外貨預金 レート 比較。 外貨自動積立

三井住友銀行 > 外貨預金 > 外貨預金サービス内容一覧

外貨預金 レート 比較

預金でも高い金利がつく外貨預金は、預金や投資を行う上で選択肢の1つになるわけですが、 外貨預金の銀行選びには 3つのポイントが重要となります。 まず1つが 手数料です。 外貨預金の際にかかる手数料は日本円を外貨で預け入れる時、外貨を日本円にて払い戻しをする時にかかる為替手数料のことで、その金額によって収益額にも影響を与えてしまいます。 もう1つ気になるのが 金利です。 金融機関によって同じ通貨でも金利は大きく異なってしまいます。 そして、最後に重視したいのは選べる 通貨の種類です。 外貨預金の基本は円高時に預け入れを行い、円安時に払い戻しをすることが基本となり、その時々で狙う通貨も変わってくるからです。 それでは以上3つの条件を備え、さらにその他のサービスも充実している おすすめの銀行3選を、今回は徹底的に比較・解説していきたいと思います。 外貨預金とは 外貨預金とは、米ドルやユーロ、イギリスポンドなど日本円以外の通貨で預金しておくことをいいます。 預金の仕組みは基本的に円預金と同じです。 円預金と外貨預金の何が異なるかというと、 日本円を外貨に両替してからその外貨の預金をする、 預金方法になります。 まずは、外貨預金の基本を押さえておきましょう。 為替レート 外貨預金をする上で最も重要な要素となるのが、 為替レートです。 世界には国別に様々な通貨があり、1つの通貨から別の通貨に両替を行う時には、基準となる価格が必要になります。 この価格は、世界経済の動きや各国の様々な情勢によって、 常に変動しています。 今日の朝100円を米ドルに両替したら112円だったとしても、夕方には113円になっている場合があるのです。 このように通貨の換金基準を定めたものが為替レートといいます。 為替差益 「円高・円安」という言葉をよく見聞きしますが、通常「円高・円安」とは米ドルに対して円が今高いのか、安いのかを表したものです。 1ドル紙幣を購入するのに日本円が少なくて済むということは、ドルに対して円が高いことを意味しています。 これが円高です。 1ドルを購入するのに多くの円が必要で、1,000円で10枚購入することができません。 ということは1ドルが100円の時よりも円が安くなっているということになります。 これが円安です。 外貨預金の主軸となる仕組みは、円高の時に外貨を購入して円安の時に日本円で払い戻しをすることで利益を出す投資方法になります。 例えば、 1,000円で10枚の1ドル紙幣を購入しました。 1ドルが110円の時に、この10枚の1ドル紙幣を円に換金しました。 (100円硬貨という商品を購入) そうすると手持ちのお金は1,100円になりました。 この場合1,000円で購入したドルが1,100円となり、100円多くなっています。 これを 為替差益といいます。 為替レートは常に変動しているので、その時のレート次第で外貨両替を行った時に利益が出たり、損失が出たりします。 この為替レートを利用して、利益を得る方法が外貨預金になるのです。 (為替差益による利益が20万円を超えた場合は課税対象となります) この投資方法をもっとスピーディにもっと大きな額で取引できるように発展したものがFXと呼ばれる投資方法になります。 外貨預金のメリット・デメリット では、外貨預金のメリット・デメリットは何なのか確認しておきましょう。 メリット• 為替差益で利益を得ることができる• 金利が円よりも高くなる• その国の通貨を外国で使える• 初心者でも簡単に始めることができる デメリット• 為替差益で損失を出す可能性がある• 預金保護法の対象とならない• その国の通貨で引き出せない場合がある• 換金する時には手数料がかかる などのメリット・デメリットが外貨預金にはあります。 大きな損失をだしてしまうリスクがありますが、その代わり、円預金では決して得ることのできない利益を期待することも可能となるのです。 まず、銀行を選ぶ際に重視したいのが 手数料や 金利、そして、取り扱っている 通貨の種類です。 この3つのポイントについて詳しく解説していきます。 手数料 外貨預金を行う際には、日本円から外貨、外貨から日本円に両替(換金)する度に原則として為替手数料が発生します。 預け入れる時の為替手数料は、 金融機関や通貨によって異なります。 また、窓口を利用するかインターネットを利用するかによっても大きく異なるので注意して下さい。 為替手数料は、米ドルのように取引数が多くメジャーな外貨ほど安くなる銀行が多くなりますが、銀行によって様々です。 一回の両替(換金)でかかる手数料は、20銭~50銭が相場となります。 ネット銀行の為替手数料は一般の銀行に比べると手数料が安くなる傾向にあります。 金利 外貨預金は総合的にどの通貨を選んだとしても、円預金よりは高い金利がつき、各銀行によって金利も大きく変わります。 外貨預金の金利は円預金と同様に、普通預金よりも定期預金の方が高いです。 各銀行で設定されてある金利は、各国の 政策金利の利率によって大きく左右されます。 以下の表は、各国の政策金利を比較したもので、日本とスイスはマイナス金利を適用しているので当然預金につく金利も低いです。 ユーロも金利ゼロ%前後となりますので、やはり外貨預金の金利は低めになっています。 1~0. 5%、定期預金で2. 0%前後です。 トルコ、ブラジルなどの高金利国の場合だと外貨預金の金利は高くなります。 315%の税金が差し引かれます。 通貨の種類 米ドルほとんどの銀行で取り扱っていますが、その他の通貨は各銀行によって取り扱いが異なります。 米ドル、ユーロ、豪ドル、カナダドル、NZドルのメジャーな通貨5種類であれば、取り扱っている銀行は多いです。 それ以外の通貨、イギリスポンド、南アフリカランド、ブラジルレアル、トルコリラ、中国人民元などの 通貨を取り扱う銀行は数段少なくなります。 外貨の種類がポイントとなる理由は、預け入れる時期によって、今後利益を生みやすい好ましい通貨は違ってくるからです。 外貨預金は円高時に預け入れて、円安時に払い戻しをすることが基本です。 例えば現在ですと、米ドルは113円のレートとなっています。 近年の対米ドルの動きから考えれば、現在は円安傾向が強いといえます。 先のことは誰にもわかりませんが、今現在、米ドルで預金をするのはリスクが高いと言えます。 他の通貨で円が高い傾向にあるものを選んだ方が利益を出しやすくなるのです。 となれば、やはり通貨の 選択肢の多い銀行が有利だといえます。 外貨預金おすすめ銀行3選! 外貨預金の銀行選びは、上記でご説明したように、 手数料・金利・通貨の種類がポイントとなります。 この3つのポイントを重視しておすすめの銀行を3つ選んでみました。 ネット銀行であれば、この3点をクリアする銀行はいくつかあり迷うところでもあります。 そこで、さらに、その他サービスの付加価値も考慮すると以下の3つの銀行がおすすめです。 じぶん銀行• 住信SBI銀行• ソニー銀行 それでは、外貨預金おすすめ銀行3選それぞれの特徴を詳しくご紹介していきましょう。 じぶん銀行 じぶん銀行の外貨預金は、 預け入れ時の手数料が無料になることや、定期預金の 新規金利プレゼントがあることなどが魅力です。 じぶん銀行の外貨預金サービスには、普通預金、定期預金、自動積立、AI外貨予測、外貨受取、外貨マーケット情報などがご利用頂けます。 三菱UFJ銀行かauIDをすでに持っている場合は2、3分で口座開設できるので便利です。 取り扱い通貨 米ドル、ユーロ、豪ドル、南アフリカランド、NZドル、ブラジルレアル、人民元、韓国ウォンの8種類になります。 メジャー外貨4種類に加えて、ブラジルレアル、人民元、韓国ウォンなど他行ではあまり見られない通貨の取り扱いがあることもじぶん銀行で外貨預金をするメリットです。 手数料 じぶん銀行の外貨預金は、普通・定期預金とも以下の手数料がかかります。 預け入れ 全8通貨無料となります。 払い戻し 米ドル 1. 05~1. 80% ユーロ 0. 02% 豪ドル 1. 05~1. 50% 南アフリカランド 6. 0~7. 0% NZドル 1. 65~2. 25% ブラジルレアル 3. 30~3. 80% 人民元 1. 0~1. 新規金利プレゼント じぶん銀行定期預金を円普通預金から初めて預け入れる際には、金利(年率)5%相当の現金プレゼントが適用となります。 通貨についてくる金利にプラスされて満期時に受け取る利息に加算されます。 住信SBIネット銀行 住信SBIネット銀行は全体的にどの通貨も 格安レベルの手数料となり、さらに短期の 定期預金では特別金利がつく事が魅力です。 とくに、メジャー通貨の米ドルがたったの4銭です。 住信SBIネット銀行の外貨預金サービスには、普通預金、定期預金、仕組み預金、外貨受取・送金、外貨振替、外貨即時決済などがあります。 SBI証券に連結できるのが便利です。 取り扱い通貨 取り扱いの通貨は、米ドル、豪ドル、NZドル、カナダドル、ユーロ、南アフリカランド、イギリスポンド、スイスフラン、香港ドルの9種類になります。 イギリスポンド、とくに香港ドルの取引ができる数少ない銀行の1つです。 為替手数料 為替手数料は米ドルと香港ドルが5銭以下、すべての通貨が30銭以下です。 手数料が高くなりがちなイギリスポンド、スイスフランの手数料も注目です。 米ドル 1. 50~2. 30% 豪ドル 1. 50~2. 0% NZドル 1. 50~2. 0% 南アランド 5. 0~6. 0% ユーロ 0. 001% イギリスポンド 0. 40% カナダドル 0. 08~1. 40% スイスフラン 0. 001% 香港ドル 1. 60~1. 90% 特別金利 円預金から1か月ものの定期預金を始める場合は特別金利が適用されます。 0% 短期ものではありますが、人気の米ドルの金利が10. 0%は大きなメリットです。 また、南アフリカランドの40. 0%も他行では見られない金利ですね。 ソニー銀行 ソニー銀行の外貨預金は 通貨の種類が12種類と選択肢が豊富なこと、手数料と金利のバランスにも優れていることが魅力です。 ソニー銀行の外貨預金サービスは、普通預金、定期預金、積立、仕組み預金、外貨受取・送金が利用頂けます。 他行の外貨を手数料無料で外貨預金に移行できることや外貨をそのままソニーのデビットカードで利用できるのも大きなメリットです。 取り扱い通貨 通貨の種類は、米ドル、ユーロ、イギリスポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、ブラジルレアル、人民元、南アフリカランド、スウェーデンクローナと12種類もあります。 他行では探すことの難しい、人民元、香港ドル、イギリスポンド、スウェーデンクローナなどの通貨を取引できます。 為替手数料 為替手数料はスウェーデンクローナと香港ドルは9銭、ブラジルレアルの90銭を除いた通貨はすべて50銭以下で取引ができます。 米ドル 1. 50~2. 65% ユーロ 0. 001% イギリスポンド 0. 25~0. 35% 豪ドル 1. 10~1. 85% NZドル 1. 0~1. 95% カナダドル 0. 80~1. 30% スイスフラン 0. 001% 香港ドル 1. 75~1. 95% ブラジルレアル 2. 60% 人民元 1. 25~1. 65% 南アランド 4. 85~6. 0% スウェーデンクローナ 0. 001% 限定金利 円普通預金から直接1か月もの定期預金へ預け入れる場合には上乗せ金利(年利)が適用になります。 00% 英ポンドが金利上乗せになる商品はほとんど見かけません。 しかも3. 0%の金利はかなり高いと言えます。 まとめ 今回は、円預金ではやはり物足りないがFXや株式に手を出すのは避けたい、まずは外貨預金でとお考えの方を対象に外貨預金でおすすめの銀行をご紹介してみました。 外貨預金の銀行を選ぶ際には、• 手数料• 通貨の種類 をポイントにして考えていけば、気になる通貨や、その通貨に適した銀行が見つかると思います。 今回の情報を参考に、これから対円で価格が上昇していきそうな通貨選び、銀行選びにお役立て下さい。 先のことは誰にも予測はできませんし、いついかなる理由で特定の通貨が一気に上昇するかはわからないことです。 これから大きな経済発展を遂げていきそうな国の通貨で預金しておきたいものです。 確かに、為替レートによって大きな損失を出すリスクを避けることはできません。 それでも、為替差益と金利によって大きな利益につながるのは事実です。 外貨預金にて確実に利益を出していくためには円高円安、その通貨の対円での動き、世界経済の動きなどを自分なりに分析することは欠かせません。 しかし、実際にそのように先を読む事は投資歴数十年のベテランでも難しいことです。 少しでも損失を避けるためにも、外貨預金を始める タイミング(円から外貨に換金するタイミング)が最も重要だと言えます。 そして、 為替手数料、 金利など、 トータル的なバランスを考えて銀行を選ぶことも重要な要素となるでしょう。

次の

外貨預金は儲かる?損する?おすすめできない理由とは

外貨預金 レート 比較

海外へ出かける時、ほとんどの人が外貨両替をすると思います。 皆さんもやったことありませんか? その外貨両替ですが、どのくらい手数料がかかっているかご存じですか? 手数料は、両替する場所によって差があり、両替金額次第では無視できないほどの金額になることもあるのです。 そこで今回は、手数料のムダを避けるために、外貨両替方法を徹底比較します。 あなたにとってお得な両替方法をぜひ見つけてください!• 外貨をお得に両替するために知っておきたいこと 国内で一万円札を千円札10枚に両替しても手数料がかかることはありません。 両替することによってお金が増えたり、減ったりすることはないはずです。 しかし、日本円を米ドルに両替するなど、外貨両替となると話は変わります。 外貨両替をすると手数料がかかります。 さらにどこで両替するかで手数料が変わってくるので、両替で得をすることも、損をすることもあるのです。 両替(為替)レートを確認することが大事 外貨両替をするときには、両替(為替)レートを確認することが大事です。 両替(為替)レートとは、日本円や米ドルなど、異なるふたつの通貨を両替する際の交換比率のことです。 日本円を外貨に両替する場合の両替(為替)レート 海外に行くため、現地通貨に両替したいのであれば、日本円を外貨に交換する両替(為替)レートを利用します。 100米ドル受け取るのであれば、11,000円必要になります。 同じ通貨であれば、レートが低い両替所で両替するほどお得になります。 外貨を日本円に両替する場合の両替(為替)レート 海外から日本に戻ってきたときは、外貨を日本円に両替することになります。 この場合、100米ドルで10,000円になります。 レートが高い両替所で両替するとよいことがわかります。 両替にかかる時間的コストも考慮してお得かどうか判断する 外貨に両替をする際、いくら手数料が安いからといっても手間や時間がかかりすぎて、負担が大きかったり、旅行に間に合わなかったりしては意味がありません。 お得かどうかを判断するには、金銭的なコストだけでなく、時間的コストも考慮に入れることが必要です。 外貨両替方法の比較 では、具体的に外貨両替にはどのような方法があるのか、比較しながら具体的に見ていきましょう。 国内で両替 出発する前に国内で両替するにも、方法はさまざまです。 また、日本円よりも世界的に流通量が多いアメリカドルとユーロは、国内で両替をした方がお得なことが多いので、覚えておきましょう。 国内の銀行 一般的に銀行の両替手数料は高めに設定されていると言われていますが、調べてみるとそうでもない場合もあります。 また、その安心感や確実性はとても高く、出発直前の空港にも窓口があるので、いざという時に頼りになるのが銀行でしょう。 さらに近年では、インターネットで申し込みをして自宅に届けてくれる「外貨宅配サービス」を行っている銀行もあります。 金券ショップ 銀行や両替専門店に比べ、金券ショップの両替手数料はお得なことが多く、旅慣れた人たちに活用されているようです。 しかし、銀行や両替専門店のように偽造通貨の鑑定が行なわれる保証はないため、偽札が混ざる可能性はゼロとは言えません。 鑑定機を導入している大手の金券ショップを選ぶなど、セキュリティ面での対策が必要かもしれませんね。 また、金券ショップを利用する場合には、特定の場所に出向く必要があり、その手間や交通費なども考えなくてはいけません。 しかし大手の金券ショップでは、宅配サービスを行っているお店もあります。 旅行代理店 旅行代理店の両替レートは高めの設定が一般的です。 店舗やインターネットで申し込みができ、後日店舗で受け取るか、または宅配での受け取りも可能です。 銀行の取り扱い外貨が20通貨前後ですが、JTBでは30通貨以上の外貨を取り扱っています。 両替専門店 両替専門店の両替手数料は1米ドルあたり2. 5円前後が一般的です。 空港にも窓口があり、偽造通貨の鑑定も行われているため安心して両替が行えます。 また、渡航先通貨がマイナーでも取り扱っている場合が多く、豊富な通貨種別も魅力です。 FX会社 両替手数料の比較をした場合、1米ドルあたり0. 03〜0. 2円程度であるFX会社の手数料は、ダントツで低いでしょう。 しかし、FX会社で両替をした場合、外貨を銀行口座で受け取り、引き出す際に手数料がかかる場合がほとんどで、両替手数料だけの安さでコストを判断することはできません。 また、両替の申し込みから、外貨を受け取るまでにかかる手間や時間にも注意が必要です。 873• 便利な外貨宅配サービスを活用してみる 外貨宅配サービスは、外貨両替専門店以外にも、銀行や旅行代理店でも行っているサービスです。 配送料は無料〜2000円程度と幅広く、宅配先も自宅の他に勤務先に対応している業者もあるので自分にあった条件を選ぶとよいでしょう。 出発前に両替の時間が取れない場合に、事前にネットで宅配サービスを申し込んでおけるのは便利です。 海外で両替 一般的に米ドルとユーロ以外の外貨は、 現地で両替をした方が有利な場合が多いと言われています。 日本と比べると治安に不安のある海外では、多額の現金を持ち歩くリスクは避けてカード支払うことがオススメですが、やはり必要最小限の現金が必要となるケースも多いもの。 海外での両替方法としては以下のものが挙げられます。 海外の銀行 国内同様、海外でも両替手数料は比較的高いですが、安心して確実な両替を行えるのは、やはり銀行です。 現地の両替所・ホテル 空港の両替所や大手のホテルは、銀行と同等の高い手数料が設定されていることが多いですが、安心して両替が行えます。 しかし、街中の両替所は信用度もまちまち。 「手数料無料」という表示が出ていても、レートが悪く損をしてしまうケースもあるので注意が必要です。 クレジットカードの海外キャッシングで両替 クレジットカードで海外のATMを利用して現地通貨を引き出すことができます。 クレジットカードの海外キャッシングの利息は、実は、近年国際キャッシュカードの手数料よりも低く、お得なことが多くなっています。 国際キャッシュカードを使って両替 現地のATMで、国際キャッシュカードを利用して現地通貨を引き出す場合、現地の銀行や両替所で現金を両替するよりも為替レートが良いので、手数料の節約ができます。 ただし、利用出来るATMがないと引き出せない、1日の引き出し限度額がある、引き出し手数料がかかる場合があるなど、注意が必要な点もあります。 デビットカードでATMから引出して両替 国際キャッシュカード、クレジットカードの他に、デビットカードでも現地のATMを利用して現地通貨を引き出すことができます。 デビットカードの手数料は、国際キャッッシュカードよりも低い傾向にあります。 また、特定の通貨の外貨預金口座とデビットカードを連動させておくと、クレジットカードよりもお得になります。 今回はお得な外貨両替について調べてみました。 あなたにあった両替方法は見つかりましたか? 外貨両替の準備ができたら、次はこちらの記事を読んで、現地でのお金の使い方の参考にしてください!.

次の

外貨預金は儲かる?損する?おすすめできない理由とは

外貨預金 レート 比較

上記で比較してみると、外貨預金の運用という面では圧倒的に「 住信SBIネット銀行」がお勧めということがわかります。 為替手数料、外貨普通預金(定期預金)の金利水準のどれをみてもNo1という水準です。 また、外貨決済(貯めている外貨預金を海外旅行等で利用できるサービス)については、シティバンク銀行とソニー銀行が対応しています。 シティバンクは手数料が高いですが、外国にも多くのATMがあるので、海外旅行派の方はそちらもおすすめとなります。 おすすめ1位:住信SBIネット銀行 外貨預金比較No1銀行。 ネットバンクの中でも最低水準の為替手数料と、高金利の外貨預金金利を提供しています。 また、外貨預金以外にも、FX(外国為替証拠金取引)の取り扱いも行っており、外貨の運用にはぴったりの銀行といえます。 また、セブン銀行等のATMを無制限で利用できたり、他行への振込手数料も月3回まで無料など、外貨預金以外の分野でもおすすめです。 >> おすすめ2位:じぶん銀行 じぶん銀行は外貨預金扱いの銀行の中でも金利面が高めに設定されています。 スマートフォンなどで機動的な取引をすることができるという点も魅力といえます。 他の銀行では取り扱いの少ない「中国人民元」の取り扱いができる点も魅力といえます。 >> おすすめ3位:ソニー銀行 ソニー銀行は外貨預金をするうえではおすすめの銀行です。 ATMネットワークなどは他のネットバンクより弱いところがありますが、外貨取り扱い数、手数料、金利ともに住信SBIネット銀行には劣るものの、高い水準となっています。 また、米ドルに限り専用クレジットカードで決済すれば外貨決済も可能となっています。 >> おすすめ4位:楽天銀行 楽天銀行は旧イーバンク銀行で、こちらも外貨預金には力を入れています。 手数料・金利・取り扱い通貨数など住信SBIネット銀行やソニー銀行には劣るものの高い水準となっています。 ネットバクの中では口座数はNo1の銀行で使い勝手は良いので、普段使いの銀行と外貨運用を一緒にしたいという方におすすめ。 >> おすすめ5位:新生銀行 新生銀行は取り扱い通貨数こそ多いものの、金利面は都市銀行水準となっているように見えます。 しかし、新生銀行では外貨預金に対する2週間満期外貨預金という預金をもっており、こちらではそこそこの金利水準で外貨定期預金を提供しています。 >> 本当に外貨預金がおすすめなの? 外貨に投資をするというのであれば、商品性として外貨預金に投資をするよりもFXを使って外貨に投資をする方が「為替手数料、金利、売買のしやすさ、税制、万が一の時の保護」といったほとんどすべての面で有利です。 ただし、FX取引はどうも胡散臭い。 理屈ではFXが良いと説明されても外貨預金という商品の方が良いという方も一定数はいらっしゃるかとおもいます。 外貨商品の特徴等の比較については「」も御覧ください。

次の