水戸黄門 人生楽ありゃ苦もあるさ 歌詞。 水戸黄門の主題歌:雲の流れ②

「人生楽ありゃ苦もあるさ」ひとつの出来事を大きくしない

水戸黄門 人生楽ありゃ苦もあるさ 歌詞

「人生楽ありゃ苦もあるさ」 時代劇「水戸黄門」のテーマ曲「ああ人生に涙あり」でおなじみのフレーズ。 人生は楽しいことばかりではありません。 良し悪しを繰り返しながら、そうやって私たちは生きていくのです。 ひとつの出来事をあまり大きく考えないこと。 つらい時期も、そう長くは続きません。 生きていればいろんなことが起こります。 それでも私たちは、いつだって幸せに生きていくことができるのです。 人生楽ありゃ苦もあるさ 追い風に向かい風、上り坂に下り坂。 人生に浮き沈みは付きものです。 生きていればいろんな時期があります 山あり谷ありで歩いていくのが私たちの人生です。 困難にぶつかって立ち止まってしまうこともある。 つらいことが重なって泣きたくなる日だってある。 「こんな生活もう嫌だ」 「何をやってもうまくいかない」 そうやって打ちひしがれる夜もあるかもしれない。 人生は良いことばかりではありません。 だけどね、けっして悪いことばかりでもないんです。 たまたま悪いことが重なっているだけ。 つい、それが全てだと錯覚してしまう。 「人生楽ありゃ苦もあるさ」 今が苦しいなら、次は楽しいことが待っていますから。 楽と苦を行き交うのが人生 人生の「楽」と「苦」は光と影のようなもの。 生きている以上、どちらも完全になくなることはないでしょう。 つらいことや、苦手なことがあるからこそ幸せを感じられる。 悲しいことやイライラすること。 不条理なことや理不尽なこともあります。 晴れの日ばかりではないけれど、止まない雨もないんです。 沈まない太陽はないし、明けない夜もありません。 ひとつの物事を必要以上に大きくしない。 自分の中で問題を複雑にしない。 人生は押しては返す波のように、行ったり来たりの繰り返し。 そうして少しずつだけど前に進んでいく。 良いこと悪いこと、楽と苦を行き交いながら私たちは生きていくのです。 でもね、ふり返って見てみれば、きっと素敵な人生だったと思えます。 つらかった時期も後になって思い返せば、必要だったと感じられる。 大丈夫、そのまま進めばいい。 どんな毎日だって、そこに意味を見出すのは私たち自身なのだから。 それでも人生は素晴らしい 「苦しいことなんていらない」 「ずっと楽しいことだけでいい」 そんなふうに思ってしまうのが私たち人間です。 できれば幸せだけを感じて生きていたい。 だけど、ままならないのが人生です。 そういうものだと受け入れてしまえば楽になります。 「人生楽ありゃ苦もあるさ」 そういうものだと受け入れてしまえば心が少し軽くなる。 なかなか思い通りにならないし、悩みや不安は相変わらずなくならない。 それでもね、悲観する必要なんてありません。 マイナスばかりに目を向けるのはやめにしましょう。 人生には楽があり、苦もあるけれど、それでも喜びに満ちている。 良いことも悪いことも含めて人生を肯定できるようになる。 そんな人生だからこそ幸せに生きていける。 つらい時期だって「人生楽ありゃ苦もあるさ」 そうやって鼻唄を口ずさめるぐらいの心の余裕を持ちたいものです。

次の

ああ、人生に涙あり~人生楽ありゃ苦もあるさ~: ちょっとカゲキなクラシック評論

水戸黄門 人生楽ありゃ苦もあるさ 歌詞

今朝のNHKラジオ(全国放送)で熊本のランニング仲間 S さんが出演、スパルタスロンで2度の優勝をした女性として紹介された。 スパルタスロンはアテネ・スパルタ間246kmを36時間以内で走るウルトラマラソン。 世界的に有名なレースだ。 走ること、ふだんの生活のことなど20分程の対談だったが、S さんらしく明るく話していたのが印象的だった。 強くやさしい3人の子の母だ。 「水戸黄門です」 走っているとき口ずさむ歌は何ですか、との質問に S さんこう答えた。 S さんが走っているとき「 水戸黄門 」を口ずさむとは知らなかった。 この歌詞と水戸黄門がどうも結びつかないが・・・。 私もフルマラソンやウルトラマラソン(100km)を走るとき、よくこの歌を口ずさむ。 ちょっと暗い歌だけど、苦しくなったときには結構これが効く。 そうかあの S さんも「 水戸黄門 」か。 なんだかうれしかった。

次の

ああ人生に涙あり

水戸黄門 人生楽ありゃ苦もあるさ 歌詞

では、さっそくモットーと座右の銘の違いを学びましょう。 これを知っておけば、社会に出て恥をかくことはないはず! モットーは「方針や信念」座右の銘は「心構えや心がけ」 モットーとは、「哲学」や「信念」などと言い換えられます。 生きていくためのルールとなる指針とも言えるでしょう。 対して、「座右の銘」は「常に自分の心に留めておき、戒めや励ましとする言葉」を指します。 似ているようで若干のニュアンスの違いを感じていただけたことでしょう。 また、もうひとつの大きな違いとして、モットーは組織など団体の理念や経営方針を表すこともありますが、座右の銘はあくまでも自身の考えや行動の基本とするものです。 この違いも覚えておきましょう。 モットーのおすすめ一覧 では、おすすめのモットー一覧をご紹介します。 著名人の言葉や有名な歌詞から抜粋しました。 ぜひ、あなたの価値観に合うモットーを選んでみてください。 愛する一人娘でモデル・タレント・歌手のIMALUさんの名前の由来となったのが、このモットーだそう。 生きているだけで、まるもうけ、本当にそのとおりですよね。 人生は決して楽しいことばかりではなく、むしろ苦しいこと、つらいことのほうが多いもの。 そんなときでもひたすら耐えて前に進むのが人生だと教えてくれています。 忘れてはいけないモットーだと言えます。 「弱気は最大の敵」、いつもこの指針を胸にプレーしていたのでしょう。 人生はどんなときも強気でいくのが成功の要であることはまちがいありません。 今でも、彼女の名曲を心の支えにする人は少なくありません。 そんな国民的歌手が残したモットーは「きょうの我にあすは勝つ」。 強い強い一念が込められた言葉です。 「人生楽ありゃ苦もあるさ」。 まさに、そのとおりですよね。 苦しみが襲ってきたときでも、このような楽観的な姿勢でいることが大切だと教えてくれるモットーです。 座右の銘のおすすめ一覧 では、つづいて座右の銘のおすすめ一覧をご紹介。 こちらも、人生を生きるうえで忘れてはならない重要なエッセンスが詰まったものばかりです。 ぜひ、あなたの座右の銘をチョイスしてみてください。 すべての出会いや事柄が生涯に一度であることを表し、大切に考えることのたとえです。 この座右の銘を心に留め、一度しかない人生の出会いや機会を改めて大切にしようとする考え方は、非常にステキですよね。 力の限りを尽くして物事に当たることのたとえです。 何事も完全燃焼してこそ、充実感があり成功に近づくはず。 座右の銘として、おすすめのひとつです。 栄光を掴んだ人たちは全員共通して自分ができる最大限の努力をしたことでしょう。 成功するために常に努力することを惜しまない考え方を教える座右の銘です。 人生において大事を成し遂げたいと考える人に、うってつけの座右の銘です。 人間は慣れてくると、どうしても慢心になりがちな生き物ですから、このような座右の銘を持っておくのもいいでしょう。 モットーは「信念」座右の銘は「心がけ」、一覧もぜひ参考に モットーと座右の銘は、まったくの別物とは言えないものの、若干の意味の違い、使いどころの違いなどが見られます。 この点はしっかりと把握しておきましょう。 そして、代表的なモットー及び座右の銘を一覧でご紹介しましたが、それ以外にも世の中には多くのモットーや座右の銘が存在します。 ぜひ、自分の価値観にもっとも合うものを選んでみてください。 人生にハリややる気が出るはずです。

次の