イカ 里芋 レシピ 人気。 里芋を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

【味しみしみで旨い♪】定番「里芋とイカの煮物」レシピ6選

イカ 里芋 レシピ 人気

里芋はやわらかく、トロリとした粘りのある食感が特徴の芋類の食材です。 ついついしっかり洗ってしまいがちな里芋のぬめりには栄養が含まれていることをご存知ですか。 里芋のぬめりはムチン、ガラクタンなどの水溶性食物繊維によるもので、胃や鼻の粘膜を保護して胃潰瘍の発症を抑えたり、ガン予防や、便秘にも効果のある成分です。 調理するときはなるべく里芋のぬめりを残すように意識してみてくださいね。 里芋の皮はゆでて加熱してからむくのも栄養が逃げないようにする1つの方法です。 里芋は水に濡れるとツルツル滑ってむきにくいので、怪我には注意してくださいね。 里芋はイモ類の中でもカロリーが低く、ヘルシーなのでダイエット中の女性にも嬉しい食材ですね。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 里芋のぬめりが苦手な子供も喜ぶ、サクッと揚がった里芋の唐揚げのレシピです。 一口サイズで食べやすいのでパクパクあっという間に完食してしまいますよ。 里芋に醤油やみりんで下味をつけてから油で揚げるのでしっかり味があってついていて、ビールなどのお酒のおつまみにもぴったりなので、家族みんなで取り合いになるメニューです。 ガーリックパウダーでパンチのある里芋のステーキのレシピです。 里芋は最初に鍋で下味を付けながら煮こむので、中までしっかりと味が染み込んでいます。 外はカリッと香ばしく、中はほくほくで絶品なヘルシーステーキです。 煮物などのイメージが強い里芋ですが、ワインにも合う洋食レシピで、里芋の和食に飽きた方にもオススメですよ。 里芋は野菜の中でも何となく地味な印象の野菜です。 芋と言えばじゃがいもやさつまいもを思い浮かべる方が多いと思いますが、里芋は紀元前から日本で食べられいたという記録があり、日本人と関係の深い野菜です。 年中スーパーで買えますが、旬は秋から冬にかけて最も流通量が多くなります。 里芋には独特のぬめっとした感じがあり、その成分は「ガラクタン」と「粘液糖タンパク質の混合物」の食物繊維になります。 特に粘液糖タンパク質は胃腸の働きを活性させる効果があるので、便秘解消に役立つうれしい野菜です。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ほくほくとした味わいがおいしい「里芋」。 里芋は縄文後期には日本に伝わってきていたと言われており、古くから食べられている歴史の長い野菜です。 里芋の旬は8~12月で、特に10月に収穫される里芋が一番おいしいと言われています。 里芋には独特のぬめりがあり、そのまま茹でるとぬめりがさらに強くなるため塩もみをして茹でる下準備が必要になります。 里芋には「ガラクタン」と呼ばれる成分が含まれており、血中のコレステロールの付着を防ぐ効果があります。 ガラクタンは脂肪として蓄積されないため、ダイエットにも最適な野菜です。 体にいい栄養素をたくさん含んでいる里芋は、ぜひ料理に取り入れたいですね。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 8月から12月が旬の里芋。 皮を剥いたらぬるぬるとした特徴です。 このぬるぬるは「ガラクタン」という成分と「粘液糖たんぱく質の混合物」の食物繊維によるものです。 ガラクタンにはコレステロールを下げる効果、高血圧予防、肥満予防など生活習慣病対策に効果が期待されます。 粘液糖たんぱく質の混合物は、粘膜保護、便秘予防、滋養強壮など、日常生活に欠かせない健康効果が期待されます。 煮物のイメージが強いですが、煮物が苦手な男性や子供も食べやすくするには揚げ物がおすすめです。 揚げることでねっとりとしてホクホクな食感になる里芋はクセになりますよ。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 里芋はタロイモ類の仲間でサトイモ科の植物で、独特のぬめりがあるのが特徴です。 縄文後期には日本に伝来していたと言われる歴史の長い野菜で、晩夏から秋にかけて収穫されます。 東北地方各地で行われる秋の季節行事と言えば「芋煮会」です。 大鍋で里芋や他の材料を煮て大勢で一緒に食べる行事は、秋の風物詩になっています。 里芋は和食とよく合い、煮物やスープ、鍋料理によく使われます。 里芋に含まれるガラクタンは、血中のコレステロールの付着を防ぐ効果があるとされ、血圧を下げてくれる効果も期待できます。 コレステロールが気になる方や血圧が高めの方におすすめの野菜で、ガラクタンはたくさん摂取しても脂肪にならないためダイエット中の方にもおすすめですよ。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

里芋レシピ!人気12選【つくれぽ1000越え】殿堂入りの1位は?

イカ 里芋 レシピ 人気

里芋はやわらかく、トロリとした粘りのある食感が特徴の芋類の食材です。 ついついしっかり洗ってしまいがちな里芋のぬめりには栄養が含まれていることをご存知ですか。 里芋のぬめりはムチン、ガラクタンなどの水溶性食物繊維によるもので、胃や鼻の粘膜を保護して胃潰瘍の発症を抑えたり、ガン予防や、便秘にも効果のある成分です。 調理するときはなるべく里芋のぬめりを残すように意識してみてくださいね。 里芋の皮はゆでて加熱してからむくのも栄養が逃げないようにする1つの方法です。 里芋は水に濡れるとツルツル滑ってむきにくいので、怪我には注意してくださいね。 里芋はイモ類の中でもカロリーが低く、ヘルシーなのでダイエット中の女性にも嬉しい食材ですね。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 里芋のぬめりが苦手な子供も喜ぶ、サクッと揚がった里芋の唐揚げのレシピです。 一口サイズで食べやすいのでパクパクあっという間に完食してしまいますよ。 里芋に醤油やみりんで下味をつけてから油で揚げるのでしっかり味があってついていて、ビールなどのお酒のおつまみにもぴったりなので、家族みんなで取り合いになるメニューです。 ガーリックパウダーでパンチのある里芋のステーキのレシピです。 里芋は最初に鍋で下味を付けながら煮こむので、中までしっかりと味が染み込んでいます。 外はカリッと香ばしく、中はほくほくで絶品なヘルシーステーキです。 煮物などのイメージが強い里芋ですが、ワインにも合う洋食レシピで、里芋の和食に飽きた方にもオススメですよ。 里芋は野菜の中でも何となく地味な印象の野菜です。 芋と言えばじゃがいもやさつまいもを思い浮かべる方が多いと思いますが、里芋は紀元前から日本で食べられいたという記録があり、日本人と関係の深い野菜です。 年中スーパーで買えますが、旬は秋から冬にかけて最も流通量が多くなります。 里芋には独特のぬめっとした感じがあり、その成分は「ガラクタン」と「粘液糖タンパク質の混合物」の食物繊維になります。 特に粘液糖タンパク質は胃腸の働きを活性させる効果があるので、便秘解消に役立つうれしい野菜です。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ほくほくとした味わいがおいしい「里芋」。 里芋は縄文後期には日本に伝わってきていたと言われており、古くから食べられている歴史の長い野菜です。 里芋の旬は8~12月で、特に10月に収穫される里芋が一番おいしいと言われています。 里芋には独特のぬめりがあり、そのまま茹でるとぬめりがさらに強くなるため塩もみをして茹でる下準備が必要になります。 里芋には「ガラクタン」と呼ばれる成分が含まれており、血中のコレステロールの付着を防ぐ効果があります。 ガラクタンは脂肪として蓄積されないため、ダイエットにも最適な野菜です。 体にいい栄養素をたくさん含んでいる里芋は、ぜひ料理に取り入れたいですね。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 8月から12月が旬の里芋。 皮を剥いたらぬるぬるとした特徴です。 このぬるぬるは「ガラクタン」という成分と「粘液糖たんぱく質の混合物」の食物繊維によるものです。 ガラクタンにはコレステロールを下げる効果、高血圧予防、肥満予防など生活習慣病対策に効果が期待されます。 粘液糖たんぱく質の混合物は、粘膜保護、便秘予防、滋養強壮など、日常生活に欠かせない健康効果が期待されます。 煮物のイメージが強いですが、煮物が苦手な男性や子供も食べやすくするには揚げ物がおすすめです。 揚げることでねっとりとしてホクホクな食感になる里芋はクセになりますよ。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 里芋はタロイモ類の仲間でサトイモ科の植物で、独特のぬめりがあるのが特徴です。 縄文後期には日本に伝来していたと言われる歴史の長い野菜で、晩夏から秋にかけて収穫されます。 東北地方各地で行われる秋の季節行事と言えば「芋煮会」です。 大鍋で里芋や他の材料を煮て大勢で一緒に食べる行事は、秋の風物詩になっています。 里芋は和食とよく合い、煮物やスープ、鍋料理によく使われます。 里芋に含まれるガラクタンは、血中のコレステロールの付着を防ぐ効果があるとされ、血圧を下げてくれる効果も期待できます。 コレステロールが気になる方や血圧が高めの方におすすめの野菜で、ガラクタンはたくさん摂取しても脂肪にならないためダイエット中の方にもおすすめですよ。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

里芋を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

イカ 里芋 レシピ 人気

煮物の基本、覚えておきたい煮物の種類と味付けの比率 煮物の基本の、種類と味付け比率をご紹介します。 煮しめ• 煮付け• 含め煮• 煮浸し• 煮染めと言う言葉、聞いたことはあるけど、どんな料理を指すのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。 煮しめの料理は、 筑前煮や昆布巻きなどが代表例です。 ポイントとしては、多めの煮汁を入れて、弱火でコトコトと煮込む調理法ですね。 しっかりと火を入れる分、保存食にも敵しているので、作り置きなどにしたい料理です。 ただし食材をきちんと選ばないと、煮込む間に煮崩れするので気をつけたいですね。 煮付けと言えば、 魚の煮付けが美味しいですよね。 ポイントは、少ない煮汁でさっと調理する点です。 火を入れる時間が短いため、魚など柔らかい食材でも煮崩れの心配が少ないのが嬉しいですよね。 しかし調理時間が短いため、野菜などでも根菜は煮付けの調理法では生のまま、ということになりますので不向きといえますね。 含め煮は、「含ませ煮」や「煮含め」とも呼ばれていますね。 ポイントは、 たっぷりの煮汁を使って弱火でコトコトと煮るのが特徴です。 しかし、これだけ聞くと煮しめとの違いが分からない、と思いますよね。 含め煮は、どちらかというと、薄味の煮汁を使うことが多いです。 そのため料理の代表例も、高野豆腐の含め煮、がんもどきの含め煮など、優しい味付けで素材を生かした料理となりますね。 煮浸しは、食材がかぶるくらいの煮汁で、さっと煮てから、1度冷やすことがポイントとなります。 この 冷やしている間に、ゆっくりと味を染みこませていく、という和食特有の調理法を使うのが特徴ですね。 コトコトと煮込むことがないため、食材の色合いや食感を残すことができます。 このため、茄子のような色合いが濃い食材や、ほうれん草などの食感を残したい物を使うときに適している調理法ですね。 煮物をするときの味付けの比率 ここまで煮物の種類を紹介してきましたが、味付けが難しいと、謙遜する方も多いですよね。 そんな方のために、味付けの黄金比率を紹介しますね。 基本となる煮物の味付けは、 出汁10:醤油1:みりん1となります。 味見をしたときに薄い、と思っても調味料を足すのは待ってくださいね。 あくまでこの味付けで、煮詰めていくことが前提となります。 調味料を入れた直後に味見をしても、薄いと感じるのは当然で、ここで調味料を足してしまうと黄金比率が崩れますよね。 もし調味料を足すのであれば、完成してから味見をして、それでも薄い場合のみにしましょう。 人気の煮物レシピ10選【鶏肉編】基本の煮物も紹介 人気の鶏肉煮物レシピをご紹介します。 筑前煮• 鶏肉とタケノコの煮物• 大根と鶏と卵の煮物• 鶏もも肉とじゃがいもの煮物• 鶏肉と白滝のすき焼き風煮物• 鶏肉と大根と高野豆腐の煮物• レンコンと鶏肉の煮物• 里芋と鶏肉とこんにゃくの煮物• 鶏肉と玉葱とじゃが芋の和風煮物• 鶏肉とカブの煮物 それでは詳しいレシピをご紹介していきます。 定番中の定番ですよね。 鶏もも肉 1枚(200グラム)• ニンジン 小1本(70グラム)• さといも 中くらい5個(150グラム)• レンコン 小1節(70グラム)• サラダ油 大さじ1• きぬさやorいんげん あれば少々• 水 200cc• ほんだし 小さじ1• さとう 大さじ2• 酒 大さじ2• しょう油 大さじ2• みりん 大さじ1 まずは材料を切っていきますよ。 鶏肉は一口大にカットし、醤油や酒で下味を付けます。 ごぼうは斜め切り、レンコンは半月切りにして水にさらしておきます。 こんにゃくや里芋は一口大にカットした後、下ゆでをしておいてくださいね。 ニンジンや絹さや、しめじも適当な大きさにカットします。 鍋に油を熱したら、鶏肉から順番に加えて全体に油が回るまで炒めます。 そこに水と本だしを加えて、沸騰してから砂糖や酒を加えたら落とし蓋をして弱火で10分ほど煮込みます。 さらに醤油を加えて、7分ほど煮込んだら、みりんを入れてかき混ぜながら照りを出せば完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 たけのこ(茹でたもの) 中1本• 水 250cc• ほんだし 小1• 酒 大3• みりん 大3• 砂糖 大1• 醤油 大3 鶏肉やタケノコは、一口大にカットし、鶏の皮目から焼き付けていきます。 余分な油を拭いてから、タケノコや水等を加えて煮立たせます。 落とし蓋をして、5分ほど煮込んでから、醤油を加えて鶏肉に火が通るまで煮込めば完成! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 大根 300g• 鶏肉(あればもも肉) 200g• ゆで卵 2個• 5 あらかじめ、ゆで卵は作っておいてくださいね。 大根は皮を剥いて、いちょう切りにし、鶏肉は一口大にカットします。 あとは時々、確認しながら煮詰めていけば完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 鶏もも肉 250〜300• ジャガイモ 中3個くらい• サラダ油 大さじ1〜2 鶏モモとじゃがいもは一口大にカットし、 じゃがいもは水にさらしてアクを抜いておいてくださいね。 油を熱したフライパンに鶏肉を入れて、焼き目を付けていきます。 沸騰したら、落とし蓋をしてじゃがいもに火が通るまで、煮込んでいけば完成! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 鶏もも肉2枚• 白滝1袋• 長ネギ1本• しめじ1株• 鶏肉は一口大、白滝は食べやすい長さに、長ネギは斜め切りにしてくださいね。 ときどき、裏返しながら10分ほど煮込めば完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 鳥もも肉 1枚• 高野豆腐 30〜40g• 卵 人数分• インゲンor絹さや 茹でる 4〜5本• 片栗粉 適量• その間にゆで卵や大根の準備をしておくと、ムダがないですよ。 高野豆腐は片栗粉をまぶして、揚げておきます。 落とし蓋をして15分ほど煮込んでから、落とし蓋をとってから、さらに5分ほど煮込めば完成! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 レンコン1本(250g)• 鶏モモ肉1枚(250~300g)• 他の材料も一口大にカットしたら、鶏肉から炒めていきます。 そのあとは落とし蓋をとって、ときどきかき混ぜながら煮汁がなくなるまで煮込めば完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 鶏肉 もも肉 1枚(300グラムくらい)• 里芋小 10個• こんにゃく 1枚• 油 適量• こんにゃくは断面が増えるように、手でちぎるかスプーンでちぎってくださいね。 油を熱した鍋に鶏肉を入れて、火が通るまで炒めていきます。 鶏肉 100グラム• 玉葱 1/2個• じゃがいも 1個• 和風だし 小さじ1• 水 200ml• 醤油 小さじ1• みりん 小さじ1• 酒 大さじ1• 砂糖 小さじ1/2 作り方はとても簡単です。 材料をお好きな大きさにカットしたら、全ての材料を煮込むだけ! 塩はお好みで足してくださいね。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 鶏もも肉 1枚• かぶ 3こくらい• 出汁 300cc• みりん 大さじ3• 酒・砂糖 各大さじ1• 醤油 大さじ2• 小麦粉 適量 カブは皮を剥いて6等分にカット、葉も刻んでおき、鶏肉は一口大にカットします。 鶏肉は下味として、塩コショウをしたら、小麦粉をまぶしておいてくださいね。 油を熱したフライパンで、鶏肉を炒めたらカブを入れて更に炒めていきます。 しめじを加えたら、出汁等を入れて落とし蓋をしたら、10分ほど煮込んできます。 最後にカブの葉を加えれば、完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 人気の煮物レシピ10選【野菜編】基本の煮物も紹介 人気の野菜煮物レシピをご紹介します。 里芋といかの煮物• 里芋とタコの煮物• かぼちゃの煮物• レンコンの煮物• レンコンと油揚げの煮物• 大根とサバ缶の煮物• タケノコの煮物• フキの煮物• じゃがいもの簡単煮物• ごぼうとこんにゃくの煮物 それでは詳しいレシピをご紹介していきます。 いか 1はい• 里芋 8〜10個• 出し汁 400cc• さやいんげんなどの青い物 6本 イカは下処理をして、食べやすい大きさにカットします。 里芋は皮を剥いて、大きい場合は半分にカットしておいてくださいね。 イカを加えて2分ほど煮たら、1度取り出しておきますよ。 そこに里芋を入れて、残しておいた出汁を加えて落とし蓋をしたら中火で、10分ほど煮込みます。 里芋が柔らかくなったら、イカを戻して汁気がなくなるまで煮込めば完成! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 里芋とイカが定番かもしれませんが、実はたこの煮物も美味しいですよ! 材料• 里芋中 10個くらい• タコ 1パック• だし汁 600cc• 砂糖 大さじ3• 醤油 大さじ3 里芋は皮を剥いたら、塩を揉み込んで水洗いして、ぬめりを取っておきます。 タコはあらかじめ、湯通ししておいてくださいね。 出し汁のみで里芋を5分ほど煮込み、砂糖を加え10分煮込んでいきます。 醤油を加えて、3分ほど煮込んだらタコを加えて、里芋にタコの色が移ってきたら完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 れんこん(1cm厚さに切る) 300g• だし汁 400cc• しょうゆ 大さじ3• みりん、砂糖、酒 各大さじ1 この煮物も作り方はとても簡単です。 全ての材料を鍋に入れて、中火で20分ほどコトコト煮込むだけで完成です! 途中でレンコンの位置を変えて、全体に味がしみるようにすることだけ注意ですよ。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 4つ目と同じ、レンコンの煮物ですがこちらは少し洋風に、鶏ガラを使って煮込んでいきますよ。 レンコン 250〜300g 大きい一節• 油揚げ 寿司揚げサイズ 2枚• ごま油 適量 レンコンは一口大にカットし、水にさらしておきます。 油揚げは、キッチンペーパーで余分な油を塗って、同じく一口大にカットします。 煮立ってきたら落とし蓋をして、弱めの中火で15分ほど煮込みます。 途中で混ぜながら煮込んだら、最後に落とし蓋を外して汁気を飛ばせば完成です! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 さば水煮缶1缶• 青ねぎ 適量 大根は皮を剥いていちょう切りに、青ネギは細かく切っておきます。 大根が煮えたら、サバ缶を加えて5分ほど煮たら、水溶き片栗粉でとろみを付ければ完成! 青ネギは器に盛ったら、散らしてくださいね。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 たけのこ アク抜きした物か水煮 小3個• かつお節 10g タケノコをお好きなサイズにカットしたら、1度下ゆでします。 煮込んだらかつお節を入れて、火を止めれば完成! もし時間に余裕があれば、 ここで1度冷ますことで味が染みこんでより美味しくなりますよ。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 ふき 5~6本• かつおぶし 1パック(3g)• フキは塩で板ずりしたら、塩が付いたまま沸騰したお湯に入れて、5分ほど湯がいて冷水にとります。 粗熱が取れてから皮を剥いて、水にさらしておいてくださいね。 煮込むときは落とし蓋で、弱火でコトコト煮込んでくださいね。 煮汁が半分になったところで、おかかを加えれば完成! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 じゃがいも 500g前後• 水 300cc• 醤油 大さじ2• 砂糖 大さじ3• みりん 大さじ1• 酒 大さじ4• だしの素 小さじ1 じゃがいもは一口大にカットしたら、5分ほど水にさらしておきます。 鍋に水と調味料を入れて、暖めたらじゃがいもを加え、ときどきかき混ぜながら煮込んでくださいね。 煮汁が少なくなったら、完成です! 1度冷まして、味を染みこませると更に美味しくなりますよ。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 ごぼう 1本• こんにゃく 1枚• サラダ油 炒め用 大さじ1• こんにゃくも同じく一口大にカットしたら、あく抜きをしておいてくださいね。 サラダ油を熱した鍋で、ごぼうとこんにゃくを炒めます。 人気の簡単煮物レシピ10選 人気の簡単にできる煮物レシピをご紹介します。 大根・竹輪・こんにゃくの煮物• ひじきの煮物• 切り干し大根の煮物• 鶏手羽元と大根&卵の煮物• がんもの煮物• ナスと厚揚げの煮物• 生姜の効いた大根と厚揚げの煮物• 高野豆腐の煮物• 大根とひき肉の煮物• 豚バラ肉とトロトロ白菜の煮物 それでは詳しいレシピをご紹介していきます。 大根 3分の1〜半分• ちくわ 3本(お好みで)• こんにゃく 1枚• 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 乾燥ひじき 25g• 油揚げ 1枚• サラダ油 大さじ1 乾燥ひじきはあらかじめ、たっぷりの水で戻しておいてくださいね。 にんじんと油揚げを細切りにしたら、にんじんから順番に炒めます。 切り干し大根 30~40g• 油揚げ1枚• にんじん1/2本• 油揚げは、油抜きをしておきます。 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 手羽元 10本• 大根 20㎝位(お好みの量で)• 卵 人数分• チューブだと5㎝位• 油 適量 大根は好きな大きさにカットしたら、 米のとぎ汁で下ゆですると、えぐみが抑えられ味が染みこみやすくなりますよ。 アクを都度、取り除きながら煮込んだら、少し鶏肉だけで煮込んだ後に大根を入れて、煮込めば完成! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 がんも 小さめ12個• だし汁 400mL• 醤油・みりん・砂糖 各大さじ2 がんもは1度、お湯に通して油抜きをしておきます。 あとは出汁等を入れて、沸騰させたら油抜きしたがんもを入れます。 落とし蓋をしてコトコトと10分ほど煮込んでから、1度冷まして味を染みこませれば完成! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 ナス 小4〜5個• 厚揚げ 1パック• 油 大さじ3• 水 200cc• 酒 大さじ1• みりん 大さじ1• 砂糖 小さじ1• 醤油 大さじ1 ナスは洗ったら、皮目に格子状の切れ目を入れて、塩水に浸しておきます。 フライパンに油を入れて、水気を拭いたナスを揚げ焼きにしてくださいね。 焼き色が付いたら、余分な油を拭いてから、厚揚げと調味料等を加えて煮汁がなくなるまで煮込めば完成! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 大根 10cm位• 厚揚げ 1パック• 三度豆(なくても) 5本• 高野豆腐5個• 絹さや(なくても)10枚位• 出汁 水400cc&和風だしの素 小さじ 2• 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 ゴマ油 大2• ひき肉 80g• 砂糖 大2• 冷凍インゲン(茹でたインゲン) 適量• めんつゆ(濃縮三倍) 大5• 水 300cc 大根とにんじんはいちょう切りにカットし、挽き肉から順番にフライパンで炒めていきます。 大根が透き通ってきたら、水を加えて煮立たせてくださいね。 砂糖やめんつゆを加えて、落とし蓋をしたら強めの中火で煮込みます。 水分がなくなったら、インゲンを加えてさっと和えれば完成! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。 豚バラ肉 ロースや細切れでも 1パック 250gでした• 醤油大さじ2• 料理酒 大さじ1• にんにくチューブ 5〜10cm• 水100cc• コンソメ顆粒 1袋• 醤油 追い醤油 大さじ1〜 豚バラや白菜は食べやすい大きさにカットし、 豚バラからフライパンで炒めていきます。 豚バラに火が入ったら、醤油や酒、ニンニクのチューブを入れて更に炒めていきますよ。 調味料がしっかり絡んだら、白菜の芯を炒め合わせて、水やコンソメを入れて煮込みます。 白菜がお好みの固さになったら、完成! 詳しい作り方はこちらのをご覧ください。

次の