貧乏 ゆすり 健康。 貧乏ゆすりの原因と驚くべき5つの健康効果のギャップが凄い

健康ゆすりという自動貧乏ゆすり機は効果なし?口コミ

貧乏 ゆすり 健康

熊本地震で死者が出た「肺塞栓症」を予防する 近年、長時間座りっぱなしでいることが健康に良くないという研究が相次いでいる。 特に問題になっているのが「肺塞栓症(はいそくせんしょう)」(通称エコノミークラス症候群)だ。 飛行機のエコノミークラスで長時間狭い椅子に座った状態でいると血流が悪くなり、血液が固まる。 この固まり(血栓)が、椅子から立ち上がり血液の流れがよくなった途端、肺の血管に達して詰まらせ、突然死を引き起こす場合がある。 2016年4月の熊本地震では、車中泊を続けた避難者の中に、この病気で死亡する人が多く出た。 太ももは「第2の心臓」と呼ばれる。 大腿四頭筋(だいたいしとうきん)という強大な筋肉が走っており、貧乏ゆすりで足をカタカタ動かすことによって大腿四頭筋がポンプのように足の動脈を伸縮させ、全身に血液を行き渡らせるのだ。 2016年7月、米ミズーリ大学のジャーム・パディーラ助教授が、学生に貧乏ゆすりをしてもらい、動脈の働きを測定した研究を米の生理学専門誌に発表した。 健康な若者11人に3時間椅子に座ってもらい、その前後の血管機能を比較した。 座っている間、片方の足を1分間カタカタと動かし、4分間休むことを繰り返し、もう片方の足は動かさないようにした。 被験者は平均で1分間に約250回足を動かした。 被験者の両足には血流を測る装置を装着して計測した。 貧乏ゆすりをした方の足の血流は盛んになったが、動かさなかった足の方は逆に血流が減少した。 パディーラ助教授は「立ったり歩いたりして、できるだけ座り続けないことが大事だが、それが無理な場合は、貧乏ゆすりをすることが循環器系の健康にはいい」と語っている。 貧乏ゆすりをよくする人は死亡リスクが4割低い もう1つの研究は、2015年9月に英国のロンドン大学とリーズ大学が発表したものだ。 37~78歳までの女性1万2778人を対象に、1日に座っている平均時間と貧乏ゆすりの程度を調べ、12年間にわたり追跡、死亡率との関連を分析した。 貧乏ゆすりの程度は、「まったくしない」から「いつもしている」まで10段階で評価した。 その結果、貧乏ゆすりの程度が上がるにつれ死亡リスクが下がり、貧乏ゆすりがレベル5(頻繁に行なう)以上で座位時間が5~6時間だと、レベル1~2(ほとんどしない)で座位時間が7時間以上の人に比べ、死亡リスクは37%も低くなった。 貧乏ゆすりのレベルの高い人は、肥満度を示す体格指数(BMI)や血糖値、インスリン反応などの健康数値がよかったという。 研究チームでは「貧乏ゆすりによって体のエネルギー消費量が高くなり、足の血液循環がよくなるからだ」と説明している。 日本のテレビ局でも貧乏ゆすりの効果が取り上げられている。 2012年6月25日放送のテレビ朝日系「モーニングバード」(当時)では、筋肉研究のエキスパートである宮崎義憲・東京学芸大学名誉教授が、足のむくみの解消に効くことを実演した。 スタジオで、足のむくみに悩む3人の主婦に5分間、貧乏ゆすりをしてもらった。 すると、むくみがすっかりなくなり、貧乏ゆすりをする前と後ではふくらはぎの周囲の長さが、0. 5~2. 6センチ細くなった。 宮崎名誉教授は「足のむくみは、じっとしていることで体内の水分や血液がふくらはぎ周辺に溜まってしまうために起こります。 貧乏ゆすりをすることで、それらを心臓に押し戻し、むくみが改善されるのです」と説明した。 さらに番組では、貧乏ゆすりとウオーキングではどちらの方が筋肉の運動量が多いかも実験した。 スネの部分は大差がなかったが、ふくらはぎ部分は貧乏ゆすりの方が圧倒的に運動量は多いという結果が出た。 「スゴイですね!」とキャスターの石原良純さんはビックリ。 寝る前の「貧乏ゆすりエクササイズ」は5分まで さて、宮崎名誉教授が著書の『太ももを強くすると「太らない」「超健康」になる』の中で、寝る前にオススメの「貧乏ゆすりエクササイズ」を書いているので紹介しよう。 貧乏ゆすりの正しいやり方はこうだ。 (1)椅子に坐り、背筋を伸ばしてリラックスする。 (2)ひざを上下に大きく、一定のリズムで動かす(1秒間に3回)。 (3)一日の終わりに(寝る前がベスト)に片足を5分間ずつ行なう。 (4)貧乏ゆすりでなくても、ひざを開いてゆする方法も有効だ。 むくみだけではなく、冷え性にも効き、早い人なら1週間でつらい冷え性が改善するという。 ただし、効果を期待して、長くやりすぎるのは禁物。 筋肉の運動量が意外に多いので、興奮して眠れなくなるからだ。

次の

変形性股関節症改善!自動貧乏ゆすり機

貧乏 ゆすり 健康

貧乏ゆすりにより筋繊維が収縮・弛緩し、血管にかかる圧力が変化。 血液循環が促進される 今夏『女性セブン』で特集した『死亡率が上がるモノ・下がるモノ37』で、貧乏ゆすりが死亡率を下げるモノとして登場。 アメリカの大学で、マウスに振動を与え続けると免疫細胞や腸内細菌の構成が健全化されるという実験結果が確認されたことが話題になっている。 国立長寿医療研究センター脳機能診断研究室長の中村昭範さんによると、貧乏ゆすりに限らず、座っている時無意識に足を動かしている人はたくさんいるという。 「そもそも長時間じっとしていること自体、血液が鬱滞(うつたい)するので体によくありません。 さらに座っていると、重力の影響でどうしても下半身の方に血液がたまってしまう。 私たちは、そうした悪循環を解消するため、無意識のうちになんらかの動作をしています。 これは人間の生理的な欲求で、人によってはそれが貧乏ゆすりという形で現れていると考えられます」(中村さん) 世間的には無作法といわれてきた貧乏ゆすり。 その効能に迫る。 東京学芸大学名誉教授で医学博士の宮崎義憲さんが、力こぶに例えて貧乏ゆすりの仕組みを説明する。 「力こぶを作ると二の腕が盛り上がって断面積が大きくなります。 それと同じで、貧乏ゆすりで足を動かすと、筋肉が収縮して筋繊維の断面積が大きくなり、毛細血管を圧迫します。 すると毛細血管内の古い血液が静脈へ絞り出されます。 反対に、筋肉を弛緩させると、筋繊維の断面積が小さくなり、毛細血管への圧迫がなくなるので新しい血液が動脈から流れ込んできます。 心臓はそれ自体がポンプの役割を担っており、心臓周辺の血管では、心臓の動きによって血液が循環する。 一方、心臓から遠い位置にある筋肉内の毛細血管までは、心臓の力が及ばない。 そこで、筋肉がポンプの役割を担うことになる。 特に全身を巡った血液を再び心臓へと戻すうえで、その働きは非常に重要だ。 また、ミルキングアクションにより血流が改善されることで、体温が上昇する。 それによって、足の冷え症を改善させたり、むくみを解消させたりすることもできる。 また、宮崎さんが行った実験では、被験者が5分間貧乏ゆすりを行ったところ、温度を感知するサーモグラフィーの色が、青や緑から、体温の上昇を示す黄と赤へみるみる変化したという。 どちらの実験によっても、貧乏ゆすりによりふくらはぎの温度が上がったことが確認されている。 血流の改善は、ほかにもよい効果をもたらす。 飛行機や新幹線などで同じ体勢のまま過ごすことにより血栓ができる、エコノミークラス症候群の予防である。 万が一血栓が肺に運ばれてしまうと、死を招きかねない重篤な症状におちいることもある。 だが、その状況は貧乏ゆすりによって防ぐことができるというわけだ。 「例えば、階段を上り下りしたり、歩いたりすると、骨に圧刺激がかかります。 すると、たわみができて骨膜に膜電位が生じ、血中のカルシウムを取り込みます。 カルシウムが含まれている錠剤や食材は、材料でありコンクリートのようなもの。 貧乏ゆすりをすると、筋肉が骨をこする。 そこで起こる摩擦により骨に膜電位が生じ、血中のカルシウムを取り込んでくれるのです」(宮崎さん) また、疾患の症状にもよるが、貧乏ゆすりは、車いすに座ったまま行うことができるというメリットもある。 歩行困難な場合でも、カルシウム摂取と同時に貧乏ゆすりをぜひリハビリとして取り入れてほしい。 ゆするなら湯上りがベスト! では実際、1日のどのタイミングでどのように貧乏ゆすりをするのが効果的なのだろうか。 5分続けるのは、実は結構きついもの。 1~2分くらいは笑いながらできますが、3分ほどすると顔が真剣になってきます」(宮崎さん) お風呂や足湯に浸かってからやると、体が温まって毛細血管が拡張しているため、ミルキングアクションがさらに効果的になる。 また、就寝の30分ほど前に行うと、安眠も期待できる。 「歩いたり走ったりした方が、血液循環は促進されます。 しかし、全身運動を寝る前にすると覚醒状態になってしまいます。 その点、貧乏ゆすり程度の局所的な運動なら、心地よい疲れとともに脳の覚醒水準も下がり、よく眠れるのです」(宮崎さん) アスリートもやっている!? 貧乏ゆすりが秘める可能性 いすに座ってゆするだけ。 貧乏ゆすりは超お手軽エクササイズといえる 貧乏ゆすりにはストレスを発散させ、集中力を高める効果もある。 準備の時に貧乏ゆすりをしている彼らは、貧乏ゆすりの利点である集中効果と筋肉をほぐす効果、そのどちらも最大限に利用しているのです」(中村さん) また、貧乏ゆすりは、整形外科分野においても大きな注目を浴びている。 貧乏ゆすりは足を小刻みに動かしますよね。 その動きに、変形性股関節症の痛みを緩和させ、股関節の関節軟骨の再生を促す作用があるという研究が発表され、話題になりました」(中村さん) ちなみにダイエット効果については、中村さん、宮崎さんともに「効果なし」ときっぱり。 「貧乏ゆすり程度の運動量では、カロリーは消費できないため、ダイエットしたいのであれば、最低でもウオーキング以上の運動量が必要です」(中村さん) 減量は期待できないが、その前段階として体調を整えるのにもってこいの貧乏ゆすり。 もちろん、ゆする時にはTPOをわきまえて…。 この記事が役に立ったらシェアしよう•

次の

貧乏ゆすりは健康に良い?!運動不足もストレスも解消する貧乏ゆすりの効能10

貧乏 ゆすり 健康

貧乏ゆすりの消費カロリーは意外にすごかった 「貧乏ゆすりをすることで多少はカロリー消費する」というのは誰でも想像つきますが、実際の数値を見ると、なかなかバカにできない。 オーストラリアの研究チームによると、 1時間の貧乏ゆすりで約40kcalを消費するらしい。 これは15分のウォーキングで消費するカロリーとほぼ同じ。 距離に直すと約1キロ歩いていることになります。 両足で意識的に貧乏ゆすりをすれば、使うカロリーも約2倍。 椅子に座ったまま運動できる。 デスクワークが多い人には無視することのできないデータではないでしょうか。 筋トレ効果で基礎代謝アップ 貧乏ゆすりでの直接的な消費カロリーはわかりました。 しかし、ここで話は終わらない。 貧乏ゆすりをすることで、基礎代謝が上がります。 筋トレをして 筋肉量が増えると基礎代謝が上がることは有名ですが、貧乏ゆすりは筋トレ効果が望めそうなのです。 脚の筋肉痛の理由が分かった。 貧乏ゆすりが原因だわコレ 引用元:Twitter 筋トレのメカニズムを知っている方なら、「貧乏ゆすりで筋肉痛」が意味することがわかりますよね? ここでは詳しい説明は省きますが、 筋トレ効果があるということです。 もちろんここで紹介させていただいたものは特殊な例ではなく、「貧乏ゆすりで筋肉痛になった」という例は腐るほどあります。 貧乏ゆすりダイエット法 ここまで読んでくれた人は「貧乏ゆすりってダイエットになりそうだぞ」と感じていますよね。 ということで貧乏ゆすりダイエットなるものを考えてみようと思います。 テーマとしては、 全くカロリーを消費していない時間に貧乏ゆすりを取り入れることで、ダイエットしちゃおうというもの。 具体的な方法は以下の通り。 貧乏ゆすりダイエットの具体的な方法 寝転ばない 1番はこれですね。 私もありますが、くつろいでいる時についついベッドやカーペットに寝転がっていませんか? その時間はカロリー消費が限りなく0なので、まずこれをやめます。 というか、これに尽きる。 本を読むのも、テレビを見るのも、スマホをいじるのも、できるだけ椅子に座るようにしましょう。 ソファーでも良いのですが、貧乏ゆすりがしにくいと続かないでしょうから椅子がベストです。 なかったら用意して定位置に置く。 座っている時は常に意識して貧乏ゆすりする これも大事。 寝転がる時間が座る時間に変わっても、ただ座っていたのでは何も変わりません。 慣れるまでは意識的に貧乏ゆすりしましょう。 ただし貧乏ゆすりのイメージは最悪なので、外では控えめに(笑) 家族や仲の良い同僚だったら、あらかじめ事情を説明して理解してもらうのも手かもしれません。 両足を使う より効果を発揮するため、できるだけ両足で。 特に気をつけたいのが、いつも右足(左足)だけで貧乏ゆすりをするみたいなことです。 筋肉の付き方や疲労がどちらかに偏るというのは、健康上あまり良いとは言えませんよね。 片足ずつやるとしても、バランス良く両足を使いましょう。 貧乏ゆすりの健康効果5選 実は貧乏ゆすりは健康に良いんです。 これは各国の研究でハッキリしています。 意外ですか? 英国のロンドン大学とリーズ大学が2015年に、貧乏ゆすりと死亡率の関連性についてまとめたデータがある。 貧乏ゆすりを頻繁にする人と全くしない人を比較した場合、 死亡リスクは貧乏ゆすりを頻繁にする人の方が37%も少なかった。 これ以外にも貧乏ゆすりが健康に良いと裏付けるデータはいくらでもあります。 期待できる効果には具体的にどんなものがあるのか、代表的なものを紹介します。 冷え性・むくみ改善 米ミズーリ大学のジャーム・パディーラ助教授が行なった研究では、 貧乏ゆすりは血流を促すという結果になりました。 足の血流が良くなることですぐに改善するもの、それは冷え性・むくみです。 テレビ朝日の番組「モーニングバード」でも、特集を組まれたことがありました。 むくみに悩む主婦3人に5分間貧乏ゆすりをしてもらったところ、むくみが改善して 0. 5~2. 6cm脚が細くなったんです。 冷え性やむくみで悩んでいる方は、生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。 ストレス緩和・リラックス効果 貧乏ゆすりってイライラしてる人がするイメージありませんか? これは本能的に、 貧乏ゆすりをすることでストレス緩和することを知っているからなんです。 人間の体は振動を与えることで、セロトニンという物質が脳内で分泌されます。 赤ちゃんの背中をポンポン叩いてあげると眠ったり、電車に揺られると眠くなったりするのはセロトニンのせいなんですね。 このセロトニンは精神を安定する効果があって、「うつ病=セロトニン不足」だとも考えられています。 貧乏ゆすりは足を小刻みに動かす運動ですが、その振動は微弱ながら全身に影響します。 するとセロトニンが分泌されてストレスを緩和してくれるというわけ。 股関節症の改善 股関節症は軟骨がすり減ったりすることで起こる病気で、悪化すると歩くことすら困難になります。 貧乏ゆすりはなんと、血流改善によって軟骨の再生を促し、股関節症を改善するのだとか。 実際、医療機関でも貧乏ゆすり(整形外科ではジグリングと呼ばれる)の指導があるようです。 (参考:) にわかには信じ難いですが、実は母が股関節症でして「これは!」と思う情報ですね。 記事投稿後、リンクを母に送りつけます(笑) エコノミー症候群予防 災害時などによく耳にする「エコノミー症候群(肺塞栓症)」。 これは窮屈な体勢で動きがないと極端に血流が少なくなり、それによりできた血栓が重要な臓器の血管を詰まらせてしまうことで起こる。 つまりエコノミー症候群予防にはうってつけなんです。 万が一災害などで車中泊を余儀なくされた時、定期的に貧乏ゆすりをすることでアナタの命は守られるかもしれません。 集中力アップ 勉強や仕事(デスクワーク)には集中力は不可欠ですよね。 貧乏ゆすりは、その集中力すらアップさせると言われています。 脳の活動には、非常に多くのエネルギーと酸素が必要です。 そしてそれらを脳に運ぶ役割を担うのは、当然のことながら血液です。 貧乏ゆすりで脚の血行が良くなるということは前述しましたが、その血液は脳にまで及びます。 つまり脳が健全に動く状態を作り出すことを助け、集中力アップに貢献してくれるというわけです。 まとめ 貧乏ゆすりがもたらす効果がわかってきて、今では「貧乏ゆすり」という名称を 「健康ゆすり」に変更すべきではないかという議論まで出ているようです。 あなたは見栄えのイメージを重視しますか? それとも美しさ・健康を重視しますか? 私はこの記事を書いている今も、足をカタカタ振動させています(笑).

次の