼ負けなくなります。 敵がAAを入れる前にブリンクなどで距離を取った場合には プロトベルトを持っているときはプロトベルトのアクティブで追いかけて 追加のAAを一発入れてパッシブを発動させてください。 コツとしてはQに若干の詠唱時間があるので、 Eで敵を引き寄せてからQを打つのではなく、 Eで敵がこちらに来る途中にQが丁度当たるように 若干早めにQを打つことです。 そうすることでその後のAAを入れるまでが早くなります。 Wは敵が殴りあってきた場合に発動してシールドでダメージを低減しましょう。 ですがWはモルデカイザーの下のゲージによって量が変わるので、 できるだけパッシブので与えるダメージなどで ゲージを溜めた後に発動するとお得です。 ブリンクやフラッシュで即座に逃げる可能性がある場合は AAを入れる前にRを使ってもいいです。 モルデカイザーの立ち回りがわかる レーン戦 レベル6までは耐える モルデカイザーはレベル6まで殴り合いがそこまで強くありません。 また、スキルファイターなので 序盤のスキルのクールダウンが長い時間は辛いです。 そしていちばんの問題はガンクに弱いことです。 なのでレベル6まではあまり無理をしすぎないように ワーディングをして、ダイブなどもされないように 高いHPを保つことを心がけましょう レベル6パワースパイク モルデカイザーのレベル6はほぼ最強で、 クインやダリウスなど殴り合いがめちゃめちゃ強いやつ以外にはほぼ負けません。 なので、レベル6以降はEが当たったと時には自信を持って殴り合いましょう ジャングラーにR そしてモルデカイザーの特徴の一つとして レベル6以降はガンクに超強いというものがあります。 モルデカイザーは逃げスキルがほぼないので、 レーンを深くプッシュしている時にガンクされたら 敵のジャングラーにRをかけて倒してしまいましょう。 たとえ倒し切れなくてもよほどHPが減っていない限り モルデカイザーとの1vs1に勝てるジャングラーはいませんので 倒し切れなくてもジャングラーを瀕死にして ガンクを回避できることがよくあります。 Wの空打ち モルデカイザーのWは再発動で シールドの半分をHPに変換する能力があります。 そのため、ダメージトレードが終わった後にWが余っていたら 空打ちして体力を回復しましょう。 モルデカイザーはマナを持たないので、 溜まったゲージをWでHPに変換してサステインを得ることで 敵よりも体力で有利になれます。 Eは慎重に モルデカイザーのスキルは パッシブを発動させるためにあると言っても過言ではないので、 QとEどちらもクールダウンが上がっている時に戦い始めたいのですが、 モルデカイザーのEは序盤びっくりするくらいクールダウンが長いです。 そのためむやみに打ってしまうと 敵へのプレッシャーがなくなり、 不利なダメージトレードや、 レンジチャンピオン相手の場合めちゃくちゃハラスされたりしますので Eはあまりむやみやたらに打たないようにしましょう。 集団戦 フォーカスは敵の倒せそうな奴に即R モルデカイザーは集団戦が始まったらできればキャリーがベストですが、 キャリーにRをかけれそうにない場合はタンクではなく、 Rの効果時間中に倒し切れそうな奴にRをかけましょう モルデカイザーのRには倒した敵のステータスを 敵の復活まで吸収する能力があるので、 Rの効果時間中に征服者とパッシブを発動し、 ステータスも盗んで7秒後最強となって集団戦に舞い戻ってきましょう できればサポートは狙いたくないところですが、 モルデカイザーはRが終わった後に準備万端で集団戦に戻ってくるのが強いので、 出来るだけ早めにRを使って、 できるだけ早く最強になって戻ってきてください。 Rでエンゲージもあり モルデカイザーのRはキャッチにも優れています。 あまり射程は長くないですが、 Rをかけると必ずキャッチできるので、 7秒後に帰ってきた後に自分の味方がサポートしてくれるような状況なら Rをエンゲージに使うのもありです。 サッシュを持っている敵にRを使わない モルデカイザーのRはCC扱いなので、 サッシュ(クイックシルバーサッシュというアイテム)で解除されてしまいます。 そうなると実質Rがない状態で戦わなければならないので モルデカイザーのパッシブや征服者をため切るのも困難になり、 強みを発揮できません。 そのため、いくら敵のキャリーが目の前にいても サッシュを持っている場合はRをかけるのは無駄なので諦めましょう。 モルデカイザーについての補足情報 モルデカイザーの強いところと弱いところがわかる モルデカイザーの強いところ サッシュを強制できる モルデカイザーはFからのRや、 自分の近くに飛び込んでくるチャンピオンをRで確実にキャッチできます。 そのため、集団戦が強いアサシンや、ファイターなどは活躍するために サッシュの購入を余儀なくされ、 サッシュの値段の1300G分を使わされるばかりか、 アイテム欄も1つ埋めることができます。 レーンで勝つと止めれない モルデカイザーは一度レーンを勝つと、 敵がロームやガンクに来てもRによって1vs1ができるので 止められなくなります。 そのため、Rをシャットダウンゴールドを持っている敵にかけることで どんどんゴールドを貯めることができ、 育ちやすいです。 モルデカイザーの弱いところ コケると無理 モルデカイザーはRでの1vs1に勝てなくなると存在意義を失います。 なので序盤コケすぎて、敵が 「Rをかけられてもあまり怖くない」 という状態になるともうダメです。 なのでモルデカイザーのいちばん弱い レベル6までの時間帯に何としてもコケすぎないように注意しましょう べた足 モルデカイザーはプロトベルトやクリスタルセプターで 足の遅さをなんとかごまかしていますが、 本当にディスエンゲージが強い敵や、 モビリティが高い敵には追いつけません。 モルデカイザーのRは7秒間タイマンできますが、 逆に7秒間やり過ごされるとほぼ無意味なスキルになってしまいますので、 Rをかけた後にどう敵を倒しきるかというプランも少し練る必要があります。 なのでもしも味方がぼろ負けしていると モルデカイザーがRをかけた敵を倒しても、 R終了後に帰ってきた世界で生き残った敵にボコボコにされる可能性があります。 なので、Rを打った後に集団戦になりそうな場合は その集団戦で勝てるかどうかも考えてRを打つ必要があり、 絶対に勝てない状況になるとRも打ちづらくなり、 モルデカイザーの強みが削がれてしまいます。 モルデカイザーの得意チャンピオンと苦手チャンピオンがわかる モルデカイザーの苦手とするチャンピオン モルデカイザーの苦手とするチャンピオンは、ジャックス、クイン、フィオラです。 ジャックス ジャックス相手はコンボのAAをEで防がれてしまい、 もっと言えばジャックスのEにはAOEダメージスキル低減効果もついていますので、 E、Qダメージもカットされてしまいます。 そのため、ジャックスがモルデカイザーのEに当たると思ったときに 相手もEを詠唱すれば、モルデカイザー側は ダメージも低減され、パッシブも発動できません。 そればかりか、Eで引き寄せているのでジャックスのEのスタンをもろにくらい 殴り合いに負けてしまいます。 また、スケーリング(後半の強さ)も圧倒的にジャックスに分があり、 ジャックスが魔法防御を買って、TF、ともう一つコアアイテムができるくらいになると Rをかけても確実に勝てなくなり、厳しい思いをすることになります。 また、モルデカイザーのEとジャックスのEのスキルのクールダウンは 同じくらいなので、 毎回モルデカイザーのEに合わせてジャックスがEを使ってくると 一生ダメージ効果に勝てません。 唯一の勝ち筋としてはQでハラスをして体力を削った後に Rでキャッチして強引にキルするくらいです。 フィオラ フィオラ相手はEを見てからWで返されてしまうため、 そもそもEで引き寄せることができません。 しかもモルデカイザーにはフィオラのWを避ける術がないので、 Eを打つと逆にスタンさせられるということになります。 また、モルデカイザーはRをかけた後敵を追いかけなければならないので フィオラがRで返してくると弱点を守りきるのが難しく、 弱点を全て割られると逆にキルされたり、 そこまでいかなくても回復フィールドで倒しきれないという事態になります。 なのでフィオラとのレーン戦もジャックス同様 Qでハラスをして体力の有利をつけるくらいしかありません。 クイン クイン相手はレベル6までのレーン戦がハゲつほどきつく、 CSをろくにとることすら叶いません。 また、レベル6以降もクインがフェイズラッシュを持っていると RをしてもクインのEとフェイズラッシュを駆使して 逃げ切られてしまうことが多いです。 勝率 データ上でも勝率は ジャックス 48. モルデカイザーの得意とするチャンピオン 逆にモルデカイザーが得意とするチャンピオンは マオカイ、シェン、イラオイです。 マオカイ マオカイは単純にモルデカイザーを倒しきる火力がなく、 ハラス手段であるQも当てようと思えば モルデカイザーのEの射程に入ってしまうばかりか、 詠唱のモーションの間に確実に当てられてしまうので モルデカイザーはレベル6までガンク合わせにさえ気をつければ レーンで負けることはありません。 シェン シェンはモルデカイザーに殴り合いで勝つことはできない上、 シェンのRをモルデカイザーはEとRどちらでも止めることができます。 ですがそもそも論としてRが自身の戦闘に使えないシェンは レベル6以降モルデカイザー相手にプッシュの主導権を明け渡すしかないので そもそもRで飛ぶタイミングもあまりなくなります。 また、集団戦や少数戦でもシェンがRをつけた相手に モルデカイザーがRを打つとシェンはシールドしか渡せないため カウンターとなっています イラオイ イラオイの触手はモルデカイザーがRを使うと 異世界に来ることができません。 そのため、イラオイのRは実質ないようなものになり、 モルデカイザーにRを使われた時点でイラオイは逃げるしかありません。 これはレーン戦での1vs1でもですが、 集団戦でも異世界に連れ去られてしまうので イラオイの一番強い瞬間を モルデカイザーは完全にカウンターすることができます 勝率 データ上でも勝率は マオカイ 57. 間違いなくゲームをぶち壊す能力があるので、ぜひ使ってみてくださいね! 最後にモルデカイザーのカウンターの【セト】についても記事を書いてみたので モルデカイザーに苦しんでいる人は見てみてくださいね!.

次の